20年くらい前に見た、おそらくゲゲゲの鬼太郎の最終回であろう回をもう一度見たいし、タイトルを知りたいのです。
内容は、鬼太郎が死んでしまってそれまでに出てきた全ての妖怪が、鬼太郎を甦らせるために地獄に行き、地獄の時計をみんなで逆戻しにするという、とても感動的な話だったと思います。
知っている方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。

A 回答 (2件)

年代からいっても、1985年~の第3シリーズにひきつづき、1988年に放送された『ゲゲゲの鬼太郎 地獄編』の最終回「鬼太郎 最後の出会い!!」だと思います (たいてい、第3シリーズの一部として扱われます)。

アンパンマン役や三谷幸喜作品で有名な戸田恵子さんが鬼太郎を演じたシリーズです。

以下のページで、115話をご参照ください。↓
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item018155_ …
    • good
    • 0

すみません、ご質問の答えは解らないのですが・・・



前回答者様の地獄編最終話で死んでしまったのは、鬼太郎ではなくユメコちゃんです。
甦ることを許された鬼太郎の母親が、自分の命をユメコちゃんに与え、地獄に帰っていくという話です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鬼太郎の原作について

鬼太郎の原作について教えてください。

ゲゲゲの鬼太郎の原作を購入したいのですが、様々な出版社から出ており、どこから購入したらいいかよくわかりません。wikiなども見てみましたが、いまいち区別がつきません。

中公文庫から出ている鬼太郎の文庫が良いのかな、と思いましたが、そうなるとこれには「墓場の鬼太郎」は含まれていないから、角川から出ている「墓場の鬼太郎」も買えば良い、そうなると講談社から出ているものは一体・・?という感じでかなり混乱しています。

「墓場の鬼太郎」と「ゲゲゲの鬼太郎」はどちらも文庫で欲しいです。
詳しい方、アドバイス頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

ゲゲゲの鬼太郎は、貸本時代(1959年頃)から現代まで多種多様な雑誌に掲載、連載され続けています。最近文庫等で復刊されてますので簡単に時代順にまとめておきますね。
(1)角川文庫「墓場鬼太郎」全6巻(貸本時代の鬼太郎1959~1964)
(2)講談社漫画文庫「少年マガジン/オリジナル版」全5巻(少年マガジン掲載分1965~1970)
(3)中公文庫コミック版 全7巻(少年サンデー1971、少年アクション1976、週間実話1978(一部未収録)、少年マガジン1986~1987掲載分)
(4)角川文庫「死神大戦記」全2巻(学習研究社刊 1974)
(5)角川文庫「鬼太郎国盗り物語」全3巻(コミックボンボン1990~1993)
現在書店で入手可能な文庫はこのくらいと思います。今月9月23日には中公文庫8巻、9巻として「鬼太郎夜話」(ガロ1967~1969)が発売予定です。
ちなみに講談社漫画文庫5巻と中公文庫コミックス1巻はほぼ同じ作品です。(中公文庫コミックス1、2巻を買えば、講談社漫画文庫5巻は不要かも…。ただし、カラーの口絵が中公版にはありません)

参考URL:http://www.lares.dti.ne.jp/~hisadome/mizuki_1.html#kashihon,http://kokekakiikii.blog107.fc2.com/blog-category-17.html

ゲゲゲの鬼太郎は、貸本時代(1959年頃)から現代まで多種多様な雑誌に掲載、連載され続けています。最近文庫等で復刊されてますので簡単に時代順にまとめておきますね。
(1)角川文庫「墓場鬼太郎」全6巻(貸本時代の鬼太郎1959~1964)
(2)講談社漫画文庫「少年マガジン/オリジナル版」全5巻(少年マガジン掲載分1965~1970)
(3)中公文庫コミック版 全7巻(少年サンデー1971、少年アクション1976、週間実話1978(一部未収録)、少年マガジン1986~1987掲載分)
(4)角川文庫「死神大戦記」全2巻(学習...続きを読む

Q「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団! 日本上陸」で猫娘と踊っていた妖怪の声優は誰?

タイトルの通りなのですが、家でビデオの整理をしていたら、
この映画の終盤辺りの録画映像が残っていて、ふと見ていたら気になってしまいました。
あんな特徴的な外見なのに素敵な渋い声…とても気になります。
しかし、スタッフロールが録画されていなかったので調べる手段がなくて困っています。
(それ以前に、この妖怪の名前も知らないのですが…)

■その妖怪の外見の特徴
左右大きさの違う目。眼鏡のようなフチがあり、鼻まで続いている。
口はタラコ唇。三角のギザギザ牙が上下にはみ出している。
体色は全体的に深い緑色。

映画の最後に出てくるお祭りで、猫娘と踊っています。
顔をすり寄せたり、愛の言葉(?)を囁いたりしますが、猫娘は嫌がっています。


■一応映画の大まかな内容
妖怪を反物に変えてしまう中国妖怪と戦う鬼太郎たちの話。
その反物で仕立てた浴衣を着た夢子たちは、中国妖怪に操られてしまう。
鬼太郎たちも1度は反物にされてしまうが、何とか中国妖怪たちを倒すことが出来た。
最後は妖怪たちと人間たちが一緒のお祭りを行う。

Aベストアンサー

三度すいません…。
井戸仙人の声優を八奈見乗児がやっていたのは第四期でした。
映画の内容は第三期ですから、「青野武」さんのほうかもしれません。
ちなみに声はこちら。
http://www.aoni.co.jp/talent/0242503.html

Q鬼太郎に子供?

今日、たまたまぼんやり観ていたテレビで、鳥取県の境港市にある「水木しげる記念館」を取材していました。

そこで、リポーターが「いやぁ、成長した鬼太郎が結婚していて、子供がいるなんて知りませんでしたぁ」みたいなことを言っていたのですが、これは本当ですか?
鬼太郎には結婚して、子供を授かるというエピソードがあるのですか?
その番組では、何かの妖怪が「鬼太郎さんの息子はあんなに綺麗なのに・・・」とうらやむシーンがあると言っていたように思います。

念のため、ウィキペディアで調べてみましたが、原作『その後のゲゲゲの鬼太郎』で、鬼太郎が南方の島の酋長の娘メリーと同居をするようになるという話があるようで、このことからメリーと結婚しているという設定されていることもあるとのことでした。
でも、子供については書かれていません。

鬼太郎の子供は、この酋長の娘との間の子なんでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、質問に対する完璧な回答ではないことをお断りしておきます。

鬼太郎に子どもはいるのか?
 います。が、いないとも言えます。

質問内にある、『その後のゲゲゲの鬼太郎』 (1970年 別冊少年マガジン7月号 読み切り) において、鬼太郎は南の島の酋長の娘メリーちゃんと「デキ」ちゃいます。正式な結婚場面はないものの、メリーちゃんが妊娠したことに対して鬼太郎の反応は明らかに「身に覚えがある」というものでした。また、この島ではセックスは非常に厳格に扱われ、メリーちゃんとは相思相愛であるため、他の男のタネである可能性もほぼありません。

鬼太郎自身は、妊娠発覚の前にねずみ男のせいで犯罪者にされ、死刑囚となります。
この島の死刑というのは、「死の島」へ流されるというもので、島に着くと肉体は消えてしまいます。
しかし、鬼太郎は死の島の「生の泉」に身をひたし、霊魂の赤ん坊となって、メリーの体から生まれ変わってきます。生まれた赤ん坊は、最初から鬼太郎としての意識を持っていました。
つまり「鬼太郎がメリーに生ませた子どもは、鬼太郎自身である」わけです。

さて、私が気になったのは、
》何かの妖怪が「鬼太郎さんの息子はあんなに綺麗なのに・・・」とうらやむ

この場面は、上記作品には存在しません。また、鬼太郎自身も「成長」はしていないのです。
「成長した鬼太郎」が登場するのは、扶桑社から『その後のゲゲゲの鬼太郎』というタイトルで出されている単行本に収録されたシリーズです。上記読み切り作品と同じタイトルなので混乱を招きますが、関係はありません。
こちらは、1978年に「週刊実話」に連載されたものを中心に収録されており、高校生になって、町のアパートで暮らす鬼太郎が登場します。
私自身、このシリーズを読んでいないので不明ですが、資料を読む限り、このシリーズで鬼太郎の子どもがでてきたことはないようです (ただし、大人向け雑誌なので、セックスはしています)。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091184605373.html

また、No.1 の方が書いている「雪姫ちゃん」について。
こちらは、子ども向け雑誌「少年ポピー」に鬼太郎を連載したときに、編集からの要望で鬼太郎の妹を設定しました。
ねずみ男がどこかから拾ってきた女の赤ちゃん。しかし、「血統書と、閻魔大王の保証書がついている」ことで、目玉親父も鬼太郎も、あっさり「娘、妹」として認知し、育て始めます。
当初「白雪姫」とつけようとして、どっかで聞いた名前だなあということで、「雪姫」になりました。雪女とは無関係です。

さすがにただの赤ん坊ではなく、さまざまな超能力を持っていて、外国妖怪に襲われる鬼太郎を助けるなどの活躍もします。約1年の連載中に、3才くらいの容姿、小学生程度の行動力にまで成長します。しかし、連載の終了とともに自然消滅し、その後のシリーズに現れることはありませんでした。

というわけで、ご質問の番組内で言及された「鬼太郎の子ども」については不明のままです。私もぜひ知りたいです。ズバリの回答がつくことを祈ります。

まず、質問に対する完璧な回答ではないことをお断りしておきます。

鬼太郎に子どもはいるのか?
 います。が、いないとも言えます。

質問内にある、『その後のゲゲゲの鬼太郎』 (1970年 別冊少年マガジン7月号 読み切り) において、鬼太郎は南の島の酋長の娘メリーちゃんと「デキ」ちゃいます。正式な結婚場面はないものの、メリーちゃんが妊娠したことに対して鬼太郎の反応は明らかに「身に覚えがある」というものでした。また、この島ではセックスは非常に厳格に扱われ、メリーちゃんとは相思相愛である...続きを読む

Qゲゲゲの鬼太郎に出てくる歴代最強悪役妖怪は誰ですか?

過去、現在含めて最強だと思われる悪役妖怪を教えてください。

Aベストアンサー

物語上はぬらりひょんでしょうか。
自分的にはねずみ小僧だと思います。

Q「墓場鬼太郎」のようなダーク版、大人版が見たいアニメは?

数日前、「墓場鬼太郎」が深夜に放送されているにも関わらず、5% 前後の高視聴率をとっているという記事を見ました。「鬼太郎」の他に、ダーク版、大人版として作成してほしいアニメはありますか?既存のアニメのリメイク、又は漫画からのアニメ化のどちらでも構いません。

個人的にはもっとダークなルパンIII世、あるいはカムイ外伝かなと思ったのですが。

もし「墓場鬼太郎」のように少し変えたタイトル案もあれば、教えてください(正確には鬼太郎は「墓場鬼太郎」の方が先ですが)。

「それいい!」と同感させてくれるような本気回答でも、笑わせてくれるようなネタの回答でも、どっちでもいいです。

Aベストアンサー

いきなり否定から入ってしまいますけれど、あの「墓場鬼太郎」はとてもがっかりさせられました。本来の原作を好きな方は見ないのではないでしょうか?
全く知らなかった方の為に。。。という事も考えられますが、とても中途半端で、水木しげるさんの作品への誤解を生むと思いました。

変な古いイメージのフィルターをかけただけで、キャラクターの在り方は今の「アニメ」の持つ「幼さ」を引きずっていると思います。「萌え」といっても良いでしょうね。。。

あの黒と白の世界観を表すにはよっぽど違った考えで作らないと表現できないと思います。あの独特の殴り書きの様な味も同様ですね。

もし漫画の雰囲気を壊さずに映像化してもらえるのなら、短編もそうですが、「河童の三平」なども観てはみたいです。。。
あの「墓場鬼太郎」と同じでしたら反対ですけれど。

あとはこれも難しいでしょうけれど、楳図さんの物も観たいですね。。。
「おろち」とか「笑い仮面」とか・・・。

新しい所では「富江」ではない伊東淳二さんの物ですかね。

白土三平も良いですけれど、昔のモノクロでも十分良かったですよ。
今の「萌え」でやられたらがっかりすると思いますけれど。。。

いきなり否定から入ってしまいますけれど、あの「墓場鬼太郎」はとてもがっかりさせられました。本来の原作を好きな方は見ないのではないでしょうか?
全く知らなかった方の為に。。。という事も考えられますが、とても中途半端で、水木しげるさんの作品への誤解を生むと思いました。

変な古いイメージのフィルターをかけただけで、キャラクターの在り方は今の「アニメ」の持つ「幼さ」を引きずっていると思います。「萌え」といっても良いでしょうね。。。

あの黒と白の世界観を表すにはよっぽど違った考...続きを読む

Q妖怪ウォッチOPに出てくる妖怪の名前について

いつもお世話になっています
またまた子供から妖怪の名前を調べてとせがまれています

1.OPの
http://www.youtube.com/watch?v=zu9KFEwrqzM
で16秒後に出てくるベンチに座っていて、怒っているお兄さんの横にいる妖怪

2.また上記の20秒後に出てくるジバニャンの右隣にいるつぼから出てくる大蛇の妖怪

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.ガ鬼
2.笑ウツボ
http://www.youkai-watch.jp/yw/game/game08.html

Q初期鬼太郎書き直し多い?

こんばんは、
初期水木鬼太郎シリーズ、いくつか単行本で読んでおりますが、
(墓場鬼太郎、鬼太郎夜話、他短編集)
・鬼太郎誕生の話とか
・ねずみ男の血を輸血した話とか
・体のない手の話とか
・ブリガドーンの話とか
・水木が妖怪オリンピックに招待される話とか(実は死ぬと言うこと)

など、これらの作品ってたくさんバージョンがありませんか?
ストーリーはほぼ同じでキャラが違ったり、少し設定が違うとかで。
ズルイとは言いませんが、何で?(貸し本だから?)
リメイク版とも言えないんですよね。(悪魔くんはリメイクのような)

水木作品は大好きです。
どなたかご意見聞かせて頂けませんか?

Aベストアンサー

つづきです。

誰でもたくさん描くうちになんとなく同じ話になることが
よくありますが、
水木のように具体的に同じなのは他に例が無いと思います。
出版社が許しても読者の評判が悪ければすぐ終わるので、
ちゃんと商品価値があり、読者は共通項を軸に作品の違いを
楽しんでいたと考えられます。古典や偉人伝を複数の漫画家が描いた
場合、大筋が同じでも作品の質が高ければどれも楽しめるのに
似ています。
雑誌最大手の講談社にスカウトされ、たちまち
メジャー界の中でも一流の売れっ子になったわけですが、
その雑誌鬼太郎にも過去の作品との重複が多い。これを水木が
講談社に逆らってできるわけがありません。
ようするに、移籍は水木の売り手市場であり重複は出版社主導と
考えるのが自然です。水木特有の別格的魅力のなせるわざです。

Qドキンちゃんのやさしさに感動した回があったのです

5年くらい前にたまたま見たアンパンマンです。
みんなと遊びたいのに、何故か嫌われているというか、怖がられていて、みんなの輪の中に入っていけないというちょっとかわいそうな子がいました(どんな子か忘れてしまいました・・・)
でも、ドキンちゃんだけその子と友達になり、最後にはその子がみんなの輪の中に入っていけるようになり、ドキンちゃんが静かにその様子を見守る、というような話でした。
こんな大ざっぱな記憶しかなくて恐縮なのですが、これだけで、このお話のタイトルが分かる方、いらっしゃいますか?
どうしてももう一度みたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「アンパンマンと妖精バック」ではないでしょうか?

なんでも反対のことを言ってしまうがために、みんな
に勘違いされてしまい、寂しい思いをしているバック
にドキンちゃんが一緒に遊んであげたり、
みんなと遊べるようにしむけたりするお話です。

アンパンマンは他にもたくさんのお話があるのでもし
違っていたらごめんなさい。

Q「墓場の鬼太郎」と「墓場鬼太郎」

ゲゲゲの鬼太郎の前身といわれるこの2作品?ですが
検索してみると「墓場の鬼太郎」というのと「墓場鬼太郎」というのが出版されてるようです。
この二つには違いがあるのでしょうか?
また話の大筋を教えて下さい。

また鬼太郎の左目がない理由について、公式に2通りのものがありますが
どれがどの作品だったのでしょうか?

・墓石に目玉をぶつけて潰した。
・未熟児でもともとなかった。

宜しくお願い致します・・。

Aベストアンサー

『墓場鬼太郎』は貸本劇画時代の鬼太郎シリーズの題名です。

昭和34年・兎月書房刊『妖奇伝』掲載「幽霊一家」、「幽霊一家・墓場鬼太郎」

昭和34年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「地獄の片道切符」、「下宿屋」、「あう時はいつも死人」

昭和35年・三洋社刊『鬼太郎夜話』掲載「吸血木と猫娘」、「地獄の散歩道」、「水神様が町へやってきた」、「顔の中の敵」

昭和37年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「怪奇一番勝負」、「霧の中のジョニー」

昭和39年・佐藤プロ刊『墓場鬼太郎』掲載「おかしな奴」、「ボクは新入生」、「アホな男 怪奇オリンピック 」

昭和39年・東考社刊『墓場鬼太郎』掲載「ないしょの話」

で、これらの貸本時代の作品を最近では角川書店で復刻し、『貸本まんが復刻版 墓場鬼太郎』のタイトルで販売しています。

『墓場の鬼太郎』は昭和40年に講談社『週刊少年マガジン』で不定期連載がされた当時のタイトルです。「手」から「ぬらりひょん」までです。そしてアニメ放送が決定した際に、「墓場」という言葉がアニメ向きでないという理由により、「毛羽毛現」からタイトルは『ゲゲゲの鬼太郎』に変更さました。現在アニメなどでおなじみの鬼太郎のイメージは、このマガジン版の鬼太郎でしょう。
 なお、マガジン掲載と同時期に青林堂『ガロ』では貸本時代の鬼太郎のリメイク作品として『鬼太郎の誕生』、『鬼太郎夜話』が掲載されます。
 その後、鬼太郎シリーズは小学館『少年サンデー』や講談社『コミックボンボン』などの子ども向け作品から、日本ジャーナル出版『週刊実話』、光文社『宝石』などの大人向け作品まで、さまざまな形で発表されます。


 鬼太郎の片目ですが、兎月書房「幽霊一家」では、母親の死体から三日後に、墓場から生まれた時点で鬼太郎は片目でした(その後『ガロ』でリメイクされた『鬼太郎の誕生』・『鬼太郎夜話』では、誕生シーンは兎月書房版を下敷きにしています)。

 佐藤プロ「おかしな奴」では、墓場から生まれた鬼太郎を水木青年が投げ捨てた時に、墓石に目をぶつけて片目となります(昭和55年、小学館刊『鬼太郎なんでも入門』に掲載された鬼太郎誕生は、佐藤プロ版を下敷きにしています)。

 角川書店『怪』22号で、貸本版鬼太郎が作品によって、いやそれどころか同じ話の中で、コマによって鬼太郎の片目が左右逆転するシーンがあります。その理由を水木しげる御大に尋ねたところ、「当時、忙しかったから適当に描いたんでしょう。ワハハハハ」という、フハッとするしかない答えでした。御大の作風からすれば、さもありなんでしょうね。

『墓場鬼太郎』は貸本劇画時代の鬼太郎シリーズの題名です。

昭和34年・兎月書房刊『妖奇伝』掲載「幽霊一家」、「幽霊一家・墓場鬼太郎」

昭和34年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「地獄の片道切符」、「下宿屋」、「あう時はいつも死人」

昭和35年・三洋社刊『鬼太郎夜話』掲載「吸血木と猫娘」、「地獄の散歩道」、「水神様が町へやってきた」、「顔の中の敵」

昭和37年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「怪奇一番勝負」、「霧の中のジョニー」

昭和39年・佐藤プロ刊『墓場鬼太郎』掲載「おかし...続きを読む

Q快獣 ブースカの最終回のストーリーは??

昔すぎて、記憶がないのだけど、 ブースカの最終回はどんな感じでしたか?
宇宙かどこかに行ったのかな

Aベストアンサー

地球の人口問題を解決するのに必要なエネルギーを入手するために、ロケット(カミナリ号)に乗ってチャメゴンと一緒にアール星へ向かって行きました。

地球に帰って来るまでに20年かかると言う設定になっています。その20年後の後日談は映像化されていません。

ブースカはビデオで出ていたと思いますが、私はLDを購入しています。

by yama585


人気Q&Aランキング

おすすめ情報