最新閲覧日:

フジテレビのドラマ「ロングラブレター~漂流教室~」
の最終回最後の緑になった世界はどういう風になってるのでしょうか?あの人たちはいるのでしょうか?それともいないのでしょうか?電話によって現代が変わり未来に飛ばされる人たちも違うはず。最後の緑の世界はどこの世界だったのでしょうか?ばらばらになった手紙はどこに行ったのでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

 私なりには、あれからみんなで緑を育てていって、最終的に


あのようになったのかと思いました。
フジテレビのHPによると、過去に戻れたそうです。
HPにくわしいことが書いてありましたので、あとで見てみてください。

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/jp/index.html
    • good
    • 0

私の想像ですが・・・。


最後の緑一面の世界は、手紙とは関係ないのではないかと思いました。
手紙はバラバラになってしまったし、学校が消える前なので、だれも気に留めないと思うし・・・。

最後の緑は、私たちドラマを見ている視聴者が、あのような未来にしてはいけないと感じ、緑を残していこうと思って欲しいという制作者側の願いだと思いました。特に、このドラマ、見てる人に子供が多いし・・・。(私も高校生だし)
制作者たち大人から、私たち子供(視聴者)に向けての約3ヶ月かけての長い長いラブレター(=ロングラブレター)ということなのではないかなと、わたしの中で考えてました。
    • good
    • 2

手紙の切れっぱしが届いて三崎さんに電話する気になったあの過去は、世界が違うんじゃないでしょうか?


浅海先生と三崎さんが、すぐ会おうとするか、「後でいいや」と思ってしまうか。それがそのまま、人類が破滅に対してすぐ対処するか、平和ボケしたまま破滅へ突き進んでしまうかを決める歴史的な分岐点だったのかも。
そもそも学校が時空移動を起こしたのが、破滅した未来に種を蒔こうとする「意思」によるものだとしたら、2人がすぐ再会していれば人類は破滅せず、学校は飛ばされずに済んだのかも。あの世界では、そのまま何事もなくトレンディドラマが続くんじゃないかな。

すでに学校が飛ばされてしまった世界で校門の外が緑に変わったのは、未来に手ーつっこむという大技を見せてくれた彼女が強く「みんな生きてる」と主張してくれたので、それを信じた残された家族や生徒たちの一部が一生懸命活動して、ほんの少しだけ過去をいい方に変えてくれたのではないかと思います。戦争は避けられず人類は滅びたかもしれませんが、あそこの土壌を汚染することだけは阻止したらしい。緑なのは学校の周りだけかもしれませんよ。

えー読んでの通り妄想モード入ってます。あまり信じないでください。信じるわけないか。同じような質問がありましたので参考に載せておきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=238696
    • good
    • 1

最後の一面が緑になったのは、


あそこで窪塚くんを始め、未来へ流された(選ばれた種子?)が
あそこで生きようと努力し、ああやって砂漠が緑になった
のではないでしょうか?(確かに一瞬で変わったりしてて変だけど)
最後の方で、砂漠に芽が生えた!と山下君達が喜んでましたよね。
すいめせん、全然私の解釈にすぎません;;;

それはそうと、ちょっと不完全燃焼な最終回だった気がします(^^;
    • good
    • 1

最後の緑になった世界は、「こうなれるかもしれない未来」だと思います。

みんなで未来をこうしていこう、という制作側のメッセージかもしれません。原作のテーマの一つは「未来への警告」ですし。

楳図かずおの原作では、手紙ではなく、幼児が過去に戻ろうとしますね。ネタバレになりそうなのであまり詳しく書けませぬが・・。

ドラマでは、手紙が過去に戻った事によって、常盤貴子と窪塚洋介の未来が変わったことが描かれています。
未来への影響はそれだけかもしれませんが、残りの手紙の切れ端がどこへ飛んでいったのかは描かれていませんので、その手紙によって「未来が緑の世界に変わる何かの力」が働いたかも、しれませんね。

この回答への補足

僕は、手紙によって現代の人たちが努力して砂漠じゃない世界にして行き、窪塚たちのいる世界が緑に変わったというふうに思ったのですが。
少し変ですが(緑だらけの場所なんてあまりない)
それはそれで。
僕はそういうふうに思ったのですが、違うんですかね?

補足日時:2002/03/21 15:15
    • good
    • 1

結局、飛ばした手紙がワープする前日の窪塚の元へ行き、二人の運命だけが少し変わるという結末でした。


もちろん滅びる運命の世界や、翌日の学校にいた人の運命は変わりません。
最終回最後の緑になった世界と言うのは、製作者サイドの「未来への希望」でしょう。
ワープした世界が、ああなっていたらいいねっていうオチでしょう。
    • good
    • 1

これは あくまで私の推測ですいません。

 手紙は未来にいってしまう前日にばらばらになって降って来たというのはわかるのですが、私は第一話の最初の45分を見ていなかったのでよくわかりません。本当は暁生と結花が前日の夜に会っていなかったけど会えたということでしょう。それで未来に結局いってしまったのかはすいませんけどわかりません。でも2つの未来ができてしまったのではないかと私は思います。原作とちょっと違うので考えさせられますけど。手紙が現在に届いたとしても学校は未来に行ってしまった。でもその時暁生と結花はあの場所にいたのだろうか?と考えると私も質問したくなってしまいました。回答にならないですいません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ