私の自宅のエアコンはヒートポンプ方式(外気の熱を吸収して室内へ運び、暖房する方式)のため、外が本当に寒い場合は、ほとんどあたたかくなりません。
そこで質問です。
現在エアコンの主流の方式である、インバーター方式と言うのは、外が寒くてもあたたかくなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

電気を利用するエアコンは地域によっては効率悪いですよ。


温度が上がらない場合はガスエアコン、温風ヒーター(ファンヒーター)、遠赤ヒーター、ストーブを利用した方が効率的です。
特に、ガスエアコンやファンヒーター・ストーブなどは効率が高いですから、良いですよ。

ちなみに、インバータみなさんがおっしゃるとおりです。
詳しい説明はされてますので簡単に・・・
インバーターとは省エネ方式の一つにすぎません。いわゆるDDやPAMですね。これらは、電力設計上の効率を上げただけで、機構はヒートポンプ式なわけです。まあ、毎年能力は向上してますけどね。それでも、温度が低ければ効果は薄いです・・・
よって、外が寒くても暖かくなるとは限らないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
現在のエアコンをインバーターに変えても暖房能力は変わらないということですね。

お礼日時:2001/12/01 15:18

インバーターエアコンは、電源周波数を変化させてコンプレッサー(圧縮機)を駆動しているモーターを可変制御しています。

軽負荷のときは、能力を落として運転し、逆に重負荷ですと、能力を上げて運転します。冬の場合、室温が低い場合は、最大能力で運転します。
一方、通常制御のエアコンでは、室内温度が設定温度を超えると停止し、下回ると運転するという「ON-OFF制御」をしているのです。また、起動時には、運転電流の約3倍の始動電流が流れます。(インバーターでは解消されています。)

「外が本当に寒い時」が、何℃なのかわかりませんが、0℃前後でしたら十分能力が出ています。-5℃になってしまうと厳しいです。
どちらもヒートポンプエアコンに違いはありませんから、外気温度が低下すると、室外機の熱交換器に霜が付きます。(酷いときは全面に氷が張る) これを溶かすためには、エアコンを一時的に冷房運転に切替えて「霜取り運転」を約5分から10分程度行ない、能力の回復を図っています。この霜取り運転が曲者で、外気温度が低いと能力が落ちてしまうのに霜は付き易く、頻繁に霜取りをするから、室温が下がってしまうのです。従って、このような場合は、他の暖房器具との併用が効果的です。また、室内湿度が極端に低いのなら、加湿器で体感温度を上げてしまうというのも一考です。
    • good
    • 0

インバーターの説明は他の回答に任せて、問題の「外が寒くてもあたたかくなるのでしょうか?」について。


お手元の『取扱説明書』にエアコンの『能力線図』というグラフか表があるはずです。
気温の低下とともにエアコンの能力がどんどん低下する様子がわかります。
ヒートポンプ方式のエアコンは、熱をくみ上げるポンプの意味ですから、外に熱が無い、すなわち低温の状態では暖房できなくなります。
このため、エアコン内部に電気ヒーターを装備している物もあります。
寒冷地ではエアコンを暖房に使うことは非常に不経済ですので、購入の際には十分に検討することが必要です。
カタログに掲載されている暖房能力は、標準状態(あまり寒くない時)のエアコンの能力を表示していますから鵜呑みにすると残念な結果を招くことがあります。
エアコンで暖房できない地域では、灯油やガスを熱源にすることをお薦めします。
FF方式にすれば排気ガスが発生することも無く、換気の必要がなくなりますので非常に経済的です。
    • good
    • 0

まずはちょっと解説から。

「インバータ」とは周波数、電圧を制御する装置のことです。エアコン場合は室外機の中の圧縮機(コンプレッサー)のモーターを制御するために使われています。

もうちょっと続きます。インバータ方式でないエアコンは、実はフル運転と停止の状態しかありません。「風量調節できるよ?」…それは風量だけなんです。熱交換する部分は「オンとオフ」だけで動いています。対するインバータ方式の場合はモーター(コンプレッサー)を多段階に制御する事で、一気に暖める(フル運転)から、ある程度暖まったら少しだけ暖め続ける、と言った細かい制御をしています。これがいったい何のメリットがあるかというと、「省エネ・電気代節約」です。(冷房も同じです)

ということで、インバータであってもヒートポンプ式であることには変わりはありません。厳寒地域であればやはりあまり暖まらないでしょう。手っ取り早く暖めるには、電気を直接熱にかえるセラミックヒーターやハロゲンヒーター・電気ストーブなどを使うか、ガス、灯油などを使った暖房器具にかえることを考えた方が良いかも知れません。

え?私ですか?…以前バケツに風呂の残り湯を入れて、室外機にかけに行ったことがあります。一時部屋は暖かくなりましたが、湯冷めしてよけい寒い思いをしました。夏場、井戸水をホースから少しだけ出して、ノズルで霧にして室外機の空気取り入れ口からかける、これはすごく効きます。水道だと高くつくので、とても出来ませんが。でも、かけっぱなしは室外機壊しそう…。
    • good
    • 0

ヒートポンプ方式というのは 冷媒サイクルについての事であり


インバーターというのはコンプレッサーを回すモーターの
回転数制御についての方式の事を言います。
よって別物なんですね

さて インバーターについてですが
通常のタイプはコンプレッサーの回転数は一定で
回転数=(120×電源周波数)÷モーター極数(通常4)という事になります
から50hzだと1500回転です
インバーターはこれを擬似的作り出した周波数を上げ下げしてやる
システムです。 
よってモーターの回転数が変化します。
変化するとどうなるか?

エアコンの能力は 冷媒ガスの循環量で決まりますから
モーターの回転数が変われば
能力が可変できるという事です。

インバーターは省エネをうたい文句にしてるでしょうから
低速回転によって 無駄な冷暖房をせず
電気もお得 きめ細かい室温制御が出来る ということになります。

カタログを見ていただければわかると思いますが
上側は公称能力よりも出ていると思います
これは 1500回転よりも早くモーターを回す事が
出来るからです。

寒い日は 特に扇風機で室内空気を攪拌してみましょう。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日立・壁掛け型エアコン  HiインバーターとESインバーターのちがいは?

ネットで業務用のエアコンを調べていたところ、日立のでHiインバーターとESインバーターと2種類ありました。簡単に言えばどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

COPの値がHiインバーターの方が標準インバーター(ESインバーター)より少し良い、Hiインバーターの方が省エネになっている。室内機、室外機、外観はほぼ同じです。

HiインバーターのCOP

http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/office/features/energy.html

標準インバーターのCOP

http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/office/select/std.html

日立の業務用エアコンも流用条件をクリアしていれば、洗浄レスで50mまでの既設配管を流用できます。

http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/office/features/installation.html

定価ですが、購入する時の目安にして下さい。

ESインバーター

http://www.takara-co.jp/takara_web_shop0007/cgi/show_unit.cgi?first_category=%93%FA%97%A7%8B%C6%96%B1%97p%83G%83A%83R%83%93&category=%95%C7%8A%7C%82%AF%8C%60%81%5EES%83C%83%93%83o%81%5B%83%5E%81%5B

Hiインバーター

http://www.takara-co.jp/takara_web_shop0007/cgi/show_unit.cgi?first_category=%93%FA%97%A7%8B%C6%96%B1%97p%83G%83A%83R%83%93&category=%95%C7%8A%7C%82%AF%8C%60%81%5E%82g%82%89%83C%83%93%83o%81%5B%83%5E%81%5B

COPの値がHiインバーターの方が標準インバーター(ESインバーター)より少し良い、Hiインバーターの方が省エネになっている。室内機、室外機、外観はほぼ同じです。

HiインバーターのCOP

http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/office/features/energy.html

標準インバーターのCOP

http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/office/select/std.html

日立の業務用エアコンも流用条件をクリアしていれば、洗浄レスで50mまでの既設配管を流用できます。

http://www.hitachi-a...続きを読む

Qエアコンの暖房が28度でも寒いのはなぜ?

寒い日が多くなりました。エアコンを各部屋で使っているのですが、温度を28度にしても寒く感じる部屋もあれば、23度で十分あったかい部屋もあります。エアコンの温度設定っていい加減なのでしょうか?なるべく低い温度設定であたたかく暮らしたいです。

Aベストアンサー

エアコンの設定温度が示している温度は「室温」です。
体が感じる温度は「体感温度」です。
床暖房の部屋の場合は体感温度は3~5℃高くなります。
室温が28℃でも30℃でも寒く感じる時があります。
「冷ふく射」です。
遠赤外線のヒーターが暖かいことはご存知ですね。
冷ふく射は赤外線ヒーターの逆の作用だと思ってください。
壁や天井が冷たくなっているとそこの面から冷ふく射が放射され体を冷やします。
室温が如何に暖かくても体が直接冷やされますので非常に寒く感じます。

>なるべく低い温度設定であたたかく暮らしたいです
エアコンだけでは冷ふく射を効率的に防止することは困難です。
床暖房とふく射暖房器を組み合わせて使うと効果的です。
床暖房で体感温度を上げて、遠赤外線ヒーターなどで壁や天井の冷ふく射を防ぎます。
床暖房はホットカーペットでも効果があります。
触ってみて冷たい壁や天井はハロゲンヒーターなどを使って暖めましょう。
これで20℃程度の室温で十分に暖かくなります。

Qエアコンだとうすら寒いです。最近のエアコンはどうですか?

三菱電機の霧ケ峰 MSZ-CX25G-Wという機種を約8畳の部屋で使って
います。

神奈川県(都心部)在住ですが、今エアコンは26℃の設定で使って
います。部屋の温度ですが24℃、湿度55%となっています。

エアコンなんですが、部屋の温度が上昇しているときは、吹き出し
口からは温度の高い風が出てきて暖かいのですが、今現在のように
温度がある程度上がると、温度を一定に保つために、温風が止まり
ただの風が出てきます。

いつもエアコンの風がもろにあたる位置に座っているので、その風
があたると非常にうすら寒いです。

最近のエアコンはそういうことはないのでしょうか?
どういう暖房器具がよいでしょうか?
うすら寒くない安全な器具はなにかあるでしょうか?

以前は東京ガスのFF式ガスストーブを使っていました。非常に
暖かかったのですが、火を使う器具で危ないということで、
ある時期、すべての部屋のガスを休止してエアコンに切り替え
ました。

Aベストアンサー

エアコンの吹き出し口の向きはどうでしょうか?

暖かい空気は上に溜まるので、普通吹き出し角度を自動にしておくと暖房時はほぼ真下に向けて温風を出すようになっています。でも好みで吹き出しを上に向けているとエアコン付近の温度だけが上がってしまい、設定温度に達したと判断し暖房を弱めてしまいます。エアコンのすぐ真下に本棚などの家具がある場合なども温風が舞い上がってしまい部屋が暖まる前にエアコンが止まってしまいます。

普通は室外機が動いていて温風を出すときは下に吹き出しますが、設定温度に達して室外機が停止したときは冷風が当たらないよう吹き出しは自動に上に変わるはずです。薄ら寒い風が体に当たるということはその吹き出し口の自動調整がうまくいっていないでしょうか。それともエアコンの取り付け高さと座っている高さとが近いのでしょうか。

Qエアコンの限界温度(外気温)について

説明書を見ると使用できる範囲について以下の様に書いてありました。

・冷房
室外温度 21~43度
・除湿
室外温度 1度以上
・暖房
室外温度 24度以下

素人のイメージとしては冷房だったら外気温が低いほうが冷媒が冷めやすく、逆に暖房だったら外が温かい方が冷媒も温まってむしろ効率が良くなりそうな気がするのですが何か別の理由があるのでしょうか?
気温があまりに高いと機械自体が壊れるのは何となく予想ができますが、下限は何も書いてなかったので気になります。

Aベストアンサー

>冷房 室外温度 21~43度
>暖房 室外温度 24度以下

たとえば 冷房で 室外温度 21℃以下ならば、冷房運転するよりも外気を直接取り入れた方が効果があります
暖房も同様です

なお暖房で外気温が数℃以下になると室外機に霜が付いたり凍結します
そのような状態になると、冷媒の流れを変えて温度の高い冷媒を流し、霜取り・解凍を行います その間暖房は停止または冷房状態になります
ですので、暖房時の外気温が数℃以下では、能力と効率の大幅低下を起こします

安全装置が付いていますから、壊れることはありません

Qヒートポンプ式床暖房と温水式床暖房の違いは?

オール電化で新築です。
エコキュートを入れる予定ですので、
「温水式」床暖房が良いかと思っていたのですが、
「ヒートポンプ式」床暖房というのがランニングコストも安くて良い(?)と聞きました。
一体どういう違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ヒートポンプとは、熱をくみ上げることを動作原理のことをさします。

代表的な機器ではエアコンです。
冷房の時は、室内の空気の熱をくみ上げて、室外に出します。
暖房の時は、室外の空気の熱をくみ上げて、室内に出します。
http://blog.livedoor.jp/yomiuri_denki/archives/51088606.html

空気→空気なら空調機、空気→水なら給湯器となり、この給湯専用の給湯器をエコキュートと呼んでいます。
http://www.tepco.co.jp/life/custom/e-diet/heatpump/02-j.html

外の空気でなく、外気温の低い寒冷地では地中熱を利用する場合もあります。
また、圧縮機を動作させる動力に電気を利用する場合が多いですが、ガスエンジンなど、必ずしも電気であるわけではありません。

特徴としては、非常にエネルギー効率が高いことです。
エアコンの場合は、カタログにCOP(エネルギー消費効率)やAFP(通年エネルギー消費効率)として5~6、エコキュートの場合COPが4~5程度の値が書かれています。
http://www.jraia.or.jp/product/com_aircon/jis_03.html

つまり、COPが5だった場合、投入した電気エネルギーの5倍の熱エネルギーを得ることが出来るわけです。具体的に言えば、100Wの電力消費で、500Wの熱量が得られます。要は、電気代が1/5にもなるわけです。
これに対して、電気をそのまま熱に変える(電熱原理、電気ストーブや電気給湯器などヒートポンプ以外全て)と100Wの電力消費で、100Wの熱量にしかならず、灯油・ガスと比較して、発電ロスが大きいなどで、一次エネルギー効率は非常に低いものとなっています。

ヒートポンプによりランニングコストがどの程度変わってくるかは、こちらが分かりやすいでしょう。
http://t-ohshita.com/2007/12/20071218-1150.html
http://www.yasuienv.net/EcoPremium/EPLabAllElec.htm

COPが5だった場合、電気代は1/5になりますが、さらにエコキュートのように電気代約1/3の深夜電力を使うと、
1/5 x 1/3 = 1/15
と1/15にもなります。

床暖房に話を戻すと、ヒートポンプの床暖房は、温水式です。
http://www.eccj.or.jp/scnet/words/word_21.html
床暖房付のエコキュートは、少ない面積しか対応出来ませんが、その場合には最もランニングコストは安いでしょう。

なお、寒冷地でのヒートポンプの効率は落ちますが、-20℃でもCOPが2以上のエコキュートが出ています。
これは、ヒートポンプの動作は、絶対零度=-273℃が基準になりますので、0℃を下回るとすぐに使えなくなるわけではありません。
http://www.tepco.co.jp/life/custom/e-diet/heatpump/042-j.html

ヒートポンプとは、熱をくみ上げることを動作原理のことをさします。

代表的な機器ではエアコンです。
冷房の時は、室内の空気の熱をくみ上げて、室外に出します。
暖房の時は、室外の空気の熱をくみ上げて、室内に出します。
http://blog.livedoor.jp/yomiuri_denki/archives/51088606.html

空気→空気なら空調機、空気→水なら給湯器となり、この給湯専用の給湯器をエコキュートと呼んでいます。
http://www.tepco.co.jp/life/custom/e-diet/heatpump/02-j.html

外の空気でなく、外気温の低い寒冷地...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報