出産前後の痔にはご注意!

よろしくお願いします。

メールなどで、肩書きを略して記載する文化がある業界もあるかと思います。
例えば、
事業部長:J
部長:B
課長:K
主任:S
という感じです。

2点疑問なのですが、例えば、副部長や副主任はどういった略号に
なるのでしょうか?
FB、FSとしているのでしょうか?もしくは英語(s=sub)を混ぜて
Bs、Ss(sB、sS)などとしているのでしょうか?

うちではこうしている、というかたちで構いませんので、
教えていただければと思います。

また、例えばメールの宛先として、
「○○S 殿」「△△K 殿」というように
役職の後に「殿」を付けている人を多く見かけますが
これは誤りだけれども浸透してしまっている、
という認識で合っていますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

サラリーマン生活でずいぶんと色々な業種の方と知り合いですが、役職をアルファベットで略するなんてのは聞いたことがないですね。

絶対にない、とはもちろん断言できませんが、略する(短縮する)のはよほどその役職、肩書きが長くないと意味がないのではないでしょうか? あるいは符牒(その会社だけの呼び習わし)ならあるかもしれませんが、あまり表に出るものではないでしょう。

事業部長なんて4文字に過ぎませんから、略することの必要性もないと思います。

>また、例えばメールの宛先として、
>「○○S 殿」「△△K 殿」というように
>役職の後に「殿」を付けている人を多く見かけますが

上記のご質問ですが、すでにあなたは主任をS、課長をKと略するメールをご覧のようにも思えますが、これは私の読み違えでしょうか?

もしそうでなければ、鈴木課長殿、有馬主任殿のように姓+役職+殿は珍しくもありません。ビジネスレターでも、メールでもこのような表記が普通です。

役職なしのあて先なら  安倍晋三様、安倍晋三殿 のどちらでもOK
姓(あるいは姓名)に役職付きのあて先なら 安倍晋三事業部長殿 と「殿」付きが原則です。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
質問するカテゴリを間違えたようです。

補足日時:2008/10/26 14:33
    • good
    • 1

>メールなどで、肩書きを略して記載する文化がある業界もあるかと思います。




柔らかい業界でも見た事がありません。
多分、どこにもないと思います。


>役職の後に「殿」を付けている人を多く見かけますがこれは誤りだけれども浸透してしまっている、という認識で合っていますでしょうか

その通りです。
浸透しているので違和感がありません。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
質問するカテゴリを間違えたようです。

補足日時:2008/10/26 14:32
    • good
    • 0

わからなければアルファベットで肩書きは書きませんが・・・。


というか、世間的な常識からすると結構失礼ですよね、それ。

以前は私も肩書きを記載していましたが、
今は肩書きを記載しません。
なぜか?あってもなくても売上は変わらないから。
肩書き書いても【ビジネス効果ナシ】【失礼な書き方したら逆効果】
【正しく書くのも手間】であれば、【書かない】という結論です。

回答にならずすみません。
しかし、良い回答が来なかったら【肩書きナシ】でいいんじゃないですか?

それから、殿って浸透しているんですか?聞いたことないですそんな世間知らず・・・。

殿は、立場が同じかそれ以上の人間が相手に対して使う言葉です。

質問者さんの話しを聞いて衝撃を受けた24歳男子です。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
質問するカテゴリを間違えたようです。

補足日時:2008/10/26 14:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q社内での平社員の呼称は皆さんどうされていますか?

職場での平社員の呼称について質問です。

社内のある一派が、平社員を呼んだり氏名を資料に記載する際に

「社員XXX」「XXX社員」

のように名字の最初に「社員」を付けるのですが、これって一般的なものなのでしょうか?
係長や主任、課長、部長を後ろに付けるのは普通にあると思いますが、平社員は名字呼び捨て、
もしくは「~さん」で良いと思っていたのですが。

これについては周囲からも指摘が結構あったようですが、その一派は渋々周囲に合わせている様子。

この習慣は一般的なのかどうか、
また、どこかの企業の風習なのかについて情報やご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

会社を共同経営しております。どこかの企業の風習とかは全くわかりませんし、回答にならないかもしれませんが私の周囲の状況です。

少なくとも当社が取引している客先にはそのような呼び方をしている会社はありませんね。
それどころか、主任・係長・課長・部長などの役職名もつけずに「~さん」で呼ぶように指導している会社さえあります。

正直そのような状況を目の当たりにしてきた私には、時代に逆行した行為に思えてしまいますし、初めて聞きました。

Q代表取締役社長と取締役会長を英語で表記する場合は?

名刺に表記する英語の肩書きについての質問です。
色々調べた結果Presidentという表記はあまり使わないと分かったので
代表取締役はCompany Executive またはManaging Directorが良いかと思うのですが、
代表権のない会長をChairmanにするとChairmanの方が偉そうな感じがするのですがどうでしょう?
でも小さな会社なので、CEOとするのは大げさな気がするのですが、
代表取締役社長の方を上位に感じさせる表記があったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていないのでは?(3)「代表取締役」という名称は英語国ではないようだ、 というような感じでしょう(断定ではありません)。

で、御社ですが、大切なことは、実質的な立場がどうなっているか?も大切な要素です。で、まず「会長」:

会長は「取締役会の議長」ですか?、代表権がないとのことゆえ、議長ではないと仮定して Chairman がいいかとおもいます。

今はどうなっているかわかりませんが、2年くらい前の伊藤忠では、議長でなく、代表でもない会長(前代取)を Chairman、代表取締役社長(議長)をPresident and CEOとしていました(英文アニュアルレポート)

代表取締役は社長、つまり代表取締役社長ですね?で、会社経営の実質のトップと明確にしたいのでししたら、President and Chief Executive Officer (Preseident and CEO)ではどうでしょう。CEOと会社の規模は関係ないですから。

Presidentは「(日本で言う)社長でない」ということはいつでもそうではないです。これは、その会社で組織構成で決めますから。トヨタ自動車の渡辺社長の英文タイトルは、英文アニュアルから見ると、Presidentのようです(CEOとか入っていない)。もちろん彼の日本語タイトルは代表取締役社長。私も、以前、米国の現地法人の代取社長をしていたときの英文タイトルはPresidentにしていました(CEOとかつけなく)。

代取がCompanyExecutiveとはなりません。これは「会社幹部(役員)」のような感じ。 Managing Director は、英国法系の国の会社の「社長」がよくつかう名称ですね。昨年合った英国企業の「社長」がこのタイトルでした。が、米語がひろまっているせいか、英国系の会社の社長のタイトルも最近は変わってきている気がします。いずれにせよ、御社の「代取」には使用は避けるべきでしょう(日本の会社の役職名としては「常務」がこのような英文になることが多いです)。

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていない...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング