こんにちは。

将棋の駒の初期配置では、飛車は左で角は右で、お互いの飛車と飛車、角と角は斜向かいになっていますね。

これがもし、飛車と飛車、角と角が正面に向かい合っていたら、どんな戦法があり、どんな展開になると思われますか?

飛車を右、角を左にした側が不利になりますか?

皆様のご意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現実性のない話なので、これという回答にはなってないとは思いますが…


通常の将棋の初期配置は、飛車が右、角が左です。将棋において右左は、駒を所有(?)している側から見ての表記となります。
飛車や角が向かい合っている将棋に具体的な戦法とかは確立されてないでしょうが、ある程度以上の心得のある指し手なら、居飛車・振飛車対抗形になるような気がします。(正解かどうかは不明)
どちらが有利・不利?については…自分だけの初期配置を見れば、飛車と角を除けば左右対称なんです。ってことはどちら側(飛車が右でも左でも)を持っても状況は同じですのでどちらが有利も不利もありません。ただし、どちら側が先手なのかによっては有利・不利が起きる可能性はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

初期配置でいきなり飛車が向かい合う形なので、激しい戦いになりそうかなと思っていました。

お礼日時:2009/05/30 16:55

そんなルールの将棋を指した経験が無いので参考意見ですが、ためしに一人で駒を動かしてみました。

先手の飛角はそのままで後手の飛角を入れ替えてみました。

・玉はお互いに角側に寄せることになると思います。78玉、72玉です。
・攻めの桂馬を使うのに苦労しそうです。桂馬を使うには▲36歩を突かなくてはなりませんが、角が飛車を狙っているので▲46歩が必要です。しかし角が利いているので▲56歩として銀を57に移動してから▲46歩と突くことになりそうです。

どうも普通の将棋に比べてお互いに攻めの体制が作りにくいように感じました。もしかしたら千日手になりやすいのかもしれません。思考錯誤の結果、このような将棋は消えていって今の将棋が残ったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

飛車のコビン狙いがあるし、正面に相手の飛車があるので、飛車まわりが金縛りになり膠着状態という展開ですか。それもありえそうですね。

たしかに、現在の将棋が完成形っぽいですね。

お礼日時:2009/05/30 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング