専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

日本ではどんな田舎でも道路があるんですが、海外の先進国やそれに準ずる国などではどんな感じなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

都市内の道路については、市街地の面積のうち道路の敷地が占める比率は、日本の都市と欧州の都市ではそれほど違いがない聞いたことがあります(アメリカは道路敷地の比率が大きいです)。


しかし、実際街を歩いたり車で走った印象は大きく異なります。日本の道は狭く、欧州の都市の道は広い(城壁内の旧市街地を除く)です。日本の都市は狭小敷地の戸建住宅が極めて多く、それぞれが公道と接しているため、道路延長は長く、道幅は狭くなります。これは日本だけの特徴で、韓国や中国も欧州の都市に近いです。

田舎では、土地を人間が利用しているところはどこでも道路はありますが、日本ほど道路密度が高く、かつ舗装率の高いところはないように感じます。フランスやイギリスでも個々の耕地の規模が日本の田畑よりずっと大きく、したがって道路と道路の間隔が広いです。直感的には、田舎の道路(農道も含む)敷地面積比率は、日本が飛びぬけて高いのではないかと思います。

以上、旅行者の印象です。
要するに、人体に例えると、毛細血管が多く、動脈が細いのが日本の道路網です。首都高の渋滞はまさに狭心症ですね。
    • good
    • 0

 道路密度(面積あたり道路延長)という統計があります。

これによると、日本の道路密度は世界最高のレベルだといえそうです。
http://www.road.or.jp/dl/pdf/stat_2004.pdf

 ただし、これは住宅の敷地が狭く、しかも散在している結果とも考えられるので、必ずしも生活環境が優れているとはいえません。
 せっかく、google earthで、世界中の航空写真が見られるので、先進国の郊外の様子を見聞されてはいかがでしょうか。

 いま一つ、歩道のない道路が多いのが問題です。クルマには便利でも、歩行者に不親切ですね。それと、ヨーロッパには電柱がない道路が多い。オランダや北欧には、車道、自転車道、歩道の3区分道路が発達しています。
    • good
    • 1

どこも同じです


ただし
私有地や不毛地の面積が広いところでは当然公共道路の比率は低くなります
アメリカ、中国など

道路が大して意味を持たないところも道路網は乏しいです
カナダなど

フランスなどヨーロッパの農地が広いところでも見かけは道路が少ないです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツのアウトバーンと日本の高速道路の比較について

ドイツは日本と比べると1/3程度の国力しかなく圧倒的に日本が豊かで
文化的な生活をしているのに
不思議な事があります。

日本の高速道路の無料化は2050年を想定していたそうです。
しかし今回のトンネル崩落で保守メンテナンスを捻出するために高速道路の無料化が
更に10年延長されるそうです。
事実上無料化は、夢物語のようです。

しかし日本よりも圧倒的に貧しいドイツがずっと昔から
高速道路が無料化だと聞いています。

日本よりも道路の距離が短くて管理しやすいのは
理解できますが・・・

また日本の農耕民族と違いドイツは狩猟民族なので
人が移動しないと生きていけないので無料にしているのでしょう。。

しかし、このドイツのアウトバーン無料の財源は
どこから捻出しているのでしょうか?

ドイツ人がベンツ、BMW,アウディを買うときに高速料金を
上乗せしているのでしょうか??

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨーロッパと日本のインフラを同一の視点で見ることはできません。

ドイツを含めてヨーロッパの道路は、広い平原や森林地帯にローマ時代から道路を作ってきたからです。
つまり馬車を含めた移動手段としての「道路行政」が昔からあり、そのために税金をどのように投下し、道路を作り維持するのか、という長い歴史があるのです。

近代的な道路に関して言えば、他の方も書かれているようにドイツではヒトラーの時代に整備されました。これはドイツが開発した機甲師団(戦車や装甲車など機械化した兵器を運用する隊)を速やかに前線に送るために高速道路を作ったからです。これがアウトバーンのはしりになります。

戦後になるとモータリゼーションが発達したことなどにより、さらに自動車道が整備され、またヨーロッパは地続きで貿易ができますので、各国で協調して高速道路を接続できるように整備されたのです。

つまり、ドイツだけでなくヨーロッパ・アメリカなどの先進国(馬車の時代から道路を整備してきた国)は社会インフラのひとつとして道路を整備し、そのお金はダム建設や河川改修などと同じように、税金から捻出されるのですが、古くから「道」そのものはあったため(アメリカの場合は道路の土地代はただ同然)これをストックとして道路を整備できるのです。

それに対して日本の場合、江戸時代まで戦略的に橋をかけない(大井川)とか、馬車を使う文化がない、などの影響で「道」というものがストックとして整備されているとは言いがたい状況でした。

このような状況であったところに、戦後モータリゼーションが起こり、ものすごいスピードで高速道路を作る必要が出てきたのが、日本の道路事情の根本なのです。

しかし、当時はインフラを作る→インフラを使って経済が発展する、という好循環が見込めましたので「道路を先に作って、後から費用を回収すればいいじゃん」と費用を先に借りて作ることにしたのです。

特に東名高速道路は世界銀行から総額3億ドルほど借りて作り、変換する為に有料にしたのです。ただ、この時点では世界銀行への借金が払い終われば原則的に無料に戻るはずだったのです。

これが変化したのは、新幹線と同じように地方を地元とする国会議員たちで「東名があんだけ便利なんだから、こっちにも作れ」と田中角栄時代に「日本列島改造論」に則って、道路整備に通行料金を充てる、という方式が取られたのです。

ちなみに、昭和50年の時点で各国の高速道路はアメリカ約6.6万キロ、ドイツ(当時は西ドイツのみ)7千キロ、イタリア6.5千キロだったのに対して、日本は整備済みで1.9千キロにすぎなかったのです。

ですから、道路インフラの整備という点において、ストックがほとんどない状態から100年もかからずに高速道路網を構築したのですから、お金がかかるのは当然ですし、国土もトンネルや軟弱地盤・地震対策・土地の所有権などの問題がありますので、高コストになるのは仕方がないところだといえます。

ただ、今後については採算の合わない無駄な道路も増えてくるはずです。逆に第二東名や大都市圏の都市高速などは今でも足りないともいえます。

これらを整備しながら、ストック(国の財産)として国の発展に寄与していけるようにするためには、もう少し工夫が必要だと思いますが、ドイツなどのように昔から道路そのものを作ってきた国、と比較するのはかなり難しいです。

ヨーロッパと日本のインフラを同一の視点で見ることはできません。

ドイツを含めてヨーロッパの道路は、広い平原や森林地帯にローマ時代から道路を作ってきたからです。
つまり馬車を含めた移動手段としての「道路行政」が昔からあり、そのために税金をどのように投下し、道路を作り維持するのか、という長い歴史があるのです。

近代的な道路に関して言えば、他の方も書かれているようにドイツではヒトラーの時代に整備されました。これはドイツが開発した機甲師団(戦車や装甲車など機械化した兵器を運用する隊...続きを読む


人気Q&Aランキング