PINGのTTLについてですが、
-iスイッチを使って指定した数と
帰ってきた数が違うのはどうしてでしょうか?
どなたかわかる方お願いいたします。

例)PING -i 5
Replay...........TTL251
例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

共に相手に届いていると言うのはわかりますが、
-iスイッチで指定したTTLの数と
ReplayのTTLは、違うのですか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お使いの ping は Windows の ping なんですよね。



-i に続ける数値は、通り抜けられるルータの数だと思ってください。

例としてあげてもらった相手は、ルータ3個以上をまたいだ向こうだ
ということです。

なので、

例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

は相手に届いていないです。二個目のルータが、もう届けられないよ、
という返事です。


次に、ping が表示する TTL の数値は、相手が返してきた
Time To Live フィールドの数値です。

最初の回答の方が

> TTL 251 と言う事は相手から応答が来るまでに4つの
> ルータを通過していると言う事

というのは BSD系の unix は 255 を TTL フィールドに
入れて返します。ルーターを通る度にひとつずつへって行く
ので、自分(ping を打った側)に返ってきたときには
251 になってる、つまり 255 - 251 で、4つ通ってきた
ということです。

でも、255 を入れて返さなければいけない、ということが
決まっているわけでは無いので、相手次第で、この数字は
変わります。

WindowsNTだと多分128、他にも64で返すunixを知ってます。


ちなみに、いわゆる unix 系に実装されている ping では
-t のオプションが TTL の指定です。

参考URLには linux の man を示します。TTLの詳細という
項が参考になると思います。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/netkit/man8/ping. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。
OSは、Win98です。
ちょうど、PINGのスイッチについて
練習していたのですが、
テキストの表現だと、実装と経由しだいと
載っていたのですが、よく意味がわかりませんでしたので
質問させていただきました。
なるほど引き算すれば良いんですね。

お礼日時:2001/04/14 23:53

使っているOSは何ですか?



ちょっとうろ覚えなので自信がありませんが、
Solarisとか一部のOSでは「-i」はマルチキャスの為の
インタフェースアドレスを指定するオプションだったような気が...
ちなみにその場合配信間隔は「-I」と大文字になります。

詳しいことがわかったらまた回答します。
...ってその前に他の方が回答するかな? ^ ^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は、OSはWin98です。
明記しなくてすいません。
でも、勉強になりました。

お礼日時:2001/04/14 23:40

-iはpingでパケットを送る間隔を秒で指定するだけなので


TTLとは関係ないです。TTLの方は相手先から自ホストに
到達するまでの間にルータ等を通過する度に1つ引かれます。

TTL 251 と言う事は相手から応答が来るまでに4つの
ルータを通過していると言う事かと思います。

# -i 2 とした時に expireするのは謎ですが...(?_?;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
なるほど、255を最大として
そこから引けば良いのですね。

お礼日時:2001/04/14 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBINDのゾーンファイルでのTTL設定について

BINDのゾーンファイルについて質問させていただきます。

BINDのゾーンファイルで、全てのレコードに適用されるデフォルトの
TTL設定として、
 $TTL 86400
のようにディレクティブを記載するかと思います。

ここで教えていただきたいのですが、特定のレコードのみTTLの値を
変更したい場合は、特定のレコードにTTLを以下のように明示的に記載
すればよろしいのでしょうか?
 www  3600  IN  A  0.0.0.0

TTLを明示的に記載した場合、$TTLで設定した値よりも優先されると
いう認識で間違っていないでしょうか。

ご教示いただければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

制御エントリである$TTLは、以降に現れる資源レコードのデフォルトTTLを指定する。
以降の資源レコードは明示しない限り同じTTLになる。
この書き方はBIND8.2で導入されたものであり、BIND8.1までは個々の資源レコードにTTLを指定する必要がある。
だそうです。BIND8.2以降であれば、認識に間違いないと思いますよ。
っていうか、8.1までは$TTLって無かったような…

QL2スイッチからpingを打つ時について。

L2スイッチからpingを打つ時について。

VLANが設定できるL2スイッチであれば、ポートによって所属しているネットワークが異なる場合があると思うのですが、pingを打つ際、ping元のIPアドレスおよび送出されるネットワークは、管理IPアドレスと管理VLANから、になるのでしょうか?
(たとえば、↓はL2スイッチだと思いますが、このような場合、どのような動作をするのでしょう)

http://www.alaxala.com/jp/techinfo/archive/manual/AX2400S/HTML/11_4/COMMINDX/INDEX.HTM

Aベストアンサー

通常、L2SWに付与できるIPアドレスは1つ、そのIPアドレスをくくりつけられるVLANは1つです
ですので、

> pingを打つ際、ping元のIPアドレスおよび送出されるネットワークは、管理IPアドレスと管理VLANから、になるのでしょうか?

ということになります

QPINGのTTLについて

PINGのTTLについてですが、
-iスイッチを使って指定した数と
帰ってきた数が違うのはどうしてでしょうか?
どなたかわかる方お願いいたします。

例)PING -i 5
Replay...........TTL251
例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

共に相手に届いていると言うのはわかりますが、
-iスイッチで指定したTTLの数と
ReplayのTTLは、違うのですか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お使いの ping は Windows の ping なんですよね。

-i に続ける数値は、通り抜けられるルータの数だと思ってください。

例としてあげてもらった相手は、ルータ3個以上をまたいだ向こうだ
ということです。

なので、

例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

は相手に届いていないです。二個目のルータが、もう届けられないよ、
という返事です。


次に、ping が表示する TTL の数値は、相手が返してきた
Time To Live フィールドの数値です。

最初の回答の方が

> TTL 251 と言う事は相手から応答が来るまでに4つの
> ルータを通過していると言う事

というのは BSD系の unix は 255 を TTL フィールドに
入れて返します。ルーターを通る度にひとつずつへって行く
ので、自分(ping を打った側)に返ってきたときには
251 になってる、つまり 255 - 251 で、4つ通ってきた
ということです。

でも、255 を入れて返さなければいけない、ということが
決まっているわけでは無いので、相手次第で、この数字は
変わります。

WindowsNTだと多分128、他にも64で返すunixを知ってます。


ちなみに、いわゆる unix 系に実装されている ping では
-t のオプションが TTL の指定です。

参考URLには linux の man を示します。TTLの詳細という
項が参考になると思います。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/netkit/man8/ping.8.html

お使いの ping は Windows の ping なんですよね。

-i に続ける数値は、通り抜けられるルータの数だと思ってください。

例としてあげてもらった相手は、ルータ3個以上をまたいだ向こうだ
ということです。

なので、

例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

は相手に届いていないです。二個目のルータが、もう届けられないよ、
という返事です。


次に、ping が表示する TTL の数値は、相手が返してきた
Time To Live フィールドの数値です。

最初の回答の方が

> ...続きを読む

Qスイッチで挟んでもpingは通らない?

図のように、スイッチでPCを2つつないで(それぞれのPCには、手動でIPアドレスを設定、サブネットマスクは255.255.255.0)、pingは通じるのでしょうか?

単なるスイッチだと(レイヤ2だから?)つながらないのでしょうか?

もし、つながらないとすると、どのようにすればpingできるようになるのでしょうか?(ルータをはさむなど?)

Aベストアンサー

ネットワークアドレスを同じ設定にしているPC同士なら
スイッチを挟んでpingは通るでしょ?

Qプルアップ抵抗(TTL+CMOSの接続法)

TTLとCMOSの接続について質問です。
信号入出力レベルの違いからTLL出力端子 → CMOS入力端子とする場合に注意が必要なことがわかりました。
TLLの出力論理が「1」のとき、CMOSの入力が「0」と認識しないように接続にはプルアップ抵抗を使うとのことでした。
質問を進めるにあたり、一般にTTLの論理が「1」のとき出力電圧Min=2.7V、CMOSの入力が3.5V以上で「1」と認識することを前提に致します。
〔質問〕
TTL出力「1」= 2.7Vのとき、5Vにつられたプルアップ抵抗を介せば、CM0Sの入力はやっぱり2.7Vの電圧がかかって、CMOSは入力は「1」とは認識できないのではないかと思うのです。うまくいく説明をしていただければと思います。

うまくいかないと思う理由
TTL出力「1」=2.7のとき、電流は5Vから抵抗を介してTTL出力=2.7Vに流れます。TTL出力とCMOS入力は常に接続されていて、なおかつ電流が流れていてもTTL出力は2.7VであるのでCMOS入力も2.7Vとなり何もメリットがあるようには思えません。

TTLとCMOSの接続について質問です。
信号入出力レベルの違いからTLL出力端子 → CMOS入力端子とする場合に注意が必要なことがわかりました。
TLLの出力論理が「1」のとき、CMOSの入力が「0」と認識しないように接続にはプルアップ抵抗を使うとのことでした。
質問を進めるにあたり、一般にTTLの論理が「1」のとき出力電圧Min=2.7V、CMOSの入力が3.5V以上で「1」と認識することを前提に致します。
〔質問〕
TTL出力「1」= 2.7Vのとき、5Vにつられたプルアップ抵抗を介せば、CM0Sの入力はやっぱり2.7Vの電圧がか...続きを読む

Aベストアンサー

大学の課題問題でしょうか?
今どきTTLとCMOSを接続するようなこともないと思います。

>論理が[1]のときは、Q3のエミッタがリークによりわずかながら電圧降下を生じたほぼ5Vとなり

ちょっと違います。リークがあると出力電圧は 5V になりません。リークがあると Q3 が動作してしまい、出力電圧が 3.5V~3.7V くらいの下がってしまいます。プルアップ抵抗をつけることで 出力端子の電圧が 5V に引き上げられるので Q3 が OFF になります。

ただし注意しまければならないのは、出力端子にCMOSをつないでいるときは出力電流がほとんど流れないのでそうなるのですが、出力電流が 100μA 程度流れると電圧が 3.5V~3.7V に下がってしまいます(プルアップ抵抗が 10kΩの場合)。したがって、CMOS以外のものとつなぐときはプルアップ抵抗の値を変える必要があります。

ちなみに「出力電流が 100μA 程度流れると電圧が 3.5V~3.7V に下がる」というのは、回路シミュレータで [1] の回路をシミュレーションした結果で、出力電流が 1μA 未満なら電圧は 5V でした。

大学の課題問題でしょうか?
今どきTTLとCMOSを接続するようなこともないと思います。

>論理が[1]のときは、Q3のエミッタがリークによりわずかながら電圧降下を生じたほぼ5Vとなり

ちょっと違います。リークがあると出力電圧は 5V になりません。リークがあると Q3 が動作してしまい、出力電圧が 3.5V~3.7V くらいの下がってしまいます。プルアップ抵抗をつけることで 出力端子の電圧が 5V に引き上げられるので Q3 が OFF になります。

ただし注意しまければならないのは、出力端子にCMOSをつないで...続きを読む

Qホスト名でpingが通るが、IPでPINGが通らない

WIN2000サーバーをインストールしたのですが、
自分にPINGを通した場合に、コンピュータ名でPINGは通るのですが、IPアドレスを指定するとPINGが通りません。
エラーメッセージは"Destination host unreachable."
です。
ネットワークには接続していない状態です。

Aベストアンサー

こんばんは
NWに接続していない状態では、ネットワークカードにIPアドレスを設定していても、そのIPアドレスは有効になりません。
また、ホスト名(PC名)はネットワークカードに付与しているわけではありません。

この為、質問のような状態が発生します。

参考までに、127.0.0.1 には通りますか?

Qttlについて…

学校の課題でc++でpingを作れと言われました。プログラムを作って表示するところでWindowsで普通にpingを通すとReply form bytes time ttlを表示するので、自分のプログラムもこれらを表示するようにしました。ですが、先生にttlは何故必要なのか?と言われあんまり考えていなかったので答えられませんでした。なぜttlは必要なのですか?少し噛み砕いて教えていただけたら幸いです

Aベストアンサー

こちらを読めば解決しますよ。
http://www.tef-room.net/main/icmp.html
下のほうにある「TTLってなに?」を読んでください。

QL2スイッチで実現するには..

R(ルータ)とSW(L2スイッチ)で以下の様なことを実現したいと思っています。R、SWに必要な機能は何ですか?

・LANを4セグメン作りたい
・その4セグメント間は通信の必要なし
・各セグメントからRを経由して様々なNWと
 通信を行う。

VLANは必要だと思いますが、VLANにもいくつか種類がある(マルチプル、タグ、ポート)どの機能が必要か教えて下さい。また、Rから見てLAN1~LAN4は全て違うネットワークに見えるのでしょうか。Rに各セグメントごとのルーティングって設定可能なのでしょうか。
SWのR側LANはLAN1~LAN4以外のセグメントが必要なのでしょうか。
まとめて聞いて申し訳ないですが、NWに詳しい方よろしくお願いします。

他NW--R--SW--LAN1
      --LAN2
      --LAN3
      --LAN4
 

Aベストアンサー

またまた#2です。
R-SW間の接続はトランクリンクになるかと思われます。
ベンダー・機種にもよると思いますがRの接続インターフェースそのものにはIPアドレスは不要です。
接続インターフェースの各VLANに対してIPアドレスを設定します。
詳細は各機器のマニュアルを参考にしてください。

以下はCISCOのものです。
VLANについて(Catalyst2900/3500の場合)
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/lan/cat29/2935scg/chapter09/09_swvlan.html

VLANルーティングについて(CISCO1700)
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/rt/1700/51scg/index.html

QTTL変調

レーザー関連でTTL変調って事をよく見ますが
TTLとはなんの事ですか?
ネットで調べても、専門的な説明しかないのでよくわかりません。


http://www.bblaser.com/bbl_item/bbli002_align.html

Aベストアンサー

TTLとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Transistor-transistor_logic#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.95.E3.82.A7.E3.83.BC.E3.82.B9
>Transistor-Transistor-Logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。
であり、扱う信号の基本単位は0か1かの2状態のみです。

一般的なレーザー発振器で「TTL変調ができます」という場合

別の装置のTTL出力をレーザー発振器のTTL変調入力に繋げば、0か1かの2状態に応じた
レーザー発振制御ができます。ってだけの事です

http://activeray-sci.com/Products/Laser/Green/TECGL-XX-532-TTL.html
の下のほうのTTL変調の説明図が解り易いかもしれません。

単純にON,OFFか、機器によってはHi,Lowか、という違いはありますが
いずれにせよ2状態のどちらかを選択制御です。

TTLとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Transistor-transistor_logic#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.95.E3.82.A7.E3.83.BC.E3.82.B9
>Transistor-Transistor-Logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。
であり、扱う信号の基本単位は0か1かの2状態のみです。

一般的なレーザー発振器で「TTL変調ができます」という場合

別の装置のTTL出力をレーザー発振器のTTL変調入力に繋げば、0か1かの2状態に応じた
レーザー発振制御ができます。ってだけの事です

http://activer...続きを読む

Q東芝製HDDレコーダーRD-H1でi-netから番組表を受信できない。

先日、東芝製HDDレコーダーRD-H1を購入し、

NTTからレンタルしているモデム、
NEC製AtermWB45RLを
経由し接続しました。
図:モデム-AtermWB45RL-パソコン&RD-H1

ところが、いざ番組表を受信しようと思っても
うまくいきません。

IPアドレスはそれぞれ
PC…192.168.0.3
ルーター…192.168.0.1
RD-H1…192.168.0.2
にて行っています。

PCはインターネットにつながりますし、
http://192.169.0.2でRD-H1の設定も参照できます。
原因は何が考えられるでしょうか・・・

Aベストアンサー

Q9.ルータを使わずに、モデムから直接LANケーブルでRD-H1をつないで、RD-H1を立ち上げ、ネットでナビがRD-H1で見えるかためしていただけますか。この試験で、ルータが関係しているかの切り分けができると思います。
Q10.PC,RD-H1のLAN CABLEをはずし、モデム、ルータ、PCの電源を切って、もう一度はじめから、モデム、ルータ、PC,RD-H1の設定(IPアドレスの取り込み等)をやっていただけますか。 (1)モデムとルータ間のケーブルをつなぐ。(2)モデムのみ電源を入れる。(3)ルータとPC,RD-H1のケーブルをつなぐ (4)#2が安定化したら(2分ぐらい)ルータの電源を入れる。 (5)PC, RD-H1の電源を入れる (6)PCでインターネット
接続ができているか調べる (7)RD-H1でナビが見えるか確かめる
(8)だめな場合、ルータの管理プログラムにPCからアクセスして(多分192.168.1.1あるいは192.168.1.0, 192.168.0.0のどれかではないかと思います)設定の状況を見る。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報