痔になりやすい生活習慣とは?

麻雀の言葉でハンチャンってありますよね。
私の理解では、場が東と南の2つあって、親が2週することと理解しています。
これが通常のことだと思っていたのですが、漢字で「半荘」と書くからには、「半分」の意味のようにも思われます。

東と南の他に、北と西の場もあるのですか?
それはどういう場合に行われるのでしょうか?
正式ルールなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

半荘(はんちゃん)は全荘(ぜんちゃん)の半分という事です。


東南西北の場全てを消化するのが全荘で、半荘は南場までです。
全荘の半分なので半荘ではないですか?
ちなみに私は全荘やった事がありますが、終了まで2時間以上かかって疲れました。
半荘が時間的にもやりやすいから採用されているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

懐かしいルールなのでひと言。



(1)もともと、麻雀は東風戦→南風戦→西風戦→北風戦(東場→南場→西場→北場)で1回戦としていました。これが「一荘戦」です。
*私は、親から一荘戦で教えられました。家族で麻雀をする場合、ずいぶん長く一荘戦をやっていたものです。
(2)一荘戦だと2時間程度かかるため、勝負の決着が早くつくようにと、東風戦→南風戦で1回戦にする方式がはやってきます。これが「半荘戦」です。
*参加者が5人、6人の場合、一荘戦だと、なかなか入れ替えができないので、半荘戦が受け入れられたのです。
*半荘戦が一般となったのは、1950年ごろからです。
(3)勝負の決着をより早くしようとしたのが、「東風戦」です。
*東風戦は特に、ゲーム中、急に席を立つことがしばしばあった新聞記者によって取り入れられました。1960年代のことです。

「一荘戦」「半荘戦」「東風戦」のうち、どれが正式ルールか? これは自分たちのグループで決めるしかありませんね。ただ、現在のところ、「半荘戦」が圧倒的に多くなっています。
また、「トップ賞」や「差しウマ」によってバクチ的要素を取り入れている場合、一荘戦では、その要素があまり働かないために好まれない、というのも事実でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やっぱり東西南北する「一荘戦」てのがあるんですね。「半荘戦」しか知りませんでした。さらに「東風戦」もあるなんて。
最初から回答くださった方も合わせて、お礼申し上げます。

お礼日時:2006/02/27 14:42

半荘は他の方が書いてくださっているとおり、東場・南場・西場・北場の「一荘」の半分という意味です。




西場・北場が行われるのは現在、次の2通りがあり得ます。

1.No.4と5の方が書かれているように、南場が終わってもトップがある基準の点数を超えていない場合、「西入(しゃーにゅう)」といって西場に入るルールを採用していることがあります。
(西場が終わっても基準点を超えなければさらに「北入」したりします)

ネット麻雀『東風荘』の第1東風荘は東風戦ですが、東場が終わってトップが3万点を超えていないと「南入」し、誰かが3万点を超えた時点でサドンデス終了というルールになっています。
この間打ったときは、南場が終わっても誰も3万点を超えずさらに「西入」、西2局でやっと決着がつきました。
ちなみにその時、親の私は西をポンして早あがりを狙いました(場の風が西だからこれだけであがれるわけですね)。

2.北海道などでは半荘が東南戦でなく、南場の代わりに北場を行う「東北戦」ルールがよく行われます。
だから東場が終わると、「ダブ北」がある北家が少し有利になります。
東の裏が南でなく北になっている、専用の起家マークもあるそうです。
    • good
    • 0

かつてのどこかで聞いた記憶ですが。



麻雀は中国の宮廷で宦官たちが暇を持て余しすぎて考えられたゲームです。当時は東南西北と四順して1回のゲーム終了だったそうです。これが即ち一荘であり、現在の東南はその半分で半荘です。

ちなみに麻雀は中国で生まれ、アメリカに渡り日本に入ってきたそうです。各国でルールは全然違います。

ローカルルールで南場終了時にトップが33000点無ければ西場へ、更に西場終了時にトップが33000点無ければ北場へというものもあります。(珍しいルールですが)

正式ルールというと日本プロ麻雀協会や日本プロ麻雀連盟が決めている競技ルールがありますが、偶然性をかなり排除しているルール(一発や裏ドラ無し等)なので一般的ではありませんね。もちろん西・北場はありません。

参考URL:http://www.mahjong.or.jp/
    • good
    • 0

回答は既に出ているので


参考までに

私のところでは南場終了時Topが30000点以下の場合
西入(シャニュウ)になります(3/4チャン)
    • good
    • 0

はいそうです、北場・西場もある「一荘(イーチャン)」というルールもあります。


参考URLに詳しい説明が出てますので、ご一読してみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E9%9B%80# …
    • good
    • 0

 貴方のお見込みのとおりです。

本来、壱荘とは場が東南西北と回るのがルールです。
それを半分で東西回しでゲームを切るからハンチャンと言うのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻雀の時間

打つ人のレベルにもよるのでしょうけれど、半チャンはどれくらいの時間で
やりますか?一時間だと長すぎるでしょうか?
あとだれかがハコになったらその局は終了するのが普通なのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の東南回しだと平均40分くらいで打っています。
でも、展開によっては1時間くらいになる場合もありますよ。
一般的にはトビあり、つまりハコ割れしたら即終了という形が多いと思います。

アドバイスとしては
●点棒のやりとりを迅速に!
●皆がリズムよく!(自分1人で打っているワケではない事を認識する)
●打っている時は食事やお菓子は控える!どうしてもお腹が減った時はチャーハンなどのこぼれにくいものを注文する。ラーメンとかの汁ものは進行の妨げです。

こんなところでしょうか。
頑張って下さい。

Q麻雀が強い人って実際どういう人?

よく漫画や映画などで麻雀がとてつもなく強い人って登場しますよね。

現実にもプロの雀士と言われる人たちもいると思います。

考えると不思議な感じがしてきました。 というのは、スポーツ界での強い選手、これは分りやすいです。  体力、技能、精神力、自己管理能力が長けた人たちと言えるでしょう。

将棋や囲碁の世界でも同じだと思います。

ところが、麻雀というゲームは全く違いますよね。

まず配牌ですが、一九字牌ばかりで、国士やチャンタ系を狙うにも中途半端。  ドラは一枚も無し。 この最初の段階で、和了できる可能性はグッと低くなると思います。

おまけに自模も悪い。  無関係な字牌が続く。  面子選択に迷って、8・9の辺張を嫌った途端、7の牌を引く。

苦労の挙句、やっと聴牌し、ヤミで張っていると、親リーチが掛かり、一発自模で 12,000点。

これが続き、結局ノー和了で箱テン。

これを考えると、麻雀というゲームは 「運」 が 99% 占めるように感じました。  つまり、プロ級と言われるほど強い人でも、ツキだけで、点数も数えられないド素人にボロ負けすると。

将棋や囲碁などの他のゲームや、スポーツの世界ではこんな事は絶対あり得ないですよね。 たとえば今日始めてクラブを握ったアマチュアがタイガーウッズに勝つなんて考えられますか ?

麻雀が強い人とは 「少なくとも、振り込まない人」 と言う意見があるかも知れませんが、それでも透視術でもない限り他のメンバーの手の内なんて、想像するか、勘に頼るしかないでしょうし、端的に言って現物以外の牌はどれも危険牌になり得るでしょうし。  計算違いで役満に振り込む事もあると思うのですね、プロ級の人でも。

正確には 「振り込まない」 ではなく 「結果として振り込まなかった (アー良かった)」 というべきかなと感じています。

麻雀が強い人って、皆さんどう思われます ?

よく漫画や映画などで麻雀がとてつもなく強い人って登場しますよね。

現実にもプロの雀士と言われる人たちもいると思います。

考えると不思議な感じがしてきました。 というのは、スポーツ界での強い選手、これは分りやすいです。  体力、技能、精神力、自己管理能力が長けた人たちと言えるでしょう。

将棋や囲碁の世界でも同じだと思います。

ところが、麻雀というゲームは全く違いますよね。

まず配牌ですが、一九字牌ばかりで、国士やチャンタ系を狙うにも中途半端。  ドラは一枚も無し。 ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに1局やってどっちが勝つかは運の要素が大きくなりますが、回数を重ねればやはり強い人が勝ちます。
自分の感覚では運は2~3割だと思っています。但し1局についてではなく、回数を重ねた場合です。
私はフリー雀荘へ行くとだいたい10時間(20半荘)ぐらい打ちますが、10日行ったとすれば
実力で勝つ日:5日
実力で負ける日(自分のミスにより負ける):1日
運が良くて勝つ日(ミスを重ねても勝てる):1日
運が悪くて負ける日(ミスはしてないつもりでも、何をやってもだめ):1日
どちらとも言えずプラスマイナス0の日:2日
こんな感じです。ということで運の要素はだいたい2~3割。

私が実力で勝てる理由は「細かい技術の積み重ね」と「経験」です。
でも本当に強い人は、次とは言わないまでも数順内に何を積もるか、どの色に寄るかなどが分かるそうです。
私は確率論の域を脱することができないのでまだ理解できないのですが、極一部だとは思いますが、どうも本当にいるようです。
そういう人の場合には運の要素はさらに下がり1割を切るかと思います。
ただ私も、もう1つ勝てる理由として「半荘単位の長期的視野で手を育てる感覚」は持っています。
ご質問にあるような、運悪く嫌ったペンチャンを引いたとか、他家に一発でツモられたとかは、あまり気にしません。

確かに1局やってどっちが勝つかは運の要素が大きくなりますが、回数を重ねればやはり強い人が勝ちます。
自分の感覚では運は2~3割だと思っています。但し1局についてではなく、回数を重ねた場合です。
私はフリー雀荘へ行くとだいたい10時間(20半荘)ぐらい打ちますが、10日行ったとすれば
実力で勝つ日:5日
実力で負ける日(自分のミスにより負ける):1日
運が良くて勝つ日(ミスを重ねても勝てる):1日
運が悪くて負ける日(ミスはしてないつもりでも、何をやってもだめ):1日
どち...続きを読む

Q麻雀の2人打ち

麻雀の2人打ち
麻雀の二人打ちって、できますか?
普通は4人か3人でやるものですが
練習として2人だけで麻雀が打ちたいのですが
なにかいい方法はありますか?

Aベストアンサー

我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。
テンポよく遊べて結構熱くなります。

すべての牌を伏せる。
洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。これを「海」と呼ぶ。
すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。
その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。
(当然、手牌は自分も相手も見えている。相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。ツモらせるより振りこむ方が安い)
じゃんけんでアト・サキを決める
アトの者は海から一枚を表に返して海の中央に置く。これがドラとなる。ドラは現物とする。
サキの者は、伏せられた牌から好きな一枚をツモる。
不要牌を捨てる。捨て牌は普通の麻雀と同じように、手牌の前に河を作って行く。
ポンチーは無し、アンカンの場合は好きな牌を海から取る。海の牌を一枚表に返して海の中央に置きドラ牌を増やす。
リーチはあり、イイハン縛り、その他のルールは四人打ちと同じ
自分がリーチしてなければ振り込むことはない。
二人リーチになると楽しい。オヤ・子は無い。常に二人とも散家とする。連荘という概念はなく、一局単位の勝負でイイハン1ドル清算とする。符は計算しない。バンバンを付けない。
リーチ、ツモ、タンヤオ、ピンフ、ドラ=5ドル
リーチ、一発、ツモ、チンイチ、ドラ、ドラ=11ドル
リーチ、リンシャン、ツモ=3ドル
チートイツ=2ドル
役満=16ドル(出来やすい)
ツモられても一人払いとなる

あらかじめ、回数や時間を決めて遊ぶ。熱くなると泣きが入ってキリがなくなる
原則は一局ごと清算(ドルのやりとり)
紙に勝ち点を(ドル数)を書いていき、最後に合算して清算でも良い。

我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。
テンポよく遊べて結構熱くなります。

すべての牌を伏せる。
洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。これを「海」と呼ぶ。
すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。
その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。
(当然、手牌は自分も相手も見えている。相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。ツモらせるより振りこむ方が安い)
じゃんけんでアト・サキを決める
...続きを読む

Q一荘戦って。。。

本来の麻雀は一荘戦が正式・標準だと思います。しかし、今は半荘戦、もしくは東風戦が大半を占めます。何故でしょうか?短時間で勝負したいのなら分かりますが、徹夜麻雀などなら一荘戦の方がベターでは?一荘3回で夜が明けるくらいですかね。徹夜で東風戦を10回もやると、四風牌は東onlyになっちゃいませんかね?

何時から半荘がメジャーになったのでしょう?半荘2回で終わる麻雀を見ますが、だったら一荘1回で良いじゃん。ボクシングで例えると、一荘1回は1ラウンド6分を6ラウンドするようなものかしら?ちと違うか。

半荘だと、東南西北で牌の強さに格差が出ます。まー、強い牌も弱い牌も取得確率は同じなので良いのですが、何というか、西と北が可哀想です。しかも、僅差というよりは極端に東が強く西と北が弱いです。開始3巡で捨てられる牌は、西と北がズバ抜けて多く、ワンパターンで多様性に欠けます。西場と北場を儲けて、なるべく東南西北を公平にすべきでは?

これに関連して、親は常に東家です。それが南場でも西場でも北場でも。南場の親は南家の方が良いのでは?東場の東家で「東東東」があると、場風牌と自風牌で2役付き、しかも親だから得点で1.5倍になります。しかし、南場の南家で「南南南」があると、役が2つ付いても子の得点だからイマイチです。東南西北で東を特別扱いしていて偏っているのは歪な気がしませんか?

東南西北で対称性のある麻雀は、きっと美しい。白発中は概ね対称でバランス良いです。万筒索も概ね対称です。強いて言うなら、三元牌で強い牌は緑発で、数牌で強い牌は索子です。何故ならば、緑一色があるから(この役キライ)。

本来の麻雀は一荘戦が正式・標準だと思います。しかし、今は半荘戦、もしくは東風戦が大半を占めます。何故でしょうか?短時間で勝負したいのなら分かりますが、徹夜麻雀などなら一荘戦の方がベターでは?一荘3回で夜が明けるくらいですかね。徹夜で東風戦を10回もやると、四風牌は東onlyになっちゃいませんかね?

何時から半荘がメジャーになったのでしょう?半荘2回で終わる麻雀を見ますが、だったら一荘1回で良いじゃん。ボクシングで例えると、一荘1回は1ラウンド6分を6ラウンドするようなものか...続きを読む

Aベストアンサー

回答者なら半荘でいいです。打つのが遅い人とやる一荘はゾッとしますね・・・・。あとは返しとウマをつけて打つなら、そこでの得点感覚やバランスが巧さに繋がると思いますし、場が進んでからの駆け引きとかの面で半荘の方がいいかな?とも思いますね。一荘でやると、東場と南場が雑になりそうですし、西場あたりまでは駆け引きの要素が少なくなるでしょうから

赤あり・一発ありでやると運の要素が強くなりますが、それでもスキル差はでます。半荘であれば劣る人が運で何とか逃げ切る事も増えるでしょうが、一荘でやったら割合はかなり減るでしょう。強い人がより勝つと思います。となると、メンバ~の実力が等しいこと。長時間打ち続けてもぶれない雀力があること。一荘戦に意味を持たすために赤は除くこと等々が条件となってきてしまいますから、麻雀が大好きで上手な人でないと厳しいでしょうね。飛びなしなら赤を入れてもいいですが

質問者様の言うこともわかりますが、そうすると打ち手を選びすぎる。上手な拮抗した4人が打つ一荘は美しいでしょうが、どちらかというと、ダラダラしたしまらない麻雀が増えそうにも思えます。

回答者なら半荘でいいです。打つのが遅い人とやる一荘はゾッとしますね・・・・。あとは返しとウマをつけて打つなら、そこでの得点感覚やバランスが巧さに繋がると思いますし、場が進んでからの駆け引きとかの面で半荘の方がいいかな?とも思いますね。一荘でやると、東場と南場が雑になりそうですし、西場あたりまでは駆け引きの要素が少なくなるでしょうから

赤あり・一発ありでやると運の要素が強くなりますが、それでもスキル差はでます。半荘であれば劣る人が運で何とか逃げ切る事も増えるでしょうが、一荘...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング