『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

数十年前に流行ったマイク真木が歌った「バラが咲いた」
の歌詞ですが、
単に庭に咲いたバラの花の歌だと思っていたら、
もうひとつの意味があるのだよと知人に言われました

私にはよくわかりませんが、どなたか教えてください
お願いします

A 回答 (3件)

どうも今晩は!



マイク真木の『バラが咲いた』は、日本のフォーク第1号とも言われている歌ですが、
簡単に言うと女性をバラの花に例えて、恋愛の喜びと失恋の寂しさを歌った曲だった
と思います。
「なみだ君さよなら」などにも通じる、浜口庫之助さん特有の詞の世界です。
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop/p/53/160041/ …

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり恋愛の喜びと失恋の寂しさを歌ったものなのですね

クラス会で久しぶりに出会った、ほんの少しだけ付き合った彼がカラオケで歌って、もしかして何かの意味があるのでは?と想像しました。
一方的な片思いかと思っていたのですが、そうでもなかったということかな。

お礼日時:2007/07/12 20:58

こんばんは。



この質問を見て、早速、調べました。
「バラが咲いた」の歌詞の1番は、質問者の言う通り、「庭に咲いたバラの花の歌」です。
2番の歌詞は、庭に咲いていたバラは、散ってしまったけれど、心の中のバラは、いつまでも咲き続けてほしいという意味です。
つたない文章ですが、参考になれば、うれしいです。

参考URLに、「バラが咲いた」の歌詞のリンクを貼っておきますので、その歌詞の意味を再び、味わってみてくださいね。

参考URL:http://lyric.kget.jp/lyric/rw/rp/
    • good
    • 0

んっと…


庭のバラはすぐ散っちゃうけど、心の中に咲いたバラはいつまでも散らない…
って、歌詞のまんまですけど…
そういうことなんですかね?知人様の言葉の意味は…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「さくら さくら」の歌詞の意味は?

さくら さくら
弥生の空は 見わたすかぎり
霞か雲か 匂ひぞ出づる
いざや いざや 見に行かん

「霞か雲か」というのは桜を指しているのでしょうか?(比喩)
それとも「弥生の空は」とありますので、雲のことを指しているのでしょうか?

比喩だとすると桜が空に輝いているということでしょうか?
空に輝いているのであれば、どこにいても見えますので、「見に行かん」がおかしくなります。
わざわざ「見渡すかぎり」といっています。

それとも地には桜が、空には雲が美しく輝いていると解釈してよいのでしょうか?
「匂ひぞ出づる」の「匂ひ」は、生き生きとした美しさなどが溢れることですが、雲や霞に「匂ふ」などと表現はしないと思うのですが。
すると「桜が匂ふ」という解釈になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで使われている「空」は、「目の前に広がる空間」という意味で、「景色・風景」と同義です。したがって「霞か雲か」は、遠くに眺める桜の花を意味します。

この歌には、もう一つ歌詞があるのはご存知ですね。

さくら さくら 
野山も里も 見渡す限り
霞か雲か 朝日に匂ふ
さくら さくら 花盛り

こちらの歌詞では、「霞か雲か」が桜花を指しているのは明らかです。

「さくささくら」の歌詞には、面白い歴史があります。よろしければ、こちらのサイトをご覧ください。

http://www.k-press.net/music/indexmusic0404.html


人気Q&Aランキング