ちょっと変わったマニアな作品が集結

竹取物語を習っています。
「うつくしい」は「愛しい」ということ?で、かわいらしいという意味だと習いました。
では、現代語の「美しい」は古典のことばではなんというのでしょうか。教えてもらえますか。古語辞典でも、今の言葉を古語に直したものを調べることができません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

くはし(細し/妙し/(美し))…(1)繊細な美しさ、うるわしい。


こまか(細か)   …(1)きめが密で美しい、(2)心が行き届いている。
いつくし(厳し)  …(1)整っていて美しい、美麗だ、(2)(気立てが)優しい。
きよら(清ら)   …(1)美麗さ、豪華、(2)匂うように 美しいさま、輝くような美しさ。
    • good
    • 5

 追加のご質問について私なりに



 ご質問が「古語」ということだったのでこれを大和言葉と解してお答えしました。

 「らうらう」(労労から来たと考えられています)は、いわゆる古代には用例がなく、中国からの外来語です。平安になると出てきます。もとの「労」心遣い、の意味がその底にあって、「万事について、いかにも心が深くゆきとどいたさま」それから派生して「容貌や姿などの心配りが隅々まで行き届いた感じ」になっています。ですから「おおげさ」とはちょっと感じが違います。美人でも心なき人は「らうらう」しくないのだろうと思います。

 「今の美人のことは『うるはしきひと』」か、というご質問ですが、そう昔の話ではありません。ローレライのハイネの詩が訳されたのは明治以後と思いますが「うるわし乙女の巌に立ちて、黄金の櫛取り髪の乱れをときつつ口ずさむ歌の声の。。。」とあるように最近まで文語では使われていました。
    • good
    • 1

「うつくし」…小さなものを愛する気持ちから、「愛らしい様子」や「美しい様子」を表します。



それに対し、
「うるはし」という言葉があります。
…整った状態を褒める気持ちから、「整った美しさ」や「端麗」を表します。

また、「きよら」という言葉もあります。
…(容姿などが)清らかで美しい。気品があって美しい。(衣装が)華やかで美しい。
    • good
    • 0

 「美しい」には意味と形の両面があります。



1.形では、おっしゃる通り「うつくしい」は「いとしい」「かわいい」という意味です。

2。意味の上では、「うるはし」が風景の壮麗さ、美しさを表すとともに容姿などが端麗、で端正である時に使われました。また心が美しい時も使われています。
 「たたなづく青垣山ごもれる大和し宇流波斯」風景
 「言問はぬ木にはありとも宇流波之吉(うるはしき)。。。」容姿
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく答えていただきありがとうございます。

今の美人のことは「うるはしきひと」となるのですね。
「らうらう」という言葉もありましたが、こちらはちょっとおおげさなんでしょうか。

お礼日時:2009/10/30 01:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「美しい」を表すことば

徒然草などを読んでいるとさまざまな言葉で「美しい」を表しています。
例えば、
「清げ」・・・清楚で美しい
「艶(なま)かし」・・・優美である

などがあります。このように一つの物事をさまざまな言葉によって表しているところなど日本文学の面白いところだと思いますが、他にも「美しい」を表す言葉はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古語辞典より思いあたる周辺を引っ張ってきました。

【きよやか・きよらか】清く美しいさま。
【きよら】垢抜けして美しいさま。《第一流の気品ある美》
【きよげ】美しいさま。見た目にきれいなさま。《表面上の美、第二流の美》
【きよけく】くもりや汚れのないこと。
【きよし】くもりや汚れがなく、余計なものがないこと。《きたなしの対》
【きら】美しい衣服。美しさ。華やかさ。
【きらきら】光り輝くさま。
【きらぎらし】容姿が整って美しい。光り輝いている。《立派で輝くばかりである》
【きらびやか】輝かしく美しいさま。
【きらめき】きらきらと光る。
【きららか・きらやか】輝くばかりに美しいさま。まばゆく派手なさま。
【きれい】きらびやかで美しいこと。清潔・清浄。
【あだ(婀娜)】女の容姿のたおやかに美しいさま。色っぽくなまめかしいさま。
【あだくらべ(婀娜競べ)】互いに美しさ、なまめかしさを競うこと。《徒競べの「徒」を「婀娜」の意味に用いた》
【あだめき(婀娜めき)】あでやかに振舞う。
【あて(貴)】身分が高いこと。上品。《いやしの対。高い血筋にふさわしい上品さ》
【あてやか(貴やか)】上品な感じ。《「あて」といってもいい品の良さ》
【あてはか(貴はか)】品がよいさま。《一見「あて」だが、本当の「あて」よりは度合いが低い上品さ》
【あてばみ(貴ばみ)】上品で美しい様子。
【なまめき】何気なく振る舞いながら気持ちをほのめかす。しっとりと控えめな人柄・態度。《「なま」は未熟・不十分の意味。あらわに現されず不十分に見えるが、実は成熟しているさま》
【なまめかし】華やかさ・派手さがなく、しっとりとして美しい。優雅で魅力的。
【なよび】衣服や紙などがしなやか。性質が弱弱しくものやわらか。
【なよびか】芯に力がなく、しなやかなさま。人柄がものやわらかで優しいさま。
【なよよか・なよらか】衣服などやわらかな感じのするさま。態度が弱弱しくものやわらか。
【はな】花のような美しさ。表現の美しさ。あだあだしいさま。
【はなにほひ】花に美しく映えること。花のように美しく映えること。
【はなばなし】はなやかな様子。
【はなやか】花のように美しいさま。目を奪うようであるさま。
【しなやか】上品なさま。
【しなひ】豊かな曲線の美をなす。春の山、美人の姿などにいう。
【しなだれ】媚び甘えて人に寄り添う、寄りかかる。
【しなもの(品者)】柔和で嗜みの深い上品な女。
【しなつけ(品付け)】表面を取り繕う。体裁を整える。
【しなじなし(品品し)】品格がある。上品。
【うらぐはし(心細し)】心にしみて美しく感じられる。多く風景に使う。
【うるはし】立派だ。端麗だ。きちんと整っている。礼儀正しい。
【うつくし】かわいく思う。いとしい。見た目にきれい。

古語辞典より思いあたる周辺を引っ張ってきました。

【きよやか・きよらか】清く美しいさま。
【きよら】垢抜けして美しいさま。《第一流の気品ある美》
【きよげ】美しいさま。見た目にきれいなさま。《表面上の美、第二流の美》
【きよけく】くもりや汚れのないこと。
【きよし】くもりや汚れがなく、余計なものがないこと。《きたなしの対》
【きら】美しい衣服。美しさ。華やかさ。
【きらきら】光り輝くさま。
【きらぎらし】容姿が整って美しい。光り輝いている。《立派で輝くばかりである》
【...続きを読む

Q「美し」を「はし」と読みますか。

「美し」は「うつくし」「うまし」「いし」「うるわし」等の他に、「はし」とも読んでいるのを短歌か何かで見たように思うのですが、辞書には見当たりません。「はし」と読む例はないでしょうか。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「美」を「はし」と読むのは、一に「名乗り」の範疇にあるようです。
「名乗:ハシ、ハル、ヨシ、ミ、ミツ、トミ、ヨシミ(姓)」(「大字典」講談社)
「なのり:うま、うまし、きよし、とみ、はし、はる、ふみ、みつ、よ、よし」(「学研漢和大字典」)
「人名:はる、はし、み、よし、みつ、とみ、よしみ」(「角川漢和中辞典」)

古訓の範疇に限定すれば、近いのは奈良期に「美麗」の意味を持ち「花ぐはし」「名ぐはし」「香ぐはし」と使われた「くはし」(参考:大野晋「日本語の年輪」)が近似と思われます。あるいは「波之(万葉仮名)」と記される「愛(はし)」との連想なのかも知れません。

いづれにせよ「名乗り」に用いられただけの「はし」は、訓はもちろん古訓でさえないので、人名用当て字として使用する以外では、芸術的表記に限ってのみ、その「邪宗門」の例のように、必ず振り仮名を添わせて表記すべき扱いであってしかるべきでしょう。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Qたまゆら、という言葉の使い方を教えて下さい

万葉集にでてくる
「玉響(たまかぎる)昨日の夕見しものを…」

の、玉響(たまかぎる・たまゆら)は、現代文の中でどのように使えばいいのでしょうか。

この言葉を使いたいのですがいい文章が思いつきません。
使い方を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

おはようございます!

先ずは文例として・・・
玉響(たまゆら)には「一瞬・刹那」の意味もあるので、「わが人生における玉響の出来事」や「ひととせ玉響の想い」でも通じるかもしれませんね。(勝手に私が作ったので、自信はありません)
玉響(たまかぎる)になると、「夕べ」の枕詞として捉える事が出来るので、「かぎる」=「かぎろひ」からの
派生として考えて「玉の様に照り輝く・輝きを放つ」・・・から、「君の中に眠る力、今、たまかぎる」とでも使うとキレイかなと。(これも自信ナシ(汗))

で・・・蛇足ですが、以前、国文学者の古語に関する書物読んだ時に、この玉響は本来「たまゆら」と読むと言う確証は無いと言う事を知りました。玉がゆらゆらと揺れて清かな音を立てる・・・と思うのは近代人の感覚で、実際にはもっとハデな「ジャランジャラン」と言った擬音を表す言葉として使った可能性のほうが強いそうなのです。
実際に江戸の文学者、賀茂真淵も「たまかぎる法」で、
「この文字たまゆらと読み来たれど、ゆらくとも読む例はあれども~~古語の確かにたがえんぞ」と。まぁ、「そう言う風に読んではいるけど、実際そう読むかは分かんないよ!」と言ってるわけですね(苦笑)
近代に於いても、斉藤茂吉が「100パーこの読み方が合ってるとは言えないが、とても感じの良い響きだから、できればこれを使っていきたいものだ」と言う旨の文章を残しているそうです。なかなか難しいものですね(苦笑)

御参考になれば幸いです。

おはようございます!

先ずは文例として・・・
玉響(たまゆら)には「一瞬・刹那」の意味もあるので、「わが人生における玉響の出来事」や「ひととせ玉響の想い」でも通じるかもしれませんね。(勝手に私が作ったので、自信はありません)
玉響(たまかぎる)になると、「夕べ」の枕詞として捉える事が出来るので、「かぎる」=「かぎろひ」からの
派生として考えて「玉の様に照り輝く・輝きを放つ」・・・から、「君の中に眠る力、今、たまかぎる」とでも使うとキレイかなと。(これも自信ナシ(汗))

...続きを読む

Q古語で何と言うのですか?「好き」

「好き」は、古語で何と言うのでしょうか?
これかな…と思うものは、辞書で調べてみたんですが、少しニュアンスが違ってて、ここに質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「好き」「好く」では駄目なわけですよね?
ニュアンスがよく判らないのですが、例えば
「愛し(かなし)」とか、「好まし」「好み愛す」「好む」「好もしがる」とか、「恋」「恋し(こひし)」とか。
気に入ったという意味なら「心に入る」「心に付く」「心付く」「心に懸かる」「心寄せ」とか。
あまり古文は得意ではないのですが、参考になれば幸いです。

Q古文で「ごめん」って・・・

大学受験の時に気づいた事について質問します。
古文の登場人物が謝っているのを読んだことがないのですが、昔の人は謝らないんですか?

センター試験に向け古文を色々と読んでいたある日ふと気づき、友達にも尋ねてみたのですが、誰も「読んだ」と言う人はいませんでした。
『もしかしたら昔の人は謝らなかったのか…?』と疑問に思います。

また、もし謝るとしたら、その時はなんと言って謝るのでしょうか??

Aベストアンサー

詫びのことばには、平安時代には「かしこし」や「かたじけなし」が多く使われました。これは「畏れ多い」ではないかといわれそうですが、「畏れ多いです」と言うことがわびの表明だったわけです。「お詫び」そのもののことは「かしこまり」と言いました。これは大辞林にも載っています。

さらに直接的には、「許したまへ」と言いました(例、源氏物語・総角「いと悩ましきを、ここにうち休まむ、許したまへ」)。これは今日の「許してください」とまったく同じことです。

「御免」(許すこと)の語ができたのは資料上は中世以降、「ごめんなれ」とか「ごめんなさい」の形ができたのは江戸時代以降です。「(ご)容赦(用捨)」も中世以降のことばと考えられます。

Q「水面(みなも)」「今宵(こよい)」など、古文で習うような言葉を教えてください。

タイトルに書いたような言葉や、「夕月夜」などといったような
雅語的表現の単語にとても魅かれます。
そのような言葉が載っている本やサイトがあれば教えてください。
言葉の使い方(文法)なども載っていると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山下 景子『美人の日本語』
山下 景子『美しい暦のことば』
↑この著者のメルマガ
センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~
↑この著者のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/yumenokotonoha/

道行 めぐ『きれいを磨く美しい日本語帳』
河出書房新社編集部『やまとことば―美しい日本語を究める』
倉島 長正『日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉』
日本語倶楽部『死語にしたくない美しい日本語』
小学館辞典編集部『美しい日本語の辞典』
林 義雄 『やまとことばワンポイントレッスン』
 …
しかし、わたしの一番のおすすめは、読書しながらの収集です。
万葉集、古今和歌集などの歌集、俳句や季語集、近現代の小説などを読みながら、ノートに書き留めるようにするとノート1刷くらいあっという間です。こういう目的があると読書も進むので、一石二鳥です。
雅語は唱歌や1950年代頃までの歌謡曲などにあふれています。少し古めの翻訳海外小説もけっこう拾えます。
ま、もっとも確実なのは国語辞典、古語辞典を読むことですね。

山下 景子『美人の日本語』
山下 景子『美しい暦のことば』
↑この著者のメルマガ
センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~
↑この著者のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/yumenokotonoha/

道行 めぐ『きれいを磨く美しい日本語帳』
河出書房新社編集部『やまとことば―美しい日本語を究める』
倉島 長正『日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉』
日本語倶楽部『死語にしたくない美しい日本語』
小学館辞典編集部『美しい日本語の辞典』
林 義雄 『やまとことばワンポイントレッスン』
 …
し...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q綺麗な言葉。

綺麗だと感じる言葉ってありますか?
単語でも、文章でも、漢字一文字でも結構です。

ちなみに私は『水蜜桃』というのが
好きです。漢字の並び方も読み方も。

Aベストアンサー

どういうわけか、サ行の言葉って、きれいな響きを感じます。
「さざなみ」とか、「しずく」とか。「すいみつ」も懐かしい言葉です。うちでは、桃のことを子供の頃からそう呼んでいました。
きれいな言葉、というより、美味しい言葉?が「月の雫」や「萩の月」です。くいしんぼうがばれちゃったかな?

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100


人気Q&Aランキング