こんにちは。
妙な質問かもしれませんが、文末文体が「である/であった」のような「である」体を一切使っていない小説を探しています。
実用(専門)書・ノンフィクション(ドキュメンタリー)・新書・ライトノベル・翻訳ものの類は除きます。
また「です・ます」体も除きます。
Wikipediaには二葉亭四迷が「だ」体を使用していたと、ちらっと書かれているのですが、未読のため未確認です。

このような条件に合う本はありますでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ほんと 妙な質問。


文面から察するに、
その道のプロを対象とされている様に感じました。
私はその方面には素人なので、額面通り調べてみましょうか。

ちょっと大好きな小説、めくってみました。
宮城谷昌光はとりあえずOKみたいですね。
すごい人気作家の藤沢周平はどうなんでしょう。
無作為抽出で義民が駈ける。
あっ、なんかOKみたいですよ。
でも、文脈から、であったという文字は必ず出てきてますね。
では次に、吉本ばななのTUGUMIは
過去形の、した、言った、歩き始めた、殆どですね。
でも、です、ます、なんてどこかに出てるんではないですか。

内田春菊とか桜井亜美とかはどうなんだろう。

おっ!宮部みゆきは有力候補かも。

その文節が1節も出てこない本って何か意味があるのですか?
知りたいなぁ。

ちょっとページをめくっただけで、実は検証にはなってません。
意図が素人の私にとって、くだらなく思えたのでちょっとくちばしをいれただけです。
無視してください。

候補はあるんですが、
最終検証は質問者の方でご確認を。
    • good
    • 0

二葉亭四迷ならこちらで読めますよ。


http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person6.html
    • good
    • 0

こんにちは


どう表記するかでいろいろ試行錯誤していたのが明治初期です。
二葉亭四迷もその時期にあたっています。
幸田露伴などをごらんになってはいかがですか?
谷崎潤一郎あたりは「…でございます」みたいなきがしますが。
体言止め?としては、樋口一葉がそういう書き方をしていると思います。
さいきんでは椎名誠は「…なのだ」という言い方をしていませんか?
庄司薫の小説は主人公の独白というかたちなので「…なんだ」みたいなくだけた語尾をつかっていませんかね?
うろおぼえなのでいい加減ですけれど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説・物語などよりエッセイ・人生論・恋愛論・語学書・哲学書・新書系などの方が好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、読書≒小説を読む、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てません。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

>なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

それはそう思う相手のほうが偏っていたり変だったりした場合でしょうね。

私も「マンガは読むけど小説はほとんど読まない」と言ったら、
活字だけの本をほとんど読まない人と思われたことがあります。
こんな難しい小説の本を読んでるんだぞ、のような自慢をされてしまいました。

そういう人は、学術的なことに興味ないタイプに多いみたいです。

Q長編・短編の定義と新書について

よく、「長編」「短編」って聞きますが、具体的に何ページ以上は長編で何ページ以下は短編っていう基準はあるのですか?

あと、「新書」はなんで(古くなっても)新書という呼び方をするのかご存知の方教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

以前にも新書についての質問に回答として書いたことなんですが、
昭和10年代に岩波書店が風雲急を告げる時局について考え、解説する、コンテポラリな話題を取り上げるシリーズを発刊することにしました。そして内容・サイズ・体裁など英国のペリカンブックスというシリーズに範を取ったのですが、その際岩波文庫が古典を主としているのに対して、こちらは時代に副った新しい話題をとりあげるシリーズという意味で「岩波新書」と名付けたわけです。
戦後各社が同様のサイズのシリーズを発刊するようになり、内容の如何に関わらず「新書」という名前を踏襲したわけです。
しかし現在でも「新」しい話題を取り上げた「書」き下ろし(小説でも)という色合いは残っていますね。

Q村上春樹「国境の南~」に出てくるヒステリア・シベリアナはフィクション?

村上春樹の小説に、ヒステリア シベリアナ というような名の病気が出てきますが、この小説以外には聞いたことがありません。
ズバリ、この病名はフィクションでしょうか、ノンフィクションでしょうか?

Aベストアンサー

今、本が手元にないので確認できませんが、出てきましたっけ?
あ、これですね(失礼、検索してヒットしたどこかの人のブログです)
http://daipresents.com/weblog/magi/archives/2005/04/20050423.php

春樹さんは真顔で虚構を書くので(モスクワのトナカイの像とか・・・あれは実在しない)、真実かはわかりません。
が、19世紀のロシアの女性、農婦などにヒステリーという病気があったのは本当です。
そこからヒステリア・シベリアナ=シベリアのヒステリーと書いたのではないでしょうか。

病気の「ヒステリー」は、日常会話的に言う「ヒステリックな女性」「ヒステリーを起こす」というのとは違います。
精神的ストレスなどから手足が動かなくなったり、精神的に不安定になったりという病気です。
ロシアだけでなく19世紀ヨーロッパに多かった病気らしい。
フロイトも最初はこのへんから研究や治療を始めました。
ギリシャ語の「子宮」から来ている言葉で、女性だけの病気のように受け取られるがそうではない等の理由から、今では医学用語としては使われないとのこと。
http://homepage1.nifty.com/gatagoto/1BanHome/ne/1banhom024.html
http://www.mh-net.com/lecture/yougo/histeria.html

ドストエフスキーの名作小説『カラマーゾフの兄弟』に“癲狂病み(てんきょうやみ。これは新潮文庫で原卓也さんの訳語)”という病がでてきます。
これは泣いたり叫んだりという感じですが・・・
ドストエフスキーの文章によれば、通常より苦しいお産のあとにすぐ厳しい労働を始めたり、虐げられ辛い生活をしている農婦たちの苦境を反映している病気なのだ・・・というような意味のことが書いてあったと思います。

村上春樹氏は『カラ兄』好きですし、19世紀あたりが好きな人はヒステリーという病気を知っているはず。
ロシア文学のどれかから引用したか、読んだものを独自に発展させて想像上の病気を描いたか、なのではないかと思います。
これも想像ですけれど。

ヒステリア・シベリアナという名前は、ラテン系言語を知っている人なら想像で作れる名前だと思います。
(春樹氏は英語、イタリア語、ギリシャ語が解り、フランス語で会話はできずとも本を読めるはず。スペイン語を少し習ったこともある)

Histeriaに「シベリアの」をそれっぽい感じで付けるなら、やはり Siberianaだと思います。
実際にそんな語がないとしても、語感としては。

ネットで日本語・アルファベット両方でざっと検索してもそれらしいのがヒットしないので、造語かもしれません。
遠くへ歩いて行く農夫も想像かも。

今、本が手元にないので確認できませんが、出てきましたっけ?
あ、これですね(失礼、検索してヒットしたどこかの人のブログです)
http://daipresents.com/weblog/magi/archives/2005/04/20050423.php

春樹さんは真顔で虚構を書くので(モスクワのトナカイの像とか・・・あれは実在しない)、真実かはわかりません。
が、19世紀のロシアの女性、農婦などにヒステリーという病気があったのは本当です。
そこからヒステリア・シベリアナ=シベリアのヒステリーと書いたのではないでしょうか。

病気の「...続きを読む

Qスペキュレイティヴ・フィクションって?

調べてみても良く分からなかったので、皆様の知恵を拝借したいと思います。
ハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読みました。
そこで作者は自分の小説の事をspeculative fictionだと言っていました。
略してSFということは普通のサイエンスフィクションと変わらないですが、作者はそのSFとはあきらかに線をひきたがっているようでした。
スペキュレイティヴフィクションってなんだろう、と思い調べてみたのですが、「思索的小説」?良く分かりません。
スペキュレイティヴフィクションとはどのような小説の事をさすのでしょう。
サイエンスフィクションとの関わりはどんなものなのでしょうか。
それと、これはあまり関係ないことなのですが、SFの定義ってなんだろう、とこの頃気になっています。
宇宙空間や未来、科学などに材をとっているからと言って、全てがSFだとは思えません。
スペースオペラ、なんて言うもののありますが。
私はそれほどSFを読む方ではないので、分かりやすく教えていただけるとありがたいです。
それでは、よろしくお願いします。

調べてみても良く分からなかったので、皆様の知恵を拝借したいと思います。
ハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読みました。
そこで作者は自分の小説の事をspeculative fictionだと言っていました。
略してSFということは普通のサイエンスフィクションと変わらないですが、作者はそのSFとはあきらかに線をひきたがっているようでした。
スペキュレイティヴフィクションってなんだろう、と思い調べてみたのですが、「思索的小説」?良く分かりません。
スペキュレイティヴフィクションと...続きを読む

Aベストアンサー

わたしは日本のSF(星・小松・筒井世代)が大好きなもので海外には詳しくないのですが、一般的にSFというとただ宇宙を舞台にしたようなものの印象が強いと思います。しかしSFにはいろんな種類があって、書き手がそれを意識してあえてそのような線引きをしたがったのだと思います。
詳しくは
http://www2.ocn.ne.jp/~nukunuku/MyPage/DicN.HTM
に載っていたのでよろしかったら参考にして下さい。
日本でいうと私などは筒井康隆氏の「脱走と追跡のサンバ」は外的宇宙と内的宇宙の融合?追及?をめざした、まさに「スペキュレイティヴフィクション」とも呼ぶにふさわしい作品じゃないかと偏愛しております。

「ニュー・ウェーヴ NEW WAVE
 1960年代なかば、イギリスに起こりアメリカに波及したSFの革新運動。
 それまでジャンルの壁の中に閉じこもって、独自の歴史を積み重ねてきたSFを解放し、より芸術的価値の高いものにしようとした。内容的には、自然科学的アイデアをもとにした小説という束縛を逃れて、自由な形式の前衛的文学を目指した。理論的・実践的指導者の地位に立った(立たされた?)のはイギリスの作家J・G・バラード。SFは外宇宙(地球の外)ではなく内宇宙(人間の精神)を描かなくてはならない、という彼の言葉が運動全体のスローガンと見做された。
 従来のSFがサイエンス・フィクションの略だとすれば、ニュー・ウェーヴ派のSFはスペキュレイティヴ・フィクション(思弁的小説)の略だとされる。ジュディス・メリルはこの側面を強く打ち出し、運動の普及・発展に寄与した。 (1997年10月) 」

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~nukunuku/MyPage/DicN.HTM

わたしは日本のSF(星・小松・筒井世代)が大好きなもので海外には詳しくないのですが、一般的にSFというとただ宇宙を舞台にしたようなものの印象が強いと思います。しかしSFにはいろんな種類があって、書き手がそれを意識してあえてそのような線引きをしたがったのだと思います。
詳しくは
http://www2.ocn.ne.jp/~nukunuku/MyPage/DicN.HTM
に載っていたのでよろしかったら参考にして下さい。
日本でいうと私などは筒井康隆氏の「脱走と追跡のサンバ」は外的宇宙と内的宇宙の融合?追及?をめざした、まさに...続きを読む

Q柔らかい文体の女性作家

 日本語を勉強中の中国人です。私の書いた日本語は堅苦しくて、いつも男性の文章と思われます。柔らかい文体の女性作家の文章をたくさん読んでこの点を改善したいのですが、お勧めの女性作家はないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 やわらかい、女性らしい文体なら武田百合子の『富士日記』がお勧めです。
 何気ない日常の出来事を美しい日本語で切り取ってみせる文体はとても素晴らしいです。

 日本人で男性の私でも真似してみたくなる文章が溢れている日記文学の傑作です。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%AD%A6%E7%94%B0-%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90/dp/4122028418/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1267745364&sr=1-1


人気Q&Aランキング

おすすめ情報