お世話になります。
 
 「グラディエーター」(2000)を字幕無しで見たんですが、どう解釈してよいのか解らないシーンがあるんです。
戦いの前に薄暗い林の中でラッセル・クロウが部下に注意をしている場面でした。

 「トラブルを起こすな」みたいなことを言って、「and you are already dead」みたいな事を言うと皆が何故か笑ってました。
その後に「我々の行いは永遠に語り継がれる。」みたいなことを言ってました。

 日本語字幕ではどの様に訳されているのでしょうか?あの笑いはどういう意味なのでしょうか?
 どなたかどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。


「グラディエーター」、大好きです。
おそらく、最初のこの場面だと思いますが。

If you find yourself alone, (もし独りになって)
riding in green fields with the sun on your face, (緑の野と太陽が見えたら)
do not be troubled.
For you are in Elysium, (その先は天国だ)
and you're already dead ! (死んだってことだ!) ←ここで皆が笑う。

Brothers, (兄弟よ)
What we do in life... (勇敢なる者に)
echoes in eternity. (永遠の栄光を)

このようになっています。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうです、まさにこの場面です!

 友人に訊いてみると、「green fields」というのは「死(天国?)」の例えだそうです。
我々にとって死なんて何でもない、むしろ自由(Elysium)だ!みたいな解釈かな。
ラッセル・クロウが皆の心の内をそのまま表に出したから皆が笑ったのかな。

感謝、感謝です!!よい週末を!

お礼日時:2008/02/09 02:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画館での字幕とDVDでの字幕

こんにちは。

同じ映画の字幕で、
映画館での字幕の訳者さんとDVDの字幕の訳者さんは
同じ人なのでしょうか?

映画によりけり、だとすると、
どちらの場合が多いのでしょう?

また、違うとすれば、どうして違うのでしょう?

Aベストアンサー

殆ど同じ人ですが、違う場合もあり、
映画館上映時のものと、追加した字幕の
両方が入っている場合もあります。

 主な理由は、映画用の字幕の作成には
独特の規則があるためです。

 詳細忘れましたが、映画が見やすいように
一度に出していい字幕の文字数、字幕の表示時間と
いったものに制約があり、それに従うため
映画館用の字幕は、セリフの翻訳にはなって
いません。

 最近は外国映画のDVDで、外国語の勉強を
する人がいたりするので、DVDにはセリフにあった
形で字幕を入れなおすことがあります。
 キャプションモードの切り替えと言って、
映画上映時の字幕と、セリフに忠実に翻訳した
字幕の表示を切り替えられるようになっている
DVDもあります。

Q音声と字幕が共に英語のDVDってありますか?(字幕は英語と日本語から選択できるもの)

音声と字幕が共に英語のDVDってありますか?(字幕は英語と日本語から選択できるもの)
字幕が日本語より英語の方がヒアリング力が向上するかな…と思いまして。

ジャンル的には映画やドキュメンタリーなど。特に音楽が良いものが好きです。
ちなみにお気に入りの代表作は映画「アマデウス」「ニュー・シネマ・パラダイス」、ドキュメンタリー「リメンバー・カーペンターズ」などです。

オススメがあれば是非、教えてください。
※あくまで音声=英語、字幕=英語&日本語が条件です。

Aベストアンサー

ええと、ちょっと分かりにくいのですが、

>※あくまで音声=英語、字幕=英語&日本語が条件です。

「音声=英語&日本語吹き替え、字幕=英語&日本語」は、ダメってことですか?
ほとんどの洋画DVDは、音声も字幕も英語と日本語の切り替えが可能だと思うのですが。
「音声=英語、字幕=英語&日本語」←これだけが条件の場合は、古い映画か、安いDVDで良く見かけます。(レンタルの場合は分かりません。)

あと、英語の勉強にはなるとは思いますが、字幕の方は、文字数の制限があるので、特に長い台詞の場合は、話している英語と字幕の英語が異なる場合が多々ありますので、御注意を。

Qグラディエーターの姉の息子の父

皇帝(ホアキンフェニックス)の姉・ルシラには息子がいますが、その父親(ルシラの夫)は誰なんでしょうか?
既に死んでいるんですか?
皇帝は姉を愛し、姉は将軍(ラッセルクロウ)を愛していますよね?
でも、将軍は離れた所にいる妻子を強く愛しているようなので、ルシラと密かに浮気してできた子供ではないようにも思えます。
ただ、グラディエーターとしてローマに戻った時、牢屋の中にいるラッセルに息子が話しかけた時、ラッセルが非常に切ない目で彼を見つめていました。

あの子の父は誰なんでしょう?

Aベストアンサー

子供の名前は父の名と同じで、父は本編には出てきません。牢屋の中で子供とマキシマスの会話の中で父は死んだという事と名前はル-シャスベルスという事を伝えます。

本編には名前と死んだという事しか出てこないので死んだ理由や地位とかまでは分かりません。コムドゥスが伯父に当たるようです。

Qグラディエーターのエンディングテーマ曲

映画「グラディエーター」のラストにかかっていた曲名(とミュージシャン)を教えてください。去年のJSKYSPORTS(現JSPORTS)で放映していた「ツール・ド・フランス」の番組の最後にも使われてました。
ぜひCDを入手したいです。

Aベストアンサー

リサ・ジェラードの「NOW WE ARE FREE(ついに自由に)」と思います。

以下で試聴できます。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=312784&GOODS_SORT_CD=101

Q『パイレーツ・オブ・カリビアン』と『グラディエーター』のサントラの類似

タイトルの通りです。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』と『グラディエーター』のサントラのを聞き比べるまでもなく、映画を見て、サントラがほとんど同じことに気がつきました。
『グラディエーター』はハンス・ジマーの担当、『パイレーツ・オブ・カリビアン』はクラウス・バデルトの担当で、クラウスはハンスの下で働いているようですが、こんなに音楽が似て(同じで)いいものなのでしょうか。
それとも何か特別な事情があるのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんの書いてらっしゃるとおり、似ているのも当り前。

『グラディエーター』のサントラのクレジットをよくご覧いただくと、クラウス・バデルトの名前もあるでしょう?

クラウス・バデルトはハンス・ヅィマーが親方の作曲家集団「リモート・コントロール」の一員です。

現在のハリウッドの作曲家の大半がこの「リモート・コントロール」一派で、他にもスティーヴ・ジャブロンスキー、ニック・グレニー・スミス、ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ、マーク・マンチナ、ジョン・パウエルなどなど、ゾロソロおりまして、映画のエンドクレジットを見ていると「追加音楽」という部分でこれらの作曲家の名前も挙がっていたりします。

つまり、一応は一人の作曲家のクレジットが挙がっていながらも、実際に作曲しているのは他のスタッフも関わっていたりするので、似てくるのもおかしくないのですね。

たとえば、日本でもある漫画家のアシスタントが独り立ちをして、作品を発表してもやっぱり親方の作風に似ているのと同じような感じ。
(永井豪と石川賢の例を挙げるとわかりやすいでしょうか)

このハンス・ヅィマーのやり方は、分業制で効率的(限られた期間内に作曲を完成させる)という方もいれば、ヅィマーの税金逃れであるとか、いろいろ言われていますが、個人的には、個々の作曲家の「芸術性」を考えれば、作曲家自身どう思っているんだろうか? と常々疑問に思うところです。

実際に権利関係で問題も生じていたり、ヅィマーの元を離れた作曲家もいますが、映画のプロデューサー側からすれば、「ヅィマー風の曲」だったら誰が作曲したって特に問わない、というのが実情なんじゃないでしょうか。

質問者さんの書いてらっしゃるとおり、似ているのも当り前。

『グラディエーター』のサントラのクレジットをよくご覧いただくと、クラウス・バデルトの名前もあるでしょう?

クラウス・バデルトはハンス・ヅィマーが親方の作曲家集団「リモート・コントロール」の一員です。

現在のハリウッドの作曲家の大半がこの「リモート・コントロール」一派で、他にもスティーヴ・ジャブロンスキー、ニック・グレニー・スミス、ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ、マーク・マンチナ、ジョン・パウエルなどなど、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報