エクセルを使って社員の勤続年数を計算したいのですが、1年11ヶ月のように年と月を両方表示させる方法をどなたか教えて下さい。満年数や満月数だけを表示することは出来たのですがどうしても分かりませんでした。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

A1:昭和41年9月3日


B1:平成14年2月19日
C1:=DATE(DATEDIF(A1,B1,"y"),DATEDIF(A1,B1,"ym"),DATEDIF(A1,B1,"md"))
C1のセルの書式設定でユーザー設定で
yy”年”mm”ヶ月”dd”日”
でいかがでしょうか
なにかあれば補足して下さい
    • good
    • 1

No.4です。


エクセルを見ながら回答していたら、セル番号を間違えました。下記に読み替えてください

「たとえば、A1に平成12年3月1日でA2に平成14年2月3日の場合1年11ヶ月と表示させる方法」は下記のとおりです

たとえば、A1に平成12年3月1日でB1に平成14年2月3日の場合1年11ヶ月と表示させる方法は

申し訳ございません。後は間違いがないと思うのですが???
    • good
    • 0

こんな事を言ってるのでしょうか



たとえば、A1に平成12年3月1日でA2に平成14年2月3日の場合1年11ヶ月と表示させる方法は

=TEXT(DATEDIF(A1,B1+1,"Y"),"0年;;")&TEXT(DATEDIF(A1,B1+1,"YM"),"0ヶ月;;")

日も表示させたければ以下を追加

&TEXT(DATEDIF(A1,B1+1,"MD"),"0日;;")
    • good
    • 0

勤続年数を計算結果のあるセルの表示形式を「yy年mmヶ月」とします。



「書式」-「セル」の[表示形式]タブで、
[分類(C)] ユーザー定義
[種類(T)] yy年mmヶ月

A1セルに入社年月、B1セルに基準年月があるとして、
C1セルに =B1-A1 と入れて、上の設定をします。
    • good
    • 0

例えば、B2セルに勤続年数情報が入っているとすると、


=YEAR(B2)&"年"&MONTH(B2)&"ヶ月"
のようにすれば、良いのではないでしょうか?
如何でしょう。
    • good
    • 0

○年○ヶ月をひとつのセルで表示する方法があったら私も知りたいです・・・


私もよく勤続年数を仕事で使うのですが、私のやっている方法をご紹介します。

1.ひとつの列で「満年数」を出して、セルの書式で表示形式をユーザー設定で「#年」と設定する。
2.右隣の列で「満月数」を出して、セルの書式で表示形式をユーザー設定で「#ヶ月」と設定する。
3.「年」のセルは右寄せ、「ヶ月」のセルは左寄せにして(この処理はお好みで)、表で罫線を使うときはあたかもひとつのセルに見えるように「年」と「ヶ月」の列の間には罫線を引かないでおく。
これで印刷した日にゃ、見た目は立派に「○年○ヶ月」!・・・?

ひとつのセルで表示することが判らなかったので苦肉の策ではありますが、コロンブスの卵状態で二つのセルを使うこの方法を多用しています。

どなたか、こんな私も救ってください(?)。回答のはずが質問になってしまいました(^^ゞ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで勤続年数、年齢により勤続年数を変える

社員の勤続年数について、エクセルでの計算について知恵を貸して下さい。
基準日は毎年4月1日現在で勤続年数を計算します。ただし、60歳に達した者については、60歳に達した日後の最初の4月1日以降の勤続年数は計算しない。なお、55歳に達した日後の最初の4月1日から60歳に達した日後の最初の3月31日までの勤続年数は実勤続年数の1/2とします。
単純な採用日から4月1日までの計算はDATEDIFを使ってできるのですが、55歳(60歳)に達した日後の最初の4月1日(3月31日)に手こずっております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。早生まれの人とそうでない人を区別する必要があるのですね。
参考までに、TEXT関数で誕生日の月と日にちを出して
=TEXT(A2,"mm/dd")*1<("04/01")*1
の式で誕生日が4月1日より前か後か判断できると思います。
55歳最初の4月1日
=IF(TEXT(A2,"mm/dd")*1<("04/1")*1,DATE(YEAR(A2)+54,4,1),DATE(YEAR(A2)+55,4,1))
では回答になりませんでしょうか。

Qエクセルで、簡単に勤続年数を表示させたい

エクセルで、「入社年月日」を入力すると、自動的に勤続年数が表示される計算式を探しています。

例:入社年月日 【2000.01.01】
  勤続年数 【6】

上記のような表示方法です。
そうすると、何日現在を決めなければいけなくなると思いますが、
その年の1月1日現在でも、今日現在でも、どちらが適当なのか分かりませんが、
実際にお仕事で使っている方、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

DATEDIF関数を使います
A1に入社日が入っていて、
=DATEDIF(A1,today(),"Y")
で如何でしょう。
ちなみに、入社日は、2000/1/1、のように”/”で区切って入力すると
Excelは自動的に日付として認識します。

Qエクセル関数で勤続年数を求めた時の表示

社員勤続年数を以下のように求めました。

=DATEDIF(A1,TODAY(),"D")
「yy"年"mm"ヵ月"dd"日"」の表示にする。

すると、2年経過した社員など、『1年12ヶ月』と表示されてしまいます。
これを『2年』と表示する方法はないのでしょうか?

また、関数自体
=DATEDIF(A1,TODAY()+1,"D") の方が自然なんでしょうか?

ご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日付形式で扱えば、1年0月や2年0月0日は絶対に現れません。カレン
ダーを見ましょう。0月や0日は存在しませんね。ついでにいうと、
そんなやり方では在籍2ヶ月と28日の翌日は3ヶ月と1日になります。
経過日数に日付形式の表示を流用してはいけません。

まず、「平均勤続年数」のベースになる個人別の「勤続年数」に月
数や日数が必要なのかを決めて下さい。必要なければ、単純に
=datedif(A1,today(),"y")でオッケーです。平均は7.8年などと出て
きます。

月数まで必要だというのなら、すべてを月数で計算しておき、頭の
固い上司に見せるときだけ12で割ることを考えます。個人別に
=datedif(A1,today()."M")で90ヶ月として、別にint(90/12)年とmod
(90,12)ヶ月とするんです。

日数まで必要だといわれたら、1ヶ月在籍と29日在籍でどっちが長い
か知ってますかと聞きましょう。

Qエクセルで勤続年数を○年△ヶ月×日まで算出したい

●勤続年数を日数まで算出したい。

●上記で求めた勤続年数を日数が15日以上の場合は1ヶ月とし、15日未満の場合は切り捨てて、○年△ヶ月と表示したい。

上記2つの関数を知りたいので詳しい方ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな式でどうでしょうか。
最初の方はA1に入社日
A2に指定した日にちとして
=DATEDIF(A1,A2,"y")&"年"&DATEDIF(A1,A2,"ym")&"ヶ月"&DATEDIF(A1,A2,"md")&"日"

15日以上の場合については
=DATEDIF(A1,A2+15,"y")&"年"&DATEDIF(A1,A2+15,"ym")&"ヶ月"

QExcelで入社・退社年月日を入力して、勤続年数表示したい

Excelで入社年月日と退社年月日を入力すると、
勤続年数が表示できるようにしたいのですが、
方法が分かりません。

DateDifという関数があると過去の質問を検索してみたらでてきましたが、どのように使ったらよいのかが分かりません。

入社年月日⇒14年4月1日
退社年月日⇒16年4月20日
勤続年数⇒2年1ヶ月
という具合に、一ヶ月未満の日数がある場合は1ヶ月に繰上げて表示したいです。

そして、休業期間がある場合は同様に休業期間を表示して、勤続年数からマイナスして結果的に
勤続年数-休業期間=在職期間
と表示できるようにしたいです。

ご存知のかた教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

○年□ヶ月△日
=DATEDIF(A1,B1,"Y")&"年"&DATEDIF(A1,B1,"YM")&"ヶ月"
&DATEDIF(A1,B1,"MD")&"日"

ですが、
入社年月日⇒14年4月1日
退社年月日⇒14年4月30日
と書いた場合、DATEDIFの仕様として「初日不算入」です
ので、4/2~4/30にちまでを数えることになります。
→【0年0ヶ月29日】
と表示されるはずです。

=DATEDIF(A1,B1+1,"Y")&"年"&DATEDIF(A1,B1+1,"YM")&"ヶ月"
&DATEDIF(A1,B1+1,"MD")&"日"

で多少マシになるかもしれませんが、上記の式は
使わないほうがよいです。なぜなら、

DATEDIF(A1,B1,"MD")

DATEDIF(A1,B1,"YD")
には、うるう年に絡む不具合があり正しく計算されない
ことが知られていますので。

例えば、
A1に
1998/10/31
B1に
2000/03/01
と入力した場合など。

詳しくは角田さんのページの
http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/ktfunc_ref0206.htm#DATEDIF
をご覧いただき、【kt関数アドイン】導入することを
お勧めします。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/index.htm

○年□ヶ月△日
=DATEDIF(A1,B1,"Y")&"年"&DATEDIF(A1,B1,"YM")&"ヶ月"
&DATEDIF(A1,B1,"MD")&"日"

ですが、
入社年月日⇒14年4月1日
退社年月日⇒14年4月30日
と書いた場合、DATEDIFの仕様として「初日不算入」です
ので、4/2~4/30にちまでを数えることになります。
→【0年0ヶ月29日】
と表示されるはずです。

=DATEDIF(A1,B1+1,"Y")&"年"&DATEDIF(A1,B1+1,"YM")&"ヶ月"
&DATEDIF(A1,B1+1,"MD")&"日"

で多少マシになるかもしれませんが、上記の式は
使わないほうがよいです。なぜなら、

DATEDI...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報