『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

複製原画の保存方法

とある漫画家の複製原画を持っているのですが、送られてきた状態のまま置いておくのもどうかと思っています。
あまりお金のかからないよい方法はありませんでしょうか?

A 回答 (1件)

湿度と日光、虫を避ければ良いです。



簡単な方法としては、
水彩紙(例えばマーメイド紙)の
スケッチブックを買ってきて
その真ん中に挟み、
※吸水性の高い紙に吸わせる
戸棚に入れ、
※日光があたらないようにする
防虫剤を入れとくことですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スケッチブックは安そうですが管理が大変そうですね…。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/30 16:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセル画の保存環境について

最近、30年ほど前のアニメのセル画を入手し、
自宅で長く保存できる環境を作ろうと思っています。

というのも、入手した時点で加水分解(ビネガーシンドローム)を
起こしていたので、なるべくその進行速度を抑える為
一般的なセル画保管に関するホームページに書かれている方法だけでなく
温度・湿度にこだわった方がいいのかなと思った次第です。
(本来ならば預けるのが一番いいのかもしれないのですが
 手元に置いておきたいので・・・)


そこから、様々なホームページの閲覧や美術館に問い合わせ、
湿度50%前後、温度18~20℃の環境が
最も良いという結論に達したのですが

いざ、この環境を作り出そうとすると
部屋全体(押入れを含む)が高温多湿で
どうしても一年を通して
この環境を実現する方法論がなくて困っています。


ちなみに候補としては、下記が思い浮かびました。
(1)ドライキャビネットで湿度を管理する
(2)ワインセラーで温度を管理する

※いずれも加水分解したセル画は他のものと隔離。
 定期的なチェックと酢酸を逃がすように空気入れ替えは行う。


(1)に関しては、温度管理ができないので
部屋の温度を空調などで、20℃に保つという方法なのですが
夏場20℃だと部屋が相当寒くなってしまうのが難点です。
厳密に20℃にならなくても25℃くらいでも
大きく差が出ないのであればいいのですが…
(理想的な温度と比べた時に耐久年数に
どの程度差が出るものなのかがわからず…)


(2)に関しては、ワインセラーの設定温度を18℃に設定して
湿度管理ができない部分を、密封したセル画に乾燥剤をプラスして
なんとかするという方法です。

(2)は割といいかなと思ったのですが、あるサイトで
「冷蔵庫・ワインセラー・昆虫飼育器での保管は禁物です。
塗料が脆くなり、セル画が歪曲してしまいます。」
という記載があり、思いついたものの
本当にこれでいいのかわかりません。

設定温度が18℃で、湿度さえ保てばワインセラーでも
いけそうな気がするのですが、
塗料が脆くなる理由が書かれていない為、若干不安です。
(そのサイトの方にメールしたのですが、すでにメールアドレスが失効していましたT_T)


何か良いアドバイスがありましたらご教授願えれば幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

最近、30年ほど前のアニメのセル画を入手し、
自宅で長く保存できる環境を作ろうと思っています。

というのも、入手した時点で加水分解(ビネガーシンドローム)を
起こしていたので、なるべくその進行速度を抑える為
一般的なセル画保管に関するホームページに書かれている方法だけでなく
温度・湿度にこだわった方がいいのかなと思った次第です。
(本来ならば預けるのが一番いいのかもしれないのですが
 手元に置いておきたいので・・・)


そこから、様々なホームページの閲覧や美術館に問い合わせ、
湿...続きを読む

Aベストアンサー

元彩色屋です。(今は原画屋)

セル板の加水分解は空気が大敵。
絵の具は、原料の卵黄の雑菌繁殖と樹脂の劣化が心配。
マシントレス線は、紫外線が大敵。(日に当たると消える)
歪曲も心配。というわけで、
厚紙とアルミホイルで光を遮断。
ついでに乾燥シートと脱酸素剤エージレス
そして真空パック。

1.セル画に押し花用乾燥シートを被せ覆い。(裏面だけで可)
2.B4以上の大き目のカルトン紙3mmを3枚を用意。
 1枚に窓枠を作り、セル画を入れ。(隙間が出る側が塗り面になるようにおく。)
 2枚で挟み、カールトン同士をガムテで接着して隙間を覆う。
3.真空パック用ビニールにエージレスと一緒に入れ、
 幅30cmまでできる家庭用真空パック機で吸出し。(折れないように慎重に)
4.アルミ箔で覆って・・・そのまま冷暗所で常温保存。
 うちは念のために桐箪笥の中。
 吸湿性に富み、適度に通気が良いので、万が一も安心。

年1回取り出し確認と同様の作業をする。
そのままで画面を見たいなら、
挟むのに画面側にアクリル板を使うと良いかも。

ちなみに、カルトンは動画用紙の補強用ボール紙です。
一般にカルトナージュに使うので、乾燥シートと一緒に手芸店で売ってます。
エージレスは製菓材料店。(通販が便利)
うちはこれで劣化してないけど、あくまで自己責任で。

 

元彩色屋です。(今は原画屋)

セル板の加水分解は空気が大敵。
絵の具は、原料の卵黄の雑菌繁殖と樹脂の劣化が心配。
マシントレス線は、紫外線が大敵。(日に当たると消える)
歪曲も心配。というわけで、
厚紙とアルミホイルで光を遮断。
ついでに乾燥シートと脱酸素剤エージレス
そして真空パック。

1.セル画に押し花用乾燥シートを被せ覆い。(裏面だけで可)
2.B4以上の大き目のカルトン紙3mmを3枚を用意。
 1枚に窓枠を作り、セル画を入れ。(隙間が出る側が塗り面になるようにおく。)
 2枚で挟み、...続きを読む

Qジャンプフェスタ・高級複製原画について

ジャンプフェスタで販売されるという高級複製原画について、
分からない事があったので 分かる方どうぞよろしくお願いします。

購入する際の注意事項に「未成年者の申し込みには保護者の承諾が必要」と
書かれていたのですが、具体的に「保護者の承諾」とはどういうことをいうのでしょうか…?
保護者同伴で申し込みをする…とか そういうことなのでしょうか?
詳しく調べてみたかったのですが、それ以上のことが記載されていませんでしたので、
分かるという方、是非 お願い致します。

また、高級複製原画の相場はいくらくらいであるか 分かる方 教えてください。
私も過去の作品でいくらであったか見た記憶はあるのですが、忘れてしまいまして…。
作品ごとに少し値段が違ったとは思うのですが。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

●保護者の承諾について
 通常こういった場合は「保護者の氏名と承諾印(もしくは承諾印のみ)」が必要だったりしますが、その場合には申込用紙に記入欄があります。
記入欄がない場合は口約束のような感じで、後でトラブル(保護者が怒鳴り込んでくるなど)があったときの予防線でしょう。申込書には「保護者の承諾が必要」とあったわけですから、売り手側はお客様を信頼してお売りしたかたちになりますよね。承諾はあくまでも任意ということになります。
一応、両親には買い物をすることを伝えておき、印鑑を持って(記入欄があったときのため)来場すればよいと思います。保護者氏名の筆跡はsakaki-no-haさんのものでかまいません。

●高級複製原画について
 「ヒカルの碁」のときは22000円でした。

Q本屋さんに売っている本は黄色(日焼け?)くならないのですか?

本屋さんに売っている本は黄色(日焼け?)くならないのですか?

私は家にある漫画などは押入れに入れ、日に当たらない場所に保管しているのですが、古い漫画だと気づいたら黄色くなってます。ネットでちょっと調べたら酸化して色が変わるとの情報がありました。

空気に触れると色がかわるのかぁと思ってたんですが、よくよく考えたら本屋さんの漫画本も簡単なラッピング?(透明なビニール)をしているだけで十分空気に触れているのに何で色が変わらないんだろうと不思議に思いました。

ひょっとして家にある漫画もサランラップでまいておけば色が変わらないんでしょうか?

本屋さんの本の色が変わらない理由をご存じの方、暇なときで結構ですんで教えて下さい。

Aベストアンサー

業界用語で表紙(特に背表紙の部分)や小口などが焼けていることを
『ヤケ』といいその本の見栄えも価値も激減します

これを防ぐ対策というのは次の通りです

日光が直接当たることは厳禁でこれはてきめんにヤケます
直接当たらなくても明るい場所に置くとこれもヤケやすいです
かといって余り湿度が多いようなジメジメした場所だとカビが生えます
カビが生えるのは大体本の上の部分『天』でここに埃がたまり
それがカビによって点々とシミがつくことが多いですので
こまめに本の上部の埃を払うようにすればいいです

そういった外部要因以外にも本自体のヤケ易い原因としてザラザラした
あまり白くない紙の本は他のものより劣化の具合がかなり早いですし

特にヤケ易い背表紙でも表紙そのものは大丈夫でも背表紙に文字だけが
退色している場合があります
これはインクに黄色系のヤケ易いものを使っているのが原因です
背表紙に黄色の文字が極めて少ないのは見難いというのとこのためです

出来れば昼間でも薄暗い場所に置けばヤケは防ぐ事は可能です

それと書店にある本は汚れてきたら入れ替えたりしますし
ヤケる前に売れたり交換したりするのでヤケないように
見えるのだと思いますが特にヤケない秘訣があるわけではありません

コミックも立ち読み防止のためにお金と手間をかけてラッピングして
いるのでありヤケ防止のためにしているのではありませんし
コミックは特に回転が速いですからヤケる前に店頭から消えるのです

業界用語で表紙(特に背表紙の部分)や小口などが焼けていることを
『ヤケ』といいその本の見栄えも価値も激減します

これを防ぐ対策というのは次の通りです

日光が直接当たることは厳禁でこれはてきめんにヤケます
直接当たらなくても明るい場所に置くとこれもヤケやすいです
かといって余り湿度が多いようなジメジメした場所だとカビが生えます
カビが生えるのは大体本の上の部分『天』でここに埃がたまり
それがカビによって点々とシミがつくことが多いですので
こまめに本の上部の埃を払うようにすればいい...続きを読む

Q額に入れたポストカードが落ちないようにする方法

額に入れたポストカードが落ちないようにする方法

こんにちは
ポストカードサイズの絵(薄い紙)を飾れる額を探していたら
文房具屋さんで手ごろなものを見つけたので購入しました

A4くらいの大きさの額で
内側に厚いボードが入っていて
中央がポストカードサイズに切り抜かれているものです

早速、絵を入れてみたのですが
ちょっとの振動で絵がずれてしまって厚ボードに隠れてしまいます

絵を後ろから固定すればいいのかなぁ?と思うのですが
テープで、作品を厚ボードに固定する方法でいいんでしょうか?
(これだと作品が痛む可能性がありますよね?)

もし額縁屋さんにオーダーして作ってもらった場合
どういう方法で固定してもらえるんでしょう?

いい方法があったら教えてください

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

こんにちは。数年前まで額縁屋さんで働いていました。

同じマット(くり抜かれた厚ボード)額装であっても、
作品を留める方法はいくつもあります。

テープで直接留めたり、保護台座を作って留めたり、
和紙や書道半紙などは裏打ち(台紙に張り付け)したり、
アートコーナーピタック や フォトコーナー を使ったり
マットから飛び出すように少し浮かせた加工を加えたり、などなど、、、
(テープで直接留める以外はピンとこないかもしれませんが・・・)
作品の状態や材質などさまざまな事を考慮し、
お客様と相談してから額の中にセットします。

作品を留める専用のテープも何種類もあって、
これも素材や大きさを考えて決めます。
素材に適さないテープや、使い方を間違えると
時間がたてばずれ落ちてきますし、
作品を傷めてしまったりする場合があるからです。


shimashimashima 様の場合は、
(遊び幅が1mmくらいしかない)うえに
(薄い紙)とのことですので、見てみないと何とも言えません。。
遊び幅は2重マットや色画用紙マットなど解決策はあります。
薄い紙を傷めないために
テープを直接作品に貼らないで留める方法はあるのですが、
文章でうまく説明することも、技術をこの場で伝授することも
難しいです(汗)ごめんなさい。

市販のものでしたら 
【ドラフティングテープ】や【アートコーナーピタック】
がよいかもしれませんが、使い方にコツが必要だし、
他に用途がなければ勿体無いですよね。、、歯がゆいです。。

http://www.altech.ne.jp/product/443-851.htm
http://www.gazaihanbai.jp/products/detail/product_id/32629.html




解決策案

テープはやっぱり作品の傷みが心配!

でしたら、テープを貼らずに
作品が落ちないようにするだけです。
ちょっとの振動でもずれてしまわないようにする。

そのためには、
額の中の <ぶかぶか> をなんとか <きゅうきゅう> にする。

そのために → → 《何か台紙のようなものを挟む》


ANo.2 様のティシュペーパーの案も、
じつは有効な手段なんですよ。
マット(くり抜かれた厚ボード)と作品の
1mmしかない隙間に挟むのではなくて、
作品の後ろに滑り止めとして挟むのです。
要らなくなった無地の布などでもOKです。

ANo.5 様お勧めの 
スポンジ素材のモノも適材だと思います。。
宅配荷物の中に入っているような薄い
梱包材などが手に入ればいいのですが、、。

ホントに何でもいいのです。。
紙箱の余部を切ったものとか。。
いらない包装紙をたたんだものとか。。。
コーンフレークの外箱とか。。。(笑)

なーんて(笑)、、参考になりましたら幸いです。。
長々と、どうも失礼いたしました。


.

こんにちは。数年前まで額縁屋さんで働いていました。

同じマット(くり抜かれた厚ボード)額装であっても、
作品を留める方法はいくつもあります。

テープで直接留めたり、保護台座を作って留めたり、
和紙や書道半紙などは裏打ち(台紙に張り付け)したり、
アートコーナーピタック や フォトコーナー を使ったり
マットから飛び出すように少し浮かせた加工を加えたり、などなど、、、
(テープで直接留める以外はピンとこないかもしれませんが・・・)
作品の状態や材質などさまざまな事を考慮し、
お客様...続きを読む


人気Q&Aランキング