ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

 
お世話になります。

Oracle10g R2 には32bit版、64bit版が存在しますが現状稼動しているDBが
32bit版なのか、64bit版なのかを判断する方法(コマンド等)があるでしょうか?

もうひとつ質問があるのですが、

x64対応CPUのPCの仮想環境(VMware)上のSolaris10(64bit版)にOracle10g R2(64bit版)をインストールした環境があります。
これを x64未対応CPUのPCへフォルダごとコピーして動かそうとした場合、やはり正常には動かないのでしょうか?
つまり x64未対応のCPU上でOracle10g R2(64bit版)が正常に動くのかどうかという事です。
※普通に考えれば動かないとは思いますが・・・。

よろしくお願い致します。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お答えします



◆ 実際にやってみます

動いているオラクルの場合は、v$versionで確認します

32bit版で実行

SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.7.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.7.0 - Production
CORE 11.1.0.7.0 Production
TNS for Linux: Version 11.1.0.7.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.7.0 - Production

64bit版で実行
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production
CORE 11.2.0.1.0 Production
TNS for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production

64bitの場合のみ、64bitの文字が見えます。
32bitの場合は、bit情報は、なにもでません。

この方法で、 32bitと、64bitが識別できます。


◆ つづいて、停止している場合の確認方法です
これは、Unix系だけですが・・・

binフォルダの下にある、oracleというファイルを、
fileで確認します

32bit版
[oraprod@ebsdb 11.1.0]$ cd $ORACLE_HOME/bin
[oraprod@ebsdb bin]$ file oracle
oracle: setuid setgid ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), for GNU/Linux 2.6.9, dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.9, not stripped

64bit版
[oracle@oralove bin]$ cd $ORACLE_HOME/bin
[oracle@oralove bin]$ file oracle
oracle: setuid setgid ELF 64-bit LSB executable, AMD x86-64, version 1 (SYSV), for GNU/Linux 2.6.9, dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.9, not stripped

これで、64bitであることが分かります



◆ 続いて、お答えします

>x64未対応のCPU上でOracle10g R2(64bit版)が正常に動くのかどうか

結論  動きません

単純にファイル操作を行っているわけではなく、カーネルなどの
64bit, 32bitに関わりますので、動きません。

ただし、expdp/impdpであれば、別の環境に移行することは可能です

Your DBA MOTO:TAKER

この回答への補足

 
お世話になっております。
※返信が遅くなり申し訳ありません。

バージョン確認を実行してみました。結果は以下の通りです。

SQL> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.1.0 - Production
CORE 10.2.0.1.0 Production
TNS for Solaris: Version 10.2.0.1.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.1.0 - Production

"64bit"の表記がないので32bit版だというですね。

=========================================================================

> ◆ つづいて、停止している場合の確認方法です
> これは、Unix系だけですが・・・
> binフォルダの下にある、oracleというファイルを、
> fileで確認します

binフォルダの直下にはoracleというファイルが見つかりませんでした。
OSがSolarisだからなのか、オラクルのバージョンが違うからなのか・・・。


> >x64未対応のCPU上でOracle10g R2(64bit版)が正常に動くのかどうか
>
> 結論  動きません
> 単純にファイル操作を行っているわけではなく、カーネルなどの
> 64bit, 32bitに関わりますので、動きません。

やはりそうですよね。
x64用にチューニング(?)されているのだからそうですよね。

=========================================================================

オラクルのバージョンが32bit版だと判ったところで再度質問なのですが

x64対応CPUのPCの仮想環境(VMware)上のSolaris10(64bit版)に
Oracle10g R2(32bit版)をインストールした環境があります。
これを x64未対応CPUのPCへフォルダごとコピーしてOS(Solaris)を起動しました。
オラクルをstartupするために端末エミュレータからsqlplusを起動しようとしたところ
以下の様な文字化けを含むエラーが出ました。

$ sqlplus /nolog
sqlplus: sqlplus: @8^F@^Z^X^F^E@@@P^AP^A^C^D\302^A^W^A^E@E: ^?ELF^B^A^A^B: 見つ かりません。
見つかりません。
sqlplus: E: 見つかりません。
sqlplus: ^A^A^FH: 見つかりません。
sqlplus: H: 見つかりません。
sqlplus: A醇_^B醇_^B^A^B^F\302: 見つかりません。
sqlplus: \302: 見つかりません。
sqlplus: 構文エラー 行 10: `@^]\302^R^L' unexpected

なぜエラーが出るのかわかりません。何か情報があればよろしくお願い致します m(__)m

※試しにリスナーコントローラやisqlplusコントローラをスタートしてみたところ
 エラーなく起動しました。
 

補足日時:2009/09/28 09:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOracle(オラクル)で、日付時刻型の検索方法について

質問させていただきます。
データベースはオラクルを使っていて、
SQL文で、抽出するときにエラーが出て困っています。

日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。
2005/05/26 を抽出したいのですが、
BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59'

だと、エラーでできません。
どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。

col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')

ただ、厳密には

col >= TO_DATE('2005/05/26', 'YYYY/MM/DD')
AND
col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD')

と書くべきでしょうね。

QOracle10g・・ODBCで接続できない

Oracle10gのStandardEditionをサーバーにインストールし、データベースを作成しました。

それに対してクライアントにも10gをインストールし、ローカルメソッド名を設定して、接続テストも通りました。SQL*Plusを起動して接続することもできました。

ですが、Accessを使ってテーブルの中身を見ようと思い、ODBCを設定したのですが接続テストをすると固まってしまいます。どうすればODBCで接続できるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

tnspingの引数がわかりませんが、成功しているようですね。

tnspingはリスナーへの接続が成功するかどうかの確認です。

リスナーに接続した後、クライアント用に専用サーバプロセスが起動し、DBに接続します。
この部分が失敗しているようです。

要はリスナーには接続できているが、DBには接続できていない状態です。

一点気になる点がありますので、それを変更して試してもらえますか?

tnsnames.oraを変更してください。

> (CONNECT_DATA =
> (SERVICE_NAME = dev.dev_domain)
> )
> )

この部分を

(CONNECT_DATA=(SID=ORCL)

に変更してください。
SIDはサーバ側のlistener.oraかlsnrctlで調べてみてください。
(間違うとどつぼにはまりますので慎重に確認してみてください)

念のため、tnsnames.oraのサンプルをアップしておきます。

DEV =
(DESCRIPTION=
(ADDRESS_LIST=
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = DEVSV001)(PORT = 1521))
)
(CONNECT_DATA=(SID=ORCL))
)

SIDだけ違ったら変えて、既存のtnsnames.oraと入れ替えてもかまいません。

これでも不可な場合、サーバ側のlistener.oraと
> lsnrctl status
の出力結果を補足に記入してみてください。

たぶんいけると思うのですが...。

tnspingの引数がわかりませんが、成功しているようですね。

tnspingはリスナーへの接続が成功するかどうかの確認です。

リスナーに接続した後、クライアント用に専用サーバプロセスが起動し、DBに接続します。
この部分が失敗しているようです。

要はリスナーには接続できているが、DBには接続できていない状態です。

一点気になる点がありますので、それを変更して試してもらえますか?

tnsnames.oraを変更してください。

> (CONNECT_DATA =
> (SERVICE_NAME = dev.dev_domain)
> )
> )

...続きを読む

QOracle 10gがインストール出来ない件

Oracle 10g のインストールで苦戦しています。

機種違いで他のWindows7のPCには問題なくインストール出来ていますが、

問題の機種(Windows7)ではインストールを試みたところ、

コマンドの画面が起動して自動的に閉じた後、
何分待ってもインストーラーが起動しない状態となります。
ウイルスソフトも気になって削除してみましたが出来ませんで。
Oracleのログもインストールが停止されたという内容でしか残っておらず、
レジストリへの書き込みも一切ありませんでした。

コケている可能性がお分かりの方がおられましたらご教示お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

> 今までは他のWindows7のPC複数にインストールして、
> 正常に動いているので大丈夫かと思ったのですが、
> なんかしらの支障があるのでしょうか?
正式にWIndows7 に対応したのが、Oracle10.2.0.5 と言う事になります。
ですので、10.2.0.4 以下のSoftware をWindows7 で使用した場合、
正常に動作しない可能性があります。

US OTN に行くと、Windows7 用のOracle10.2.0.3/Oracle10.2.0.4 が公開
されていますが、Windows7 で使う場合にはPSR 10.2.0.5 以上をInstall
するように記載があります。
http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/index.html

参考URL:http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/index.html

こんにちわ。

> 今までは他のWindows7のPC複数にインストールして、
> 正常に動いているので大丈夫かと思ったのですが、
> なんかしらの支障があるのでしょうか?
正式にWIndows7 に対応したのが、Oracle10.2.0.5 と言う事になります。
ですので、10.2.0.4 以下のSoftware をWindows7 で使用した場合、
正常に動作しない可能性があります。

US OTN に行くと、Windows7 用のOracle10.2.0.3/Oracle10.2.0.4 が公開
されていますが、Windows7 で使う場合にはPSR 10.2.0.5 以上をInstall
するように記載があります...続きを読む

Qデータを削除しても表領域の使用率が減りません

いつもお世話になっております。

今使用している表領域の使用率が高くなってきたため、
不要なテーブルやデータを削除しました。

ですが、少ししか使用率が減らず困っています。

テーブルを削除した際にはPURGE RECYCLEBINで、BIN~のテーブルも
消しています。

何か他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

前の方のおっしゃるとおり、DELETEしただけでは領域は開放されません(ハイウォーターマークが下がらない)ので、以下を試してみてください。

1.該当テーブルの全件削除で良い場合
truncate テーブル名 drop storage;
を実行する。
これで領域も開放されます。(最後のところをreuse storageとすると領域保持する意味となる)

2.部分的にdeleteして、領域を開放したい場合
alter table テーブル名 enable row movement;
alter table テーブル名 shrink space cascade;
alter table テーブル名 disable row movement;
を実行する。
1行目は領域開放の前準備、3行目は1行目の変更を元に戻す意味。
2行目でcascadeしておくと、関連インデックスの領域も一緒に縮小してくれます。

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

QSYSユーザーでログインしたい

SQL plusでSYSユーザーでログインするにはどうすればよいのでしょうか?
SYSTEMユーザーやSCOTTユーザーではログインできるのですが、SYSユーザーになる方法がわかりません。
お願いします。

Aベストアンサー

>SQL plusでSYSユーザーでログインするにはどうすればよいのでしょうか?
特別なことする必要がないと思います。
ログインできない場合いろいろな原因が考えられます。
一番可能な原因は設定によってSYSユーザーNOMAL権限でログインできない場合あります。
この場合
sqlplus sys/パスワード@接続文字列 as sysdba
で試してください。


>SYSTEMユーザーやSCOTTユーザーではログインできるのですが、SYSユーザーになる方法がわかりません。
conn sys/パスワード@接続文字列 as sysdba

Q3つの表の外部結合

表A、B、Cの3つがあり、Aのすべての行を出力したいと考えています。
外部結合を用いるのだとは思うのですが、3つの表に対して行う場合の
書き方がわからず困っています。
ご教授いただけないでしょうか?
select * from a,b,c
where a.商品ID =b.商品ID (+) and b.商品ID (+) =c.商品ID (+)
としてみましたが、うまくいきませんでした。

Aベストアンサー

ansi構文の趣旨からいえば、結合条件と絞り込み条件は分けて書くので・・

select *
from a
left join b on (a.商品ID =b.商品ID)
left join c on (b.商品ID =c.商品ID)
where a.年月 = 任意の値

と書くのが一般的でしょうね。

Q突然オラクルへ接続できなくなりました

ローカルにオラクルをインストールして開発をしていました。
しばらく時間があいた後、開発を再開しようとするとDBへの
接続ができなくなっていました。

sqlplusではDB操作可能なので、DBそのものは落ちていないと
思うのですが…
リスナーのステータスを確認すると(lsnrctl status SID)下記のエラーが出ます。

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=MY-PC)(PORT=1521))(CONNECT_DATA=(
SERVER=DEDICATED)(SERVICE_NAME=SID)))に接続中
TNS-12535: TNS: 操作はタイム・アウトしました。
TNS-12560: TNS: プロトコル・アダプタ・エラー
TNS-00505: 操作タイムアウトです。
32-bit Windows Error: 60: Unknown error

何が問題でどうすればよいのかわからないのですが、何か対応策があれば教えてください。
DBを再構築することも考えたのですが、原因がわからなければ同じ事が起こる(起こす?)
ような気がするので。

よろしくお願いします。

ローカルにオラクルをインストールして開発をしていました。
しばらく時間があいた後、開発を再開しようとするとDBへの
接続ができなくなっていました。

sqlplusではDB操作可能なので、DBそのものは落ちていないと
思うのですが…
リスナーのステータスを確認すると(lsnrctl status SID)下記のエラーが出ます。

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=MY-PC)(PORT=1521))(CONNECT_DATA=(
SERVER=DEDICATED)(SERVICE_NAME=SID)))に接続中
TNS-12535: TNS: 操作はタイム・アウトしました。
TNS-12560: TNS:...続きを読む

Aベストアンサー

DBの起動/停止とサービスの起動/停止は別物です。
サービスの「OracleServiceSID」と「OracleOraDb11g_home1TNSListener」は、それぞれDBとリスナーのためのもので、DBやリスナーそのものではありません。
サービスの「OracleServiceSID」と「OracleOraDb11g_home1TNSListener」を起動状態にした後で
DBやリスナを起動します。

以下を参考にしてください。
http://www.shift-the-oracle.com/config/startup-oracle.html
http://otndnld.oracle.co.jp/beginner/oracle10g/1st/windows/index.html#configuration

QOracleで流したSQLのログを取得できますか?

ASP+Oracle9iで作られたシステムがあります。
Oracleの設定などは前任者がしており、まともな引継ぎを受けないまま私が維持運用員となりました。
現在DBからあるレコードが消えてしまい(最初から作られてない可能性もあり)、顧客からクレームがついています。
状況から考えて怪しいプログラムを調査したのですが、原因不明でした。
そこで、Oracleの方で今まで流れたSQLをログとして保存していれば手がかりがつかめるのではないかと思い、情報を探しているのですが見つからないので教えて頂きたいのです。
私はOracleの知識(管理面について)が殆どなく、Oracleを使うことはできるが、Oracleの設定がどういう状況になっているか調べることもできず、資料もありません。

1.そもそもOracleにSQLをログとして保存する機能があるのか?
2.あるとすれば、保存機能が有効になっているか、保存したファイルがどこにあるかをどこで確認できるか?

以上の点についてご存知の方、どうぞ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。
ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。

1.オンラインREDOログとアーカイブログ
  オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。
  ですが、そのREDOログのサイズとシステムのアクセス量によって保存期間は変化します。アーカイブログ設定しておけば、古いREDOログはアーカイブとして吐き出されます。
  これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができます。
  アーカイブログモードになっているかどうかは、下記で確認できます。
   SQL> select log_mode from v$database;

  また、どのアーカイブログファイルを調査するかは下記を参照すれば良いと思います。
   SQL> select name,to_char(completion_time, 'yyyy/mm/dd hh24:mi') adate from v$archived_log;

2.フラッシュバック問い合わせ
  これは初期化パラメータUNDO_MANAGEMENTがAUTOに設定されており、かつUNDO_RETENTIONが保存期間として適切に設定されている場合のみ使用できます。
  やっていることは、UNDO表領域(旧RBS用表領域)の中に残っている実行履歴を参照しています。したがって、データベース設計時にフラッシュバック問い合わせを前提としていない限り、使える可能性は低いです。

3.その他
  監査を実行していれば、実行SQLを取得できる可能性があります。
  ただし、監査レベルなどを理解しておかないと、すべてのSQLが取得されていない可能性がありますので、難しいかもしれません。

OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。
ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。

1.オンラインREDOログとアーカイブログ
  オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。
  ですが、そのREDOログのサイズとシステムのアクセス量によって保存期間は変化します。アーカイブログ設定しておけば、古いREDOログはアーカイブとして吐き出されます。
  これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができま...続きを読む

Qbatファイルからsql文実行

クライアントOS:WIN2000
Oracle:9i(サーバ(UNIX)上にあります)

現在、クライアントからbatを起動し、SQL文を投げ、結果を取得したいと思っております。
(SQL文は単純にTBLをカウントしているだけです)

・batの中身
sqlplus %UID%/%PASS%@%SID% @test.sql > output

結果は取得出来るのですが、余分な情報も結果に出力されてしまいます。結果のみを出力させるにはどうすればよろしいでしょうか?

・余分な情報
Oracle9i Enterprise Edition Release 9.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Oracle Data Mining options
JServer Release 9.2.0.4.0 - Production
に接続されました。

Aベストアンサー

sqlplus に -S オプションを追加してみればどうでしょうか。

参考URL:http://biz.rivus.jp/sqlplus_overview.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング