皆さんこんにちは。宜しくお願いしますm(_ _)m。

 Excelでマクロを含んだファイルを作成していたのですが、急に「不正な処理」でファイルそのものが起動できなくなってしまいました。

 どうやら、Excel起動時に実行されるマクロに問題が有るようなので、実行を中止したいのです。

 ショートカットキーがあったと思うのですが、どうしても思い出せません。助けてくださいm(_ _)m!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エクセルを立ち上げて


ツール→オプション→全般→マクロ ウイルスから保護するにチェックをいれて
終了すると
対象のファイルを開くと実行するか否かと聞いてきます。

何かあれば補足して下さい、

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。今回の問題は、Excelそのものが起動しませんので、マクロ実行前に止めてしまいたいのです。宜しくお願いします。

補足日時:2002/02/12 11:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すみません、補足してしまいましたが、良く考え直してみると仰る通りですね(^^;)。

 過去に一度、ショートカットキーで回避した記憶がありまして、これに囚われすぎていました(^^ゞ。

 おかげで無事、ファイルを開く事が出来ました。これからデバッグ作業に入ります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 11:51

↓の方のいうように、


実行するか否かというときに「無効にする」を選ぶのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 お答えありがとうございます。なるほど(^^;)。ショートカットキーばかりに気をとられていました。
別途Excelだけ起動して、設定しておけば良いのですね。

 ショートカットキーも思い出したかったけど、目的は達成されましたので満足です。
助かりましたm(_ _)m。

お礼日時:2002/02/12 11:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

QEXCELマクロで質問 起動と同時にマクロ実行って・・・・

こんばんは。
起動と同時にEXCELマクロを走らせたいのですが、
できますでしょうか?
特定のシートに適応するマクロではなく、
すべてのシートに適応するマクロです。

Aベストアンサー

こんばんは。

>特定のシートに適応するマクロではなく、すべてのシートに適応するマクロです。

内容にもよります。場合によっては、クラスイベントによる、インスタンスを作る場合もあります。

Personal.xls (個人用マクロブック)の 標準モジュールに、 Sub Auto_Open か、ThisWorkbook モジュール側の、ThisWorkbook_Open というイベントもありますが、多少、使い分けがあります。ThisWorkbook_Openのほうが強力です。

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

Qマクロの中でマクロを実行中に中止させたい

マクロの中で別のマクロを実行して、それをループさせてます
中のマクロで問題があったとき外のマクロ自体を停止させるのはどうすればいいのですか?

Sub A()
Do
Application.Run "I"
Application.Run "II"
Loop
End Sub

ここから マクロIの途中で何らかの条件が合えば、
マクロAを終了するにはどうすれば良いのですか?

Aベストアンサー

>マクロIの途中で何らかの条件が合えば、
>マクロAを終了するにはどうすれば

ご相談を素直に読めば,条件判断はIの中で行います


その際に

sub I()
 :
if 条件成立 then End
 :
end sub

のように仕込みます。

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

QExcel 2013でマクロ実行中に他のブックを編集するとマクロが止まってしまう

Excel 2013で、あるブックのマクロを実行中に他のブックを編集するとマクロが止まってしまいます。Excel 2003では、他のブックを別ウィンドウで開けばマクロ実行中でも編集が可能でした。Excel 2013 ではできないのでしょうか。ご存知の方がいれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

Excel2013以降スタートから立ち上げても同じインスタンスで開かれるようになりました。
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1906589.html

Altキーを押しながらExcelを立ち上げるか、

Excel.exe本体を探して、そのショートカットをデスクトップなどに作成し、
そのプロパティを開きリンク先が下記のようになっているので
"C:\Program Files (x86)\Microso・・中略・・・\EXCEL.EXE"

"C:\Program Files (x86)\Microso・・中略・・・\EXCEL.EXE" /x
として保存。
これからExcelを立ち上げれば別のインスタンスで開かれます。

マクロを実行するファイルを別のインスタンスで開けば大丈夫じゃないかな?

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

Q実行中のマクロを中止(中断)したい。

エクセル2003でマクロを勉強中です。
ユーザーフォームにボタンを二つ配置し「ボタン1」は次の命令で
アクティブセルがタイマーで移動します。
この移動中(マクロの実行中)に「ボタン2」クリックで中止させる命令が可能でしょうか?

Private Sub CommandButton1_Click()
Dim i As Integer
For i = 1 To 100
ActiveCell.Value = 1
ActiveCell.Offset(1, 0).Activate
Application.Wait (Now + TimeValue("0:0:01"))
Next i
End Sub

Aベストアンサー

DoEventsを使ってみては如何でしょうか。
長い処理を行っているときに、キャンセルしたい場合などに使います。
(他にも用途はありますが)
詳しい内容はリンクを確認ください。

Dim CancelFlg As Integer

Private Sub CommandButton1_Click()
Dim i As Integer
CancelFlg = 0
For i = 1 To 100
DoEvents
ActiveCell.Value = 1
ActiveCell.Offset(1, 0).Activate
Application.Wait (Now + TimeValue("0:0:01"))
If CancelFlg = 1 Then Exit For
Next i
End Sub
Private Sub CommandButton2_Click()
CancelFlg = 1
End Sub

参考URL:http://officetanaka.net/excel/vba/tips/tips23.htm

DoEventsを使ってみては如何でしょうか。
長い処理を行っているときに、キャンセルしたい場合などに使います。
(他にも用途はありますが)
詳しい内容はリンクを確認ください。

Dim CancelFlg As Integer

Private Sub CommandButton1_Click()
Dim i As Integer
CancelFlg = 0
For i = 1 To 100
DoEvents
ActiveCell.Value = 1
ActiveCell.Offset(1, 0).Activate
Application.Wait (Now + TimeValue("0:0:01"))
If CancelFlg = 1 Then Exit For
Next i
End Sub
Private Sub CommandButton2_Cl...続きを読む

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

QExcel マクロでマクロを含んだファイルを作成保存する方法

main.xlsm にはいくつかのシートがあります。
その中にある sheetA というシートを独立したワークブックとして作成保存するマクロの作成についてです。作成されるワークブック内にマクロを含めて作成保存したいのですがやり方がわかりません。
不可能でしょうか。
可能であればやり方をお教え下さい。

以下の例ではmain.xlsm内にあるsheetAを新規ワークブックとしてコピーし、sheetA.xlsm というファイル名で保存するものです。
sheetA.xlsm ではファイルを閉じる前に「Good-bye」というメッセージを出す、というものです。

よろしくお願いします。


●main.xlsm内のコード
Sheets("sheetA").Copy
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="C:\test\sheetA.xlsm", FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
ActiveWindow.Close

●sheetA.xlsmのThisWorkbook内のコード
Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)
MsgBox ("Good-bye")
End Sub

main.xlsm にはいくつかのシートがあります。
その中にある sheetA というシートを独立したワークブックとして作成保存するマクロの作成についてです。作成されるワークブック内にマクロを含めて作成保存したいのですがやり方がわかりません。
不可能でしょうか。
可能であればやり方をお教え下さい。

以下の例ではmain.xlsm内にあるsheetAを新規ワークブックとしてコピーし、sheetA.xlsm というファイル名で保存するものです。
sheetA.xlsm ではファイルを閉じる前に「Good-bye」というメッセージを...続きを読む

Aベストアンサー

いくつか検討してみました。
大きく分けると二種類のコードになりますが、

標準Module に書かれたものを、再利用するものです。ThisWorkbook内のコードは、エクスポート/インポートすると、クラスモジュールになってしまいますので、そのコードを、活用するためには、もうひとつ別の起動用マクロが必要になってしまいます。それで、一般的には、標準Module 一本にするのが楽かと思います。

二番目は、趣向の強いもので、回答者としてのマナー違反だと言われかねないものです。(マナー違反を自覚しないで書いているわけではありません。しかし、これを他人の環境で人知れず実行するためには、もう一つ非公開の技術が必要です。)

私は、最初のほうのものをお勧めします。
どちらも、直接、マクロコードを触りますから、

 セキュリティセンターのマクロの設定で、
 開発者向けのマクロの設定
 レ VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する
 にはチェックが必要です。
(セキュリティのためには、会社などではここはオフにしておくのが一般的です)

'以下のコードは標準モジュールで、Module1 以外にしてください。
'//
Private Const myPATH As String = "C:\Users\[YourNamer]\My Documents\" '末尾には¥を入れてください。
Sub TestMacro1()
'ここでは、Module1 を使います。
Call ExportModule
Sheets("sheetA").Copy
Call ImportModule
'面倒でも、パスとファイル名は分かち書きしてください。
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=myPATH & "sheetA.xlsm", _
   FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
'保存したので、Falseを入れてください。
ActiveWindow.Close SaveChanges:=False
End Sub

Sub ExportModule()
'エクスポート
 ThisWorkbook.VBProject.VBComponents.Item("Module1").Export _
 Filename:=myPATH & "tmp1.bas"
End Sub

Sub ImportModule()
'インポート
 With ActiveWorkbook
 .VBProject.VBComponents.Import _
 Filename:=myPATH & "tmp1.bas"
 End With
 Kill myPATH & "tmp1.bas"
End Sub
'------
Module1 は、以下のようになっているものとします。

'---------
Sub Auto_Close()
 MsgBox "Good-Bye!"
End Sub
'--------------

'//
Sub TestMacro2()
Const myPATH As String = "C:\Users\[YourName]\My Documents\" '末尾には¥を入れてください。

Sheets("sheetA").Copy
'直接マクロコードを書き込みます。
Call WritingMacroCodes
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=myPATH & "sheetA.xlsm", _
   FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
ActiveWindow.Close SaveChanges:=False
End Sub

Sub WritingMacroCodes()
With ActiveWorkbook.VBProject.VBComponents.Item("ThisWorkbook").CodeModule
'マクロの 1 行目から 3 行目まで書き込みます。
 .InsertLines 1, "Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)"
 .InsertLines 2, " MsgBox ""Good-Bye!"""
 .InsertLines 3, "End Sub"
End With
End Sub
'///

いくつか検討してみました。
大きく分けると二種類のコードになりますが、

標準Module に書かれたものを、再利用するものです。ThisWorkbook内のコードは、エクスポート/インポートすると、クラスモジュールになってしまいますので、そのコードを、活用するためには、もうひとつ別の起動用マクロが必要になってしまいます。それで、一般的には、標準Module 一本にするのが楽かと思います。

二番目は、趣向の強いもので、回答者としてのマナー違反だと言われかねないものです。(マナー違反を自覚しないで書い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング