Accessの初心者です。VBAはほとんどわかりません。
健康診断の申し込みの処理を紙ベースからアクセス処理に合理化をしたいのですが、何から手をつけてよいか困っています。
具体的には
1.健康診断の申し込みがエクセル形式のファイルで(現在は紙ベース)届きます。
2.資格関係のマスターテーブルと照合して加入者番号、性別、生年月日などから適合した人だけを申込者のテーブルに取り込み、取り込んだ人たちのリストを出力する。
3.照合の結果取り込めなかった人をエラーとして取り込まずにリスト化する。

2万人ほどの規模で150カ所の事業所を相手に作業をしていますので、年間1000回くらいの頻度で上記の作業を紙ベースで行っています。合理化できればかなり楽になるのですが。
アクセスのどの機能を利用すればよいかなど、ヒントだけでも結構ですのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Accessで処理する場合の考え方は紙ベースで行う時と同様、


条件を規定したテーブルを作成しておき
送られてきたデータをその条件と見比べて合致するもののみ取り出す
ということになります

そのためには
>資格関係のマスターテーブル

送られてくるものが比較できるような形で必要なデータを持っていなければなりません

例えば20代の女性または30代の男性という条件の場合なら
送られてくるデータに生年月日と性別が含まれていれば
(データはテーブルという形で、生年月日や性別は独立したフィールドになっている必要があります)

資格テーブル

年齢下限 年齢上限 性別
20    29    女
30    39    男

のようなテーブルを作れば条件にあったものだけを取り出すことが出来るようになります
照合にはクエリというものを使います
    • good
    • 0

>アクセスのどの機能を利用すればよいかなど



これは「自分で造る」しかありません。
アクセスとはそういう代物なのです。

>2.資格関係のマスターテーブルと照合して加入者番号

資格関係のマスターテーブルの内容が良く解りませんが、もしその中かに一意の番号があるのなら、それによって、「一致するものと、そうでない物」の振り分けは可能です。
実務レベルで、その申込書に加入者番号が記載されていて、かつその番号が一意のものならば、その番号がマスターテーブルに一致するか否かを調べれば良いでしょう。

で、もし一致するならばそれらのデータばかりを集めたテーブルに
データを積み込んでいけば良いですし、照合の結果一致しなかった方のリストも必要であるようなので、そのような方は不一致用のテーブルにデータを積み込めば良いでしょう。

では頑張ってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング