60年代~70年代などは、眉村卓や豊田有恒などの科学とは何かを問うようなジュブナイルSFや小松崎茂の未来予想が流行ったのに最近は魔法と剣ばかりです。なぜ最近は、未来予想とか、ジュブナイルSFが流行らないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

60年代~70年代は未来に夢があった時代。



未来がタイヘンだとわかってしまった今では、何も考えなくていい剣と魔法とお姫様のほうが夢があると感じます。

いま、リニアモーターカーと言われても身近すぎるし、宇宙船が火星に行ってしまったので、火星人に夢が持てないし、未来都市といっても、自分のイメージではひどく夢タウンに近かった……
    • good
    • 0

現在が世界的にファンタジーブームということもあるでしょうね。


ハリーポッター然り、指輪、ナルニア、ゲド、その他いろいろ……。
最近映画化されたファンタジー作品をあげたら切りがありません。

たしかにNo.1さんのおっしゃるように、科学が身近になってしまい「科学万能主義」というか、科学への憧れが薄れてきたのかもしれませんね。
身の回りには電化製品があふれていますし、パソコンも一家に一台当たり前、誰しも自分の携帯電話を持っています。
一つのブームがすぎると他のブームがやってきます。似たような物語に飽きてしまい、新しいものを求める。そうした社会の興味の移り変わりの一つではないでしょうか。

それと、ジュブナイルと言う言葉はすでにほとんど私語ではないでしょうか。今の若い子たちは、ジュブナイルなんて言う言葉は知らない人がほとんどだと思います。
今は「ライトノベル」ですよね。
私もあまり読みませんが、読んでみるとその小説自体は「SF」ではないけれど、SF的なギミックはふんだんに使われているように思います。
「ファンタジー要素の入った小説」は多いですが、純粋なファンタジーと言うのは意外と少ないかと。
純粋なSFであることもとても難しいですが……。
そもそもSFとファンタジーの違いを定義せよ、というのは恐ろしく難しい問題ではないでしょうか。一見剣と魔法のファンタジーという体裁をとっていても、その精神はひどくSF的、と言う作品もありますし。
今はSF一色、ファンタジー一色と言う物語はあまり好まれないのかも知れません。
それが最近「少年少女向けSF」が流行らない理由かも知れませんね。
    • good
    • 0

私見ですが、最近は昔と違って科学があまりにも身近になりすぎてしまってます。

つまり空想ともいえないものなんではないでしょうか?
その点魔法などのファンタジーは現実と離れた題材として人気があると思われます。昔は科学なんかも現実離れしたものとして受け入れられていたのでしょう。
もし、魔法が現実で使えるようになったらファンタジーの人気も落ちるでしょう。

江戸川乱歩の空飛ぶ怪人二十面相なんてハングライダー使うってもので今読むとなんだそれだけかってところですが、今と違って昔はすごいことだったんでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めのSF映画

お勧めのSF映画を教えてください。
ちなみに私が一番好きなSF映画は「マトリックス」です。
私は気楽に見るような映画より、考えながら見る映画の方が好きなので、見ていて考えさせられるようなSF映画を御存知の方がいらっしゃれば、ぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

「クローン」P.K.ディックの原作を映画化したものでディックらしくて好きです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD33831/index.html?flash=1
「ガタカ」近未来の遺伝子優先社会を描いたものイーサン・ホークとジュード・ロウ、ユマ・サーマンが出演
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30818/index.html?flash=1

Qお勧めのSF小説を教えてください。(90年代以降)

90年代以降でお勧めのSF小説を教えてください。
学生時代までは、よくSF小説を読んでました。
アーサーCクラークが特に好きでした。SFの名作と呼ばれるものは、一通り読んでいると思います。
ただ、就職してからは忙しくて、ほとんど読んでません。
好きなジャンルは、ハードSF(?)です。荒唐無稽の冒険SFではなくて、リアルで大人な感じのSFが好きです。クラークでは、宇宙のランデブーとか楽園の泉なんかが好きでした。

Aベストアンサー

河出文庫から出ている『20世紀SF』シリーズはご存知ですか?
英米圏の短編を集めたシリーズで、

1巻 1940年代
2巻 1950年代
3巻 1960年代
4巻 1970年代
5巻 1980年代
6巻 1990年代

と出ています。
6巻目はこんな内容ですが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309462073/250-9849104-8625039
有名どころ作家が名を連ねています。

といっても私もそれぞれの作家の作品は、あまり読んでないんですけどね(^^;
グレッグ・イーガンは評価されている作家ですが、1冊イーガンだけのを買って読んだら個人的には好みではなかったです。
『しあわせの理由』は楽しめましたが(楽しい話ではないが・・・・)。

このシリーズ、ハードSFとは限らず幻想的なのも入っていますが(5巻目のジェフ・ライマンが好きだ)、SFらしいと思いますし、地味目の「大人のSF」ではあります。
http://www.kawade.co.jp/np/search?ser_id=46202


以下、他の方々のご意見を否定するつもりはないのですが、一読者としての感想をご参考まで。

『星界の紋章』はちょっと読んだのですが、個人的には好きになれませんでした(ハードSFという印象は持たなかった)
カバーや挿絵への偏見なのか(苦笑)

『チグリスとユーフラテス』は好きですし、SFだがハードではない、感じがします。
新井素子さんの雰囲気です。
雰囲気も文体も甘いようでいて中身は風刺的で、女性が読んだほうが風刺性や痛さが解るのではないかと思います。
詠む人によっては辛い作品だろうと思う。

河出文庫から出ている『20世紀SF』シリーズはご存知ですか?
英米圏の短編を集めたシリーズで、

1巻 1940年代
2巻 1950年代
3巻 1960年代
4巻 1970年代
5巻 1980年代
6巻 1990年代

と出ています。
6巻目はこんな内容ですが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309462073/250-9849104-8625039
有名どころ作家が名を連ねています。

といっても私もそれぞれの作家の作品は、あまり読んでないんですけどね(^^;
グレッグ・イーガンは評価されている作家ですが、1冊イー...続きを読む

Q最近のヒット映画はほとんど全部SF映画でしょうか

最近にヒットする映画は、ほとんど全部SF映画なのでしょうか。
SFでない映画は全然ヒットしないのでしょうか。

Aベストアンサー

ワンシーズンを通して、その年はどんなジャンルがはやるのか。
きちんと調べたうえで、映画を製作する。
当然、収入を第一に考え、その年にはやりそうなジャンルを作るのは自然の流れだと思います。
今年は、SF的な映画がはやってますからね。
過去に、ホラー系。や、アドベンチャー系。さまざまな形ではやり、そして、あきられてしまいます。
大衆とは、熱しやすく、また、冷めやすい。

来年は、どんなジャンルが張るんでしょうかね。

ちなみに、SFじゃないけど、ホラー系で「遊星から物体X・ファーストシーズン」。
「プロメテウス」 などに期待しています。

その他に、「エクスペンダブル2」あたりも豪華俳優が勢ぞろいというフレーズで楽しみにしています。

QSF小説(海外)の邦訳について、それとお勧めのSF,ファンタジーを教えてください。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います。

この小説に限らず、昔から海外の小説の邦訳が気になって二の足を踏むことが多々あります。
なので、読んでいて気にならないくらいの邦訳をしている小説、または邦訳家の方を知っていましたら教えてください。
もしくは、日本人の書いているSFを読んだことがないので、お勧めの小説がありましたら教えてください。

またいろいろなジャンルの小説(特にファンタジー)を読んでみたいと思っていますので、SF以外でも自然な邦訳をしている方を知っていましたら教えてください。
それと、もしかしたら創刊が古い小説は全部このような感じなのでしょうか?

ちなみに、「エンダーのゲーム」の邦訳は「野口 幸夫」
ほかに気になった人は、ロバート・マキャモン著「少年時代」の邦訳、「二宮 磬」

逆に読みやすいと思ったのは、クライブ・パーカー著「アバラット」の邦訳、「池 央耿」などです。

よろしくお願いします。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います...続きを読む

Aベストアンサー

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田昌宏、松谷健二と言ったところも十分訳が日本語としてこなれていると思います。山高昭、酒井昭伸、池央耿は上手な翻訳家ですが、個人的には外れを引いたことがあります。黒丸尚は、翻訳文がかっこいいのですが、日本語的にはこれでいいのかという部分もあるような気がします。そのほかに、大沢在昌(バスカビル家の犬)、逢坂剛(奇巌城)、菊池秀行(吸血鬼ドラキュラ)は本職が小説家な為か、非常に自然な日本語に仕上がっていました。以上の翻訳家の皆さんは、SFだけでなく、推理小説や普通小説も手がけている方が多いです。
 「ハリー・ポッター」シリーズは、私は直接読んだことはありませんが、本が苦手だった姪が喜々として読破したほどですから、読みやすいのだろうと思います。「ゲド戦記」「ナルニア国物語」の翻訳は知人の間で評判がよいです。(私は読んでいません。)これに対して、「指輪物語」は非常にあくが強い訳文となっています。(私はまともに読めませんでした。)

 日本人作家による小説としては、小松左京も良いですが、個人的には、(ジュブナイルが多いですが、)光瀬龍、星新一と言ったところは間違いないと思われます。最近の作家としては、野尻抱介(太陽の簒奪者など)、飛浩隆(象られた力)、藤崎慎吾(クリスタルサイレンス)、林穣治(ウロボロスの波動)はおすすめと思われます。平井和正(幻魔大戦、ウルフガイシリーズなど)、栗本薫(グインサーガシリーズ)、田中芳樹(銀河英雄伝説シリーズ)、神林長平(雪風シリーズ)、高千穂遙(ダーティーペアシリーズなど)と言ったところは、非常に長編で読み応えがあり、はまる人はずっぽりはまりますが、はまらない人は一切はまらないという特徴があります。

 かなりとっちらかりましたが、ご参考になれば幸いです。

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田...続きを読む

Q日本のSF映画

日本のSF映画でオススメの作品、監督を教えてください。

私は元々、SFもののアニメ・漫画が大好きで、それが転じて最近海外のSF映画も観るようになったのですが、どうも海外のものは映画の世界に入り込めませんでした。

私の中でSFといえば海外という考えがあり、日本のものは見てこなかったのですが、もし皆さんの中でオススメの日本のSF映画があれば教えていただきたいと思い、質問させていただきました。

ちなみにアニメ・漫画のSFもので一番好きな作品は「新世紀エヴァンゲリオン」ですので、参考にしていただけると幸いです。

日本でオススメできるものがないという方は、アジアの作品でも構いませんのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いくつかあげますね。
「タイム・リープ」「満月のくちづけ」「時をかける少女」「ねらわれた学園」「ジュブナイル」「リターナー」「満月」「キャシャーン」「デビルマン」「最終兵器彼女」「鉄男」「キューティハニー」

Q工場や研究所などを舞台にしたSFものって…

蛇足で質問なのですが、ちょっと別の質問(本の御紹介)をお伺いしていて気になったのですが、SFもので研究所やどこかの施設を舞台にした感じの小説って、以外とあまりないような気がするんですが気のせいでしょうか?

むろん、設定上登場したりする事は頻繁にありますが、そこが主な舞台となる事はあまりないような気が致します。
どちらかというと、SFというとやはり現実では補えない部分を、未知の科学で補い(ファンタジーでは「魔法(?)」)壮大なスケールで描く、という感じがするのですが。
というか、その方が活躍する場である、いわば「見せ場」が豊富ながあるわけでして。

個人的にむしろこれは「ホラー(あとサスペンス?)」のジャンルになるのかな?と思ました。
閉鎖的空間が生かされるものと言えば、必然的にホラーになってしまう事が多いのかなと。
逆に映画などでは、舞台や設備上の関係から、「エイリアン」「ディープブルー」「ソラリス」など閉鎖的空間のものの方が多い気がするのです(ただし、ジャンルはホラー・アクション・ミステリーなど豊富!)。
小説では数行の文字で舞台が足りるので、逆に可能性が色々とある分、自分から設定を狭める事はしないのではないか?と思いまして。
というか、こちらの方が技術的に盛り上げるのに高度な技術を必要とするのではないかと(その為、SFものでは小説は少なく、ホラーなどの限られたジャンルでしか登場しない)。

ちょっと壮大な(個人的には壮絶な)SFものを探していてふと思いました。
壮大でなくとも、壮絶なら閉鎖的な空間もSFではありえるのではないかと…。
せっかく本屋に何度も足を運ぶなら、個人的にちょっと読み比べなどもしてみたいな~と思いまして;
もし、何かお勧めなどありましたらよろしくお願いします。

蛇足で質問なのですが、ちょっと別の質問(本の御紹介)をお伺いしていて気になったのですが、SFもので研究所やどこかの施設を舞台にした感じの小説って、以外とあまりないような気がするんですが気のせいでしょうか?

むろん、設定上登場したりする事は頻繁にありますが、そこが主な舞台となる事はあまりないような気が致します。
どちらかというと、SFというとやはり現実では補えない部分を、未知の科学で補い(ファンタジーでは「魔法(?)」)壮大なスケールで描く、という感じがするのですが。
と...続きを読む

Aベストアンサー

工場や研究所などを主な舞台にしたSF...ですよね。
閉鎖的な空間なら、宇宙船内等を舞台にした作品はそれなりにあるわけですが、そういう意味ではなく、という事でしょうか。ちょっとポイントがよくつかめていないかと思いますが、下記のようなものはいかがでしょう。

J.P.ホーガン:(スケールの大きいハードSFで有名)
未来の二つの顔       小規模スペース・コロニーでの実験
創世記機械         物理学研究所(研究環境?)が舞台
プロテウス・オペレーション 時間を超えてどこかにつながる研究所
終局のエニグマ       謎めいた宇宙島のありえない構造

ウィリアム・ホジスン:
異次元を覗く家       異境に時空を超越して存在する家

.

QSF 映画について

SFって何の略ですか?知っている方いましたら教えてください。アホな質問ですいません@あと学校でSF映画について調べものをすることになったのですが、まったくの無知なのでSF映画の歴史や歩みがわかるサイトありましたら教えてください。よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

SF

ニューウェーブ運動の頃は、
スペキュレイティブフィクションと謳っていたことも有りました。

SF映画は山ほどあるので、イロイロ見て回るかしないとわからないかも。

なんて言ってたら、SF研究で学位なんてのもあったり。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/2758.html


とりあえずいくつか。

http://www.pcs.ne.jp/~yu/sf/sfframe.html

http://www1.harenet.ne.jp/~sato2000/movie/sfmovie/sfmovie01.html

参考URL:http://www.generalworks.com/databank/movie/index.html

Q80年代後半~90年代頭のファンタジーアニメのタイトルを探しています

80年代後半~90年代頭のファンタジーアニメのタイトルを探しています
今から15年近く前に(当時小学生低学年)テレビの再放送で見た記憶しか手掛かりが無い上、うろ覚えなので難しいかもしれませんが、分かる方いましたら教えていただければありがたいです。

以下の内容は2001年当時にテレビの再放送を見たときの記憶です

・王道の異世界ファンタジーっぽい
・ロボットなどSF要素は無い、剣や魔法で魔獣と戦ったりしてた
・メインキャラが
①剣士か勇者っぽい男主人公
②パワー型の男仲間一人
③吸血鬼らしきセクシーな男性、青か白のバラと青い炎を使ってたイメージ
・上記の3人がメインでエンディングに出ていて、女性が映っていたかは覚えいない、暗いイメージ
・魔術士オーフェンやスレイヤーズと雰囲気や作画が似ていたと思う
・2001年の再放送で、35歳の父親が、「子供の頃見てたな~」って言っていたので、おそらく80年代後半から90年代頭だと思われる

・OVAや短編なのかは分からない

うろ覚えですが、以上です
情報がかなり適当で少ないですが、もし心当たりがありましたら、教えてくださると助かります;-;

80年代後半~90年代頭のファンタジーアニメのタイトルを探しています
今から15年近く前に(当時小学生低学年)テレビの再放送で見た記憶しか手掛かりが無い上、うろ覚えなので難しいかもしれませんが、分かる方いましたら教えていただければありがたいです。

以下の内容は2001年当時にテレビの再放送を見たときの記憶です

・王道の異世界ファンタジーっぽい
・ロボットなどSF要素は無い、剣や魔法で魔獣と戦ったりしてた
・メインキャラが
①剣士か勇者っぽい男主人公
②パワー型の男仲間一人
③吸血鬼らし...続きを読む

Aベストアンサー

■円卓の騎士物語 燃えろアーサー
■新・燃えろアーサー 白馬の王子

ま~王道?っぽいのは上の方。
1980年のアニメ。
アーサー王が即位するまでのイギリスの故事。
白馬の王子はそのスピンオフで、続きではないなんちゃって仮想ファンタジー。
アーサー王が族に交じって英国を空飛ぶ乗り物で漫遊?な話。
何しろ乗馬がペガサス!?
吸血鬼は出ないけど、まーりんのことかな?

でも年代が・・・?

その年代だと、ロードス島戦記OVAだと思います。
91年くらいのアニメです。
98年くらいにテレビ東京でTV版もありました。

■円卓の騎士物語 燃えるアーサー
http://www.dailymotion.com/video/xjxelu_%E5%86%86%E5%8D%93%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC-op-ed_music
■新・燃えろアーサー 白馬の王子
http://www.dailymotion.com/video/xjr82a_%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E7%99%BD%E9%A6%AC%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90-op_music
■ロードス島戦記(OVA版)
https://www.youtube.com/watch?v=SCLy1laHE88
■ロードス島戦記 英雄譚(TV版)
https://www.youtube.com/watch?v=ZMu2gWWAREo

2000年頃の再放送だと・・・
ロードス島戦記英雄譚の再放送で、お父さんが見たのはOVAの方では?
なんとなくそんな気がします。

■円卓の騎士物語 燃えろアーサー
■新・燃えろアーサー 白馬の王子

ま~王道?っぽいのは上の方。
1980年のアニメ。
アーサー王が即位するまでのイギリスの故事。
白馬の王子はそのスピンオフで、続きではないなんちゃって仮想ファンタジー。
アーサー王が族に交じって英国を空飛ぶ乗り物で漫遊?な話。
何しろ乗馬がペガサス!?
吸血鬼は出ないけど、まーりんのことかな?

でも年代が・・・?

その年代だと、ロードス島戦記OVAだと思います。
91年くらいのアニメです。
98年くらいにテレビ東京でTV版...続きを読む

Q面白いけどマイナーなSF映画を教えてください。

僕は子供の頃に「ターミネーター2」を見てSF映画の大ファンになりました。それから15年、かなりの数のSF映画を見てきましたが、まだまだ知られざる傑作が埋もれているのではないかと思っています。

そこで、映画ファンの皆様に、面白かったSF映画を教えていただきたいと思います。
この質問の目的は、自分にとっての知られざる傑作を探すということですので、メジャーな映画はだいたい見てしまっているので、マイナーな映画に限らせていただきます(基準は曖昧ですけど)。

●ジャンルはSF
●マイナーな映画
●製作国、年代は自由(洋画カテゴリですが、邦画も可)
●面白いなら低予算でも可
●映画のタイトルと、その映画の面白かったポイントを詳細に教えてください。
●監督や主演などの情報は、検索すれば分かるので、省略でOKです(書きたい場合は書いてもOKです)
●ファンタジー映画不可(苦手です)
●シリアスな作品が好きです(ギャグは苦手です)

是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No7です。
随分と集まりましたねぇ。
SFがお好きな方がけっこう多いんですね。

「ターミネーター2」がSFにハマるとっかかりだった、とのことで、娯楽的な作品を多くご覧になっているのかと思ったのですが、タルコフスキー作品なんかすでにご存じだったんですね。
それにグールドもお好きだということで。

これを忘れてました。
「日陽はしづかに発酵し…」
ストルガツキー兄弟の「世界終末十億年前」を原作にしたアレキサンドルソクーロフ監督の旧ソ映画です。
これもSFXが無い作品なんですが、ハリウッドで終末ものといえば、隕石や津波の襲来ですが、そんなものはまったく出てこない終末的な内容の作品です。
そのむかし、レンフィルム(旧ソの国立映画撮影所です)映画祭というのがあって、そこで「日蝕の日々」というタイトルで日本初上映されたときに見たのですが、冒頭の数分間で、なんだか絶望的な気持ちになってしまったのを覚えています。
そこに写っている人たち(大半がその地に暮らしている一般住民の方々)には笑顔が見られるものの、音楽と画作りが、絶望感を煽っていて、思いっきり暗い気持ちにさせられました。
タイトルを改め劇場公開されたときもまた見たのですが、やっぱり同じ気分にさせられました。
レンタルで借りるのは難しいようですが、機会がありましたら、ぜひどうぞ。
http://movie.walkerplus.com/mv16693/

少し映像がありましたので、リンクしておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=32y3k-eqKp0


これも忘れていたので
「魚が出てきた日」
放射能汚染ものです。内容が内容だけに3.11を経験した今ではもうTV放送は出来ないだろうと....
演出方法をところどころややコメディぽくしているのですが、製作当時は現実的な内容だっただけにあえてそうしたんだと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8525

音楽がサントラファンにはつとに有名なんですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=6RFVZCDQP2Q


キューブリックの「博士の異常な愛情」はたぶんご覧になっていると思われるので、同年に作られ同じテーマをかなりリアルに扱った作品「未知への飛行」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22815


最後にもう一本
フランスのSF作家ステファン・ウルの小説『オム族がいっぱい』を原作にしたアニメーションで、フランス・チェコソロバキア(分離して今は亡い国ですが)製作の「ファンタスティック・プラネット」
人間がペット以下に扱われている惑星の話しです。
アニメーション映画ですがキャラクターがかなりおぞましい作りで、音楽をフランスのジャズ系ミュージシャン:アラン・ゴラゲールが担当しています。

予告です。
http://www.youtube.com/watch?v=SgCxCZNkQ9E

No7です。
随分と集まりましたねぇ。
SFがお好きな方がけっこう多いんですね。

「ターミネーター2」がSFにハマるとっかかりだった、とのことで、娯楽的な作品を多くご覧になっているのかと思ったのですが、タルコフスキー作品なんかすでにご存じだったんですね。
それにグールドもお好きだということで。

これを忘れてました。
「日陽はしづかに発酵し…」
ストルガツキー兄弟の「世界終末十億年前」を原作にしたアレキサンドルソクーロフ監督の旧ソ映画です。
これもSFXが無い作品なんですが、ハリウ...続きを読む

QSF恋愛小説

この頃本を読む事にはまってます^^
甘い恋愛物が好きなのですが恋愛だけじゃなくてなんかファンタジーというよりSF的なものが入ってる物が読みたいと思ってます。

図書館戦争の有川浩さんの作品はとてもよかったです!
アリソンはそんな好きにはなれませんでした。
主人公は男でも女でもどっちでも構わないのですが女の子の性格に好感を持てるのがいいです^^

切ない系は苦手です。
あと自分自身が高校生なのであまり年代が高いものはちょっと・・・^^;
でも高校生のように甘ければなんでもおすすめしてください!

Aベストアンサー

甘いSFといったら梶尾真治でしょうか。
#というか、映画化された「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」あたりで、この芸風が売れ出したというかなんというか・・・

特にエマノンシリーズあたりかな。
ただし、
結構切ない系
男視点ばっかり
 ではありますが。


人気Q&Aランキング