プロが教えるわが家の防犯対策術!

頬のたるみの引き締めマッサージ方法のことなんですが、本で読んだり、テレビで見たり、人に聞いたりしても、さまざまの方法があるみたいで・・・顎から上に向かい丸く円を描きながらとか、逆に耳の辺りから顎にかけて下におろすとか、全く逆の仕方が紹介されたりしてます。いったいどちらが本当なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ご参考までに…



私は田中宥久子さんの造顔マッサージという方法を行っているのですが、
このマッサージ法でもたるみには下から上への動作があり、肝は最後に必ずリンパへ流すという点のようです。

円を描くというやり方は、以前資生堂のBAさんに
洗顔時の方法として教えてもらったことがあり、今も洗顔時はその方法で顔を洗っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

7人の皆様、初めての質問投稿に、丁寧にお答え頂いて大変参考になりました。このサイトは本物ですね、ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/03 23:31

メーカーによっても細かいところが違ったりしますよね?


全てそのメーカーの理論にそっているので、全部が正しいです。
本やテレビでやっていることもそうです。
#5さんの繰り返しですが、理論と一緒に覚えると、納得できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:45

どちらも本当ですよ。


一般的に昔から、有名化粧品会社の美容部員さんたちなどが教えてくれている
マッサージの方向は、下から上です。
その場合、皮膚表面を強くこすらずに、優しくそっと、
マッサージクリームの油分で指を滑らす感じです。
皮膚表面のたるみをリフトアップです。

一方、部位によっては上から下に向かう箇所もあるマッサージの仕方は、
かづきれいこさんのマッサージ法だと思います。
数年前に一度だけテレビでチラッと見ましたが、
顔のむくみ?をリンパの流れに沿って移動させて耳の下のリンパ腺に戻して
すっきり小顔にするという理論でした。
これはメイク用のスポンジで結構強めにキュッキュッと
皮膚の下の組織に刺激を送っている感じでした。

表面上のことだけではなく、理論と一緒に覚えると間違える事はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:45

私は下から上へ、としか聞いたことがないので下からあげてます。


ちなみにエステでも下からでした。
あと中心から外側へ、でした。
リンパの流れにそって循環を良くする?だったかな。
No.1の方が書いておられるように重力には逆らえずに下へ落ちるのを防ぐ?ためでもあったようです。
ちなみに首のマッサージは上から下へ、だったような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:44

 それらは逆の仕方のように思えますが、実は同じなのです(ってテレビでやってました)。



 耳のあたりから下におろすのは、顎の付け根の「エラ」の部分へです。ほっぺたの中央を通って下におろすのではないです。ほっぺたの中央を通って下へおろしてしまうと、ほっぺたが下へたるんでしまいます。他方、「エラ」の部分へ向かって下へおろすときには、ほっぺたはたるみません。この「エラ」の部分へ向かって下方へさする行為は、リンパの流れをよくするらしいです。

 ほっぺたのプルルンとした部分を上へ向かうのと、耳のあたりから「エラ」へ向かって下へおろすのを組み合わせると、丸く円を描くことになるんですって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:44

お顔のたるみのマッサージは、基本下から上です。


耳から顎の方向にさげるのは、リンパがそこを通っているからです。
下から上に、顔の中のむくみ、脂肪、老廃物を、もちあげて、
リンパに流してあげると、顔がスッキリして、小顔効果があり、たるみも、解消されます。
耳から顎とゆうより、耳の手前に、ほほ骨の付け根(表現が悪くてごめんなさい)があると思いますが、
その下ぐらいに、押さえたら気持ちのいいツボのような所があると思いますが、そこを、真下に流すのです。そこが、リンパです!
そのとき、ほほを下に下ろさないよう気をつけてください!!
分かりずらいかもしれませんが、参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:43

私も詳しくはありませんが、年齢とともに、体中の筋肉は下へ下へと落ちていってしまうことを、現実的に感じているので、顔のマーッサージも、上に持ち上げるように、意識しています。



正しいのかどうかは、わかりませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヵ月?ヶ月?正しい使い方は?

1ヵ月 ・ 1カ月 ・ 1ヶ月 ・ 1ケ月、どの表記が正しいのでしょうか。
「カ」「ケ」は大文字、小文字、どちらでもかまわないのでしょうか。

あまりに情けない質問かもしれませんが、ご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 どれも正しいです。数を勘定するときに使う「カ」というのは箇(カ)という漢字がもとではないかと言われています(別の説もある)。ただ、ごらんになってわかるように、この字ははなはだ画数が多い。急ぐときに不便である、というわけで、さまざまな略字や略表記が生まれました。
 略表記がかたかなのカを添える方法です。送り仮名の一種のようなものだとお考えください(添え仮名という人もいます)。江戸時代ごろまで、このような「添え仮名」は小文字で右上隅に書くのがふつうでしたので「ヵ」という表記もあります。
 略字がケで、これはカタカナのケではなく、箇の竹冠です(これも別な説があり、箇ではなくて个という字であるとも言われる)。ちょうど門を |~~| と書くようなものです。読みはむろんケと書いてカと読む。これも「添え仮名」の一種ですので、小文字で書くこともありました。
 つまり、1ヶ月は列挙されたどれでもかまいませんし、一箇月と書いてもかまいません。文章に凝る人は一箇月をとる人が多いようです。

Q夫が私の実母にキレました。感想だけでも結構ですので

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣でいっしょに寝てもらっていました。なので、今も、私たちが実家に帰り、子どもたちが寝た後に私たちがリビングでくつろいでいると、母は「私があやしてくるから、ゆっくりしとき」と言って、あやしに行ってくれることがありました。(いつも子どもたちが寝ている部屋はリビングの横の和室で、私たち夫婦も寝るときはその部屋で寝ます。

(3)また、母はかなりの節約家で「トイレットペーパー200円!」とか、「~が得した」とか、「ガソリンスタンドで~をもらえる」とか、「○○スーパーいつも土曜日に20円引きをしてるから、土曜日に買い物するのがいい」、(私は育休中なのですが、)「育休中に手当がもらえるなんていいね~」など、人よりお金の話題が多いです。

そこで、今回も家族一家で私の実家に行っていたのですが、そこで、子どもたちが寝た後、私たちがリビングでご飯を食べているときに子どもが泣きだし、私が行こうとすると。母が「私が行くからご飯食べときといって代わりに行ってくれました。私はたまにのことだし甘えようとおもって「お願い」といって母に任せました。その後、ご飯を食べ終わったので、和室へ行き、ありがとうと声をかけると「こっちも泣き出したよ~((笑))」と少し大きめの声で言っていました。その後、私たち夫婦もすこし和室におり、3人で話をしていました。私が依然冗談で、「男の子やから、坊主かわいいよね」という話をしていたのもあって、母が、「この子達大きくなったら坊主にするの?」ということを言い、私は「坊主にしたいな~」という話をしていたのですが、そこで夫が「坊主はあかん~!髪質が変わるから」と笑いながらいっていました。そこで私が母に「坊主かわいいやんな~?髪質変わるなんて聞いたことある?」というやりとりをしたいたところ、旦那が「いい加減にしろ!!」と切れてしまいました。うちの母が、

「そんなに怒らんと、気に入らんことを言ってしまったんやったら、ごめん。家に帰らんでもいいやん。子どももないてるよ。落ち着いてよ~」と必死に止めてくれましたが、母を振り払って出ていき、私も説得しましたが、「俺は今までもお母さんのこと、合わないって言ってたよ?その一言で気付や!」といわれ、子どもを寝かしつけるのに私の母に行ってもらったことや母が「寝ない~」と言って少し大きい声で言っていたことを「子どもを、おもちゃにしか思っていない」と怒ってって、車をのドアを開けるときにもわざと壁にぶつけながら出ていき、そして、「明日の朝10時に迎えにきますんで」といって、一人で車で家に帰っていきました。
次の日10時に迎えにきたのですが、私の実家には上がらず、子どもを連れて出てきてとメールで連絡し、母にも父にも合わずに帰ることになりました。私もどうしたらいいかわからず、母と父には落ち着いたら連絡するとだけ言いました。

夫は上記の(1)~(3)のことでうちの実家に嫌気がさしていたとのことでした。私は他家は他家で嫌なところはあっても親戚なんだから、そんなに拒否することもないのではないかといったのですが、公共の場以外ではもう私の家族とは会いたくないそうです。もちろん一連の騒動についても謝る気はないとのこと。
私も旦那の実家に対して多少は嫌なところもあるけど、せっかく親戚になったのだからと、嫌なところには注目せずに仲良くしようと思っていましたが、どうして私ばかりが頑張らないといけないのかと、つらくなり、夫がうちの家族と公共の場でしか合わないというなら私もそうさせてもらうことを伝え、現在は話がまとまりました。
しかし、実家の父母にどのようにこのことを伝えればいいのか、私の対応が間違っているのか、どうすればいいのか、本当にわかりません。

この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣...続きを読む

Aベストアンサー

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃいけない。
それは未経験ですから、あなたの実母様にかなうわけは無い、でも、父親として子育てに参加する気持ちがあるなら
まかせてくれる時を待っているのではないかとおもう。

二人ベビーがいるんだから、ママが何も手早く全部をすることなく、一人はパパでもいいわけだし。
ママが、悲鳴をあげて、パパ助けてとね。

それに、土日休みに来ているということは、パパの休みは義母と一緒の育児訓練、説教の週末だという言うこと、
思い至ったほうがいいかもしれない。

だから、(1)の提案的、ばばさまの発言も、何も手出ししてないできない、やらせてもらえないパパは
最初はともかく、3ヶ月ただの土日のお泊りだけなら、ベビーをいじりたい欲求不満がたまるでしょう。

(2)の寝かしつけだって、ご夫婦の語らいのためにばばさまの配慮だとはわかる。
でもね、新米ママとパパがやりなさいと私がばばちゃんならするでしょう。
気遣いは気遣いとして、なるべく新米を一人前にするためには自分たちで何とかしなさいというのも必要です。

(3)のお金に関しては、面白おかしく話として聞ければいいですが、そういう節約パターンをみみっちいとして
嫌うこともありです。 
 かなり方向性は違うが、「馬鹿との」を面白いと思うか、嫌いと思うかとか、
大食い選手権を面白く見られるか、なんてことを・・・とおもうかとか、価値観の相違です。

だから、これを得意顔して毎週末に聞かされるパパとしては、「なんだこの、貧乏くさい話は、ドコがおもしろいんだ」と
考えて、我慢していたとしてもおかしくないです。
ましてや、新米ママにそれをすりこむようなことだと、「俺の嫁もこうなるのか?」とね。

いえ、別にあなたの実母様を否定するわけではないです。
年齢的にも私は実母さまに肩入れしますが、ただ、できることをするのではだめなんです。
責任者は【親】だから。

任せるべきは「パパ」であって、援護するなら、直接的なベビーの世話をじじ・ばばが手出ししちゃだめだと思う。

双子で大変だとはおもう、でも、どこかで、その大変さを二人して、二人だけで乗り越えて、
大変だったねといえるために「ばば」の手を切らないと、あなたが楽するだけのこと。
そして、「パパ」の一本立ちの妨げです。

あなたの体調が悪いとはドコにも書いてないです。
ならば、必死にあなたが、育児すれば、「パパ助けて」と言えばいいだけのこと。

ばばさまは自分が楽しい、そして、それを誇れる、そして、教えるという責務だとおもっておぼれている。
坊主の件は、昔はいい髪の毛を生やすためには一度、剃ってまで坊主にしたということもありますが、
「パパ」は自分の子供なのに、なにも自分の意見が通らないことに悲観したんです。
誇るばばさまの前には無力な自分でしかないと。
表明する「演技態度?」にはいかがなものかということはありますが。
そこまで「坊主」には切羽詰った象徴的なものを見たのでしょう。

だって、かわいいベビーそれも、自分の嫌いな坊主をずっと見せ付けられるのかと・・・・想像してみてください。
あなたの大嫌い(・・だと想定して)などピンクのシャツでも厄除けだからとでもいう理由で、
あなたの義母様がベビーに毎日着せることを強制したらとでもイメージしたらわかりやすいですか?

年齢が近いだけに、私には自戒すべきことと思える。
もちろん、我が家の娘なら、「もっと面倒見てよね」と思うかもしれないが、体が許す限り自分ですることは
【自分たち】でするほうが育児戦争としての戦友としても、「パパ」を見直す好機を失うことになるでしょう。

もっと、親戚は仲良く・・・とか、どうでもいいことを考える前に、
もっと、もっと、お二人の子育て、二人で必死になってやってみたら?
あなたが体調不良で倒れたりしたら、初めて、実母様に登場してもらって、起きられるようになったら
すぐに「ママ活動」開始です、もちろん、実母様にはありがとうです。

育児、生活とはそういう、ものです。

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃい...続きを読む


人気Q&Aランキング