最近、フィギュアを作り始めた者です。

ファンドで作っています。ポリパテは身体によくないと聞いたのと、アレルギーが出るので使えないのですが
ファンドのみで
作っているフィギュアやフィギュア制作の本が
あまり私は知らないので
オススメなど
あったら教えてほしいです。
それから原形師になるにはポリパテを使えないと
ダメでしょうか?

ファンドのみで
制作している原形師の方が居たら知りたいです。

よろしくお願いします(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うん プロもフィギュアの原型はポリパテで作る人が多いんですけど、調べていてスカルピーを使っている人が結構多いことに気づいたんです。



ポリパテに着色する人もいますが、本来は原型用ですよね。
スカルピーは作ったそれがそのままフィギュアになる。
複製したい場合は、やはり型を作るのでしょうけど、もったいない。 いい肌色出ているのに。


いろいろ作り方はあるようですが、soloさんすごいと思った。
普通は絵を粘土の上において、ふちどりしたりしてサイズを決めるんだけど、soloさん ダイレクトに描いていってる。
基本できている人ってすごいなぁ って思いました。




体質が合うのなら スカルピー シリーズがいいと思う。
何度でも練習できるし。
どこででも手軽にできるので、電車の中や待ち時間にチョコチョコぽっけにナイフを入れてお出かけ先で遊べる。
手 汚れません。まあ 少しだけべたべた感はあるので、ウエットティッシュ持ち歩いたほうがいいと思いますが。

http://www.youtube.com/watch?v=FzEW_TBFKAg

硬いけど、削れて盛れる。そうそう伸びるから造型しやすい。

ガンダム ざっと作ってうえから鋼装具くっつけて、削りながら大きさあわせていけるし。
詳細まで納得いくまで作りこめるってのがいいと思う。

ポリパテも固まるのがすごく遅いのもあるらしいが、時間がたって固まりだすと造型しにくいと思う。
だからパーツを型紙でとっておいて ちゃちゃってして、後はナイフで削っていくわけですが、、、
スカルピーみたいに細やかに削れなさそう。


スカルピーは買った当初は「岩でつかー」ってくらい固い。
ナイフでカットして手の平でこねて体温でやわらかくしようとしたけど、硬い 硬い。


そこでジップロックに入れてオコタで暖めてみました。
ぜんぜんやわらかくならなかったので、電子レンジに入れてみました。
やわらかくなりました、が しかし、 こねているうち冷めて油が飛んじゃって もう修復不可能なカピカピ ポロポロになってしまいました。 とほほ・・・軟化剤でこねなおさないといけなくなってしまった。
軟化剤入手するまで放置、新しい粘土を削りだして、再びチャレンジ。

チャレンジャーな私は情報を新たに仕入れた。
パスタメーカー。
そう パスタをこねる機械。
1000円くらいでレビューを書くと送料無料のところがあったので買っちゃいました。
本当は電動式のヤツが欲しかったが。

で、サーニットとスカルピーを重ねて「うんこら どっこら」って10回くらいそれに通したら、見事に溶け込んで手ごろな硬さの粘土ができあがりました。
スカルピーも何度もパスタメーカーに通したら やわらかくなった。


やったーーー! 
というわけで、そこからモリモリ、いえ もちろん素人がいきなりフィギュアは作れませんので、買った型に押し込んで、ワイヤを乗せて、もう片方にモールドを押し付けてパコン。

「ティンカーベルだぁ!」

そこからポージングでワイヤーをまげて飛んでるティンカーベルのポーズをつけてたら「うおーー 骨(針金)が肉(粘土)からはみ出たーーー」となり、結局 自分で造型する羽目になったのですが、そこで初めてスカルピーの造型しやすさを実感した。

「おもしろい サクサク削れて、もりもり盛れる!」

ということで、アレルギーが出なさそうなら、練習するのにもってこいはスカルピーシリーズ。

http://www.patriciarosestudio.com/html/tutorial. …
フリー チュートリアル。
一応ポイントが載ってますが、そういうのを参考にしながらみんな自分で独学でやっているんじゃないかと。
この作家にじかに習えるらしいです。
ただし5000ドル+マイアミまでの往復チケット。
海外旅行に行くつもりで習いにいくしかないですね。笑

一応 DVDの教材だと50ドルくらい。
youtubeでいろんな人が製作過程をアップしてますので、それで十分だと思う。
習うより慣れろ ですね。
    • good
    • 0



スカルピーがいかに彫刻がしやすいか、ビデオを見てわかっていただけたと思います。

アレルギーに関しては、わかりませんので、実際手にとって肌に貼ってパッチテストをするしかないかと。

スカルピーは固形粘土ですので、造型中は粉が舞うことは無いですが、焼いているとき変なにおいがします。

サンドペーパーなどで削れば粉が出るでしょうけど、ケーキを作るときのように大量に粉が舞うことは無い。
マスクをするなり花粉症対策と同じことをすれば、粉による目や器官の刺激は無いと思います。

私も皮膚は多少アレルギーがあると言われたことがありますが、スカルピーを触った手で顔を撫でてしまうことがあっても、炎症を起こすことは今のところ無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・いろいろ
あるのですね。
試してみます^^
詳しい説明
ありがとうございます!!

お礼日時:2011/04/28 18:47

私が使っているのはスーパースカルピー。




さらにサーニットというのがあって、こっちとスカルピーを混ぜて作っている人もいる。

サーニットだと透明感が出るので、肌の着色の手間が省ける。


この人、たぶんサーニットとの混合を使っていると思う。


スカルピーやサーニットは、焼くまで固まらないんです。
何度でも納得いくまで造型ができる。

サーニットは赤ちゃんとかの透明感のある肌を出すにはすごく適しているのですが、気温の変化に弱い。
ぐちゃぐちゃになっちゃって変形する可能性があるので、だから他の粘土とミックスしないと難しい。

http://www.aurora-model.jp/shop/60.html
原型師のsoloさんのホームページ。
プロスカルプのグレー使ってますね。
グレーは非常に造型しやすいそうです。

私は着色がめんどくさいので 笑 最初から肌色の粘土を使ってます。

フィギュアの造型本・・・・ うーーん
人間の体のサイズの標本が本来必要なんです。
美術本に載ってます。赤ん坊・幼児・少年少女、青年、大人 ・・・・とサイズ別に。

めんどくさいので、
http://www.patriciarosestudio.com/html/patterns. …
を印刷して、その上に針金置いてサイズを決めてます。

さらにめんどくさいので(笑) モールド買ってしまいました。

http://www.patriciarosestudio.com/html/pm_tinker …

さらにめんどくさかったので、手と足の指も結構作ってあるモールドまで買っちゃいました ><;
手の脈やしわまで詳細に表現できるモールドも見つけて手を出そうかとしたが、送料のほうが結構高いので、複数購入したくなったら、買うことにして。。。
ひとまず、自分で指のつめまでを削って表現するトレーニングしています。
本職になるつもりはないので、型抜きでいいじゃんってノリです。



本当なら頭 上腕・下腕 胴体上 腰 太もも 下肢 とパーツごとに作ってつないだほうが いろいろポーズができるのですが、めんどくさいので(笑) 針金を曲げて、粘土が針金から外れたら、後で造型しなおしてます。

特に膝とかくるぶしとか肘とか 針金を曲げると形も変わってしまうので、 粘土をくっつけて 削って を繰り返しています。

スカルピーだとこのくっつけて・削ってがデザインナイフ あと数本の道具で簡単にできちゃう。

気に入らないと ぶちゅーっとつぶして、再度モリモリってやって削って盛ってを繰り返して、「もうこのくらいでいいでしょ」ってやれる。

他の粘土だと徐々に乾燥して造型が難しくなるでしょ?
油粘土だと モールドとらないといけないでしょ?
スカルピーだと 多少大きさは焼くと変わるかもしれないが、どうしても複製したかったら、焼く前のヤツでモールド作っちゃえばいいわけで。

お試しでやってみては?
http://hoshifurumachi.cart.fc2.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベテランモデラー様!筆塗りの極意を!

私は25年以上の経験がある元モデラーです。今は本職が忙しいので休止中。
最近、知人に「塗装を教えてくれ」と言われて、旧グンゼ産業のミスターカラーを使った筆塗りを手ほどきしました。(買い置きがグンゼ産業時代のものしか無いため。)

しかし、なぜか固定観念があって「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。

「高いピースコン、コンプレッサー、塗装ブースを買わなくてはならない、そして、筆塗りよりマスキングのポイントのほうが重要だから、そこをしっかり教えてくれ。」といわれました。

私としては、筆塗りでまともに仕上げられるようになってからエアブラシにすればいいではないか、筆で十分素晴らしく仕上げられる。まず基本をマスターせよ、といっているのですが、忍耐力がないのか、完全に筆を馬鹿にしています。

そこで、「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。本人にも見せたいので、是非お願いします。

Aベストアンサー

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全てと言う意味ではありません。エアブラシテクニックを極めるのもいいとは思いますが、基本はあくまでも筆です。)

>「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。⇒ご要望にお応えして、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。(No.2さんがお書きの通り)これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面が得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法だと、例えばWWII時代のドイツ機の迷彩塗装のボカシなども表現出来るようになります。

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

(上記文は過去に私が回答した物から転載させて頂きました。過去ログは既にnonameになっています。)

エアブラシであろうが、筆塗りであろうが、直ぐにはうまく行くはずはありませんので、根気よく模型製作を重ねて行って欲しいと思います。継続は力なりですよ!

では、知人に宜しく!

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全て...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q秋葉原でスカルピーを探しています

スカルピーというプラスチック粘土を探しています。

都内であれば構わないのですが、できれば秋葉原で探したいと思っています。
ですが土地勘がないためどこに行けばいいのか分かりません。

スカルピーを扱っている店を教えてください。

Aベストアンサー

ラジオ会館のボークスなら確実ですね。
あと、秋葉原から総武線で15分ほどかかりますが、新宿の東急ハンズでも扱っています。いろんな種類のスカルピーがあります。

Q樹脂粘土でねんどろいどのようなフィギュアは作れますか?

好きなキャラのフィギュアを作りたいと思っています。
初めてなのでダイソーで売っている樹脂粘土を使ってみようと思っていましたが、調べていると石膏粘土を使っている人が多かったので樹脂粘土でいいのかなと思ってきました。
樹脂粘土でフィギュアは作れますか?
それと、作り方について分かりやすく書いてる本やコツなんかを知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

樹脂粘土に限らず粘土はクリープしますよ。
石膏(無水硫酸カルシウム)は水を結晶水として固まります。
  石膏粘土ってありません。石膏は図画工作で扱っているはず。
多分最も良いのは整形用のエポキシ樹脂・・・
 化学反応で耐熱性の熱硬化樹脂になる。とっても硬くなる。
ついで、熱軟化性樹脂を使ったもの。
 熱湯に入れて軟化した物を整形してさめるとカチカチになる。

 石膏を使うのはその後"型取り"などを行い、おなじものを複数作るときでしょうね。それほど強度がないので、ぶつかると割れたりかけたりしますが、逆に削ることがとてもも簡単ですから。その後シリコン型取り剤で型を取って、その型に反応硬化型のエポキシやポリエステルの樹脂を流し込んで作成する。この場合は粘土でも良い。
 フィギュア シリコン 型取り - YouTube( https://www.youtube.com/results?q=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2+%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3+%E5%9E%8B%E5%8F%96%E3%82%8A )

樹脂粘土に限らず粘土はクリープしますよ。
石膏(無水硫酸カルシウム)は水を結晶水として固まります。
  石膏粘土ってありません。石膏は図画工作で扱っているはず。
多分最も良いのは整形用のエポキシ樹脂・・・
 化学反応で耐熱性の熱硬化樹脂になる。とっても硬くなる。
ついで、熱軟化性樹脂を使ったもの。
 熱湯に入れて軟化した物を整形してさめるとカチカチになる。

 石膏を使うのはその後"型取り"などを行い、おなじものを複数作るときでしょうね。それほど強度がないので、ぶつかると割れたりか...続きを読む

Q痰が常にひっかかっています

いつも喉の奥の痰に悩まされています。 
少量の痰なので咳で出すこともできず、飲み込むこともできません。
呼吸時にも、その痰がへばりついているせいで息をしにくいし、つばを飲み込む時もスムーズに飲み込めません。
こういうのって、耳鼻咽喉科にいけば取ってもらえるんでしょうか?
それか自分で治すいい方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。これでかなり取れます。

しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。)胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。(深く息を吸って、はッ!と吐く感じです)

仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。

お大事にされてくださいね。

Qガンプラで筆ムラが出ないように塗るコツ

エアーブラシ無いんですけどなんとか筆ムラが無いように塗装したいんです。なにか良い方法、もしくわコツなんかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面を得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。この方法をもっと詳しくお知りになりたいのでしたら、隔月間誌の”スケールアヴィエーション”と言う雑誌のバックナンバーに図解入りで解説されていますので、機会があれば参考にして下さい。(飛行機プラモの専門誌ですが、各偶数月の中旬に発売されます。定価は1,380円となっています。)白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

なぜ筆ムラが出るかと言えば、塗料が均一に面に広がる前に乾燥状態に入るからです。ですので、乾燥を遅らせるか、塗面の凸凹を埋めて行く感じで塗装すれば均一の塗面を得られると言う事になります。

次に、エナメル塗料を使えばラッカー系塗料よりは筆ムラを抑える事が出来ます。これはラッカー系に比べて乾燥が遅いと言う理由からです。国内のエナメル塗料と言えばタミヤカラーが唯一の塗料ですが、欠点は塗面が弱い点ですね。乾燥後、塗面を触ると指紋がつく程です。ですので、この塗料を使った場合は必ずクリアでのオーバーコートが必要となります。(缶スプレーが便利です。)あとエナメル塗料としては最高品質と言われるハンブロール(イギリス製)と言うのもあります。国内でも大きなお店や専門店に行けば取り扱っているお店があります。こちらは使い方に癖のある塗料で、容器(缶入り)に直接溶剤を入れてはいけません。使う分だけ別容器に塗料を移し、それに溶剤を入れて濃度を調整して下さい。残った塗料を缶に戻すのもダメです。残った分は使い切るか、使わない状態が続くようでしたら廃棄して下さい。艶ありで約1週間から10日、艶消しで約2・3日の乾燥期間が必要となります。それから、エナメル塗料の上にラッカー系の塗料の重ね塗りは基本的にいけません。エナメル塗料が溶け出してしまいます。(反対はOK)ただ、この重ね塗りを利用して塗装すると言う裏技的な方法もありますが、かなり難しいです。(私はウェザリングや筆塗りのボカシ塗装に時々行なっていますが…。)

長々と書きましたが、色んな方法があります。最近エアブラシ全盛となっていますが、その分、誰が作っても同じ完成品となってしまい、個性がありません。画一的と言うか、みんな同じに見えてしまいます。そう言う意味では塗装の基本である筆塗りの方が各人の個性が発揮出来る完成品となります。筆塗りを窮めると、エアブラシで塗装した以上の綺麗で素晴らしい塗装をする事が出来ます。失敗を恐れずにどんどん経験を重ねて行って下さい。

模型も昔に比べると高価になってしまい、お小遣い程度で買えるキットが少なくなっったのは残念ですが、模型人口を増やす意味でも、もっと容易に入手出来る価格になって欲しいと思う中年モデラーでした。(長くなってすみません。)

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使...続きを読む

Qフィギュアの作り方 石粉粘土などで

フィギュアの作り方について、質問させて頂きます。

なるべくあまりお金をかけずに、フィギュアを作ろうと思ってます。

・着色は絵の具ですが、石粉粘土は大丈夫ですか?
・また、絵の具を粘土に混ぜることはできますか?
・粘土系でやろうと思うんですが、やっぱり石粉粘土のファンド系がオススメですか?
・粘土といっても、少し重みがあるものなんですか?
・柔軟性や強度性は?
・石粉粘土でfigmaのように関節部分を作れば、動きますか?(壊??
・石粉粘土はどこで売ってますか;;
・フィギュアといえばポリパテですが、やっぱり値段はしますよね;


質問が多くてすみません;
フィギュア作成について詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが、反面硬化(ファンドの場合は乾燥して
硬化)するまでに時間がかかり、短期間での工作には向かないこと、
乾燥後も結構欠けやすいことなどの短所があります。また基本的に
ファンドは水溶性なので、乾燥後も水性のカラーなどで塗装すると、
水分を吸収して柔らかくなったり溶けたりしてしまいますので、注意が
必要です。
着色については、水性カラーを混ぜることもできますが、手に色が付い
ちゃうのと、どうしても手垢などもついてしまい、思うように綺麗な表面
にはしにくいのであまりお勧めしません。ごく小さなものであれば
コピックなどのアルコール系マーカーなどがタッチペイントに結構使え
ますが、本格的に塗装する場合は、溶きパテなどで表面処理する必要が
あります。
この溶きパテでの表面処理は、ファンド原型の上から溶きパテを塗って
パテの薄い層を作ることで耐水性にすることができ、耐水ペーパーなど
での水研ぎが可能になります。また複製するばあいにも型取り用のシリ
コーンゴムがしみこまないように必須の手順となりますね。

市販の関節を入れてFigmaのように可動化させることは一応可能ですが、
軸の受け部分がどうしても磨滅してユルユルになったり、細かい部分だと
砕けたりするので、どうしても関節を入れたいなら原形を複製して、
無発泡ウレタン(ガレージキットなどの素材、俗にキャスト)に置き換え
た方が無難です。

最後にファンドの重さですが、普通の紙粘土よりちょっと重めといった
感じです。1/8サイズ以上の人型のフィギュアを作る場合は、中に
芯材を入れた方がファンドの節約にもなりますし、自重で変形する恐れ
もなくなります。一般的に使われている芯材は割り箸などの木材、真鍮線
などですが、裏ワザとしてはアルミホイルが結構重宝します。

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが...続きを読む

Qエポキシパテでのフィギュア作りについて

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色にするという点ではサフ無しでも大丈夫だと思います。
ただ、きれいな表面を作るためにサンドペーパーが必須かと思います。
荒削り用と仕上げ用で、2.3種類買ったほうがいいのかと思うのですが、エポキシパテ*プラ用はかなり硬度が高く、削りにくいという話をちょくちょく目にしたので、番目は何番を選べばいいか、参考までに教えていただけたらと思います。
最終的な仕上げ用は1500~2000ぐらいを考えています。
※パテが完全に固まると硬すぎて削れないと聞いたのですが、固まる前に行ったほうがいいのでしょうか?

(2)サーフェイサーなしでの塗装

一般的な塗料はMr.カラーのようですが、サーフェイサーなしでもそのまま塗って問題ないでしょうか。
(色のつきが悪いでしょうか)
また、薄め液はないと塗りにくいですか?
薄め液を使うと色のつきが弱くなってしまいそうなイメージがあるのですが、ないと逆にこってりつきすぎてしまうでしょうか。

(3)最後に
出来上がった後、仕上げとしてMr.スーパークリアなどを吹くそうですが、如何せんサフ無しなので、できません。
Mr.カラーが乾くのを待ち、そのまま取り扱っても大丈夫でしょうか。
色移りなどはしないと思うのですが、保管場所や保管の際の梱包方法はあまり気にしなくてもいいでしょうか。


以上です。
他にエポキシパテ*プラ用を実際に使うときのコツや、取り扱いの際に注意する点などありましたら合わせて教えていただけると有り難いです。

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合に、その肌色を生かすようサーフェーサーでの表面処理をせずに塗装する手法であり、原型から自作する場合には関係ありません。

なおフィギュアを自作する場合、表面処理はエポパテでは結構粘りがあるため削りにくく苦労するかもしれません。初心者はポリパテやファンドのほうがやりやすいかも。予断ながらエポパテやポリパテはあまり健康にもよろしくありません。またファンドは硬化後も水などに溶けるので溶きパテやサーフェーサーでの表面処理が塗装前に必要な場合が多いです。

いずれにせよ塗装はMrカラーで万全でしょう。うすめ液は必須です。水性ホビーカラーは水性なので健康上は良いかもしれませんが、Mrカラーよりも乾燥が遅く、塗りムラが出来やすく、しかも塗膜が弱いとデメリットのほうが多いのでお勧めできません。

仕上げのクリアーですが、こちらは筆塗りではなくスプレーで均一にクリアーを吹き、塗装面の質感を均一にするのが目的となります。必要が無ければ必須ではありませんし、吹く場合は缶スプレーのトップコート(艶あり、艶消し、半艶)がありますので、これがMrカラーの塗膜を犯すことも無くお勧めです。

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合...続きを読む

Qラドール(石粉粘土)を、素体(発泡スチロール)に、巻きつけられません。

ラドール(石粉粘土)を、素体(発泡スチロール)に、うまく、巻きつけられません。

巻きつけても、ゆるんだり、余計に、ねんどが、くっついたりします。

水で、粘土の接合部分を隠したりするのですが、割れがでたりします。

素体(発泡スチロール)を、抜くときも割れます。

球体関節人形を、製作しようと思うのですが、いくら本をよんでも分からないし、近くに、教室もないからわかりません。

どなたか、ご教示ください。お願い致します。敬具。

Aベストアンサー

>巻きつけても、ゆるんだり

これは、ヒケか石粉粘土特有の弾性が原因です。
石粉粘土は水分を飛ばして硬化するのでヒケが生じます。
粘土と素体の境界にヒケが生じたときに
ゆるんだ状態になると考えられます。
盛り→乾燥→盛り→乾燥→・・・
と盛り付けを何段階かに分けて行えば
ある程度回避できると思います。
素体との境界面にだけエポパテなどの
ヒケない素材を使うのもよいです。

石粉粘土特有の弾性に関しては、
マスキングテープや瞬間接着剤
(粘土同士の継ぎ目に流し込む。粘土と素体をくっつけないこと)で
強制的に固定すればなんとかなると思います。


>余計に、ねんどが、くっついたりします

粘土の表面だけ乾燥して
接着力を失った状態で盛り付ければ、
改善するとは思いますが、
完全にコントロールするのは難しいです。


>水で、粘土の接合部分を隠したりするのですが、割れがでたりします

割れのある状態で乾燥させたあとに、粘土で割れを埋めて、さらに完全に乾燥させてヤスリがけをします。


>素体(発泡スチロール)を、抜くときも割れます

割れるのを覚悟で力技で抜いて、そのあと割れを補修。
何はともあれ、抜くことを優先させます。

>巻きつけても、ゆるんだり

これは、ヒケか石粉粘土特有の弾性が原因です。
石粉粘土は水分を飛ばして硬化するのでヒケが生じます。
粘土と素体の境界にヒケが生じたときに
ゆるんだ状態になると考えられます。
盛り→乾燥→盛り→乾燥→・・・
と盛り付けを何段階かに分けて行えば
ある程度回避できると思います。
素体との境界面にだけエポパテなどの
ヒケない素材を使うのもよいです。

石粉粘土特有の弾性に関しては、
マスキングテープや瞬間接着剤
(粘土同士の継ぎ目に流し込む。粘土と素体を...続きを読む

Q「リューター」について教えて下さい

こんにちは。趣味でフィギュア制作をしています。
(と言っても本当にど素人で、ピンキーの改造やファンドでちまこい動物とか作る程度なのですが)

最近、「リューター」という物が気になっているのですが、
これは使い方としては“電動のやすり”という認識で良いのでしょうか?
腕力(体力?)がないので、やすりがけが大変でつい手を抜いてしまい、
色を塗った後にガタガタ具合にがっかりするという事を繰り返しています。^^;
リューターでやすりがけ作業が楽になるのなら是非購入したいのですが、工具類には詳しくないもので…。

買うとしても値段が安いのから高いのまであり、どれを買ったら良いのかわかりません。
フィギュア制作にリューターをお使いの方、お勧めの物があればお教えいただけますでしょうか。
本当に趣味程度なので、できれば3000円くらいまでだと良いのですが…。

Aベストアンサー

正直模型用となってるものより
ホームセンターなどでクラフト用とかってなってる
ルーターの方が断然割安です。
3-4000円でピットが100個くらい付いてくるし。
回転数もまず変更可能です。
激安店で1000円くらいでみつかる事も。こーゆーの見つけるとピットとりだけの為に買っちゃいますね。
ドンキなんかで見つかるかな……。

あと、回転じゃなくてスライド運動なら自作できます。
スピンヤスリや芸人サンダーで検索してみてください。
電動歯ブラシ改造で、すんごい便利なツール自作してる人たちがいます。
要は毛を抜いて両面テープで紙ヤスリはっつけとけ、って代物です。
これだと数百円ですね。Gツールにも同様のモンがありますが
確実にこっちのがパワーがあります。
ガンプラなんかだと、ルーターは無くてもいいんですが
もうこのスピンヤスリ無しじゃ作れないですね……。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報