この週末に新潟から伊豆へ行くのですが、どういうルートで行こうか迷ってます。

今のところ関越から東名で行くか、長野の県境付近に住んでいるので長野方面から中央道で行こうかと思っています。

地図を見た限りでは関越→東名が一番近そうなのですが、どこで降りてどこから乗るのがおすすめでしょうか?

何分、田舎者なので関東の道は全くわからないのと、何車線もある道路をスイスイ渡る自信がありません・・・ (^-^;)
どこがどの程度渋滞するかもわかりません。

10年くらい前に川越から厚木に16号と129号で行ったことはあるのですが、途中ものすごく渋滞した覚えがあります。

どういうルートで行くにしても地図とにらめっこになると思うのですが、是非わかりやすくて、できれば渋滞しにくい道を教えて下さい。

朝早くがよければそうするつもりです。

出発は土曜日です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

丁寧なお礼をありがとうございました。


渋滞が無いと仮定してお答えします。
・岡谷JCTからは沼津まで2時間強、伊東まで3時間
・川越からは湯河原まで2時間強、伊東までは3時間
と同程度です。
しかし、川越から伊豆までの区間は渋滞区間が目白押しなので予定は立たないと思った方が良いでしょう。
2時間ほどで通り過ぎれる時もあれば、10時間近くかかったこともあります。
蛇足ですがお礼の内容としては質問の補足のですよね。
補足を利用してもらえるとありがたいのですが・・・。(これを書くと管理者からクレームが来るのですが私はこの方が対応しやすいので)

この回答への補足

皆様、本当にありがとうございました。
幸い天気も良さそうで楽しい旅行ができそうです。 (^-^)
皆様のアドバイスを参考にしてがんばって伊豆まで行ってきます。
この場をお借りして回答して下さった皆様全員にお礼申し上げます。m(_"_)m

補足日時:2002/01/11 10:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお答えをして下さって感謝してます。

渋滞さえなければ関越経由のほうが早いのかと思ったら同じくらいなのですね。
1日目は西伊豆に泊るので沼津からの方が近いですし。
大変参考になりました。ありがとうございます。

・・・『補足』って今まで使ってみたことありませんでした。
そっかぁ、追加の質問をしたい時に利用するんですね。いろいろ教えて頂き、重ね重ねお礼申し上げます。

お礼日時:2002/01/09 22:10

私は日本にいる時は、東京から長野の山小屋へ毎月行っていますが、都内は早朝に抜けるようにした方が宜しいです。


全部高速を使えば、夜でも走りやすいですからね。

昼間なら、rakkiさんの2のルートが良いです。地図とガイド板を見ていけば、一回くらいの迷いで"(^_^;)"済みます。

首都高使用だと、6時迄に抜けられる時間に出発してください。
首都高の夜中は(特に土曜日)暴走族もいますし、トラックなど飛ばすのが多いので、6時少し前頃の混雑度が走りやすいと思います。

そして、必ず、左の走行車線を走りましょう。 
中央車線をゆっくり走ることを田舎から来て、東京に少し慣れてきた人(先輩たちは後輩を)は許しませんから"(^_^;)"

関越から首都高に入る処と、首都高5号線は90度カーブ(池袋付近)もありますから、今の時期は気をつけてください(凍結ですべる事があります)。

東名に入ってしまえば、道も広いので楽です。\(^O^)/

他に、中央道から首都高に入る場合は、首都高に入ってトンネルの先に直ぐ出口があり、左側で車が詰まっている事があるので、追突に気をつけてください。そして、其の先の首都高料金所迄は道が完全に二車線だけで狭いです。

首都高に入ってから、新宿のビルが見えてきますが、此処にも右への90度カーブがあり、更に曲がって直ぐ左側からの流入車線があり、大変危険です。其の先も左へ曲がり、其処にパーキングがあって、更に右へ左へと・・・・・。

しかし、環状線で右へ行けば、直ぐに東名方面があり、渋谷を抜ければ、東名ですから、分かりやすいかも知れません。(間違って左方向へ行っても、大丈夫。そのまま一回り東京ドライブして東名に入れます。(*^_^*))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく道路事情まで教えて下さり、ありがとうございます。
こちらのルートだと、やはり朝ですね。
早朝の新宿のビルをかすめて首都高を颯爽と走る・・・田舎者としては憧れますねぇ (*^o^*) ←でも颯爽とは走れない、たぶん。
すべて高速で行けるのも魅力です。
でもカーブが多いんですね。確か東名も厚木を過ぎてからはカーブが多かったような。都会の皆さん車間距離をあけずに飛ばすのでかなり怖いです・・・

もしこちらのルートで行くとしたら、永久に東京を回りつづけることのないようにがんばります!!

お礼日時:2002/01/09 16:09

私の実家が伊豆で、妻の実家が新潟なのでルートには常に悩まされたいます。


オマケに今済んでいるところが長野県なので、回答にはどんぴしゃの立地条件ですね。
お薦めするルートは2通りあります。

1.関越経由
関越~外環~首都高~東名~小田原厚木道路~R135号
お正月の期間は想像を絶する渋滞が待ち構えていますので避けるルートですが、小田原まで一般道を通らずに行けますから非常にわかりやすく初めての方に向いています。
ドライブとしての楽しさは少ないですが、小田原厚木道路を途中で降りて西湘バイパスを通れば海岸沿いの爽快なドライブができます。
往きのルートとして使われてはいかがでしょう。

2.中央~甲府精進湖道路~西冨士~東名~R136号
渋滞を避けるならこちらの方が安全ですが、甲府精進湖近辺は地図とにらめっこになると思います。
富士山の麓を通る爽快なドライビングコースです。
途中の牧場で一休みするのも良いのではないでしょうか。
今年はこのルートを利用して一昨日帰ってきたばかりです。
還りのルートとして使い、ぐるっと一周するルートが見所も多くてよいのではないでしょうか。

出発時間は伊豆での行動時間を考えて決めた方が良いでしょう。
午前中は南下する車、午後は北上する車が多いです。
先週末は全般的に空いていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございます。

実は質問のタイトルを『新潟から伊豆に行きたい』にしたかったのです。
でもそんな人いないかなぁと変えたのですが、いらっしゃるんですね!なんだか嬉しいです♪
目的地までどう行くかを考えるばかりで、途中の観光まで考えてませんでした。
せっかくの旅行、途中も楽しめたら最高ですよね。

ところで、質問ついでにもう一つお聞きしたいのですが、時間ってどれぐらい見ておけば良いでしょうか?我が家から関越なら川越、中央なら岡谷JCTまでそれぞれ2時間半くらいです。
特に1のコースは渋滞の程度にもよると思いますが、大体で結構ですので、是非よろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/09 15:44

断然中央道の方がいいです。


大槻で河口湖方面に行って河口湖より、東富士五湖道路を使って御殿場では、そのまま一般道でも東名でも良いので沼津に行き、そこから伊豆中央道でも箱根の方でもというのがお勧めです。道もわかりやすいし、なにより景色がいいので、ドライブしていても気持ちがいいです。ただし、天候に注意です。雪が降ると通行禁止などになることもあるので・・・。まぁ、新潟が晴れていて、長野や山梨が雪という日は年に何日もないでしょうけど、でも、新潟(特に湯沢近辺)と比べると、中央道の除雪作業はのろいような気がしますので・・・。

それに比べて、関越→東名を使う場合は、都心を通過する時間帯にもよりますが、「関越→東名」の経路だと、関越を降りるときに渋滞のおそれがあります。また、都内を、通るときは、外環に乗って首都高池袋線(5号線)に抜けても、環状線で渋滞のおそれがあり、渋谷線(3号線)でも渋滞のおそれがあり、厚木から小田原厚木道路に乗り換える所でも渋滞のおそれがあり、環八を使って東名に乗り換えるなんていうのは、絶対時間の無駄です。さらに、小田原厚木道路より、伊豆に入るときに箱根ターンパイクに行くにしろ、真鶴道路に抜けるにしろ渋滞のおそれがあります。(今はオフシーズンなので、こんなにひどいことはないでしょうけど・・・。)なにより、途中分岐点が多いので、運転に自信がないのならば、お勧めできません。

私は、神奈川の厚木に住んでいますが、群馬に行くなら関越を使いますが、長野に行く場合はまず間違いなく中央道を使います。長野から新潟に抜けるいい方法は知らないのですが、もし、新潟から長野に抜けるいい方法があるのなら、今後新潟に行くときでも中央道を使うんではないでしょうか・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
>環八を使って東名に乗り換えるなんていうのは、絶対時間の無駄です。
ぎくっっ・・実はこのルートを考えていました (^-^;)ゞ
だって、一番曲がり角が少なそうだったから(笑)
やはり、あちこち渋滞するのですね。のどかな農道に慣れているとこれ程つらいものはありません。
詳しい情報をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/09 14:44

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ