皆さんは質問に回答されるとき、その回答にどれだけ自信を持っているかを「自信あり」「自信なし」で表示すると思うのですが、その自信の判断基準はどこにあるのでしょうか?
この質問の理由は、自信のある無しによって、回答者の回答が正しいかどうかはともかく、回答そのものの信頼性が左右されるのではないかと考えるからです。
逆にいうと、「自信なし」の回答はどの程度信用していいのか、と考えているからです。
以上のような理由から、また、自分の回答には責任をもちたいという理由から、私は基本的に回答・アドバイスには「自信あり」で答えています。

A 回答 (12件中1~10件)

 ちょっと補足します。


>議論をするつもりはないのですが、おっしゃられている「主観的なもの」について、私は、質問者に評価の基準が与えられていない以上、質問者は評価できないと思っています。

 この辺は質問者さんによると思います。人によっては「専門家」だからとか「自信あり」だから・・・という基準で評価するかもしれません。しかしこうした回答者さんサイドの「主観的なもの」については、回答の正確性・信頼性を保証するわけではないし、質問者さんは100%信用すべきではないのではないか(無論信用しても構いません)ということを言いたかったわけです。
 aadさんのように責任をもって回答したいので「自信あり」という方もおられますが、そうでない方もおられます。そうしたことを念頭におくと、「自信あり」と「自信なし」の差は、質問者さんからすればあまりない(もしくは差っ引いて考えてもよい)と思うんです。

 ちなみにaadさんの意見を否定したいわけではないのです。ただこういう意見もあるんですよということです。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すみません。私が誤解していたようです。
「主観的なもの」をどのように評価するか、ではなく、どれだけ重視するか、ということですね。そうであれば、ご意見に同意します。

たくさんの回答を頂きありがとうございました。
なお、今回の質問に対する回答は、本来優劣をつける性質のものではなく、その意味でポイントはつけないでおこうと思っていましたが、参考URLを教えて頂いたお二人に、感謝の意をこめてポイントを差し上げました。
他の回答者の方には、あしからずご了承ください。

お礼日時:2001/10/26 08:20

 今まで「アドバイス・一般人・自信なし」しかつけたことないです。

とはいえ責任を負いたくないという理由ではありません。質問者さんのコメントがあれば目を通し、新たな疑問点があれば回答を追加し、万一誤りのないようフォローしているつもりです。

 質問に答える度に思うのですが、質問者さんの望むことを文面から判断して、的確にわかりやすく回答するというのはなかなか難しいことです。さらに回答の種類・回答者の属性(「あなたはどんな人」)・回答者の自信については全く主観的なもので、それをどう評価するかは全く質問者さんの自由かつ責任です。
 「専門家・自信あり」だからといって、正確だという保証にはなりません。回答の信頼性はおろか、目安にさえなりうるかどうかというくらいです。参考ページが信用できるものであるかなど、内容が全てですよね。
 ですから自信の有無についてはそう大きな意味がないと考えて、ネガティブに「自信なし」としているわけです。「自信なし」だから信頼できないと思われればそれまでですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>回答の種類・回答者の属性(「あなたはどんな人」)・回答者の自信については全く主観的なもので、それをどう評価するかは全く質問者さんの自由かつ責任です。
議論をするつもりはないのですが、おっしゃられている「主観的なもの」について、私は、質問者に評価の基準が与えられていない以上、質問者は評価できないと思っています。

お礼日時:2001/10/25 14:34

 自分の経験を語る場合は「自信あり」がほとんどの方向です。


 自分の意見を語る場合は「自信なし」がほとんどの方向です。

 本質問は前者の自分の経験についてだと思うので「あり」にしました。
 後者に関しては、なにしろ、どんな意見でも相手が同意してくれるものかどうかは自信がもてないもので。。
 自分自身に対しても、できるだけ柔軟思考でいようと思うので、突っ込まれて「ハイその通りでございます」とあっさり前言撤回しないとも限りませんし、、(逆にそれだけの突っ込みをもらえば喜ぶかも?)

 というわけで、自分の回答・アドバイスに対して質問者の方にどう受け止めてもらえるかの反応に自信がないから、ほとんど「自信なし」ということになっていたりします。回答よりアドバイスによくチェックするのもそのためですね。
 まぁ、ほとんど「こういう考え方はいかがですか?」という提案ぐらいに受け止めてもらえたらな~って気分で回答記入しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>自分の回答・アドバイスに対して質問者の方にどう受け止めてもらえるかの反応に自信がないから、ほとんど「自信なし」ということになっていたりします。
このような考え方は思いつきませんでしたが、特に質問より相談の場合などには、確かに一理あると思います。
私も、相談に回答するときは反応に自信がないときもあります。

お礼日時:2001/10/25 14:26

最近自身なしが多くなっています。



自身なしと言うのは質問自体がいろいろなケースに取れる場合、自分の回答が質問者の意図している内容か分からないので

また単に検索しただけで大抵そうじゃないか(予想)して回答する場合は自身なしです。

私も仕事柄コンピュータに関してといえば専門家ともいえませんが、だから余計に自身有りには出来ません。信用が大事なので信頼性のない回答には自身なしにさせていただく事があります。

特に「あなたはどんな人?」と「回答に対する自身」は慎重に選択したいですね。

自身ありと答えたならやっぱりある程度は責任持たないとね。

なお「自身」は回答が正しいかどうかは関係ないですよ。
それを評価するのは質問者ですので

私の場合はまず「あなたはどんな人?」と「回答に対する自身」の内容と回答内容を比較してその人の回答の信頼度を決定させていただきます。

私は質問をしませんが他の質問の回答の参考にさせていただく為

という事で今回は質問は個々人の考え方を問う内容と判断して一般人で、自分の回答には責任を持ちますので自身ありとさせて頂きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、私は「あなたはどんな人?」も、質問者にとっては重要な情報だと考えています。

>自身ありと答えたならやっぱりある程度は責任持たないとね。
このご意見に賛同します。

お礼日時:2001/10/25 14:23

この基準、私も前から気になっていました。


私的推測が入る部分がある回答は、すべて自信なしにしていますが、
人によっては自信がない=当てにならないと取りますよね。
aadさんのおっしゃるように、
責任に関しては「自信あり」を選ぶべきなのかもしれません。
でも、私の私的アドバイスが、
必ずしも質問者の意図に則しているわけでもないでしょうし。
それを踏まえると、自信なしになってしまいますね。
「あなたのためになるかはわからないけど、こんな考え方はどうでしょう」と。
私、自分が質問した際、回答の種類をほとんど気にしませんので(過去の回答履歴を参考にします)、あまり重要に考えていませんでした。
でも、自信ありなしで、質問者の印象が変わるとなると・・・・
う~ん、難しい問題です。
もう少し細かく「根拠あり」「推測あり」と分けていただけるとありがたいんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
正直なところ、皆さんの回答を読んで私の考えが特異なのかと、ちょっとへこんでました。
(賛同ではなく)理解をしていただける方がいてくれて、ちょっと安心しています。

お礼日時:2001/10/25 14:03

 aadさん、こんにちは。


 「自信あり」と「自信なし」の差ですか……
 うーむ……人によって色んな意見が出そうですね……
 これは、あくまでも私が答える時の自己基準に過ぎませんが……


≪「自信なし」にするのは?≫

  ・記憶で書けるものの、根拠となる文献がその時に手許にないなど、裏が取れていない場合
     文中でも断定せず「多分」とか「恐らく~では?」とか「~と聞きますが……」などなど、
    根拠に乏しいんだけどね、と臭わせる書き方を致します。
     ……個人的には、これで「そっかー!」と締め切られてしまったら、かなり焦ります(汗)。
     あああ、先日も……(と頭を抱える)
     時間が経過しても的確な回答が寄せられず、かつ締め切られていなければ、裏を取った後で
    再度訪れることが多いです。

  ・殆どの情報に自信があっても、不確実な情報が混じっている場合
     これは、その旨、文中で書きますが。

  ・「意見」を訊かれた時に、必ずしも自分が正しいとは考えない場合
     この回答はこれに当たります。
     但し、「あくまで自己規範を教えてくれ」と尋ねられた時は別です。


 ……思い付く限りでは、以上でしょうか。
 これ以外の、体験に基く回答・情報源をダイレクトに紹介出来る場合・明確な事実を答える場合・知識に自信がある場合には、ほぼ「自信あり」にしています。
 徹底的に自信がないという場合にはそもそも回答を控えますが(それこそ無責任なことはしたくないので)、もしかしたら私のへっぽこな書き込みに触発されて「それは違うだろ~!」とか「そういえば思い出した、こんな話が……」というきっかけになることもあるかな、とも思い、回答しております(苦笑)。

 と、此処まで書き込んでから、念の為に別ウインドウで再読み込みをかけて確認したら、うわあ、御回答が一杯(笑)。
 ふむふむ、似たような考えの方も、結構いらっしゃるんですね……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他の方もそうなんですが、体験に基づく・根拠を示せるなどの場合は、「自信あり」になる方が多いようです。
私としては、「自信なし」が思ったより多く、しかも「自信なし」だからといって信用できないわけではないんだ、というのが率直な感想です。

お礼日時:2001/10/25 13:20

OKWebでは、回答内容について一切保証をしてないのですから、自信の有無や「あなたはどんな人?」のチェックは、当然、参考にしています。

でも、所詮は自己申告。間違って違う項目にチェックをした事のある人だっているでしょうし、根拠もなく「専門家」と名乗っている人も見受けられますので、ここでの情報は、少しでも疑わしい部分があるのなら、信じない方がいいのではないかと思います。その点、「自信なし」でも、単純に回答だけでなく、回答に至る背景が詳しく書かれていると信頼感は増しますね。

現在の自分の基準は、経験した事柄で記憶がしっかりしている時や、調べて回答する場合は情報元がしっかりしていると思えた時、質問者の意図を外していても後フォローができそうな場合に、「自信あり」にチェックを入れているつもりです。

下記もご参考にどうぞ。
●回答の際の自信のある・なし
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=2964
●このサイトの「回答」の自信について
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=75848
●自信あり 自信なし
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=149519

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=2964,http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=75848
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、自己申告で主観的な「自信」などの項目は、安易に信用できないのかもしれません。
また、参考のURLはためになりました。併せて感謝します。

お礼日時:2001/10/25 14:56

自分ではそうだと信じているけれど、裏が取れなかったときは自信「なし」ですね~。

(^_^;
特にコンピュータ関連で相手のマシンを具に見てみなければ判らない様な場面では「なし」のことも多いです。
また、広く意見を求められているけれど、自分の意見は一般的ではないかも、と思うときにも「なし」です。(例えばこの回答も)
例え自分でははっきり自信が持てなくても、相手にとっては有益な情報となり得ることもありますので、そういった形での情報提供も無駄ではないと思うのですが…。
ここには回答者が山程います。
その回答者が異なる回答で皆自信「あり」にしていたら、それはそれで質問者も迷うと思うのです。(回答が一致するとは限りませんよね)
回答の信頼度を提供する意味では自信表示は役に立っていると思いますよ。(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。自分の意見の時には、自信が「揺らぐ」こともあります。
またおっしゃるとおり、複数の回答者の回答が異なっていて、それがすべて「自信あり」の場合、逆に混乱すると思います。
ここで私が疑問に思ったことは、正しい回答で「自信なし」と、間違った回答で「自信あり」の場合、質問者はどういう選択をするのだろうか、ということでした。

お礼日時:2001/10/25 13:58

過去の質問も参考にしてください。


#質問前に過去の質問を検索することはご存じですよね。(^^)

私の場合そのときの気分です。質問内容に対してちゃんと答えているか自信のない時「自信なし」、ある程度強気でいかないとと思う時「自信あり」という感じですかね。
知っている無いようであるが故に自信なしになる場合もあるんです。ここで説明すると長くなりそうなので止めておきます。私の場合の「一般人」や「自信あり」はほとんど意味がないと言っても過言ではないでしょうね。
本当は頭の中は自信たっぷりなんですよね。責任逃れのための「自信なし」もあります。(^^ゞ
私の回答を見た時には気をつけてください...。

過去の質問も参考にね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=149519
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
申し訳ありません。過去の質問は確かに検索しておりませんでしたが、今回は私の考え方がどうなのかというのを知りたいのもあり、質問しました。

ところで、churaさんの回答が「自信なし」のときは、信用しちゃいけないということでしょうか(まさか)。

お礼日時:2001/10/25 14:44

私の場合、「アドバイス」の上内容がまた聞きやおすすめなどは「自信なし」ですね。

いくら友達が実際に経験した話を書き込みしたとしても、自分ではそれを判断することは出来ません。それに自分で実際使用しているものや好きなものをすすめても、質問者の趣味や好みもあるので自信を持っては言えません。

逆に「自信あり」は、下の方の言う通り、自分で経験のあるもの、体験したことのあるもので、間に他人や判断の出来ない価値基準がない時に使います。
この回答じたいも、「私の考えでは」という注意書きをつけなければいけない内容なので、質問に対する「回答」ですが、「自信なし」なわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私は何かを勧めるときには、「自信あり」にしていました。
他の人に勧めるのに、自分が自信を持ってお勧めしないと信憑性がない、と思っていました。
sydneyhさんのようなお考えにも、確かに一理あると思います。

お礼日時:2001/10/25 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ