最近混乱してきています。
 今まで、「通信速度64k」という表示の時には、64kbps(bit per second)の略だと思っていました。64kバイトの大きさのファイルを約8秒で表示する・・・そう考えていたのですが、違うのでしょうか??
 私の管理しているHPにはページそのものの重さはともかく、20k~最大100kの画像ファイルがテーブルにいくつも並んでいるようなページがあります。
 通信環境はわかりませんが、ブロードバンドではないことがはっきりわかっている方に、80k弱の画像を開くのに2分近くかかったと言われました。私だったらそんなページは放り投げています。(^^;)
 通信速度を低下させる要因はたくさんあると思いますし、アナログ接続でも64kちょうど出ていないというのではとも想像していますが・・・。ここでお聞きしたいのは2つです。
1.理論上では64kbpsの通信環境で64kのHPを表示するのには何秒かかることになりますか?
2.平均60kの画像ファイルが3~5並んでいるようなページって、重いと感じますか?
 この質問立ち上げの動機は1を知りたいからです。2はほとんど愚痴です。もしよろしかったらご回答いただけるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

Q/1.理論上では64kbpsの通信環境で64kのHPを表示するのには何秒かかることになりますか?



A/10~15秒ですかね。64Kbpsの通信環境とは、電話線上の通信がISDNやPHSなどで64Kbpsの速度が出ると言うことを表します。
でわ、事実で行くと、まずこちらから取得要求を相手のサーバーに送ります。次に、DL(ダウンロード)を開始します。
そしてDLしながら表示を開始します。(これは通信速度やデータ量による)DLが完了すると、表示が完了するわけではなく、表示されるまでには誤差が生じます。
DL開始から1秒ジャストでは基本的に64Kbpsの回線では到底不可能です。最低でも通常は9秒以上は掛かるでしょう。

これは、あくまで電話線とモデムの能力による物です。
理論最大値はあくまで理論値であって、上回ること(上回ったときの最大値を絶対最大値)もありますし、逆に下がることもあります。

ちなみに、速度が落ちる要因は5つです。
こちらから相手サーバーへのデータの取得要求(アップロード)の速度が遅い場合。
サーバーへ取得要求する際の相手サーバーが重い。(多くの方がアクセスしておりアクセスできない)

相手のサーバーからのダウンロードが遅い。
相手サーバーが込み合っており取得要求まではできても次のステップ処理に時間を食う。
最後がこちらのISPサーバーが重い。電話回線が込み合っている。
これらの要因があります。特に夜間は人気なサイトほど速度が遅くなり、多くの方が一時的にたくさんアクセスするとサーバーが落ちることもあります。

これは、高速道路がゴールデンウィークなどに全国で渋滞で混んだり、大きな道路が事故などで片側通行になって混むのと同じような原理です。

Q/2.平均60kの画像ファイルが3~5並んでいるようなページって、重いと感じますか?

A/これは回線状況次第です。ブロードバンドを使っても重いサイトはありますから・・・ここ(OKWeb)とか・・・

この回答への補足

 詳しい回答をありがとうございます。私の穴だらけの知識をきちんと体系だてて補足してもらい、感謝しています。
 夜とは特に11時過ぎのいわゆるテレホタイムですね。私の家のみならず、外出先でも11時前後から急にインターネットが不安定に感じられることがよくありました。PCそのものの不調なのかどうか見極めが私はつけられないので断定はよくありませんが。
 問2については、回答いただける方の環境ではどうだろう・・・と思ったのです。私は学校、以前ネットしに行っていたマンガ喫茶に現在開通中の自宅、すべてがブロードバンドであるため、速度のことでストレスを感じることはあまりありません。
 が、この間インターネットの通信は以前アナログ接続が多いというグラフを見て質問に付け足してみました。私はHPに来てくれる方はお客さんだと思っています。しかも一見の客です。だからこちらでできることならできるだけストレスのないページにしたかったんです。
 回答ありがとうございました。

補足日時:2002/01/24 14:36
    • good
    • 0

そもそも通信側が64Kbpsの場合でも、


通常データの実質的な速度は論理値でも64Kbpsにはなりません。

私がわかるところでRS-232Cを例にとりますが、
この場合、通常は8bitを送るために最低でも10bit必要です。
これは信号を送るための物理的な手段からくるもので、
制御データと言えると思います。
さらにエラー検出のための1bitのチェックデータをつけることもあります。

この辺はハードウェアレベルの話ですが,
この上にさらにソフトウェアレベルでIPのプロトコル,TCPのプロトコル,hrmlのプロトコルと次々と制御データが増えていきます(^^;;

こういった制御用のデータは通信を行うために必要なデータなのですが、実際に送りたいデータとは関係ありませんから、論理的な最高速度は通信速度から、
こういう制御データを除いた値になります。
通信速度はこういう制御データまで含んだ速度を指します.

RS-232Cを例にあげましたが、他の手段をとった場合でも同様で、8bitのデータを送るためにはそれ以上のデータを送る必要があります。
で、ここから更に既に回答があるような遅れが加わって、実際の速度になります(^^;;

正確な論理値を出すなら、物理的な通信の方法とか、そのための設定等も必要です。

この回答への補足

 つまり理論値と一口に言ってもその定義もまた違うのですね。様々な制御を含めた数字を出すかどうかでも変わってくるとは、正直質問をしたときには思いもよりませんでした(^^)。
 詳しい説明をありがとうございます。

補足日時:2002/01/28 12:26
    • good
    • 0

 なんか回答自体が複雑になってきたので俺自身の修正だけ。



 理論値より実際の値が小さくなっちゃ、そりゃあ混乱もしますわな。申し訳ない(^_^; 俺の6.4秒は無視してください。

この回答への補足

 再びのご登場ありがとうございます(^^)。
 あれ・・・?とは思いましたが、ほんのちょびっと「これ…手が滑っただけなんじゃ?」とも思っておりました私を許してくださいね。
 それでも混乱したのは、deagleさんが私が信頼する回答者の一人だったからです。まあ弘法にもなんとかということで。
 回答ありがとうございました。
 

補足日時:2002/01/24 14:00
    • good
    • 0

 こんにちは。



 1)については、Haizyさんのご回答通りで、
 
 「理論値で8秒。ただし実際にはさまざまな条件が加わるため、10~15秒」

 ――って感じでよいと思います。

 で、2)についてです。

 Yusuraさんがおっしゃっているようなページだと、かなり重く感じると思いますよ。対策として考えられるのは、

 「アルバムのようにずらりと並べておく場合にはサムネールを作っておき、個々の画像をクリックするとフルサイズの画像が表示されるようにしておく」

 ――ことでしょうか。あと、直接の改善策ではありませんが、

 「複雑なテーブルをシンプルなものに書き換える」

 ――って方法も使えるかもしれません。

 テーブルは読み込みが完了したものから順次表示されていくので、<tr>タグが例えば10個ある複雑なテーブル1個だったものを、<tr>タグ2個×5個のテーブルにしたほうが、体感的には表示速度が速くなったように感じることもあります。

 参考になれば幸いです。

この回答への補足

 回答ありがとうございます。

>かなり重く感じると思います
 この数日、この言葉にとても悩んでいます。もうあんなページははずしたほうがいいんかしらんと思って・・・。
 実は一枚一枚独立した画像ではないので、続けて見せる必要があります。が、簡単にさらっと流せる画像だと、いちいち「次」のボタンを作って見せるのも余計手間をかけさせるのかと思い今のような形にしていたのです。
 ちなみにサムネイルが必要なほど凝った画像でもありません。ようするに文に添えた説明のための画像です。割合遅そうな知人宅のH"+95ノートの環境で見せてもらったところ、ページの表示に2,3秒、テーブルの枠の表示に5秒ぐらい、あと画像がぽちぽち遅れてついてきたのですが少なくともかろうじて堪えられるぐらいには遅くなく、安堵しました。

 trタグについてはよく理解できませんでした・・・。trって表の行のことですよね?
 たとえば10行の表ではなく、できれば5行ずつの二つの表に分けたほうがよい、そういうことでしょうか?
 もう少し考えます。

 大変参考になる意見をありがとうございました。

補足日時:2002/01/28 13:12
    • good
    • 0

こんにちは。



>むむ。64kのファイルがあって、理論値は8秒で実際の値は6.4秒・・・???
>すみません、わかりません・・・f(^^;)。

あらっ(^^;そういう間違い、よくやります。

この場合、8=100%で、x=80%という事ですので、
8*{1/0.8}なります
1/0.8=1.25

8*1.25 で、10。

実際のところなのですが、さらに遅くなるはずです。
ネットワークの「データの開始」「宛先」「送信元」「データ終了」など、手続きもろもろが一緒に飛んできます。
個人的には、5秒待ったら、限界ではないかとも考えています。

でわ、がんばってください。

この回答への補足

>そういう間違い、よくやります。
 そうですよね~。私もよくやります。こないだ8たす7は?と聞かれて元気よく17!と答えすっかり信頼を失った者でございます。
 
 5秒待ったら限界・・・ですか・・。確かに、数年前の通信環境を思い出すとページを開くごとに時には何分も待たされ、イライラしていました。5秒というのは長いですよね。しかしそれでいうとかなり小さなサイズでない限り画像の入ったページなど作れないわけで、かなり悩みのタネです。
 私のモニタは1024*758という2002年1月現在極めて一般的なサイズなので、HPもそれに合わせて作っています。トップページにもそういう表記はしてあります。
 でもアクセスログを取ってみると、やはりこの解像度以外でご覧になっている方も多かった(中には600*400という方も^^;)ので、自分のモニタの解像度を小さくして見てみました。そうすると、まあものすごく違って見えること!
 びっくりしましたよ。質問文の中の件の画像は400*350pixcelなのですが、1024*768で見ている時よりもものすごく大きく見えますね。粗が目立って仕方がありませんでした。
 そういうわけでページの改造を考えています。最後は私のぐちになりましたね。回答ありがとうございました。特に、2に答えて頂けてありがたく思います。がんばります・・・。

補足日時:2002/01/24 14:10
    • good
    • 0

 考え方自体は正解です。



 64kbpsの場合、64kバイトのファイルを送信するのに必要な秒数は8秒。正解です。

 ……が(^_^;
 これはあくまで理論値です。
 理論値とは、「最適な環境であれば、これくらいの速度が望める」という値のことです。

 実際には、さまざまなノイズによって、この数字の8掛けくらいまで落ちてしまいます。
 Yusura さんを混乱させているのは、この速度の低下現象です。

 よーするに、実力はあるんだけど、親が環境を整えてあげられないがゆえに、テストで良い点とれない子供みたいなものです。
 ブロードバンドだろうと何だろうと、パソコン自体の性能や、プロバイダの性能、混雑具合、その他さまざまな要因によって、理論上の最高速度よりも、実際の通信速度は落ちてしまうのです。

 ですので、1の答えとしては、64kの転送にかかる理論値8秒に、0.8をかけて「6.4秒」を目安にしておけばいいでしょう。

この回答への補足

 回答ありがとうございますdeagleさん、いつも助けられていますね。
 理論値どおりの数字が出ない要因としては私が想像したのとあまりかわらず嬉しいです。

 ・・・ですが、ちょっとまた混乱しています。通信速度が低下するっていうことは、表示までより時間がかかることですよね?
 あの・・・じゃあどうして、実際の値は6.4秒なんでしょうか?
 むむ。64kのファイルがあって、理論値は8秒で実際の値は6.4秒・・・???すみません、わかりません・・・f(^^;)。

補足日時:2002/01/22 15:34
    • good
    • 1

理論的には8秒ですが、実際はそれ以上かかりますね。



それと、受け手は64kbpsでも、送り手が64kbps以下なら、その分遅くなります。

アクセスが集中した場合、送り手がちゃっちいと、受け手がいくらブロードバンドを利用しても関係ありません。

この回答への補足

freeman108さんさっそくの回答ありがとうございます。
 納得できました。ついこの間まで「64kbpsなら64kのファイルを開くのに1秒?」などと混同していたので、自分の出した計算結果を信じることができなかったんです(笑)。
>受け手がちゃっちい
 プロバイダのことですね?それで、同じアナログ接続でも「2分」と仰る方と「20秒ぐらい」と仰る方がいらっしゃるんですね。理解いたしました。
 回答ありがとうございました。

 

補足日時:2002/01/22 15:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QISDNの速度

ADSLの速度は飛躍的に増加していますがISDNは何故
64Kのままなのでしょうか。

Aベストアンサー

ISDNもADSLも似たような通信方式です。
搬送波(テレビで言えばチャンネルの周波数)に、4kz(1秒間に4000回)の信号を入れます。
1回に送れるデジタル信号は16ビットです。
16ビット×4000回/秒=64,000ビット/秒=64kビット/秒

ISDNは同時に1チャンネルまたは2チャンネルしか扱えない規格なので、64kb/S、128kb/Sとなります。

一方、ADSLは信号の効率的利用と搬送波の周波数を上げ、幅広い周波数帯域で(TVにたとえるとVHFもUHFも)同時に100ch以上のチャンネルを同時使用します。

64kb/s×100チャンネル=6400kb/s=約6Mbps以上

12Mとか50Mとかありますが、単純には○M/0.064 のチャンネルを同時使用していると考えて下さい。

ISDNは遠距離であっても不公平無く使ってもらうため、今以上周波数帯域を広くできません。
ADSLは距離が遠くなると使えないことを前提にしていますので、いくらでも?周波数帯域を広げて公称速度をアップしています。

Q64kデータ通信ってどんなデータの事?

ドコモのFOMA F903iを使っています。携帯に未登録の送信者は着信拒否にしているのでよくわからないのですが、着信履歴を見ると、64kデータ通信の履歴がよくありますが、どこから何を送ってきているのかわかりません。64kデータ通信というのは、どんな人(機械)が何を送っているのか教えてください。いたずらなのか、何か良からぬ物をおくられているのじゃないかと心配です。

Aベストアンサー

ANo.2さんのいうように、迷惑メールの業者が番号チェックに使っていると思います。
しばらくするとSMS(電話番号で送るメール)で知り合いからのようなメッセージとインターネットのURLが記載されたメールが届くかもしれませんが、よくあるワンクリック詐欺の手口なので引っかからないように注意してください。
SMSを実際に利用している人はあまりいないと思うので、拒否設定してしまう方が確実だと思います。

設定方法はiモードメニューの8.料金&お申込・設定→3.メール設定→迷惑メール対策→SMS拒否設定から設定できます。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q光・ADSL・ISDNの違いについて

インターネットで光・ADSL・ISDNと言う単語をよく見るのですが。
違いは何でしょうか?出来るだけ初心者なので分かりやすく説明して頂くとありがたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は、まず、(1)光インターネットだけなら問題になりませんが、電話まで従来の金属線から光ファイバ上に移してしまうと、停電時に通話ができなくなることです。それに対し、旧来型の電話サービスでは、たとえ停電中であってもNTT局舎から電話機への給電が行われているため、高度な追加機能は動かなくなっても、最低限の通話機能は確保する機種が今でも一般的に売られています。通常、親機の受話器がコードレスになっておらず、じゃばら線で本体につながっているタイプの電話機は、今でもこのNTTからの給電という機能に対応しています。これは、災害大国である日本において、非常に重要な機能です。また、(2)光と言っても個人宅に引く場合は問題になりませんが、マンションタイプで共同利用の場合は、光ケーブルが直接、各部屋に引き込まれることは極めてまれであり、一般的には光ケーブルをどこかで受け止めた後、既存の電話線を利用し、VDSLと呼ばれる電気シグナルで各部屋に届けるのが一般的です。このVDSLですが、ISDNとの干渉が発生し通信品質に悪影響がでる可能性を否定できないような気がします。

ADSLとは、従来の電話線をそのまま使ったデータ通信サービスで、最大の特徴は、データを引っぱり込むのは速いが、送り出すのは遅いということです。最大速度はサービスによっても異なりますが、46Mbps程度であることが一般的です。大きなファイルを送り出そうとすると、少々、遅く感じるかと思います。光ファイバとことなり、自宅住所がNTT局舎より離れると、速度が遅くなる傾向があります。また、ADSLは、ISDN回線と干渉しあって通信品質が落ちることがあります。具体名を出してしまうと、NTT、Acca、eAccessのADSLは、このISDNとの干渉を軽減するための特別仕様が入っています。しかし、軽減はできても、ゼロにすることは出来ません。干渉をゼロにするには、ISDN回線とは場所を分け遠ざけるなどの小技が必要です。Yahoo!のADSLモデムは、現在ではどうなっているか知りませんが、かつては外国製モデムを使っており、このISDNとの干渉という問題を抱えたままビジネスをしていました。

ISDNは、従来の電話線を使っているサービスで、もともとの基本思想は、一本の回線で2つの機械をサポートすること、電話サービスに使う時は、音声がアナログではなくデジタル信号に変換されてから伝えられるようになっていることが特徴です。かつては、ISDNを使って、ひとつは電話機に、もうひとつはFAXにつなぐとか言うような使い方をされていました。音声をデジタル信号に変える技術には、CDとほとんど同じPCMという規格を使っているため、ISDN電話どうしで通話すると、非常にクリアな音が聞こえます。また、インターネット接続の場合は、2つあるチャンネルを同時利用して128kbpsの速度を出すという技も使えましたが、これはADSLや光ファイバの通信速度に全くかなわないものであり、インターネット接続用としては、すでに、ほとんど歴史的使命を果たし終えた古いサービスと言えます(ただし、最大速度128kbpsなのではなく、速度は一定に保証されている)。しかし、ISDNには捨てがたい機能が多く、NTTとしては、廃止したくとも廃止できない状態にあると思います。例えば、法人の中には、ISDNのパケット通信の機能を利用してネットワークを組んでいるところもあることでしょう。また、ISDNはPHSのバックボーン回線としても利用されており、ISDNサービスが停止されると、PHS事業者のウィルコムはサービス提供エリアが激減してしまうと思います。ちなみにPHSは、見た目は携帯電話ですが、本質的にはISDN電話の末端区間のみを無線化したものであり、電波が安定している限り、これを超える音質の移動体電話機は、現在、存在しません。PHSは音声をデータに変更するにあたり、旧来型のPCMではなく、改造型のADPCMという規格を使っています。これは、CDのように全ての音を全部ひろうという方式ではなく、前の音との差分だけをひろっていくという方式なので、データ圧縮が可能で、PHSは32kbpsのサービスでありながら、64kbpsのISDN電話と同等の音質を実現できるのです。現時点で、ISDN電話とPHSを超える音質の電話サービスは、存在しないと思います。

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は...続きを読む

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

QHDLCってなんでしょうか?

HDLCとPPPの関係がよくわからなくて困ってます。
HDLCが上位層のプロトコルを識別できないので識別できる
PPP等でカプセル化をすると解釈しているのですが
「じゃあHDLCって何のためにあるんだろ?
PPPだけじゃだめなのかな」という疑問がわきました。

どなたか分かる方いらっしゃいましたら分かりやすく説明
していただけたらと思います。
質問の内容の中で間違っているところがあったらすみませんが
指摘してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現できません。
HDLCは効率のよいデータ伝送を目指し開発されました。全二重通信、コードインディペンティブ、フレーム連続転送、高度な誤り制御等の特徴を持つので、様々なプロトコルがHDLCをベースとしています。TCPなどもHDLCをベースとした手順と言えます。
その他よく見かけるものは
LLC:イーサネットの論理リンク制御用手順
LAPB:X.25パケット交換網の平衡型伝送制御手順
LAPD:前出のISDNのDチャンネルの呼制御情報転送用手順
LAPM:モデム用転送制御手順
LAPF:フレームリレー網用の伝送制御手順

HDLCとPPPの関係はHDLCは伝送手順としての1つであり、PPPもまたシリアル回線を利用したときの伝送手順の1つです。
HDLCとよぶとき1つの手順としてではなくて、HDLCをベースにしている伝送手順全てが目指す機能を示していると認識したほうが理解しやすいと思います(全二重やコードインディペンティブ、フレーム連続転送)。HDLCは不完全なものなので、HDLCベースの様々なプロトコルが生まれています。

最後にHDLCとPPPが使われる身近なケースを見てみましょう。

インターネット接続におけるISDN回線ダイアルアップ接続のばあい。
各家庭に引き込まれる加入者回線から交換局間(ISDN網内)の通信制御にLAPDが採用されています。
Dチャンネル上でQ.931フレーム(転送モードや伝送能力など細かい呼制御データを設定する)を格納するLAPDフレームのやり取りで、ISDN回線網における接続、呼設定、データ転送、呼解放、回線の切断の動作を制御します。
LAPD設定ではISDN回線網上における回線の確保と相手との呼設定(データリンク)までしか関知しません。

ISDN回線上で接続されたネットワークのゲートウエイへ、ユーザのデータを転送するためPPPを用いることになります。

PPPはHDLCのUIフレームと同じ構造をもっています。PPPはIPを使いデータを転送します。
ISDN回線データリンク上で、PPPは確立されたデータリンク(Bチャンネル)でIPフレームを転送します。
ゲートウエイとの認証をはじめとしたデータ転送におけるネゴシエートをおこないネットワークとのリンク確立します。

閉じたLANのようなネットワークにはPPPは必要ありません。このような場合には、全二重通信、連続フレーム転送、誤り訂正などの伝送の効率化を主目的として、HDLCベースのプロトコルを用いることになります。

見当外れだったら失礼しました。

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現でき...続きを読む

QDSUとONUの違いは何ですか???

DSUとONUって違いは何でしょうか?
ATMサービスの場合、DSUが2芯式、ONUが1芯式ってのはわかるんですが、
「高速デジタル専用線だとDSU、DA1500、DA6000だとONU」ですよね?
この違いがわからないですけど...。
ご存知の方いますか?
(1)機器構造上の違い
(2)ネーミング時の違い
(3)役割の違い
いろいろとあるかとは思いますが、いまいちよくわかりません。
ご存知の方は是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)は2芯式だと思いました。

DAが(HSDと比べて)安い理由として、1芯式を使っているからということを聞いたことがあります。(2芯の方が高いんです)

ちなみに芯数の違いによって伝送方法が違うのはご存知ですか?
1芯式は、Passive Double Star方式。(最大44Mbps)
2芯式は、Single Star方式。(最大135Mbit/s)

業務上専用線を取り扱うことが多いので、一応「専門家」とさせていただきました。

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)...続きを読む

QリージョンフリーとリージョンALLの違い

リージョンフリーとリージョンALLの違いがイマイチ分かりません。

先日ヤフオクで、日本アニメの国外正規版(中国製)とかいうDVDを購入しました。
本当は良くないことだと思いますが、度々海外版を購入しています。
(国内正規はパッケージが多く・凝っていたりして場所をとる&高いという理由で・・)

ところが届いたDVDは、家にあるDVDデッキでは再生できませんでした。
読み込みエラーとなってしまいます。何枚かありましたが全てです。

オークションのコメントには「リージョンフリー対応」となっていましたが、
裏面にあるDVDの表記を見ると「ALL NTSC」となっていました。
リージョンフリーとリージョンALLは同じものだと思ってしました。

というのも、他にも何枚か国外版のDVDを持っていますが、
すべて「ALL NTSC」で普通に家のデッキで再生できていたからです。

表記を見比べてみましたが、違いはありません。
ただ一つ、画面サイズだけは異なりました。
持っていたDVDは4:3。今回購入して再生できないのは2:1です。

パソコンでならどうだろう?・・と気になり、再生してみたところ、再生できました。
再生できただけ良かったのですが、普段はデッキでみているので、
ちょっと残念な感じです。

一応出品者に聞いてみましたが、
リージョンフリーは国内のメーカー機器では映らない、
中国製DVDはリージョンALLであれば国内の機器でも映る。

ということでした。
ネットで調べたら、リージョンフリーは「どの国でも視聴可能」となっていました。
リージョンフリーとリージョンALLの違いってよく分からない状態なんですが、
教えてください。宜しくお願いします。

リージョンフリーとリージョンALLの違いがイマイチ分かりません。

先日ヤフオクで、日本アニメの国外正規版(中国製)とかいうDVDを購入しました。
本当は良くないことだと思いますが、度々海外版を購入しています。
(国内正規はパッケージが多く・凝っていたりして場所をとる&高いという理由で・・)

ところが届いたDVDは、家にあるDVDデッキでは再生できませんでした。
読み込みエラーとなってしまいます。何枚かありましたが全てです。

オークションのコメントには「リージョンフリー対応」とな...続きを読む

Aベストアンサー

リージョンフリーはどのリージョンでも再生できるプレーヤー側の事で、リージョンALLはどこのリージョンのプレーヤーでも再生可能なDVDソフトの事を言います。
リージョンフリー対応と言う事は日本のリージョン2のプレーヤーには対応してませんという事かもしれません。
ちょっと説明のしかたが不親切な出品者だと思います。

Q文字列として"(ダブルコーテーション)を表示させる方法

こんにちは。文字列として、ダブルコーテーションを表示させるには、どうすればよいのか教えてください。m(__)m


例えば、
<font size="2">あいうえお</font>

というタグの「あいうえお」の部分が、セルA1にあった場合、

="<font size="2">"&A1&"</font>"という表示にしたいのです。

"2"のダブルコーテーションも文字列として表示させるには、どうすればよろしいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは~

表示形式は 「標準」 のままで、
ダブルコーテーションを、ダブルコーテーションで囲んでください。

""2""

="<font size=""2"">"&A1&"</font>"

としてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報