80年代のプロモーションビデオを収めたオムニバスDVD見たいなものが
発売されているかどうかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
(CDで言うとNOW見たいな感じで・・・)

いろいろと調べたのですが、分かりません。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

海外ですと「MTV 20」というシリーズが出てますね。

「Jams」「Pop」は15曲収録。「Collection」は50曲収録されているようです(すべてが80年代というのでもないようですが)。しかし、このDVDはリージョン1ですから、日本の一般DVD機器では再生できませんので注意。各タイトルのVHSなら出てるんですが。
http://tower.endeca.com/tower?n=27536588+3825623 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりDVDでは無いのですかね
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 00:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80年代オムニバスCDでお勧めを教えて下さい。

 こんばんは、洋楽好きな皆様♪ 当方30代後半夫婦です。
 80年代オムニバスCDを探しています。かなり広範囲に網羅しているもので、
組枚数は多いほうが良いです。自分で見つけたものとしては
「MEGA HITS ’80s 11枚組」ですが、これに
相当するようなセットCDはありますでしょうか?
 宜しくお願い致します。

 ちなみに一番好きなアーティストはBOSTONです。
 でもオムニバスにBOSTONは滅多に入っていませんね(泣)
 今回探している物は特にBOSTONは入っていなくても構いません。

Aベストアンサー

私もBOSTON好きです!今日もドライブ中に聴いてました。ただ70年代にかぶってる気がするんですが...それはともかく、80年代オムニバスということで、もしかしてBEST HIT USA世代ではないですか?もしそうでしたら、これをお勧めします。

参考URL:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=575422&GOODS_SORT_CD=101

Q80年代前半の機械だけが出てくるプロモーションビデオ

誰のなんという曲かお分かりでしたら教えてください。

アメリカかイギリスのアーティストだと思います。
時代は1981年から1983年くらいのようです。
人間が出てこないでひとりでに機械が動くプロモーションビデオ。
アニメではなく実写でした。
白か緑っぽいミシンのようなものがくるくる動いていた気がします。
さびの部分しか聞いていないのですがボーカル無しのインストルメンタルでした。
「てて、てて、ててててててーてて」という感じ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は
書かれているPVの内容とはちょっと違うのですが一応確認しておきます。
Herbie Hancockの「Rockit」ということはないですよね?
下記URLで試聴できますので念のため確認下さい。↓

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=184206&GOODS_SORT_CD=101

全然違ってたらごめんなさい。

Q80年代の思い出に残るプロモーションビデオは?

私は70年、80年代の音楽が大好きで当時はよくMTBや
ベストヒットUSAなどを録画していました。

最近懐かしくなり引っ張り出したのですが
それらは全て古いビデオテープにあるため画像が非常に悪く
今はまともに見られません。

そこでみなさんに思い出の大好きなプロモーションビデオがあれば
お聞きしたいのです。

ちなみに私は・・・やっぱり当時のマイケルは外せませんね;
それと物語仕立ての秀作で『Say say say』が好きです。
ジャーニーなんかは鬼気迫るものがあって(笑)それも好きでした。

私が忘れているものも沢山あると思うので
是非みなさんの追憶の彼方に眠るこれぞ秀作!というプロモーションビデオを教えてください。

Aベストアンサー

懐かしいですね。
私は当時「SONY MUSIC TV」をよく録画して見ていたのですけど、
次に放送される曲目を知りたいが為だけに毎週「ザ・テレビジョン」を購入していました。
(きちんとオンエアリストが載っていたんですよね。)

これぞ秀作!と言うよりも完全に私の思い出に残っているPVになってしまいますが、
先ず思い浮かんだのが
・シンプル・マインズ(SIMPLE MINDS)の「All The Things She Said」
メンバーが幾重にもなって出て来る出て来る・・・といったPVなんですけれども
その技術は、まぁ、置いといて(笑)
「何故にジム・カーは腕に鳥を乗っけているのだろう・・・」
と気になって気になって仕方が無かったのですよね。。
2コーラス目に入ると今度はデカいフクロウになってるし・・・。
ただ今になって改めてよく見てみると鳥を意識したかの様なファッションをしていたりして
(特に一番最初と最後のファッションは鳥の後ろ姿を意識した物に見えますね)
鳥持ってるのも全く意味の無い事ではなかったんだなぁ~と気付きました。
でもそう判った今でもフクロウ乗っけて歌ってる姿には吹き出してしまいます・・・
あの独特の踊りも見られます。

あと80年代らしかったな~と思うのは、
精神世界をホラーテイストに描いたPVが結構有って(訳の解らない怪し気な感じの・・・)
フリートウッド・マックのメンバー
・リンジイ・バッキンガム(Lindsey Buckingham)がソロで出した「ゴー・インセイン(Go Insane)」
のPVなどはオンエア回数はそう多く無かった筈なのに鮮明に記憶に残っています。
少しアート感覚な映像になっている所が素敵でしたし、
箱を開けて中を覗くリンジイの上から大きなリンジイが箱を開けて覗いていて、
その上から更に大きなリンジイが・・・っていう展開もベタで良かったです。
(この辺はニック・カーショウの「ザ・リドル」のPVなんかにも似ているかななんて思います。)
タッチとしてはちょっとトーマス・ドルビーの
「ハイパーアクティヴ(Hyperactive! )」を彷彿とさせる様な印象でもありました。
(どっちが先だったかはよく覚えていないんですけど・・・)

書いていて思い出したのですが、そう言えば
・スティーヴ・ミラー・バンド(Steve Miller Band)の「アブラカダブラ(Abracadabra)」
のPVもワケ解らなかったですね・・・^^;

「エクソシスト」のウィリアム・フリードキン監督が制作に関わった
・ローラ・ブラニガン(Laura Branigan)の「Self control」
のPVも少しエロティックで怪し気な感じが良くて当時好きでした。
仮面の男が印象的(笑)。
クオリティの高い映像だった様に記憶しているのですけど今見るとどうだろう・・・。

あとパロディの定番アル・ヤンコヴィック(Weird Al Yankovic)では
・「アイ・ラヴ・ロッキーロード(I love Rocky Road)」
が好きでした。
ジョーン・ジェットの「アイ・ラヴ・ロックンロール」の替え歌なんですけど、
他のパロディPVと比べると凝った所が無くて(小ネタは一応あるんですけど・・)
ただただ自分はロッキーロード(アイスのメニューの1種)好きであると、
皆で拳を振り上げながら歌っているだけのPVです。
また映像が安っぽくてイイんですね(笑)。
彼のお得意のアコーディオン演奏も見られます。

最後に単純に好きという意味では
・ジュリアン・コープ(Julian Cope)の「ワールド・シャット・ユア・マウス( World Shut Your Mouth)」
ただ歌ってるだけの何て事の無いPVなんですが、ちょっとした色遣いが妙に印象に残ったりしてお気に入りでした。
他では、ケイト・ブッシュの作品もイタいけど(笑)好きでした。

何だかダラダラと記憶に残っているPVを並べてしまって済みませんでした。
少しでも思い出して貰える物が有れば良いのですが・・・

懐かしいですね。
私は当時「SONY MUSIC TV」をよく録画して見ていたのですけど、
次に放送される曲目を知りたいが為だけに毎週「ザ・テレビジョン」を購入していました。
(きちんとオンエアリストが載っていたんですよね。)

これぞ秀作!と言うよりも完全に私の思い出に残っているPVになってしまいますが、
先ず思い浮かんだのが
・シンプル・マインズ(SIMPLE MINDS)の「All The Things She Said」
メンバーが幾重にもなって出て来る出て来る・・・といったPVなんですけれども
その技術は、ま...続きを読む

Q80年代前半に日本で発売された洋楽の曲名もしくはアルバムを探しています。

1980-1985年の頃に日本で発売された米国のアルバムを探しています。が、曲名、ミュージシャン名、アルバム名など忘れてしまいました。アルバムの写真は青空と青い海がモチーフだったような記憶がありますがこれも曖昧です。曲名の中に、No.1 girl と言うのがあったかもしれません。これまた、うる覚えですが、アメリカの、もしくは西海岸、カリフォルニアの山下達郎と言うキャッチフレーズでこのアルバムが宣伝されていたような気もします。グループではなくソロ男性の甘いボーカルです。
このような情報だけでわかるはずがないというのは承知ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!

このミュージシャンでしょうか?

◎Larry Lee(ラリー・リー):「Don't Talk」
https://www.youtube.com/watch?v=B6PjnVav4y4

◎Larry Lee(ラリー・リー):「No.1 Girl」
https://www.youtube.com/watch?v=px-SpZXqHiM

日本盤は、鈴木英人のカバー・イラスト、輸入盤は、彼のポートレートになっています。
アルバム『Marooned』(1982年)

参考になれば、幸いです!(^o^)丿

QオムニバスMAX NOW HITSなどについて

洋楽オムニバスといえば、MAX、NOW,HITSなどありますが
この違いは何なのでしょうか?
レーベルのみの違いですか?
只のヒット曲の寄せ集めでレーベルのみの違いでしょうか?

それとも一つ一つに何かテーマとういか特徴があるのでしょうか?

以下のオムニバスCDについて聞きたいです。
分かる範囲でいいので教えて下さい。

(ウィキペディアから引用)
NOWシリーズ
MAXシリーズ
HITSシリーズ
MEGA HITSシリーズ
edge
link
POP
Drivin'
V.I.P
GRAMMY NOMINATES
Billboard Top Hits
Womanシリーズ

Aベストアンサー

こんにちは。
詳しく書くと、長くなりますので簡単に説明します。

NOWシリーズ MAXシリーズ HITSシリーズ
などは、基本ノンジャンルのヒット曲の寄せ集めです。
企画・発売会社が違いますので、当然自社が契約しているレーベルからのチョイスになっています。

Drivin' のようなタイトルの場合は、その名の通りドライブ時に合う曲。Womanシリーズみたいなタイトルもそうですね(女性ボーカル曲集)。

GRAMMY NOMINATES Billboard Top Hits
上記のようなタイトルですと、前者はグラミーにノミネートされた曲集、後者はビルボードで人気のあった曲集ということになります。

すごい駆け足で書きましたが、タイトルに選曲のポイントが冠されていることが殆どですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報