子ども(小学校低学年くらいまで)の出てくる漫画でお勧めのもの、ありませんか?
できれば子育てに関するものや、非現実的なものではないものがいいです。
虐待など、児童福祉に関することを取り扱ったものや、保育に関するものだと、うれしいです。
幼稚園で働いているのですが、普段見ている子どもたちとは違う子どもの話が読みたくなりました。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

毛色がちがいますが、三原順の「はみだしッ子」


子供が大人のごとく、子供の主張により家出をつづけて里親にたどりつく話。
台詞が長いので、読みずらい人もいるかと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索してみましたが、愛蔵版や、文庫版も出ているんですね。
本屋で探してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/22 22:15

No.3のopacityです


手に入れるのは意外と簡単かもしれません。
本屋に置いてなくとも注文すればすぐ来ると思います。
出版社は 
 マガジンハウス
 ISBN4―8387―0897―1
がIDになります。値段は980円で。
下のURLなんか参考にしてみてください。

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/rc4/mika-d/saho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとありがとうございます。近くの本屋さんは、ホームページからの注文ができるので、やってみようかな、と思っていたのですが、最近、私のパソコンの調子が良くないらしく、注文できませんでした。
今度、直接行って注文したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 21:40

こんにちは。



えぇと、私の持っている本の中で子供が出ていて、
今まで回答をした方の中に載っていないもの…を2つほど。

私がママよ  著:森本梢子
これはもう既に、文庫版にもなっていて文庫版だと全3巻と+決定版というのが集英社から出ています。

子供なんか大キライ!  著:井上キミドリ
こちらは、幼稚園で働いているyukihaさんから見たら、なんという題名!と思われるかもしれませんね(笑)
自称?子供嫌いなお母さんとおっしゃるキミドリさんの、子育て奮闘記?です。文庫サイズでも出始めましたよ。

この2冊は両方とも実体験の子育て奮闘記?なので、リアルさが感じれて楽しいですよ。(もちろん、丸々ノンフィクションでもないはずですが)
あと、内田春菊さんの「私達は繁殖している」だったかな?その本も子育ての話しが出ています。(これも文庫サイズが出た)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3冊とも、文庫サイズが出ているのですね。集めやすそうだし、ちょっと見てみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 21:20

「赤ちゃんと僕」はおすすめです。

羅川真里茂(らがわ・まりも)さんの
まんがで、白泉社コミックスから出ています。
たぶん10巻以上あったような・・・。
虐待とはほど遠く、ほのぼのした素敵なお話です。
主人公は小学生で、母を亡くして1歳くらいの弟を父と2人で育てて
いく話なんですが、とにかく弟の実くん(みの)がすごくかわいい。
時々ホロっとする話もあるけど、読むと元気が出ます。

普段見ているお子さんと同じタイプの話になってしまうかもしれませんが。

まんがではありませんが、伊藤比呂美さんの子育ての本は、
すーごく面白いです。楽しい絵がたくさん出てきます。
(「コドモより親が大事」など)
読まれたことがなければ、ぜひ読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「赤ちゃんと僕」は、以前借りて読んだことがあります。そのときに気に入ってしまったため、最近になって、買い集めたところです。
伊藤比呂美さんの本も、探してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 17:41

冬野さほさんはご存知ですか?


彼女な作品は子供のころのおぼつかない感じが良く出てますよ。
虐待や家庭の問題などは特にはないんですが、意味もなく流れる涙とか、うやむやな子供の頃のモノ?
とてもきれいに書いています。
小さい子供の出てくるものでしたら、
  ツインクル
などいかがでしょう?
小さい子供が多く描かれています。
参考になれば幸いです

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/rc4/mika-d/saho/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冬野さほさんは、初めて知りました。なかなか手に入れるのは大変そうですね。でも、雰囲気とかよさそうなので、読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 17:39

真面目ではないかもしれませんが、


子育てエッセイマンガ「ママはぽよぽよザウルスがお好き」という作品は
面白おかしく読めるのではないかと思います。
確か続編が2~3冊くらい出てると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょこちょこ立ち読みしたことあります。近くの図書館にも置いてあったと思うので、今度借りてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 17:32

『ぽっかぽか』深見じゅん著


ドラマにもなった有名な作品。田所家の日常。

『君の手がささやいている』軽部潤子著
耳の聞こえない主人公と健聴者である夫。途中から娘が生まれ、母親に障害があることでおこるいろいろな葛藤をやさしく描いています。

『わが指のオーケストラ』山本おさむ著
実話を元にした盲唖学校の話。貧困、差別、そんな中で、手話を学ぶ子どもたちの笑顔が胸にせまります。

『どんぐりの家』山本おさむ著
上記と同じ作家の作品です。これは、ろう重複障害児がメインです。いろんな子どもたちがでてきて、それぞれが胸を打ちます。

『凍りついた瞳』ささやななえ画 椎名篤子作
児童虐待で有名なコミック。

それからちょっとご希望からはそれるかもしれませんが、児童虐待という言葉が一般化するずっと前に、そのことを描いていた三原順の『はみだしっ子』シリーズ。
今でも、熱心なファンが多いことからも、そのような思いをした子どもが多かったのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「凍りついた瞳」は、読んだことあります。あとは、聞いたことはあるけど、読んだことのないものばかりです。時間を見つけて読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 17:30

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ