latex初心者です。論文等で使う脚注に関して質問があります。

次のように、ある1つの文章に対して4つとか5つとか沢山の脚注を付ける場合があると思います。
『○○はXXである。^1,2,3,4,5』

これを、脚注番号をまとめて次のように記述したいのですが、どのようにすれば良いでしょうか?
『○○はXXである^1-5』

latexで脚注を付ける際には \footnote{} を使用しているのですが、そうすると前者のようになってしまいます。

ご教授下されば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分でマクロを書いたり、そこまでしなくとも書き方しだいで何とかならないことはありませんが、cite.sty を使うのが手っ取り早いです。


このスタイル・ファイルなら、\footnote 使用時の順序に関わりなく、ソートするオプションもあります。

参考URL:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答が遅くなり大変申し訳ありません。
教えて下さったURLを拝見しました。使ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 22:02

質問者は書きました。


>説明不足でした。私が書くのは書籍ではなく、学術論文です。
>学術論文では、4ページの論文に脚注(正確には、参考文献)20~30個くらい付けるのが普通なのです。

kabaokabaさんは書きました。
>ありません.そのような本はかなりレアでしょう.
>少なくともまとな編集者がかかわっている限りはありません.

引用文献リストの書き方、引用文献を本文中でどう書くか、論文の書き方、組版を勉強してください。
本文中では引用文献名と著者を全部書くようなことはしません。脚注に引用文献名と著者を書くようなこともしませんね。

TeXは、論文・書籍の論理構造を書くソフトウェアです。論文・書籍の論理構造、組版ルールを知っている必要があります。

編集者のお世話にならずに論文・書籍を作成できますが、執筆者は編集の仕事ができるくらいの組版知識を持っていないと、論文・書籍の形態をなさない代物ができてしまうことになります。まったく他人の目に触れないうちに一人で書籍を作成できるので、誤字・脱字・同音異義語・言葉遣いについて誰かに見て指摘してもらう必要があります。

学会によって、論文投稿用の書式例と(TeXの)書式が示されている場合があります。
論文はネット上にも掲載されていますから、参考にするとよいと思います。

参考になるサイトを紹介します。
TeX Wiki
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/
TeX関連リンク(国内)に学会スタイルのリンクがありますから、読んでみるとよいでしょう。

Wikibooks
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

書籍のルールなどももちろん重要なのは分かりますが、今知りたいのは単純に
[1-3]のように脚注(参考文献)を書く方法だけなのです。

だんだん趣旨がずれてきてしまったのでこれにて締めます。
回答して下さったみなさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 11:56

#1はなんか勘違いしてないか?


cite.styは\citeであって\footnoteではない.

で,
>のように、ある1つの文章に対して4つとか5つとか沢山の脚注を付ける場合があると思います。

ありません.そのような本はかなりレアでしょう.
少なくともまとな編集者がかかわっている限りはありません.

普通の書籍の編集作業では,
脚注は極力へらすのです(読みにくいから).
また,脚注はその箇所に「しか」つかないので
複数の脚注を一箇所につけるのは意味がないのです.
もし同一の内容の脚注を複数個所につけるのであれば
それは「参照」という形を使います.
#「p.XXXの脚注XXを参照」のように記述される.

ということで,著者は体裁のような余計なことを考えずに
内容に集中すべきです.
最後まで自分で組んで出版するというのは
初心者には不可能ですし,
TeXに習熟してても「本作りの初心者」だったらやっぱり出版は無理です.
出版しないのであれば,最低限のもの以外は
体裁にこだわる意味はないでしょう.

さて・・・TeXのマクロ的なことをかんがえると

ああああああああ\footnote{....}\footnote{....}\footnote{....}

のようにして,

ああああああああああ1-3

のような脚注番号を出力させるのは困難.
これは「未来のことは予測できないし,過去には戻れない」ということです.
すなわち,\footnoteを処理した段階で直後に\footnoteがあるかは判別困難であり,
\footnoteの直前に\footnoteがあったかを取得することも困難ということです.

可能性として\futureletをうまく使えばできるかもしれないけども
\footnoteはかなり複雑なマクロであり,展開をすべて追いかけると
\outputまで到達するので\futureletのタイミングが難しいかも.

ほかの手としては,別ファイルに吐き出して処理する手があるかもしれないけど
「連続した\footnote」をどのように判別する方法がやはり難しい.
etex/pdftexのプリミティブである\pdfsaveposを使えばきっとできますが
かなり難しいマクロになるでしょう.
#かなり新しいeplatexを使うことになる.
#アイデアとしては\footnoteがあるたびに\pdfsaveposで絶対位置と\footnoteの内容を検出し,
#\footnoteの使われた位置を把握して,\footnoteが連続しているかを判断する
#連続の判断基準をどうするかがやはり難問だけど位置が分かる分まだまし

あとはインタフェースをかえて
\footnote{最初の脚注}{二つ目の脚注}{三つ目の脚注}
としてしまう手.
これはTeXのマクロは9こ以上の引数をとれないという制限を回避する必要があるけども
#1のcite.styと同様の処理をすればなんとかなるはず.
引数の個数の制限をなくすには
再帰的な引数処理(eepic.styの\drawlineやpstricks.styの\pslineのような
引数の個数制限のないマクロの処理)を参考にするか
引数のデリミタを考えて
\footnote{最初の脚注::二つ目の脚注::三つ目の脚注}
のようにしてしまう方法もあるけど,デリミタを処理するのにやっぱり再帰処理が必要になる
(これは\@tfor/\@forの処理を真似ればよいけど)ので,それなりに厄介.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
説明不足でした。私が書くのは書籍ではなく、学術論文です。
学術論文では、4ページの論文に脚注(正確には、参考文献)20~30個くらい付けるのが普通なのです。

う~ん、kabaokabaの教えて下さった方法は、私にはかなり難解です。
教えて頂いたものを順次調べてみたいと思います。

お礼日時:2011/04/16 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部首:音読み・訓読みとは別の作り方で考案された名称

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮名と関係がある

冖 → わかんむり
宀 → うかんむり
殳 → るまた
禾 → のぎ
釆 → のごめ

2)形と関係がある

丨 → ぼう、たてぼう
亅 → はねぼう;かぎ

3)仮名とも形とも関係がある

丿 → の;はらいぼう

4)他の部首の名称が影響を与えた

冫 → にすい
頁 → おおがい

5)他の部首の名称が影響を与え、区別するためにも作られた

酉 → ひよみのとり
隹 → ふるとり

上記のものはいつ・どこで・誰によって考案されたでしょうか。また、どんな過程によって・どの時点でその名称が定着したでしょうか。詳しい方、是非、教えて下さい。

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮...続きを読む

Aベストアンサー

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が作られ、篇が構成され、篇目すなわち部首であったから、篇とは部首全部について適合しうる語であった。また「片」の字も用いたのであって部は篇と同意で、したがって部首字が篇(また片、偏とも書かれた)とも呼ばれた。」
「日常的に多く見る漢字の偏旁冠脚の場合は通俗的なものを必要としたので、ほぼ一般に弘通した名があったが、部首字すべてに通俗の呼び名が行われたものとは認めがたい。部首名のまとまった資料は『運歩色葉集』、キリシタン版『落葉集』(小玉篇)、江戸時代に入っては、『節用集』末書などに付録されたものがある……」


  『新撰字鏡』(しんせんじきょう)昌住撰、900年成立。漢字を160の部にわけ、漢字で発音と意義を示すが、和訓も少なくない。最古の漢和辞典といわれる。
  『運歩色葉集』(うんぽいろはしゅう)16世紀半ばの成立。「色葉集」(語を頭音に従ってイロハ分けしただけの国語辞典)の一つ。
  『落葉集』(らくようしゅう)日本イエズス会のコレジヨで、1598年成立。「落葉集」(漢語の最初の漢字の音でイロハ分けした漢語字典120頁)・「色葉字集」(和語を頭音でイロハ分けした国語字典44頁)・「小玉篇」(漢字を140の部首で分けた漢字字典34頁)の三部構成。

『節用集』末書の二つを参看しました。

『(増廣字便)倭節用集悉改袋(やまとせつようしうしつかいふくろ)』1776 「篇冠構尽(へんかふりかまへつくし)」 135部首 
『大全早引節用集』天保年間 1840頃 「編冠構字尽(へんかむりかまへじつくし)」 98部首

近代の漢和辞典

榮田猛猪『(縮約)大字典』1920(大11) 「部首名称」 137部首
諸橋轍次『大漢和辞典』1955~60(昭30-35)では部首字(とその異体字)に読みを「国訓」として入れたものがあります。その数およそ110

 「部首のよみ」を全部そろえるようになったのは、ごく近年になってからのことのようです。

               1955     1920   1840       1776     1598
力    ちから     ちから    ちから   ちから      ──     ちから
      ──     ちからづくり ──    ──      ちからつくり
瓦    かわら      ──    ──    ──      かはら    かはら
臼    うす       ──    ──    ──       うす 
鼓    つづみ     
十    ジュウ      
寸    スン       ──    ──     ──      すんつくり   すん
臣    シン       
龍    リュウ       
比    ヒ         
     ならびひ      
     くらべる      
用    ヨウ        
     もちいる     
走    そうにょう   そうねう   そうねう    さうねう    そうにう    そうにう
     はしる       
辛    シン       
     からい      
門    モン       
     もんがまえ    ──    もんがまへ
     かどがまえ  かどがまへ  かどがまへ  かどがまへ   かどかまへ  かどがまひ
冖   わかんむり   わかんむり  わかんむり  へきかぶり   ひらかふり  ひらかむり
宀   うかんむり うかんむり   うかんむり  うかぶり     うかふり   うかむり
殳   るまた るまた     るまた    るまた    つはものつくり  るまた
    ──        ほこづくり
禾   のぎ のぎ      
    ──        のぎへん    のぎへん  のぎへん    のぎへん  のぎへん
釆   のごめ のごめへん   のごめへん  
丨   ぼう      
     たてぼう     ──     ──    てつちう 
亅    はねぼう    
     かぎ      
丿   の         ──      ──     へつへん
     はらいぼう  
冫   にすい にすゐ     にすゐ    にすい    にすい    にすい
頁   おおがい おほがひ   ──     ──      おほがひ
酉   ひよみのとり  ひよみのとり  ひよみのとり ひよみのとり ひよみ   ひよみのとり
     とりへん     とりへん    とりへん
隹   ふるとり ふるとり     ふるとり    ふるとり    ふるとり  ふるとり

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が...続きを読む

QPC初心者で質問内容がむちゃくちゃかもしれませんが、質問させて下さい。

PC初心者で質問内容がむちゃくちゃかもしれませんが、質問させて下さい。

[aaa(1).jpg]というファイルをブラウザ上でやりとり?した時にURLでファイル名の記号の部分が下記のような形に自動変換されてしまいます。

…/UserFiles/Image/aaa%281%29.jpg

[aaa(1).jpg] → [aaa%281%29.jpg]


このことについて詳しく調べてみたいと思っているのですが、何と検索していいのかが分かりません。
このような現象のことを何と呼ぶのでしょうか?

文字化け?エスケープ文字?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

俗に「URLエンコード」と呼ばれています
http://ja.wikipedia.org/wiki/URL%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

文字化けというのは、主に正しく表示できていない状態に使いますので、このケースではこれが「正しい」ので文字化けとは呼びません。

Q音読みと訓読み

私はもう少しで漢検を受けるのですが、音読みと訓読みがいまいちわかりません。学校では「音っぽい読み方をするのが音読み」と習ったのですが、全然わかりません。何か音読みと訓読みの違いを教えてください。

Aベストアンサー

カタカナで書きたくなるのが音読み
ひらがなで書きたくなるのが訓読み

意味を表すのが訓読み、表さないのが音読み

日本語っぽいのが訓読み、中国語っぽいのが音読み

QMusicTeXの記号を普通のLaTexで使うには

LaTexで楽譜を作成する為のソフトウエアに、MusicTexと言うのがあります。
MusicTexは、楽譜と音楽記号を扱う為の環境を提供します。

ここで、音楽記号を、楽譜上で扱うのでは無く、Latexで数学記号の様に扱え
ないかと思いました。例えばMusicTexのダブルシャープをクロス積の記号で
扱うと言った感じです。記号を作ってeps形式にして、無理やりはめ込む事で
も実現出来ますが、既存のリソースを応用した方が良いのではと思い、質問
しました。

恐らくMusicTexの記号データを引き抜いて、styファイルを作成して実現させる
のだと思いますが、Σ記号の様な使い方(ダブルシャープでベクトル三重積に
応用など)もしたいので、大まかな方法を指南していただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://www.ctan.org/tex-archive/info/symbols/comprehensive/
のsymbols-a4.pdfを見られたらいいかと思います。

Q「猫」は音読みはないのでしょうか?

「犬」は音読みで、「ケン」と読みますが
「猫」は音読みはないのでしょうか?

Aベストアンサー

「びょう」です。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/187633/m0u/%E7%8C%AB/

QCDドライバー、DVDドライバーの書きこみ等に関する質問ですw

えっと、自分のCDドライブまたはDVDドライブが書き込み可能なのか?DVDだったら-に書き込めるのか+に書き込むことがかのうなのか?なん倍速までの速さで書き込めるのか調べることはできますか?

どうかご協力お願いします。

Aベストアンサー

マイコンピュータ右クリック・管理・デバイスマネージャでDVD/CD-ROMドライブを開いて型番をヤフーかなのかで検索すれば分かります。

またはPCの型番を教えてくれれば誰かが教えてくれるでしょうがまずは一度検索してみてはどうでしょう。

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

QOSはWindows XPです。Wordを使っていますが、初心者のため

OSはWindows XPです。Wordを使っていますが、初心者のためなかなかうまくゆきません。PSに取り込んだ写真を文面に取り込む方法がわかりません。わかりやすく教えていただけないでしょうか。デジカメの写真をPCのどこに取り込んでおくのがWordへ取り込みやすいかも教えてください。

Aベストアンサー

Word2007(ワード2007)基本講座:図や写真の挿入方法
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word/w-zu.htm
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word2007/word2007-photo.html


>デジカメの写真をPCのどこに取り込んでおくのがWordへ取り込みやすいかも教えてください。

写真は、Dドライブ等に任意のフォルダを作成して、保存しておけばよいでしょう。

自分が解りやすいフォルダ名を設定して分類整理するのが普通でしょう。
例えば、”写真”と言うフォルダを作成し、その中に”2010”と言う年を表すフォルダを作成。
そして、その中に”05”という月を表すフォルダを作成して、写真を入れるという方法もあります。
”05”でなくても、”TDL05”とか”花見”、”○○さん結婚式”など内容が解りやすい名前を付けると良いでしょう。

きちんと整理しておけば写真を早く探す事ができると思います。


エクスプローラ (or マイ コンピュータ) の使い方
http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/windows/explorer/explorer.htm
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/12/windows-7-cc11.html

Word2007(ワード2007)基本講座:図や写真の挿入方法
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word/w-zu.htm
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word2007/word2007-photo.html


>デジカメの写真をPCのどこに取り込んでおくのがWordへ取り込みやすいかも教えてください。

写真は、Dドライブ等に任意のフォルダを作成して、保存しておけばよいでしょう。

自分が解りやすいフォルダ名を設定して分類整理するのが普通でしょう。
例えば、”写真”と言うフォルダを作成し、その中に”2010”と言う年を表すフォル...続きを読む

Q「菊」 の 読み「きく」 は何故音読み?

中学校の時から今までずっと疑問に思っていたことです。

菊 を 辞書で調べると 音読みとして キク と書いてあります。読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、キクが音読みだと言われても腑に落ちません。中国語でも 菊は ju2 じゅー でキクと全然にていません。他の一文字の植物名は調べた範囲ですべて訓読みです。

なぜ音読みなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音など知るはずもない),実際に,例えば「山」の音読みと訓読みは何か,と考える際には役に立ちません。
そこで,一種の便法として,「さん」だと意味がよく分からないが,「やま」だと分かる,というような教え方をするわけでしょう。
したがって,そこには「菊」のように,おのずと例外が生じます。

「門」など,音読みの「もん」は1年生でも分かるでしょうが,訓読みの「かど」は通じない子が多いのではないでしょうか。「かどで」なんて言葉を知っている1年生は少ないでしょう。かどと言われると,「角」だと思う子が多そうです。

さらに,中国語の読みも,地域により,また時代により,変化しています。
確かに今の北京音では,「菊」は「チウ」のような発音ですが,古い発音を比較的よく残している広東語(ホンコンなど)や,朝鮮語(韓国語)の発音では,kuk(クク)となり,日本語のキクに近いものがありますね。

もう1つ2つ,例をあげますと,「民」は北京語,広東語,朝鮮語,日本語いずれも「ミン」でよく似ていますが,「学」は北京語xue(シュエ)に対して,広東語hok,朝鮮語hak,日本語gakuです。
つまり,今の北京語は,日本語の漢字の音読みの元になった発音からはかなり変化しているので,一見(一聴?)して似ていないように思えても,きちんと音韻の変化などを調べると,やっぱり音読みだったという場合があるということです。

というわけで,
>なぜ音読みなのでしょうか。
という質問に対しては,「中国での音が日本風になまったものだから」と回答することになります。

「音読みには比較的○○なものが多い」のは確かだとしても,「全て」というわけではありませんので,逆にして「○○な読みは音読みだ」と決めつけることはできません。

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音...続きを読む

QHTMLに関する論文の読解

http://repository.upenn.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1027&context=db_researchといったHTMLに関する英語の論文があるのですが知識がなさ過ぎて何が書いてあるかいまいちわからないのですが、どのようなことが問題点として挙げられていて、結果的にどのようなことがわかったのでしょうか。概要だけでも教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 学校で英語の論文を読んできて説明する機械があるのですが

そうなのであれば、概要ですら他人に聞いては意味がないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報