私の妻が何年も悩んでいる内容を質問します。
20年くらい前のNHKで放映されていた人形劇の主題歌で
♪飛べ~飛べ~はばたけ紅孔雀~ のような歌いだしの
番組のタイトルと曲名を知りたいのです。
妻の歌詞はうる覚えらしく正しくないかもしれません。
でも妻はこれをカラオケで歌いたいらしいのです。
ちなみに「紅孔雀」というタイトルのカラオケを入れたら
まったく判らない演歌がでたらしいです。
だから紅孔雀ってタイトルではないのでしょうか?
マイナーなんでカラオケに無いのでしょうか
情報をくださいませ。

A 回答 (2件)

昭和53年から翌年にかけて放送されたNHK連続人形劇『紅孔雀』の主題歌でしたら、


「紙ふうせん」のお二人が歌ってらした『紅孔雀のうた』という曲では…?

「懐かしの人形劇テーマ大全」(東芝EMI TOCT9355)というCDに収録されているようです。
(このアルバムには、三波豊和さんの挿入歌『若者の唄』も…)

カラオケに入っているかどうかは「?」ですが…

参考URL:http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=722444
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおおっ、確かにこの番組だと思います。
周りのかなり音楽に詳しい人に聞いても判らなかったので
感謝感激です。
妻はこの曲をことあるごとに歌っていたのですが
詳細がわからず本当に困っていたのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 11:00

紅孔雀のうたで当たり!だとおもいます。



http://www.jcom-net.com/karaoke/anime-list.htm
場所によってはカラオケもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カラオケも場所によってはあるんですね。今度からカラオケに行くとき根気よく
探してみたいと思います。ご協力ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/17 10:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンプリン物語の最終回は?

 いつも,娘とプリンプリン物語を楽しく見ていたのですが,先週に最終回が終わったとは,全く気づかずに見のがしてしまいました。
NHKのHPを見ても,最終回の内容は分かりませんでした。
 プリンプリンの故郷は一体どこだったのでしょうか?
そして,「プリンプリンえーんどランカー王国」は,どうなったのでしょうか?
 時間のある方教えて下さい。

Aベストアンサー

え~と、詳しくハッキリは覚えてないですが、
プリンプリン&ランカー王国は開国の記念にミサイルを打つのですが、どういうわけかミサイルが逆発射して地盤も悪かったせいもあり、あり地獄のように砂の下に飲み込まれていきました。
その中にはランカー・ヘドロもいました。
そして、プリンプリン宛にあった手紙を読むと、プリンプリンのお母さんからの手紙で いつか必ず会えるから海へ出て(確か)希望と言う名の船で船出をしなさい。と書かれていて。
「私 希望と言う船でお母さんを探す旅を続けるわ」
と言って、僕も僕も僕もウッキ~ と言って
またお母さん探しの旅が始まるというところで終わりました。
結局ガランカーダはプリンプリンの故郷ではなかったのですが、ガラキンファミリーはプリンプリンを娘として迎え入れたいと言ってたのですが、どこからか届いたその手紙を読み本当の故郷とお母さんを探すことにしたのです。
もちろん ♪愛に愛に愛に~満たされたところ~♪
と歌いながらです。(^0^)
最後は三波豊和が出てきて、沢山の人形も出てきて終わりましたよ。
私が小さい頃に見ていたテレビを自分の息子も楽しみに見ていたのが嬉しかったですね。
プリンプリン面白かったですよね。脇役のキャラが濃くて、在る中アナウンサーの口はちょっと犯罪に近いけど(^0^)

アッ!内容わかってもらえました?

え~と、詳しくハッキリは覚えてないですが、
プリンプリン&ランカー王国は開国の記念にミサイルを打つのですが、どういうわけかミサイルが逆発射して地盤も悪かったせいもあり、あり地獄のように砂の下に飲み込まれていきました。
その中にはランカー・ヘドロもいました。
そして、プリンプリン宛にあった手紙を読むと、プリンプリンのお母さんからの手紙で いつか必ず会えるから海へ出て(確か)希望と言う名の船で船出をしなさい。と書かれていて。
「私 希望と言う船でお母さんを探す旅を続けるわ」
と言...続きを読む

QNHK人形劇「紅孔雀」

主人公が誰だったかも全く覚えていないのですが、強烈に覚えているシーンがあります。

たしか「風小僧」「雨小僧」という子供の兄弟がいて、二人で旅をしている様子でした。寒い冬の日、雨も降ってきて弟のほうが高熱を出してしまいます。貧しい二人は医者にもいけず、焚き火をして温まろうとするのですが意地悪な大人に消されてしまいます。お兄さんは大きな声で歌を歌って弟を励ますけれど、だんだん様態が悪くなり・・・。

私の記憶はここで途切れています。この番組を見てから30年近くが過ぎ、私も家庭をもつ身になりました。今さらながら、けなげに生きていたこの兄弟が不憫でなりません。
「風小僧」「雨小僧」はどうなったのでしょうか? あわせて「紅孔雀」のあらすじを教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

紅孔雀、毎週見ていたはずなのに、風小僧の存在をまったく記憶していません(汗)

主人公、小四郎と久美のこともまったく思い出せないのですから、ある意味当然?

わたしが印象に残っているのは、アステカ王女のガダルーペとその婚約者、コテモクです。「ガダルーペー」「コテモクー」とお互いの名前を呼び合うのがよほど印象に残ったのでしょう。

この「ガダルーペ」と「紅孔雀」をキーワードに検索すると、ストーリー詳細の載ったホームページにあたります。
わたしもそこで読んできました。
フィルムはもう第一回と最終回(223回〉しか残されておらず、CSの時代劇専門チャンネルで特集放送されたようです。

紅孔雀は最初、ラジオドラマで、実写映画も存在し、その映画では風小僧は海賊どくろ丸に攫われたヒロイン久美を助ける役所のようです。


人気Q&Aランキング