画面のプロパティで、画面の色を16ビットから24ビットとかにすると
一瞬、画面リフレッシュが動きますが、
コマンドをバッチ一発で実行する方法はないですか?

A 回答 (1件)

画面の解像度をコマンドプロンプト上から変更できるようなバッチファイルを作りたい...ということですか?



Windowsのコマンドプロンプト上からは、解像度などの設定は変更できません。Linaxなどはコマンドが強力でさまざまなことができますが、Windowsでは基本的な作業しかできませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか?
参考になりました。

お礼日時:2009/05/22 02:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画面リフレッシュのボタン

ノートパソコンには、画面のマークのようなボタンで
画面がリフレッシュできるのですが、
デスクトップのキーボードでそんな一瞬でできる
操作ボタンはないですか?

リフレッシュとは
画面のプロパティで、画面の色を16ビットから24ビットとかにすると一瞬、画面リフレッシュが動く処理です。

Aベストアンサー

まずちょっと確認しますが、OSの機能にあるかどうかについてのご質問ではありませんよね?

>リフレッシュとは
>画面のプロパティで、画面の色を16ビットから24ビットとかにすると一瞬、画面リフレッシュが動く処理です。
と定義するなら
>ノートパソコンには、画面のマークのようなボタンで
>画面がリフレッシュできるのですが、
はおそらくリフレッシュではありません。

ノートパソコンでFnキーなどとの組み合わせで働くその機能は画面の切り替え機能で、切り替える対象がないときに再描画されるだけで終わるため、結果的にリフレッシュされたのと同じになるだけです。

>デスクトップのキーボードで
お使いのマシンで画面の切り替えに関するプログラムがあるならそれについてのショートカットを登録するなどで可能でしょう。
また、画面の再描画だけならF5キー押下で実現できます。
解像度の変更を素早く行いたい場合
RUNDLL32.EXE SHELL32.DLL,Control_RunDLL Desk.cpl,,3 (最後の数値はOSやSPの導入内容によって異なります)
へのショートカットを登録するなどで多少作業手順を軽減できます。

まずちょっと確認しますが、OSの機能にあるかどうかについてのご質問ではありませんよね?

>リフレッシュとは
>画面のプロパティで、画面の色を16ビットから24ビットとかにすると一瞬、画面リフレッシュが動く処理です。
と定義するなら
>ノートパソコンには、画面のマークのようなボタンで
>画面がリフレッシュできるのですが、
はおそらくリフレッシュではありません。

ノートパソコンでFnキーなどとの組み合わせで働くその機能は画面の切り替え機能で、切り替える対象がないときに再描画されるだけ...続きを読む

QVBAでActiveDirectoryのユーザ一覧の取得の仕方

Excel VBAにてActiveDirectoryのユーザなどの管理をしたいと考えています。
(理由:操作ミスなどを防ぐために、AD操作は全てExcelからにしたい)

情報を取得する対象のユーザが分かっていれば、以下の方法で、情報を取得可能かと思います。
(実行するユーザが、ADの操作権限がある前提で、suzukiというユーザの情報を取得する場合)
Dim objSysInfo
Dim objUser
Set objSysInfo = CreateObject("ADSystemInfo")
Set objUser = GetObject("LDAP://CN=suzuki,OU=OU123_ユーザー,OU=OU123,DC=ad,DC=test,DC=com")
 AD:ad.test.com
 OU:OU123→OU123_ユーザー

OU123_ユーザー配下のすべてのユーザ情報を取得する場合には、どのようにすればよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問文に書いてある単一ユーザーを取得する書き方に沿えばこんな感じかなぁ。
Dim objOU, objUser
Set ObjOU = CreateObject("LDAP://OU=OU123_ユーザー,OU=OU123,DC=ad,DC=test,DC=com")
objOU.Filter = Array("user")
For Each objUser In objOU
 Debug.Print objUser.Name
Next

複数のアカウントを取得するので ADODB で DB のように取り扱うこともできそう。(ちょっと長いけど)
Dim objConn, objComm, objRst
Set objConn = CreateObject("ADODB.Connection")
Set objComm = CreateObject("ADODB.Command")
objConn.Provider = "ADsDSOObject"
objConn.Open "Active Directory Provider"
set objComm.ActiveConnection = objConn

objComm.Properties("Page Size") = 1000 ' 検索結果の最大取得数
objComm.Properties("Searchscope") = 1 ' この OU の配下も全部なら 2 を指定
objComm.CommandText = "SELECT Name From 'LDAP://OU=OU123_ユーザー,OU=OU123,DC=ad,DC=test,DC=com' WHERE objectCategory='user'"
Set objRst = objComm.Execute

objRst.MoveFirst
Do Until objRst.EOF
 Debug.Print objRst.Fields("Name").Value
 objRst.MoveNext
Loop


私は今まで Excel でアカウントの台帳を作っていたので、これを元に Active Directory を操作できないかと考えていたのですが、最近になって考え方を改めました。
台帳はあくまでも Active Directory なので、ユーザーのリストがほしければ都度取得すればいいじゃないか、と。
アカウント登録や変更も、[対象アカウントの存在確認] → [更新] をすりゃいいじゃないか、と。
それで Excel 台帳による二重管理を捨て、PowerShell によるいくつかのスクリプト ファイルを作っているところです。
一覧を取得するだけなら以下の 1行でできちゃいますし。
Get-ADUser -Filter * -SearchBase "OU=OU123_ユーザー,OU=OU123,DC=ad,DC=test,DC=com" -Properties * -SearchScope OneLevel | ForEach-Object { $_.Name}

質問文に書いてある単一ユーザーを取得する書き方に沿えばこんな感じかなぁ。
Dim objOU, objUser
Set ObjOU = CreateObject("LDAP://OU=OU123_ユーザー,OU=OU123,DC=ad,DC=test,DC=com")
objOU.Filter = Array("user")
For Each objUser In objOU
 Debug.Print objUser.Name
Next

複数のアカウントを取得するので ADODB で DB のように取り扱うこともできそう。(ちょっと長いけど)
Dim objConn, objComm, objRst
Set objConn = CreateObject("ADODB.Connection")
Set objComm = CreateObject("ADODB.Command")
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報