プロが教えるわが家の防犯対策術!

ACCESSでの改行コードの入力方法を確認させてください。

ACCESSのテーブルにテキスト型のフィールドを用意し、一つのフィールドに改行が入ったデータを入力したいと考えています。

以下の方法を試してみましたが、改行コードが入っていないように思えます。

1.エクセルで一つのセルで、ALT+ENTERで文字列を入力し、テーブルにデータをインポート。

2.上記エクセルのデータをCSVで保存したものをテーブルにインポート。

これら2つのデータをテーブルで確認すると、改行はされていないですし、テーブルのデータをエクスポートしたものも改行はされていませんでした。

フィールドの設定で何か必要なんでしょうか?
それとも、テキスト型のフィールドには改行コードを持てないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 改行コードが入っていないように思えます。



No.1の方の回答にもある通り、Excelのセル内とAccessのフィールド内とでは、
改行コードが違います。
ただ、Excelの改行コード自体は、インポートの際に取り込まれていますので、
Accessにてクエリ等を使用して変換してやれば、改行表示されるようになります。

例えば、Excelからのインポートデータが保存されているテーブルを「テーブル1」、
改行コードが入ったフィールドを「フィールド1」とすると、以下のSQL文で改行
コードを変換できます(添付画像は同じもののデザインビュー):

Update テーブル1 Set フィールド1 = Replace([フィールド1],Chr(10),Chr(13) & Chr(10));


※Chr関数は、引数で指定したコードに対応する文字を返す関数です。
  「Chr(10)」はラインフィード(=Excelのセルでの改行コード)を、
  「Chr(13) & Chr(10)」はキャリッジリターン&ラインフィード(=同・Access)を
 それぞれ表します。

※Replace関数は、第1引数で指定した文字列の中から第2引数で指定した
 文字列を探し、あった場合は第3引数で指定した文字列に置換する関数です。
 但し、Access2000では、クエリ上では使えなかったと記憶しています。
 この場合は、標準モジュールでユーザー定義関数を作成してやれば、
 その関数を使用することで同様の処理が行えます。

一例(Replace関数の省略可能な引数を全て省略したもの):

Public Function Replace2(sExp As String, sFnd As String, sRpl As String) As String
  'Replace2関数で指定した引数をそのままReplace関数に渡し、
  '戻り値をそのままReplace2関数の戻り値にします。
  Replace2 = Replace(sExp, sFnd, sRpl)
End Function
「ACCESSでの改行コード」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいません。
回答ありがとうございました。

uqdate文に関数の説明までつけていただき助かりました。
通常の文字ならば、コードでなくとも比較できるから…
と考えてましたが、いざ、改行を…となると、コードでなければ処理出来ないので、私自身がフリーズしてました。

まだまだ精進しなければ。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/29 08:28

accessではctrl+enterで改行を入れることができます。


この場合、cr+lfの2バイトが入力されます。
excelのセル内での改行はlfの1バイトのみだったと思います。
エクセルでの改行をインポートするためには、
テキストファイルとして開いて、対象となる箇所のlfをcrlfと置き換える(crをいれる)必要があります。

cr=キャリッジリターン(Carriage Return)
lf=ラインフィード(Line Feed) NL(NewLine)ともよばれる

もともと、タイプライター的な考え方が
電報とか、ファックスに受け継がれ、
そのまま、コンピュータに使われているのかな?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E8%A1%8C% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって、すいません。
回答ありがとうございました。
ExcelとACCESSで見た目は一緒でもコードが違うんですね。
なんで、某MSさんは、そんな風に…

このような疑問は、私自身、意外とないがしろにしてきたので、勉強になりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/29 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

Qアクセス・テーブルの改行についてです。

アクセス・テーブルの改行についてです。
こんにちは。アクセスのテーブル内でデータを入力する時に改行して入力したいのですが、色々調べましたが分かりません。で、こちらで相談しよう思いました。つきましては、ご存知の方宜しくご回答下さい。【現在、アクセス2000を使用していますが、新しいバージョンにその様な機能があるのでしたら、それも教えて頂ければ幸いです。】

Aベストアンサー

フォームのテキストボックスの高さを高くしてもダメですか
(1行分のボックスでは2行目以降隠れています)

XP ACCESS2000、VISTA ACCESS2007とも確認できました

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む

QChr(13)とChr(10)の違いは?

myStr = Replace(myStr, Chr(13), "")

myStr = Replace(myStr, Chr(10), "")

で、改行を置換しているのですが、どちらかでも改行できる時や
どちらかじゃないと改行できない時があります。

そもそもChr(13)とChr(10)の違いはなんでしょう?
どちらも改行ですよね?
何が違うのでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。お邪魔します。

Chr(10) ・・・ ラインフィード ・・・ 略して、Lf

Chr(13) ・・・ キャリッジリターン ・・・ 略して、Cr

改行文字に何を使うのかはアプリケーションが規定するものです。

Win・Office環境では
上のふたつを組合わせた改行[CrLf]を使うことが多いと思います。
次に[Lf]、そして、[Cr]

なので、ソースによっては
  myStr = Replace(myStr, vbCrLf, "")
と、一発で置換できるケースも少なくないです。
■ソースごとに改行文字を確認しておくことから始めた方が有利になります。■

ひとまず、VBAでの改行の扱いに慣れるには
■VBAで用意された文字列定数について知っておいた方がよいと思います。■
 VBE(Visual Basicの編集画面)が開いている状態で、
 F2 キー → オブジェクトブラウザー起動
 検索小窓に、vbCrLf、とタイプして、検索ボタン
 VBA.Constantsクラスのメンバーが表示され
 その中にすべての改行文字(文字列定数)が含まれています。
 そのまま、F1 キーでヘルプを表示します。
詳しい説明はヘルプを読む方がいいでしょう。

実践的な話として、
Chr(10)やChr(13)は関数の戻り値です。
対して、
vbLfやvbCr(またはvbCrLf)は定数です。
定数で済ませられるなら、定数の方が何かと有利です。
定数の名前は略号ですから、実態をイメージし易くなっています。
定数の扱いに慣れることをお奨めします。
例)
  myStr = Replace(myStr, vbLf, "")
  myStr = Replace(myStr, vbCr, "")
  myStr = Replace(myStr, vbCrLf, "")

もしも文字列定数を先に覚えていたなら、疑問にもならなかったのかも知れませんね。
私の場合は、改行の何たるかを覚える前に文字列定数覚えていて、困ることありませんでしたから。

以上、ご参考まで。

こんにちは。お邪魔します。

Chr(10) ・・・ ラインフィード ・・・ 略して、Lf

Chr(13) ・・・ キャリッジリターン ・・・ 略して、Cr

改行文字に何を使うのかはアプリケーションが規定するものです。

Win・Office環境では
上のふたつを組合わせた改行[CrLf]を使うことが多いと思います。
次に[Lf]、そして、[Cr]

なので、ソースによっては
  myStr = Replace(myStr, vbCrLf, "")
と、一発で置換できるケースも少なくないです。
■ソースごとに改行文字を確認しておくことから始めた方が有利...続きを読む

QAccess2003で特定列の改行コードを削除してCSVへエクスポート

またまた、質問させていただきます^^;

Access2003にてCSVデータを一旦インポートして、クエリなどを使いデータを編集し、別のテーブルへ追加クエリを使用して吐き出し、そのテーブルのデータ全てをCSVファイルへエクスポートする、といった処理をしております。

はじめに取り込むCSVデータが、セル内(エクセルの編集画面でたとえさせていただきます)で沢山改行されているデータで、それをアクセスに取り込むと改行は一旦なくなったように、見えるのですが、エクスポートするとやはり改行コードが着いたままエクスポートされます。
この改行コードをAccessの処理で削除したいのですが出来るのでしょうか?CSV内の改行全てを削除するのではなく、特定列内(例えばC列など)のセル内の改行コードのみの削除です。

エクセルのClean関数なども試しましたがAccessの処理で一括してしまいたいのです。
TeraPad、秀丸などのテキストエディタで改行コードの置換をすると全て消えてしまい、CSVの行を意味する改行コードまで消えてしまうので使えないし。。。

皆様、お知恵をおかし下さい!お願いします。

またまた、質問させていただきます^^;

Access2003にてCSVデータを一旦インポートして、クエリなどを使いデータを編集し、別のテーブルへ追加クエリを使用して吐き出し、そのテーブルのデータ全てをCSVファイルへエクスポートする、といった処理をしております。

はじめに取り込むCSVデータが、セル内(エクセルの編集画面でたとえさせていただきます)で沢山改行されているデータで、それをアクセスに取り込むと改行は一旦なくなったように、見えるのですが、エクスポートするとやはり改行コードが着いたま...続きを読む

Aベストアンサー

クエリを新規に作成して
新たなフィールドを加えます。
テーブル名 → TBL1
改行を取りたいフィールド名 → FLD1
と仮定して
NEW_FLD1:replace(replace([FLD1],chr(10),""),chr(13),"")


具体的にはこの下の三行をメモ帳にコピペします

SELECT TBL1.*,
Replace(Replace([FLD1],Chr(10),""),Chr(13),"") AS NEW_FLD1
FROM TBL1;

TBL1 と FLD1 を実際の名前に書き換えて下さい。

アクセスに戻り
クエリ → 新規デザイン → デザインビュー を選択
テーブル表示の画面は閉じます。
クエリのデザインビューを右クリックして、SQLビューに切り替え
窓の端っこに、SELECT; とあるので消します。
先ほど書き換えたメモ帳の内容を、このSQLビューに貼り付けます。
データシートビューに切り替えて確認してみて下さい。

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

Q【ACCESS】フォーム名/コントロール名を文字列型変数で指定するには

バージョン:Access2002

フォーム「frm01」にテキストボックス「tb01」が作ってある場合、
Forms.frm01.tb01.Value="あいう"
とすれば、フォームもコントロールも指定できるのですが、
Dim strTxt As String
strTxt = "tb01"
Forms.frm01.strTxt.Value="あいう"
だと、文字列型変数"strTxt"が展開されないのでフォーム「frm01」のコントロール「strTxt」を探してしまいエラーになってしまいます。

文字列型変数でフォームやコントロールを指定するには、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

フォームの場合
 Forms(strFrm)

フォームのコントロールの場合
 Forms(strFrm).Controls(strTxt)


これでも参照できますが、普通ここまで省略しませんね。
 Forms(strFrm)(strTxt)

あとで見たとき、訳がわからなくなりそう。

Qアクセスで#エラーを表示させない方法は?

アクセス2000を使用しています。フォームにテキストボックスを貼り付けて、計算式を入れています。計算できない数値になると、#エラーと表示されます。目障りなので、#エラー という表示を消したいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?宜しくお願い申し上げ候。

Aベストアンサー

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の左端にあるコンボボックスで「式」を選択
5)上記コンボボックスの隣が1つのテキストボックスになるので、そこに以下のような式を入力
 IsError([テキスト0])
 ※上記の式は当該テキストボックスの名前が「テキスト0」の場合です。
6)上記テキストボックスの下、右から2番目に「A」と表示された、文字色を指定するボタンがあるので、
 その左の小さな「▼」をクリックし、当該テキストボックスの背景と同じ色(既定では白のはず)を選択
7)『OK』ボタンをクリックしてダイアログを閉じる

・・・以上です。
これで、『テキスト0』の計算式がエラーになった場合は、文字色が背景と同じ色になるので、「#エラー」と
いう表示はされていないように見える、という状態にすることができると思います。

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の...続きを読む

QAccessのマクロでモジュールを実行させたい。

Access2002を勉強中の初心者です。

AccessでDB1という名前のデータベースを作成し、その中で、モジュール1というモジュールを作成しました。これを実行するマクロを作成したく、次のようにマクロを作成しました。
マクロのデザイン画面でアクションに「プロージャの実行」を選択、プロージャ名入力覧の右側の...のボタンを押して式ビルダ画面を表示、ここの「関数」フォルダを開いてDB1を選択、表示されたモジュール1を貼り付けてOK。
しかし、このマクロを実行すると、次のエラーとなります。「DB1 指定されたDB1が見つけることができない関数名が含まれています」

根本的に方法が間違っているのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

ちょっと時間ができたので、Accessのヘルプで、
 "RunCode/プロシージャの実行" アクション
についてのトピックを見てみました。

結論から言うと、基本的な考え方が間違っているみたいです^^;。

「プロシージャの実行」アクションでは、「Function」プロシージャを指定するようです。
Subプロシージャではエラーになります。


つまりご質問の件では、
「Subプロシージャを呼び出すFnctionプロシージャ」をまず書かなけれえばならない。
そして、マクロのアクションでは、あらためてこのFunctionプロシージャを指定しなければいけません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング