黒部進さん演ずるところのハヤタ隊員は、作品中では科学特捜隊の副キャップ的な地位にあるようです。
 作品中でイデ隊員が、「ウルトラマンさえいれば俺たち科特隊なんかいらないんじゃ…」といって悩むシーンがありますが、よく見るとそうではなくて、結構科特隊だって活躍しています。少なくともウルトラマンの力だけでは怪獣を退治できなかったことが多々あります。
 特にアラシ隊員のスパイダーショットは、ドドンコの眼を狙って失明させたり、ゴモラの尻尾を焼き切ったり、最後はウルトラマンが倒すにせよ、ウルトラマンの闘いの手助けを大いにしています。

 ところが、ハヤタ隊員はいよいよピンチ、という肝心なときになるといつもウルトラマンに変身してしまうのですから、つまりは怪獣退治には一度も貢献したことがないはずです。で、ウルトラマンが怪獣を退治して空のかなたに去っていった後で、「お~いっ」とか手を振りながらいつも現れます。
 これは、ウルトラマンが怪獣と闘っている間、どこかに隠れて震えていた、職場放棄! 敵前逃亡! と判断されても仕方の無い行為です。

 こんなハヤタ隊員がどうしてクビにならないのでしょうか。どうして、副キャップ格でいばっていられるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

FBI とは」に関するQ&A: FBIとは?

資格 映像」に関するQ&A: 映像編集の資格

A 回答 (4件)

<管理職説>


●アラシ隊員は兵士に徹した。
●イデ隊員は研究者に徹した。
●ハヤタ隊員は管理職に徹した。
往々にして管理職に徹した者が出世する世の中である。

<ペンタゴン陰謀説>
科学特捜隊は国際警察機構の下部組織である。
国際警察機構と関係の深いFBIやペンタゴンは異星人と裏取引を行っている。(「X-FILE」参照)
よって、「ウルトラマンの派遣」について国際警察機構と宇宙人の裏取引があったと考えられる。

具体的には、ウルトラマンが地球に来たきっかけ(勤務中の交通事故)をネタに、国際警察機構がいちゃもんをつけた。
→賠償としてウルトラの星より期間契約で労務提供。
というものである。

これなら、都合よくウルトラヒーロー1人に怪獣防衛隊1つがあらかじめ用意されていたり、「風来坊」のモロボシダンがウルトラ警備隊にひょっこり入隊できたことも説明できるのである。(^^)
    • good
    • 0

ハハハ・・・彼はきちんと活躍はそこそこしていると思います。


いつもやられていますが・・・ビートルなどで戦っています。   ですから怪獣退治には貢献しています。
ビートルで撃墜された場合は敵前逃亡! とは思えないのですが・・・・・
アラシ隊員と張り合って??自分勝手(爆)に怪獣に突っ込んでいき、一時的に行方不明になる得意技もありますが、
その行動(心意気)だけでも科学特捜隊の資格はあります。
確か、科学特捜隊は怪獣退治が目的ではないはずです。それはどちらかというと MATのほうではないでしょうか

私は知りませんでしたが、副キャップ的な地位なので、隊員達が落ち込んでいる時に引っ張っていくリーダーシップも映像にはあります。
(具体的な第何話何分の映像は省略します。)
あと、威張っている映像って何処にあるのでしょうか?一応チェック?してみましたがありませんでした。

あと、なんていったって綺麗なお嬢さんもいます。     (^^)

そんな事いったら、ウルトラシリーズの主人公達はみんなクビになっちゃう

ではでは
    • good
    • 0

それで、後にハヤタ隊員は京都の太秦の王将で時代劇の悪役となり、


餃子定食を食うハメになったと思われます。
    • good
    • 3

それはハヤタ隊員が常に先頭に立って怪獣に向かっていく、いわゆる切り込み隊長であるからで、その特攻精神に一目置いているからでしょう。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ウルトラマンレオ』と『ウルトラマンマックス』の「名作回」を教えてください。

古株のウルトラファンです。
現在、ファミリー劇場で『ウルトラマンレオ』と『ウルトラマンマックス』を放送しています。
『レオ』は本放送当時、最初の少しを観ただけで観なくなってしまい、その後、再放送時にそれなりに観たものの、いわゆる「イベント回」を観た記憶がありません。
『ウルトラマンマックス』は最終回近くしか観ていません。

我が家はケーブルテレビで、セットトップボックスに録画機能があるので、観ては消しで観進めているのですが、できればイベント回、名作回だけは、HDD/DVDレコーダーで録画したいと思っています。
イベント回は、Wikipediaや資料などから大体はわかるものの、資料だけに頼っては根本的な見落としをしそうです。(たとえば、あるイベント回の重要な伏線が別の回にあるとか)

そこで、これらに該当する回を、実際に観た方の視点からお勧めしていただきたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

36話「飛べ!レオ兄弟・宇宙基地を救え!」は、レオの世界観としては本当に異色でした。努力も根性も特訓もない、SF恋愛ドラマでした。

Mac長官のお嬢さんの婚約者に化けて恋愛感情をストレートに武器にして汚い手段をつかうアトランタ星人(スペクトルマン・蒲生譲二役の成川哲夫氏)に苦悩するゲン。アトランタ星人の陰謀を暴露するとお嬢さんの恋を壊す。それを恐れるゲン。

乙女心を知りたいと、百子に相談すると「好きな人が宇宙人でも構わない。」これは暗に、「おおとりさんが宇宙人だって私はあなたが好きです。」という百子さんにとっては深い意味があったのですが、さらに追い打ちをかけることに。

それをさりげなく救ったのがモロボシダン。なんと心憎い助け船。そして、「さあ、俺は知らんぞ。」
アストラは終盤助太刀に来ますが、アストラがいなくても充分見応えのある話でした。

レオでいつもイライラしていたのは、レオに応用力が無かったこと。特訓して覚えた技が一度限りでまた似たような技の特訓をすること。特訓しても成果が出ず、途中で放棄してダンにしごき倒されること。ダンの叱り方もその場限りのご都合主義で、前に言ったことと違う、という事が多かったこと。
ダンがゲンの特訓を他の隊員に機転を利かせた説明をしないので「お前ばかり隊長に特別扱いされやがって。」と特に明石隊員から恨まれていた事。
努力、根性、特訓の方向性が間違っている、と本放送当時から強く感じていました。見るのがこんなに苦痛なウルトラマンは始めてでした。

だから36話は「ウルトラマンレオがまともになった!」と、とても嬉しくなった話なのですが、ぬか喜びでした。

その後、おお、これは!と思えたのは、48話「大怪鳥円盤・日本列島を襲う!」です。円盤怪鳥サタンモア登場。ゲストが「スーパーロボットレッドバロン」紅健役の石太郎氏(岡田洋介氏)でした。ゲンがレクセンターに居た時の親友の裏切りの話で、ゲンに親友がいた事自体が衝撃でした。しかし、内容はどこかで見たような、と思ったら、ミラーマンの48話・「赤い怪鳥は三度来た!」(対ボアザウルス)の焼き直しでした。

残念なのは2話のナレーションで、「レオとマグマ星人の戦いは今始まったばかりなのだ」と言っていたのに、脚本家が複数で一本筋を通すことが出来なかったらしい事と、変にテコ入れしたのがたたって設定を忘れ去られ、30話で怪獣をお嫁さんにしたい、とストーカーと化しての再登場しか無かった事でしょうか。

前作「ウルトラマンタロウ」でタロウが東光太郎という地球人として生きることを選んでバッジをウルトラの母に返したので38話・39話でウルトラ兄弟との対決時、タロウがいない事は、おお、前の話を忘れてなかったな、と関心したり、34話で帰ってきたウルトラマンがダンのウルトラアイを修理の為持って帰ったのに一向に返却に来ない、その時に貰った怪獣ボール・セブンカーも一回しか出てこなかった、この話は本当はとても重要な話ではなかったのか、等々、頭を悩ましまくった「ウルトラマンレオ」ですが、それでもまた見てしまうのでした。

マックスはハードディスク内に保存してあり、編集しながらしっかり見るつもりです。一度全部ざっとみているのですが、語れる程覚えていないので、こちらはパスです。

36話「飛べ!レオ兄弟・宇宙基地を救え!」は、レオの世界観としては本当に異色でした。努力も根性も特訓もない、SF恋愛ドラマでした。

Mac長官のお嬢さんの婚約者に化けて恋愛感情をストレートに武器にして汚い手段をつかうアトランタ星人(スペクトルマン・蒲生譲二役の成川哲夫氏)に苦悩するゲン。アトランタ星人の陰謀を暴露するとお嬢さんの恋を壊す。それを恐れるゲン。

乙女心を知りたいと、百子に相談すると「好きな人が宇宙人でも構わない。」これは暗に、「おおとりさんが宇宙人だって私はあなた...続きを読む

Q捜査隊や警備隊がどうして…。

「ウルトラマン」の科特隊は、「科学特別捜査隊」ですよね。国際警察の中の、異常現象に関する捜査を担当する部署です。
「ウルトラセブン」のウルトラ警備隊は、地球防衛軍極東支部の一部署です。宇宙人の侵略を「警備」するための部隊です。
 つまり、飽くまで「捜査」や「警備」を担当するのみであり、怪獣の出現や宇宙人の侵略を察知したら、本格的に軍隊が出動して敵と戦う…そういうシステムであるはずです。
 ところが、怪獣や宇宙人が出現すると、いつも科特隊やU警備隊が先頭に立って戦い、その後マンやセブンが現れて怪獣を倒します。
 いったい、地球防衛軍なりなんなりの主力部隊はいつも何をしているのでしょう?

Aベストアンサー

 nyannyanさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>いったい、地球防衛軍なりなんなりの主力部隊はいつも何をしているの
>>でしょう?

 おそらく、主力部隊は存在しないのではないかと思われます。その理由は
科学の粋を集めた装備や、宇宙での活動を伴う為、莫大な予算がかかり、そ
の費用負担をどこがするのか国連で決めかねている状況かと思います。

 また、彼らの各種兵器の使用権限から見て、とうてい警備・監視という職
務のみ与えられているとは思えません。おそらくは将来的にできるであろう
多国籍防衛軍の前身となる部隊なのでしょう。(いわゆる幹部候補ですね)

 あるいは、未知の敵から地球を守る為の枠組み(組織)・兵器をいかよう
にするべきかという問に対して、事前には誰も明確に答えられない為「フレ
キシブルに対応できるようあえて防衛軍にしない方がよい」という議論が国
連内にあるのかもしれません。敵の攻撃は必ずしも物理的な影響を与えるも
のばかりではないでしょうから。

 いずれにしても、彼らの権限と職務領域の解釈については、真剣に考えて
いかなくてはならないと思います。  

 nyannyanさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>いったい、地球防衛軍なりなんなりの主力部隊はいつも何をしているの
>>でしょう?

 おそらく、主力部隊は存在しないのではないかと思われます。その理由は
科学の粋を集めた装備や、宇宙での活動を伴う為、莫大な予算がかかり、そ
の費用負担をどこがするのか国連で決めかねている状況かと思います。

 また、彼らの各種兵器の使用権限から見て、とうてい警備・監視という職
務のみ与えられているとは思えません。おそらくは将来的に...続きを読む

Q攻殻機動隊S.A.Tなどで登場する強化外骨格というのは、攻殻機動隊オリジナルのもの?

アニメの攻殻機動隊で登場する強化外骨格(きょうかがいこっかく)について質問です。

強化外骨格は、いわゆるSFでいうところの「パワード・スーツ」ではないかと思いますが、この名前は攻殻機動隊オリジナルでしょうか?
それとも以前のアニメ・漫画・小説等で使われたものの流用でしょぅか?
それともそれとも、パワード・スーツのように、一種のお約束的な兵器として知られているものでしょうか?

調べてみても、よくわかりませんでした。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

パワードスーツの日本語訳が強化外骨格だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84

仮面ライダーアギトで出てくるG3の設定上の正式名称が「第3世代 対未確認生命体戦闘用強化外骨格および強化外筋」になっています(ちなみに開発は警視庁)。

参考URL:http://www.toei-group.co.jp/tv/agito/movie2/g4system.html

Q宇宙戦艦ヤマトの真田隊員について

宇宙戦艦ヤマトをリアルタイムで観ていないので、真田隊員についてよく分からないことがあります。

真田隊員の、「こんな事もあろうかと思い用意しておいたのだ」 という言葉が話題になったということですが、どういう意味で流行ったのでしょうか。

真田隊員はヤマトの「 技師長 」 という事ですが、技師長とはどのくらいの地位でしょうか。組織の中でトップクラスの地位でしょうか。
古代進と真田隊員と、どちらが上位なのでしょうか。
みた感じでは、古代進の方が上位という気がするのですが、古代進は、「真田さん」と、「さん」付けで呼んだような気がするので、分からなくなります。

Aベストアンサー

「こんな事もあろうかと」というのはヤマトの各シリーズでヤマトの新武装が出てくるときの恒例のセリフだったのです。
なので、アニメファンの間等で、準備していた道具を取り出すときのお約束のギャグ、みたいにして流行りました。
例)急に雨が降ってきたとき「こんな事も(略)」と言って折り畳み傘を取り出す、等。

ヤマト内では各部署が「○○班」という分かれ方になっていて、真田さんは技術班、古代は戦闘班の班長です。なのでヤマト内の立場的にはほとんど同等です。が、それぞれの得意分野においてはもちろんそれぞれの方が立場が上になります。戦闘指揮においては古代の方が立場が上ですし、ヤマト内のハード面の保守に関しては真田さんの意見が最優先されます。

古代が真田さんに対して敬語なのは組織内での立場とは全く別の所からきていると思われます。単純に真田さんの方が年上というのもありますが、真田さんは古代の兄、古代守の同期生であり親友であった人なので、古代は真田さんに対しても兄のように慕っている、という背景があります。
古代進と古代守は確か10歳位歳が離れている設定だったかと思いますので、真田さんともそれ位の年齢差でしょう。それだけ歳が離れているのなら敬語でも不自然ではないと思います。

「こんな事もあろうかと」というのはヤマトの各シリーズでヤマトの新武装が出てくるときの恒例のセリフだったのです。
なので、アニメファンの間等で、準備していた道具を取り出すときのお約束のギャグ、みたいにして流行りました。
例)急に雨が降ってきたとき「こんな事も(略)」と言って折り畳み傘を取り出す、等。

ヤマト内では各部署が「○○班」という分かれ方になっていて、真田さんは技術班、古代は戦闘班の班長です。なのでヤマト内の立場的にはほとんど同等です。が、それぞれの得意分野においては...続きを読む

Q大怪獣バトルNEOのDVD

大怪獣バトルNEOが放送されてますがうちではみれません。
これもDVD化するのでしょうか?
だいたいDVDレンタルされるのはいつ頃だと思いますか?

Aベストアンサー

前編のDVD化が、放送開始から半年もしない頃からだったので
今回ももうじき出てもおかしくないと思いますね。

レンタルは・・・・・

あら、前編は発売と同時にレンタルも開始されているみたいなので、そっちももうじきかな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報