同じ質問・・・ということになるかもしれないのですが、この質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=116276
の回答の中の、VBA文で、A列に入力すると、B列に入力した時点の日付が自動的に入力されるというものなのですが、
Private Sub Workbook_SheetChange(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range)
If Sh.Name = "Sheet1" Then 'Sheet1を変更
If Target.Count = 1 Then 'A列を変更
If Target.Column = 1 Then '1つのセルを変更
Application.EnableEvents = False 'イベントの発生を止める
If Target <> "" Then 'A列で入力した場合
Target.Offset(0, 1) = Format(Now(), "yyyy/mm/dd h:mm")
Else 'A列で消去した場合
Target.Offset(0, 1) = ""
End If
Application.EnableEvents = True
End If
End If
End If
End Sub
すごく使いたいのですが、自分のシート用にカスタマイズすることができません。
VBEのヘルプや、書籍で調べたのですが、どうしてもうまくいかないので、
質問させてください。
この場合、A列に入力するとB列に出るようになっているのですが、他の列で使いたい場合、どこをどう変えれば良いのでしょうか?
また、考え方(仕組み)として、どういう作業がされて自動的に出てくるようになっているのでしょうか?(これは勉強のために聞きたいのですが)
コメントがところどころに書いてもらっているのですが、勉強不足で申し訳ありませんが、すぐ使いたいVBAなので、どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

追加の質問にお答えします。



複数の条件のいずれかを満たす場合は「OR」で連結が可能です。
例の場合ですと、A列、C列に値が入った時間を右隣のセルに入れるということを行う訳ですから、プログラムにすると、4行目が以下のように変わります。

If Target.Column = 1 or Target.Column = 3 Then

でよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなって申し訳ありません。
本当にありがとうございます!!!
できました!うれしいです。
そうか、A列に入ったとき、または、C列に入ったとき・・・という風に考えるのですね~。教えていただくと単純ですが、自分で指示を考えるとなるとそういう風に思い浮かびません。何だか難しく考えてしまって・・・。

こんなこと、手入力すればいいことではないか!と思われるでしょうが、
いくつもの作業を同時に進めていますので、これで、現時点での数をメモを取るように入力するだけで、誰でも使える表ができました。
早速使えます。
本当にありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:2001/12/06 09:18

まずは、解説からです。


1行目:関数宣言部分で引数はシートオブジェクト、レンジオブジェクトです。
2行目:シート名が「Sheet1」である場合、次の処理を行う
3行目:現在選択している範囲が1列である場合、次の処理を行う。
※※※→質問のコメントは適切でないと思います。
4行目:選択している列がA列である場合、次の処理を行う
5行目:イベントの多発防止のおまじない。
6~7行目:選択セルに値が入っている場合、B列に日時設定
8~9行目:選択セルが空欄の場合、B列の日時を削除
11行目:イベント多発防止のおまじない解除

という感じですね!
A列の変更は、4行目を変更します。
A=1、B=2、・・・Z=26、AA=27という感じです。
B列は、A列を起点にした場所を指定しています。
9行目がそれにあたりまして、offset(0,1)の部分です。
左に書いてる0の意味:行(縦方向)を表していまして、
1つ上の行=-1
同じ行=0
1つ下の行=1

右に書いてる1の意味:列(横方向)を表していまして、
1つ左の列=-1
同じ列=0
1つ右の列=1

という意味です。いかがでしょうか?

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます!!
解説どおり、他の列で試してみたところ、うまくいきました!
私はどうも、見当違いの場所を変更していました。
このように解説していただくと、難解な作業をしているわけでもなく、こんなに便利になるんですねー。
VBA、がんばって勉強しようという気持ちがさらに強まりました。
丁寧な解説をいただいたのにさらに・・・というのは言いづらいのですが、もしよろしければ、これを同じシートで2つの部分で使うには、どこを変えればよいのか教えていただけないでしょうか?というのは、
私が作っているシートでは、開始時刻と、終了時刻という項目があり、その両方でできれば使いたいのです。(これはAから始まるとしますが)
 開始時刻    終了時刻
A列  B列  C列  D列
数   時刻   数  時刻  ←項目名
50  11:00  100  12;00
このように、A列に計測開始時刻の時点での数量を入れると、B列にその時刻が自動的に入り、計測終了時刻の時点での数をC列に入れると、その時刻が自動的にD列に入るというものを作りたいのです。
これは無理でしょうか?こうしたい場合、まったく別のマクロになってしまうのでしょうか?
すみません!!どうかお願いいたします。

補足日時:2001/12/05 16:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q#If Then ~ #Else ~ #End If(エクセルVBA)

#If Then ~ #Else ~ #End If
って何ですか?
また、VBAのヘルプで検索する方法ってどうすればいいのですか?
どなたか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

単純にヘルプのコピペです。

> #If Then ~ #Else ~ #End If
式の値に基づいて、条件付きのコンパイルを行います。

ヘルプの使用方法であれば、
VBAのコードを打つ画面で、#Ifの#またはIの後ろで「F1(ファンクション1)」を入力ください。

そうすると、参照先の先が自動的に出てきます。

今更聞きにくいヘルプの使用法ですね・・・。

HLPファイルの時は簡単に検索できたんですけどね。

Q標準モジュールで 『Sub test(ByVal Target As Range)』は動かない?

選択されている複数のアドレスが知りたいので
標準モジュールに
Sub test(ByVal Target As Range)
Debug.Print Target.Address
End Sub
と書きました。

しかしF5ボタンを押しても何も起こりません。
デバッグ→コンパイルをしてもエラーになりません。

シートのイベントプロシージャーではなく
標準モジュールにした理由は
イベント発生時ではなく、任意で起動させたいためです。

ためしに、
Sub test(ByVal Target As Range)
Debug.Print Target.Address
End Sub
の下に、

Sub test2()
Call test
End Sub

と書いたら、
「引数は省略できません。」
というエラーになりました。

何がダメなのかわかりません。
ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

今回は、初歩的なことですが、段階を経たほうがよいと思います。つまみ食いのようなことをしても、なかなか、VBAもWSHも覚えられないと思います。しかし、今回のように単発では、こちらの書いていることはほとんど分かってもらえないと思います。

今回は、サブルーチンのコードですが、サブルーチンを書くということは、それなりに、その前段階を理解していなくてはなりません。イベント・ドリブン型とは関係がありません。

それと、Target は、予約語ではありませんが、イベント・ドリブン型の引数に使われているものですから、他の語を使ったほうがよいです。それを許していると、自分ですらコードが読めなくなっていくはずです。

今回のようなコードを実際に書くことはありえませんが、ByVal キーワードは、入れるのと入れないのでは違いがありますが、Test1 側で、引数のデータ型が決めてあれば、入れなくても構わないです。Debug.Print としてしまったら、さっぱり、その意味が見えないでしょうけれども……。

F5を押しても、サブルーチンは呼び出さないと動きません。
それに、呼び出す場合は、引数を入れなければなりません。

'-------------------------------------------

Sub Test1()
Dim c As Range  '←これがあるので、ByVal は不要
For Each c In Range("A1:A10")
 Call Test2(c)
Next c
End Sub

'サブルーチン(Target という名称は使わない)
Sub Test2(rng As Range)
  Debug.Print rng.Address
  'Debug.Print では、良く意味が分からないはずです。
  'Range オブジェクトを引数にしたら、いろんな使い方がある
End Sub

'-------------------------------------------

こんばんは。

今回は、初歩的なことですが、段階を経たほうがよいと思います。つまみ食いのようなことをしても、なかなか、VBAもWSHも覚えられないと思います。しかし、今回のように単発では、こちらの書いていることはほとんど分かってもらえないと思います。

今回は、サブルーチンのコードですが、サブルーチンを書くということは、それなりに、その前段階を理解していなくてはなりません。イベント・ドリブン型とは関係がありません。

それと、Target は、予約語ではありませんが、イベント・ドリブン...続きを読む

Qエクセルで、=IF(A12="a",TRUE)は =A1="a"  ???

エクセルで、
=IF(A12="a",TRUE)

=A1="a"
と省略できるのですか?

やってみるとまったく同じようなのですが、いまいち不安です。

また、=IF(D4=TRUE,"OK!","No!")も、日頃=IF(D4,"OK!","No!")と略してますが、これも正しいんですよね?
気になったものですから確認させてください。

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

IF関数について、少し補足説明します。
IF関数は、No.1にもあるように、

=IF(条件式,真の場合,偽の場合)

という書式ですが、

=IF(条件式,真の場合)

と、偽の場合を省略することが出来ます。
ここで偽の場合は、FALSEという論理値を返します。
つまり、質問欄の1つ目の例に当たります。
なお、

=IF(条件式)

と、真の場合も省略することは出来ず、

=IF(条件式,,偽の場合)

と、空欄にすると、真の場合は数値の「0」を返すことになります。
ちなみに、偽の場合も、

=IF(条件式,真の場合,)

と、引数区切りのカンマだけ付けると、空欄と見なされて(省略とは異なる)数値の「0」を返します。

次に、条件式についてですが、
条件式は、

「左辺」+「比較演算子」+「右辺」

の書式になっているものを指します。
ここで、比較演算子とは、
「=、>、<、>=、<=、<>」
を指します。
条件式は、成立/不成立の結果、TRUE/FALSEという論理値を返します。
つまり、

=A1="a"

は、条件式の戻り値そのものを表示していることになります。
それに対して、IF関数の方は、条件式を判定した結果、真の場合と偽の場合をそれぞれ実行して表示しています。
その真の場合と偽の場合が、条件式の戻り値とちょうど一致しているということです。

さて、IF関数の第1引数は、通常は上記の条件式を指定しますが、実際はIF関数は第1引数を数値として判断しています。
その判定基準は、第1引数が、
0 → 偽の場合を実行
0以外 → 真の場合を実行
となります。
そして、第1引数が条件式の場合に限り、戻り値の論理値を、
TRUE → 1
FALSE → 0
と数値に変換して判定しているのです。
これが、質問欄の後半の2つの数式の挙動の違いの原因なのです。

=IF(D4=TRUE,"OK!","No!")

は、第1引数は「D4=TRUE」という条件式です。
この場合、戻り値は必ずTRUE/FALSE(=1/0)です。
(ただし、D4にエラーが入っている場合を除く)
一方、

=IF(D4,"OK!","No!")

の方は、第1引数は「D4」で、これはセルD4の値そのものです。
で、前述のように、IF関数は第1引数を数値として判定するので、このD4が数値(と論理値)以外の場合(文字列など)はエラーになります。
D4が数値(と論理値)の場合は、前述のように、「0」かそれ以外かで判定され、真/偽の場合のいづれかを実行して表示します。

このIF関数の第1引数が数値として判定されているということを利用した例が以下のようなものです。
例えば、A列に数値が1つでもあれば"OK"、1つもなければ(つまり0)"NG"を表示する場合、意味を考えれば、

=IF(COUNT(A:A)>0,"OK","NG")

ですが、これを、

=IF(COUNT(A:A),"OK","NG")

と、A列の数値の個数(COUNT関数の戻り値)そのもので判定することが出来るわけです。

以上、長くなりましたが、補足説明でした。

こんにちは。maruru01です。

IF関数について、少し補足説明します。
IF関数は、No.1にもあるように、

=IF(条件式,真の場合,偽の場合)

という書式ですが、

=IF(条件式,真の場合)

と、偽の場合を省略することが出来ます。
ここで偽の場合は、FALSEという論理値を返します。
つまり、質問欄の1つ目の例に当たります。
なお、

=IF(条件式)

と、真の場合も省略することは出来ず、

=IF(条件式,,偽の場合)

と、空欄にすると、真の場合は数値の「0」を返すことになります。
ちなみに、偽...続きを読む

Qエクセルvba  (ByVal Target As Range)について

シートのイベントプロシージャーが
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)

End Sub
となりますが
(ByVal Target As Range)部分は何なのでしょうか?
何のためにあるのかわかりません。

Private Sub Worksheet_SelectionChange()
End Sub
としたらエラーが返ってきました。

理由を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
>Target=ActiveCell
>と言う認識でよろしいでしょうか?
#5でKenKen_SPさんが説明されていますが、補足です。

セルを一つだけ選択したときには、

Target=ActiveCell
と考えても問題ありません

しかし、複数の範囲を選択したときは、
Target=ActiveCell
はなりません。
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
では
Target=Selection
です。

注!
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
では
Target=Selection
成り立っていますが、そうでない場合もあります。
Selectionは「選択されている物」という意味です。
そのために、場合によって内容が異なります。
例えば、オートシェイプが選択されているときには、Selectionは選択されているオートシェイプになります。


以下のコードを試してみてください。
上段にTargetのアドレス
中段にActiveCellのアドレス
下段にSelectionのアドレス
が表示されます。
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
MsgBox Target.Address & Chr(13) & ActiveCell.Address & Chr(13) & Selection.Address
End Sub

こんにちは
>Target=ActiveCell
>と言う認識でよろしいでしょうか?
#5でKenKen_SPさんが説明されていますが、補足です。

セルを一つだけ選択したときには、

Target=ActiveCell
と考えても問題ありません

しかし、複数の範囲を選択したときは、
Target=ActiveCell
はなりません。
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
では
Target=Selection
です。

注!
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
では
Target=Selection
成り立...続きを読む

QエクセルのIF文で「NOT=」はどう書くのですか?また、>=や<=の場合の書き方を教えてください

タイトルのとおりです

IF文で下記の3つの書き方がわかりません。

NOT=は、<>?
0以外の場合は、A1<>0?

A1が0と同じか、大きい場合は
A1>=0?

なんだか、うまくいきません^^;

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

A1が・・・・・
A1 <> 0  0以外
A1 >= 0  0以上(0を含む)
A1 > 0   0より大きい(0は含まない)
A1 <= 0  0以下(0を含む)
A1 < 0  0未満
A1 = 0  0

=<,=> などの書き方は使えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報