リベリオンという映画が初めてガン・カタを使ったと言われているそうですが、
リベリオンよりも前の日本のアニメか何かでガン・カタのようなアクションを見た記憶があるのですが、
リベリオンのガン・カタが初なんでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

系統立てて詳しくはないので、個人的な印象ですけれども、


『デスペラード』(米映画)の影響を受けた『トライガン』(日本)(漫画→アニメ)などに、ガンカタ以前の、ガンカタの萌芽を見るような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうでしたか、参考になりました
ありがとうございます

お礼日時:2006/09/27 17:10

URLを貼ろうとしたのですが文字化けしてしまったのでWikipediaより抜粋です。


これによればガン・カタの考案者はやはり監督さんのようです。

>意味は「ガン(銃)」と武術の「型(カタ)」を組み合わせたもので、二挺の拳銃を使用し、近接戦闘に持ち込む事で多数の敵を短時間で 射止める戦闘技法である。あらゆる戦闘の統計学的データも反映されており、いかに銃弾を浴びにくい位置に移動・回避するかといった戦略的技能や刀剣・格闘戦の技能も達人は使いこなすという。 考案したのは『リベリオン』の監督であるカート・ウィマー。敵の眼前に姿を晒したり、敵に非常に接近したりしての銃撃戦を可能にし、ガンアクションの新たな地平を開拓した。


以下は人気に乗じてガン・カタらしきシーンが入れられたアニメーションだそうです。


『MADLAX』 - 2004年放映。
『天上天下』 - 2004年放映。第24話(最終回)にそれらしきアクションが見られる。
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 - 2004年-2005年放映。第1話、ガンダム強奪シーンにそれらしきアクションが見られる。
『グレネーダー』- 2004年-2005年放映。最終話にて主人公が超至近距離で撃ち合うという最終決戦シーンに似た戦闘を展開する。
『ビューティフルジョー』 - 2004年-2005年放映。ヒロインの変身した姿、セクシーシルヴィアが二丁拳銃のデスペラードでそれらしきアクションを見せる。
『MUSASHI -GUN道-』 - 2006年放映。武術である「GUN道の舞」でそれらしきアクションを見せる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ガンカタに影響を受けたシーンはいろいろあるんですね

お礼日時:2006/09/27 17:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q探している映画があります(ガンアクション)

昔、電気屋のデモで見た映画なのですが、かっこよかったので全部見たいと思っています。
手がかりは下記のとおりです。

・確か5年~10年程前に見た映像だと思います。
・主人公が敵のアジトに乗り込んで華麗にマガジンチェンジをしながらボスのところまで進んでいました。
・廊下にシャー!とマガジンを投げて、撃ちながら進んだところで、投げたマガジンで弾丸を補充するシーンがありました。
・ボス戦では、1対1でお互いが1メートルほどの距離で向かい合い、直立した状態で接近戦のガンファイトをしていました。
・そこでは早回しを使っていていました。
・主人公は40歳くらいに見えました。

このような手がかりに該当するような映画がありましたらお教えください。

Aベストアンサー

「リベリオン」バットマンでお馴染みの、クリスチャン・ベールの主演作で間違いないと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

Qガン・アクションがカッコイイ映画

ガン・アクションがカッコよく、観た後、爽快感のある映画を探しています。
アントニオ・バンデラスの「デスパレード」や二丁拳銃をガンガン撃ちまくる!みたいなイメージですが、
それ以外でもオススメがあれば教えてください。
毎日暑いし、煮つまることが重なって、とにかく気分爽快になりたいです~!

Aベストアンサー

ガン・アクションがカッコイイ映画といえば、
下記の映画などいかがでしょうか。
【スコーピオン】
映画の最初と最後には、大変な銃撃戦が展開します。
ケヴィン・コスナーが悪党を演じています。
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=150924

【アンタッチャブル】
この映画もケヴィン・コスナー主演映画です。
ギャングと捜査官の対決です。

http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=119494

【ウエスタン】
セルジオ・レオーネの作品の西部劇です。
最初のシーンがいいですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2327

【 ミスター・ノーボディ 】
これも西部劇で原案は、セルジオ・レオーネです。
ヘンリー・フォンダの銃さばきがいいですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22726

【ワイルドバンチ】
サム・ペキンパーの有名な西部劇ですが、
最後には凄い銃撃戦が展開します。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25954

【ロング・ライダーズ】
銀行強盗の一味の話ですが、どれも銃のさばきがいいですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25870

【続・夕陽のガンマン/地獄の決斗】
監督がセルジオ・レオーネの西部劇ですが、
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフが出演しています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13171

ガン・アクションがカッコイイ映画といえば、
下記の映画などいかがでしょうか。
【スコーピオン】
映画の最初と最後には、大変な銃撃戦が展開します。
ケヴィン・コスナーが悪党を演じています。
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=150924

【アンタッチャブル】
この映画もケヴィン・コスナー主演映画です。
ギャングと捜査官の対決です。

http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=119494

【ウエスタン】
セルジオ・レオーネの作品の西部劇です。
最初のシー...続きを読む

Q殺し屋兄弟のガンアクション

タイトル忘れてしまいました。
殺し屋の兄弟が主人公。
二人は拳銃使い。
凄腕で殺しをしていき、警察も全力で二人を捜査。
オーケストラのBGMがかかっていたような・・・。
「伝説の殺し屋」みたいな二丁拳銃使い(だったかな?)も途中で登場したが、いつの間にか仲間んいなってた。
という映画、どなたかご存知ですか?

Aベストアンサー

『処刑人』かな??

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005J48K/250-5329606-4145043

Qガンアクションで

相手に何発も撃ち込むのは、いつ頃からでしょうか?
もちろん銃器の違いもあるでしょうが、以前はこんなに何発も撃つ場面はなかったです。今は違和感無く見てしまってますが、考えてみれば非常に不自然です。「俺達に明日はない」は史実に基ずいてるとの事ですが、通常の少人数の打ち合いでもやたらと撃ち込んでいます
何故、こうなったのでしょうか?
もう一つ、撃たれると吹っ飛ぶのは、見た目は派手ですが余りにも大袈裟です。最近は読んでないですが、小説でもこのように表現するのでしょうか?物理法則に反してます。
以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカンニューシネマのひとつとされている、『俺達に明日はない』のラストで既に描かれていましたね。
アクション映画(ガンアクションという観点が適切でしょうか)に多大な影響を及ぼしたとされるのは、ウェスタンの終焉を見事に描きつつも名作とされる『ワイルドバンチ』(ダーティハリーの1作目、バイオレンス映画・男の映画ではピカイチのドン・シーゲル監督作品)ですが、後半のスローモーションでの血が飛び散る描写は、あのマシンガン連射によるもので今観ても色褪せないモノです。
この映画によって、当時の技術や描写においては一定の到達点に達したとさえ言われていました。
ハッキリと『この映画から変わった!』とは言えませんが、過去の映画のパンフレットを読むと上記と同じ様なコメントを目にすることはあります。

映画というのは、何か新しい映像技法や特撮技術が生まれると、それを反映させるものですし、多くの作品にも取り入れられるものですから、自然と作品に取り上げられる回数が増えてしまいます。
さらにその後の作品になると、同じレベルでは観客には新しさをアピールできない事から、今度は物量にモノを言わせるのです。
最近の例だと、マトリックス3部作が分かり易いかと思います。

小説については私は読んでいないので分かりません。

過剰な描写というのは、アメコミをベースにした作品や、SFX作品となると、どうしても作風にオーバーな部分が出る傾向にある、と何かの映画のパンフレットに載っていたのを読んだ記憶があります。

相変わらず人が吹っ飛ぶ、オーバーアクションもありますが(まあ、それはそれで楽しめる作品もありますが)、一方ではリアリティのあるアクション映画もありますね。
例としては『RONIN』『HEAT』『マイアミバイス』等の見事なスタントながらも非常にリアルなアクションシーンです。
音響に実弾のモノを挿入したり、ワイヤーを使用する以外は全て実写だったりと、特撮で全て描ける21世紀ながら、寧ろ実写のリアリティ&重厚感にコダワル映画もあります。

アメリカンニューシネマのひとつとされている、『俺達に明日はない』のラストで既に描かれていましたね。
アクション映画(ガンアクションという観点が適切でしょうか)に多大な影響を及ぼしたとされるのは、ウェスタンの終焉を見事に描きつつも名作とされる『ワイルドバンチ』(ダーティハリーの1作目、バイオレンス映画・男の映画ではピカイチのドン・シーゲル監督作品)ですが、後半のスローモーションでの血が飛び散る描写は、あのマシンガン連射によるもので今観ても色褪せないモノです。
この映画によっ...続きを読む

Qシュワちゃん「ラスト・アクション・ヒーロー」

この間テレビで観た「ラスト・アクション・ヒーロー」について
映画のラストの方で出てきた(映画の中から)死神のような人は誰ですか?黒ずくめで、その人に触られただけで死んでしまうようです。それとハンニバルというセリフが聞こえましたが、それはレクター博士のことですか?レクター博士の名前はハンニバル・レクターですか?

Aベストアンサー

死神の出て来た映画は「第七の封印」〔56.スウェーデン.監督.イングマール・ベルイマン〕です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報