プロが教えるわが家の防犯対策術!

私の大阪弁間違っていますか??
20年大阪市の環状線内で住んでいました。

ある掲示板で(ものがない時に用いられる)「ない」を「あれへん。」
と書きました。

するとものすごい数の返事で
「あらへんの間違いや!!お前大阪人ちゃうやろ!!この関東人!」だの
「はい、カッペ発見!!」だの・・<--多分”田舎っぺ”の略なんでしょう。

ビックリを通り越して、結構傷つきました。
同じ大阪人に言われたのでビックリしました。
ある意味、少し大阪人がイヤになりました。

「あれへん」って言いませんか??
(携帯や鍵など探しているとき)「あれ?おっかしいな。。あれへんやん。携帯どこやったけなーー。」みたいな・・・。

あくまで、大阪市内で話す大阪弁で合ってるか否か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

私は大阪市内で生まれ育ち、大阪から出たことがありませんが


「あれへん」と言います。大阪市民は「あれへん」でしょう。
逆に「あらへん」とは滅多に言いませんね。
    • good
    • 4

大阪市内で生まれ育ちました。


普通に「あれへん」と言いますよ。
「あらへん」は南、東大阪から京都方面の地域でよく耳にします。
    • good
    • 1

たぶん地域によって多少違うと思います。



「あれへん」
「あらへん」

どっちも使います!

ミナミとかになってくるとコテコテですが、
キタに行くに連れて大阪弁でもやさしい口調な感じがします。
そんな感じでとらえていいと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



僕的には「あらへん」って言いますが「あれへん」でも意味は通じるしOKだと思うけどな~。
活用や大阪でも住んでる地域とかでも変わってくるんじゃないでしょうか?
指摘した方がうまく汲み取ってくれたら質問者様も深く悩まれる事は無かったのにね。
    • good
    • 0

私もあれへんって言います。


あらへんより言いますよ。
むしろ、「あらへん」の方が言いません。

それなら、私もカッペですね^^
生まれも育ちも大阪なので間違いないと思います。
    • good
    • 2

24歳ずーっと大阪住んでるけど


あれへんっていいますよー!!

掲示板の人達はほっといてくださいww
あんな奴等相手にしちゃいけません。

いい大人のくせになんか言ってる事とかガキで
あーいう掲示板めっちゃ嫌いです。
    • good
    • 0

「あらへん」は京都、


「あれへん」は大阪のようですよ。

http://www.interq.or.jp/osaka/inside/osakaben/go …
大阪弁の同化音 を参照のこと

京都言葉と大阪言葉の違いhttp://www.akenotsuki.com/kyookotoba/keihan.html

「かっぺ」は、たんを吐き捨てる音と思っていました。(^~^;

参考URL:http://www.interq.or.jp/osaka/inside/osakaben/bu …【結果動詞・瞬間動詞】
    • good
    • 0

大阪でも地域によって違うでしょ。


京都でも地域によって全然違いますしね。

ちなみに京都市内で「あらへん」とは言いません(笑
    • good
    • 1

「しない」の事を「しーひん」「せーへん」と言いますよね。

「しーひん」の「し」と「ひ」はどちらもイの段、「せーへん」の「せ」と「へ」はどちらもエの段。口語はできるだけ口を動かさないような言葉に流れてしまいます。
ご質問の「あれへん」の「れ」と「へ」は同じエの段。一方「あらへん」の「ら」はアの段で「へ」はエの段だからわざわざ口を動かしている事になります。その意味からは「あれへん」の方が自然ですよね。生まれてから今までずっと環状線沿いに住んでいる私も圧倒的に「あれへん」を使います。どちらが正解!!というのはないのでしょうけど、「あれへん」に一票です。
    • good
    • 0

どちらも使いますよ。


口語表現と、文体表現の取違いじゃないのかなぁ。
言葉で話すと違和感がなくても、あえて文章にすると前後の文章の感覚から、そのように取られてしまったのでは。
自分で探すときは『○○があれへんやん』と言い、人が探していたら、『○○はあらへんかったか』と言うくらいの違いではないのでしょうか。
どちらが正しいかと言われると活用が違うだけだと思いますが。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~してはる」は敬語?それとも京都弁?

以前、友達と話をしていて少しバトルになった話です。
大阪ッ子の主張は(私もですが)「~してはる」は敬語なので
例えば、「先生が作りはってん。」みたいに話してます。
けど、京都ッ子は「お父さんが作らはってん。」と言うんです。
私からすると身内に尊敬語をつかってるようで、
すごい違和感を感じるんですが、
私だけではなく大阪の友達は敬語だと言う人は多いです。実際どうなんですか?
私のなかで「~はる」をつけるときはかなり尊敬語なんですが・・・
他にも「髪の毛が伸びはんねん。」と言う人もいました。おかしくないですか?
これが京都弁なんでしょうか?

Aベストアンサー

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「おいでやす」、「おくれやす」などに見られる「お~やす」で、これは純粋に相手への敬意を表した尊敬表現です。「~はる」は「お~やす」に比べると敬意度が低く、また、京都では自分の側、つまり自分の身内に対して「~はる」を付ける言い方も存在し、この場合はその身内に対して敬意を表していると言うよりも、話し手が聞き手に対して自分とその身内との親密さ、親近感を伝えている表現という方が適切なようです。ただ、話している本人としてはあまりそういったことを意識せずに使っている場合が多いようです。また、tawdaさんがおっしゃっているように第3者に関することを話し手が聞き手に意見を求めているような場合に使われる「~はる」は、やや皮肉混じりの意味合いで使われることが多いようです。また、人間以外の物や動物などに使われることもあり、その場合も話し手が聞き手に対してその物への愛着を示したり、あるいは意見を求める、その物への注意を促す時などに使われるようです。
 このことは恐らく大阪と京都が歩んできたそれぞれの歴史や文化の成立過程の差で現れてきた違いだろうと思います。大阪と京都のことばに共通していることは、相手に対する「気配り」の表現方法が豊富であり、全体的にYES、NOをはっきりさせるような言い方を好まず、曖昧にぼかしたり、単刀直入に表現することを避けたりして、相手を傷つけないでおこうとする柔らかさがあります。その一方、ことばの中に多くの意味が含まれていて、後でゆっくりじんわりとこたえてくるというところがあります。肝心なところをぼかしながらも、実は事の本質をついているのです。大阪のことばは歴史的、文化的に商人気質の色が強い庶民的な言葉なので、相手に細かく対応して、相手の機嫌を損ねないように微妙に使い分けをしながらも、相手に対して分かりやすいことばが好まれてきたために、「~はる」の使い方もほぼ尊敬表現の一本で通されているものと思われます。一方、京都では一口に京都のことばと言っても、もともと御所ことばと町方ことばの差別化があり、また町方ことばも室町商家のことば、西陣の職人ことば、祇園花街のことばなどの複雑な区別があったため、「~はる」の使い方も大阪に比べるとより複雑な人間関係の中で多様性を持つに至ったと思われます。

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「...続きを読む

Q関西弁と河内弁の違い

今日友達と話していると「関西弁にもいろんな種類があって、摂津弁、河内弁、泉州弁があるねん。」と教えてもらいました。

摂津弁と泉州弁の例を出してもらうと馴染みのあるように感じず、あまり聞かないのですが、河内弁の例を出してもらうとほぼ理解できました。関西弁とは河内弁のことなのでしょうか?違いがよくわかりません。

このことに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は八尾市出身ですので、河内平野のど真ん中で子供時代を
過ごしました。
★標準語で『ない』という単語で説明しましょう。
標準的な大阪弁では『あれへん』ですが、河内では『あらへん』です。
更に訛って『あらぃん』
1・ARAHEN→2.ARAHIN→3.ARAIN
実際には2と3の中間くらい『H』が半ば落ちかけた音です。

★紙幣を硬貨に両替してもらうこと何といいますか?
『この銭、こわいてくれ!』(河内弁)
両替のことを『こわす』という地方がありますが更に訛っています。

河内訛りを表すこんな、一節もあります。
『よろがわの、みるのんれ、はら、のらくろりん』
(淀川の水、飲んで腹ノラクロリン)
何とダ行・ザ行がラ行に変化しています。
私の子供の頃は、ここまで訛っている人には会いませんでしたが(笑)

最後に河内弁や泉州弁とはいいますが、摂津弁とはいいません。
大阪市と神戸市では、言い回しが違います。
千度ぶり(久しぶり)、さんこにする(散らかっている)
後世に伝えたい美しい神戸ことばの例です。

Q関西弁(大阪弁) …ねん。…やねん。 

こんにちわ。大阪弁で質問があります。
大阪弁の…ねん。と…やねん。(終助詞と呼ぶと思います)
どのような違いで使い分けるのですか?
そして、どのような語形の後に続くのですか?
(形容詞の後、助動詞の後、動詞の後など。)

そして、もしかしていいサイトがあれば教えてください。アメリカ人の友達も知りたがっているので英語でのサイトなどもあれば教えてもらいたいです。探したのですが、なかなか詳しく説明してあるものがありません。
よろしくお願いします。。。

Aベストアンサー

これは普段自分で使ってて思うことなのですが、
形容詞だと大体 ~ねんを使うと思います。
動詞の場合も ~ねんを使うと思います。
さて、 ~やねんですが、自分で今考えてみると名詞の後につける時が多いと思います。
助動詞の場合ですが、順番に自分が使う中で当てはめていくと、「そうだ」と「ようだ」は最後の「だ」を
「や」に変えて「そうやねん」「ようやねん」になると思います。それ以外は基本的に ~ねんで使うと思います。しかし、「まい」は普段あまり使わない言葉ですし、これにいたっては ~ねん ~やねんをつけられないと思います。
あまり自身はないですが、もし違っていたら補足をお願いします

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q関西弁で「よう○○せんわ」という言い方について

関西弁で「よう○○せんわ」という言い方があると思います。
「俺、人前でこんなことようせんわ」と言った感じです。
これは「○○できない」という意味でしょうか、「○○したくない」という意味でしょうか?

「せん」=「しない」だと思うのですが、
「よう」=「上手に」というニュアンスなのでしょうか?

この言い方が使われる地域は限られているのでしょうか?
私は大阪の上新城?吹田?の方から聞いたと思います。

Aベストアンサー

#7さんと同じです。
「言うを得ず」が「得言わず」となり「よう言わん」になったもので、「よう」は can です。助動詞の機能を持った語が動詞の前に付くのは、日本語では非常に珍しいと思います。

Q「へん」と「ひん」のつかいかたについて

京都・大阪・兵庫・奈良の言葉がわかる方に教えていただきたいです。
語尾につく「へん」と「ひん」は否定のときに使うのかと思うのですが、どちらを使うかは気分なのでしょうか?それとも正しい使い方があるのでしょうか?また、県によって使い方が違うのでしょうか?おしえていただきたいです。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No7です。
お礼読ませてもらいました。

おっしゃる通り、「はる」の過去形は
「~してはった」「~したはった」で正解です。
あるいは「~しゃはった」とも言います。

今、これを書いていて気付きましたが、これらの用法は
「入院してはった」=入院していたが既に退院している
「入院しゃはった」=入院して今も病院にいる
という違いがあります。我ながら難しいですね。

・・・・・・

京都人が冷たいのか…という問いはよくあるのですが、
他の関西人からすると、京都の人間は「ホントのことを言わない」と
思われる傾向がありますし、実際に言いません(笑)。

例えば、貴方が京都弁を話しているのを聞いたとして、
典型的な大阪の人間なら「そんなん、ぜんぜん京都弁ちゃうで!」とツッコミます。
これは決してダメ出しではなくて「頑張ってるけどまだまだだね」という
励ましのニュアンスが含まれます。

しかし京都の人間はそういう波風が立つ(かもしれない)言い方を避けるので、
「ちゃんと京都弁使えてはるよ」と言うのです。実際は思ってなくても…

大阪の人間からすると、この「実際は思ってもいない」部分が分かるので、
「ホンマのこと言わへん」「冷たい人間や」「腹割って話さへん」という
評価になってしまいます。

京都の人間は、おおむね波風を立てたり言い争いになるのを嫌います。
これは議論が嫌いとか気弱とかではなく、単に「そういうのは下品だ」という
妙な美学のせいです(笑)。つまり本心に関係なく、当たり障りのない言い方で
お茶を濁してしまうのです。

なので、特に関西の他の地域から見ると「冷たい」「意地悪」と言われてしまうのです。

きっと貴方が京都に来て京都弁を話していても、京都の人は
ニッコリ微笑んで「上手にしゃべらはるね~」と言ってもらえると思います。
「どこかおかしいところがあれば言ってください」と言ったとしても、
「いやいや、おかしいとこなんてあらへんよ~」と言うはずです。

そういう「言葉の裏にある本心を気にせずに」という意味で、
「冷たい目に負けずに」と言いました。

頑張ってみてくださいね。

No7です。
お礼読ませてもらいました。

おっしゃる通り、「はる」の過去形は
「~してはった」「~したはった」で正解です。
あるいは「~しゃはった」とも言います。

今、これを書いていて気付きましたが、これらの用法は
「入院してはった」=入院していたが既に退院している
「入院しゃはった」=入院して今も病院にいる
という違いがあります。我ながら難しいですね。

・・・・・・

京都人が冷たいのか…という問いはよくあるのですが、
他の関西人からすると、京都の人間は「ホントのことを言わない」と
...続きを読む

Q「~してナンボ」の意味は何ですか

「法律学は苦労してなんぼ」
「儲けてなんぼ」
とかいった表現がありますが、この「なんぼ」の意味が分りません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

商売の街、大阪の者です。

「これナンボ?」は、「これおいくら(値段)ですか?」
要するに、「苦労してナンボ」は、その苦労をオカネに換算して言っているわけです。

なので、「ヤクザもんがナンボのもんじゃい」というのは、
「ヤクザの方ですか?で、それが何か価値があるのですか?」ということです。

「苦労してナンボ」とは、苦労してこそ価値あるものが得られる、ということですね。

活用形として・・・
「ナンボほど、しゃべんねん!」・・・どれだけ”たくさん”喋るんだ!。

他には変則形として・・・
「ナンボなんでも、それは無茶やで」・・・どれだけ”頑張っても”それは難しいです。
「ナンボほどちっちゃいねん!」は、「”めちゃくちゃ”小さいですね」となります。

これらの場合の「ナンボ」は、程度が”小より大”、”少より多”、の意味合いで
使われています。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q関西弁、京都弁で「いない」はなんと言いますか?

関西弁、京都弁で「いない」は「おらん」や「いーひん」などでいいのでしょうか?
他にもっと優しい可愛い感じの言い方があれば教えてください。
それと、基本的には「いい」を「ええ」にすると関西弁、京都弁になるのでしょうか?
例 「~してもいい」を「~してもええ」

Aベストアンサー

こんばんは。

何度も、失礼ですが、お邪魔しています。


gsmy5(No.13)さんのおっしゃるとおりです。


別に意識して、丁寧に話している訳ではないですが。
ただの京都の話し言葉ですよ。

京の花街へ行けば、『おきいやして、おしいやして』とか、
聞けるかもしれませんが、そんなん一般の京都人は
使いません。
あくまでも花街限定の言葉です。(舞妓さんとか、芸妓さんとか。)


 本当の京都の言葉を聞きたければ、思いつくのは、
『錦市場』とか、『北野下の森の市場』とかで、
明らかに70代以上の方の傍に居れば聞けますよ。
私は、その言葉を聴いて『ホッ』とします。


『居る』と『要る』は全然別物の言葉です。

『要る』は、京都でも『いる』(要る)です。
『要らない』は、『いらん』(要らん)です。

具体的には、
『そんなもの要りません。』は、
『そんなんいらんわ。』です。


他には、
子どもがいたずらして、しかる場合、
『そんなことやめなさい。』は、
『~やめとおき。』とか、
『~せんとおき。』と、言います。

『~やめとおき。』は、何となく判ると思いますが、
『~せんとおき。』は、
『そんなこと、せんといて。』(そんなこと、やめて)の活用です。


ここで一つ日常会話を、w
娘の彼氏が実家に挨拶に来たシチュエーション。
『お父ちゃん、あの人、来はった、来はった、逢うてぇ。』
『おとうちゃん、あのひと、きはった、きはった、おうてぇ。』
あはw


話は変わりますが。
前述の『全然』は今日では意味が変わってますね。

『全然良い。』とか、巷で聞きますから、
小耳に挟んで、『へ。?』、と違和感を感じます。
『全然』って否定なのに、『良い』のか?と。
パラノイヤか。w?

こんばんは。

何度も、失礼ですが、お邪魔しています。


gsmy5(No.13)さんのおっしゃるとおりです。


別に意識して、丁寧に話している訳ではないですが。
ただの京都の話し言葉ですよ。

京の花街へ行けば、『おきいやして、おしいやして』とか、
聞けるかもしれませんが、そんなん一般の京都人は
使いません。
あくまでも花街限定の言葉です。(舞妓さんとか、芸妓さんとか。)


 本当の京都の言葉を聞きたければ、思いつくのは、
『錦市場』とか、『北野下の森の市場』とかで、
明らかに7...続きを読む

Q「すごい」の関西弁(その他方言でも)

はじめまして、初めて書き込みをします。
ちょっと引っ掛かる疑問があります。

最近、大阪の泉南から北摂のほうへ引っ越したのですが「すごい」という言葉の表現がちゃうんですが、自分が関西弁をまだ理解してないだけでしょか?

泉南にいた時には「めっちゃ」「ごっつい」「えらい」とこの辺のを使い分けてたんですが、北摂では「バリ」を使うんです。
もしかして自分は関西弁をわかってへんのか?って気になって仕方がないっす。今までずーっと使ってきてこんなこと恥ずかしいて聞けんし、ここにカキコすることにしました。

ぜひぜひ、書き込みしてくださいな。
なんとなく、他の方言ではどんないい方をしてるかも気になったんで書いてください。

例:
標準語(?):この仏像はすごい大きいですね。
私が使ってた言葉 :この仏像はめっちゃでっかいなぁ。
北摂で私が聞いた言葉(?):この仏像はバリでかいなぁ。

Aベストアンサー

北摂方面というよりも、最近の若者語ですね。

ふつーバリは使いませんから(^_^)v

「むっちゃ」デカイってのもありますね(^_^)v


人気Q&Aランキング