プロが教えるわが家の防犯対策術!

エクセルVBAにて、あるルールで対象となるセルの値を配列に格納しております。
配列の要素には重複しているものもあるため、重複要素を配列から削除したいのですが
その方法が分かりません。
どなたか、よろしくご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一例です。


連想配列を利用した方法ですが如何でしょうか。
現在の配列の再構成をしています。

Set db = CreateObject("Scripting.Dictionary")
For Each c In 配列
db(c) = 1  'セル値をキーにして重複分を吸収
Next c
 個数 = db.Count '参考.新配列の個数
配列 = db.Keys '新配列の展開

この回答への補足

早速回答くださいましてありがとうございます。
説明不足で申し訳ありません。
VBAで既に複数のセルの内容を格納した配列が作成されております。
その配列には要素が多数あり、その中に重複した要素がいくつか含まれております。
その配列から重複した要素を除きたいのですが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2011/07/12 22:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答くださいましてありがとうございます。
説明不足で申し訳ありません。
VBAで既に複数のセルの内容を格納した配列が作成されております。
その配列には要素が多数あり、その中に重複した要素がいくつか含まれております。
その配列から重複した要素を除きたいのですが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/07/13 07:32

NO1です。


一例として配列から重複分を削除する方法を回答しましたが、回答補足から何を期待されているのか良く判りません。

具体的な配列構成内容等を明示して頂かない事には、他のご回答者からのアドバイスも難しいと思いますが如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござます。
説明不足で申し訳ありません。
教えていただいたコードを試しましたが
>For Each c In 配列
cは何で宣言すればよろしいでしょうか。
もう一度、よろしく御願い申し上げます。

お礼日時:2011/07/13 11:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配列の内容に重複をなくすには・・・

いつもお世話になっています。

今回VB6でプログラムを作成していて壁にぶち当たってしまいました。
分かる方がいましたらご教授下さい。

タイトル通りなんですが配列の内容の重複をなくした新しい配列を作成したいと考えています。


配列A: 1, 1, 2, 6, 5, 2, 3, 3

配列B: 1, 2, 6, 5, 3

と配列Aの先頭から順に配列Bに入れていきたいのです。

また、配列を動的配列で宣言していますが、配列Bの終わりが不定なので、最後に終端コード?を入れる
必要があるのか??と思っているのですが”EOF”なのでしょうか?

for i=0 to EOF
配列B[i]
next i
とすればすべて取り出せるのでしょうか?


補足が必要でしたら言ってください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ユーザー定義型の配列にすれば動的配列にできますよ。
フォームの中とか標準モジュールに定義します。
「a」とか「b」とかは適当に。
Type UType
a As Integer
b As String
End Type

~~~以下は私の前回回答を修正~~

Dim A(7) As UType
Dim B() As UType
と宣言して、
col.Add A(i).a & "|" & A(i).b, A(i).a & "-" & A(i).b
に変えて下さい。
Set col = Nothingの上に出力処理で
For i = 1 To col.Count
'出力(例ではイミディエトウィンドウに書いてます)
Debug.Print col.Item(i)
Next

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Q配列の中に重複文字列があるか否かをチェックしたいのですが、アルゴリズムを教えてください。

配列10000個の中に次のように文字列が入っているとします。
(実際に使うのはもっとずっと長い文字列が配列内に格納されています。)
Data_Array[1] = "GRZRMZCOMKMSG"
Data_Array[2] = "DCUIROTLUMWBC"
Data_Array[3] = "RGLBMILRPBSMY"
.
.
.
Data_Array[9998] = "RSKFDHAHMOESI"
Data_Array[9999] = "AQVOXBVNILGOP"
Data_Array[10000] = "YNYRUPEXYOGFN"

配列Data_Array[10000]の中に重複文字列がないか探索したいと考えています。

~普段の手順~
配列中身を一度テキストに吐き出し、そのテキストをExcelに貼り付ける。
そして、Excelのフィルタ機能で重複文字列を排除。
その後、重複文字列を排除した文字列を保存したものをテキストファイルに保存する。
それをプログラムで読み込んで配列内に格納してから次の処理を続ける

といった、効率の悪い方法をとっています。
そこで、プログラム内で処理する方法を次のように考えてみました。

~思いつく方法~
dim DataArrayTemp[10000]
for i = 1 to 10000
flag = 0
// 重複文字がないかチェック
for j = i+1 to 10000
ifb Data_Array[i] = Data_Array[j] then
// 重複があった場合はflag = 1にする
flag = 1
break// 内ループ脱出
endif
next
// flag = 0であれば重複がない項目 (flag = 1のときは、重複がある)
ifb flag = 0 then
DataArrayTemp[temp_i] = Data_Array[i]
temp_i = temp_i + 1
endif
next

これは、力技なので配列内の量が多くなると計算時間がかかってしまいます。

ですので、重複しない文字列だけを抽出する効率の良い方法がありましたらどなたか知恵を貸してください。

配列10000個の中に次のように文字列が入っているとします。
(実際に使うのはもっとずっと長い文字列が配列内に格納されています。)
Data_Array[1] = "GRZRMZCOMKMSG"
Data_Array[2] = "DCUIROTLUMWBC"
Data_Array[3] = "RGLBMILRPBSMY"
.
.
.
Data_Array[9998] = "RSKFDHAHMOESI"
Data_Array[9999] = "AQVOXBVNILGOP"
Data_Array[10000] = "YNYRUPEXYOGFN"

配列Data_Array[10000]の中に重複文字列がないか探索したいと考えています。

~普段の手順~
配列中身を一度テキストに吐き出し、そのテ...続きを読む

Aベストアンサー

ハッシュ(連想配列)を使ってはどうでしょうか?

~Perlの例~
#$dataArrayTemp[0 .. 9999]には既に値が格納されていると仮定
%temp = ();
%nodup = ();
for ($i = 0; $i <1000; $i++) {
if (defined($temp{$dataArrayTemp[$i]})) {
if (defined($nodup{$dataArrayTemp[$i]})) {
push(@dups, delete($nodup{$dataArrayTemp[$i]}));
}
next;
}
$temp{$dataArrayTemp[$i]} = $i;
$nodup{$dataArrayTemp[$i]} = $i;
}

ソートすると,例えば(一般に最速と言われている)クイックソートならO(N logN)の計算量になりますが,ハッシュを使えば(少なくとも見かけ上の)計算量はO(N)で済みます。

ただ123456zennsinnさんの使っている言語(BASIC系?)にハッシュがあるかどうかは? VB.NETだとHashtableクラスとかありそうですが。

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/125hashtable/hashtable.html

ハッシュ(連想配列)を使ってはどうでしょうか?

~Perlの例~
#$dataArrayTemp[0 .. 9999]には既に値が格納されていると仮定
%temp = ();
%nodup = ();
for ($i = 0; $i <1000; $i++) {
if (defined($temp{$dataArrayTemp[$i]})) {
if (defined($nodup{$dataArrayTemp[$i]})) {
push(@dups, delete($nodup{$dataArrayTemp[$i]}));
}
next;
}
$temp{$dataArrayTemp[$i]} = $i;
$nodup{$dataArrayTemp[$i]} = $i;
}

ソートすると,例えば(一般に最速と言われている)クイッ...続きを読む

Qエクセル(VBA)の空白配列の削除について

エクセルのVBAで配列を使おうと考えています。
データ配列 = Split(データ源, Chr(13))
として、1次元配列に取り込んだところ、chr(10)だけが入力されたデータ配列(?)が出来てしまいました。このデータ配列を詰めたいのですが、何かいい方法が無いでしょうか?教えてください。
元の配列
データ配列(0)  "てすと1"
データ配列(1)  chr(10)
データ配列(2)  "テスト2"
とすれば、
詰めたあと、
データ配列(0)  "てすと1"
データ配列(1)  "テスト2"
となるようにしたいのです。(配列の最大数が減る必要が必ずしもありません。)
for each で回せばいいのでしょうか?
Dim 仮 AS Variant
for Each 仮 In データ配列
   処理をここに書く
Next
では、上手く行きませんでした。
どなたか?詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すみません。コメントが一部不適切でした。

  ' Filter 関数で Chr(10)を含むデータを取り除く



  ' Filter 関数で ・を含むデータを取り除く

の誤りです。もちろん Chr(10) を含むデータを取り除くことも可能です。
これだけだと、しょうもない回答なので、横レスになってしまい、恐縮ですが、、

> 変数をカウント(例:i=i+1)に使わないと分からないのでしょうか?

その場合は、通常 For Each ではなくて、最初から For ~ Next を使います。

> 配列から条件に一致したするものを取得した場合にどの配列番号から取得
> したのか?

Application.Match で調べられます。

> 2バイト文字を使うと誤動作...半分、見栄えや、入力のしやすさだけで、
> 使わないのかと思っていましたが?

例えば、

Dim strText

と宣言してあると、コーディング時に strtext と入力しても自動的に strText
に変換されます。コーディング時に入力のパンチミスを発見できるわけですが、
2バイト文字の場合、この機能は使えません。合理的な理由としてはこれ。

可読性については人それぞれなので、自分で使う分には2バイトを使っても構わ
ないかもしれませんが、私はコメントとコードの境界がなくなって「読み難い」
し、嫌う人は多いです。

2バイト文字の変数やプロシージャ名が原因で誤動作するかどうかについて、
誤動作する可能性があるとの話は聞いたことがあります。しかし、実際に自分で
体験したことはありません。

すみません。コメントが一部不適切でした。

  ' Filter 関数で Chr(10)を含むデータを取り除く



  ' Filter 関数で ・を含むデータを取り除く

の誤りです。もちろん Chr(10) を含むデータを取り除くことも可能です。
これだけだと、しょうもない回答なので、横レスになってしまい、恐縮ですが、、

> 変数をカウント(例:i=i+1)に使わないと分からないのでしょうか?

その場合は、通常 For Each ではなくて、最初から For ~ Next を使います。

> 配列から条件に一致したするものを取...続きを読む

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Q[VBA] 配列の要素を一括で検証する方法

こちらの識者の方々にはいつもお世話になっています。
VBAの質問です。

環境は下記になります。
OS=windowsXP SP3
Office=Excel2003(11.8347.8403) SP3

会社などで一般的にVBAを使用してデータの処理をする場合、自動で吐き出されるcsvファイルを読み込んで、そのデータを加工し、使いたいデータに成型する。というケースが往々にしてあると思うのですが、吐き出されるcsvファイルのタイトル行が今までのものと同一でない(フィールドが知らないうちに増えたり減ったりしている)場合を想定し、csvファイルを取り込んだ時点でタイトル行の検査をしたいのですが、csvファイルのタイトル行を一旦配列に格納し、あらかじめ用意しておいたタイトル行のデータと比較する場合、配列内の一要素ずつ検査するしかないのでしょうか?
例としてはタイトル行が
"品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
と仮定し、

Sub test()

 Dim EndClm As Long
 Dim TitleA As Variant
 Dim TitleB As Variant
 Dim i As Long

 EndClm = Sheets(1).Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
 TitleA = Workbooks("aa.csv").Sheets(1).Range(Sheets(1).Cells(1, 1),Sheets(1).Cells(1, EndClm)) 'csvファイルのタイトル行
 TitleB = ThisWorkbook.Sheets(1).Range(Sheets(1).Cells(1, 1), Sheets(1).Cells(1, EndClm)) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"

 For i = 1 To UBound(TitleA, 2)
  If TitleA(1, i) <> TitleB(1, i) Then MsgBox "項目が変更されています"
 Next i

End Sub

のようなコードで1つずつ検証できますが、配列内の要素を一気に検証する方法はありますか?
当然通りませんが
If TitleA <> TitleB Then MsgBox "項目が変更されています"
のような感じです。
短いコードで確実にタイトル行の検査が行われれば、上記の配列に取り込んで要素を検証することに特に頓着はしていません。


今このテストコードを自宅のWindows7,Excel2010で書いていて思ったのですが、TitleA、TitleB共に配列に取り込む際、ブックをアクティブにしないとエラーが起きてしまいます。
もしよろしければこの原因も併せて教えていただいてもよろしいでしょうか。

質問に不備不足等ございましたらご指摘ください。
ご面倒お掛けしますがよろしくお願いします。

こちらの識者の方々にはいつもお世話になっています。
VBAの質問です。

環境は下記になります。
OS=windowsXP SP3
Office=Excel2003(11.8347.8403) SP3

会社などで一般的にVBAを使用してデータの処理をする場合、自動で吐き出されるcsvファイルを読み込んで、そのデータを加工し、使いたいデータに成型する。というケースが往々にしてあると思うのですが、吐き出されるcsvファイルのタイトル行が今までのものと同一でない(フィールドが知らないうちに増えたり減ったりしている)場合を想定し、csvファイルを取...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、修正を加えるなら、こんな感じ。

' ' ///
Sub testA()

  Dim EndClm As Long
  Dim TitleA As Variant
  Dim TitleB As Variant
  Dim i As Long

  With ThisWorkbook.Sheets(1)
    EndClm = .Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    TitleB = .Cells(1).Resize(, EndClm) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
  End With
  TitleA = Workbooks("aa.csv").Sheets(1).Cells(1).Resize(, EndClm) 'csvファイルのタイトル行, "7月", "8月", "9月"

  For i = 1 To EndClm
    If TitleA(1, i) <> TitleB(1, i) Then
      MsgBox "項目が変更されています"
      Exit For
    End If
  Next i

End Sub
' ' ///

"短いコード"とは言い難いですが、ループしない方法もある、ということで以下。

' ' ///
Sub testJ()

  Dim EndClm As Long
  Dim TitleA As Variant
  Dim TitleB As Variant

  With ThisWorkbook.Sheets(1)
    EndClm = .Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    TitleB = .Cells(1).Resize(, EndClm) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
  End With
  TitleA = Workbooks("aa.csv").Sheets(1).Cells(1).Resize(, EndClm) 'csvファイルのタイトル行, "7月", "8月", "9月"

  If Join(Application.Transpose(Application.Transpose(TitleA)), vbCr) _
    <> Join(Application.Transpose(Application.Transpose(TitleB)), vbCr) _
  Then MsgBox "項目が変更されています"

End Sub
' ' ///

要するにタイトルすべてを連結した文字列を比較する、という方法です。
単行複列の二次元配列を、ワークシート関数のTRANSPOSEに2回掛けると一次元配列が返ります。
一次元配列をJoin関数で連結した文字列を比較します。
(vbCrを区切り文字に指定するのは、セル内で使わることがない文字だからです。)
実践的には普通にループする方法の方が却って無駄が無いように思いますが、
ループしないことを好む向きもありましょうから、紹介まで。

csvファイルについては、単にテキストファイルとしての扱いが可能ですから、
  Open "aa.csv" For Input As #1
    Line Input #1, TitleA
  Close #1
とかで、そのままタイトル行だけcsvテキストを取得しちゃう方が
部分的には簡単で処理も速く、正攻法な気がします。
(タイトル行に引用符を使うようなcsvだとシートとの比較が難しいですけれど)
比較するのが、どちらもcsvという場合なら、かなりの説得力を持って奨められるところですが、
片方がExcelブックだとちょっとアンバランスな漢字がするかも、です。

' ' ///
Sub testC()
'
  Dim EndClm As Long
  Dim TitleA As Variant
  Dim TitleB As Variant
  Dim nFree As Integer

  With ThisWorkbook.Sheets(1)
    EndClm = .Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    TitleB = .Cells(1).Resize(, EndClm) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
  End With

  nFree = FreeFile
  Open "aa.csv" For Input As #nFree
    Line Input #nFree, TitleA
  Close #nFree

  If TitleA <> Join(Application.Transpose(Application.Transpose(TitleB)), ",") _
  Then MsgBox "項目が変更されています"

End Sub
' ' ///

さて、本題の「列内の要素を一気に検証する方法はありますか?」
というご質問について。
単行または単列の二次元配列または一次元配列を
丸ごと比較する機能、についてですが、
(#最近思いだしたのですが)ユーザー設定のリストを使う方法が簡単といえば簡単です。
但し、Excel2007以降の場合は、Excel97-2003互換ブックからの実行に限定されます。
これは裏技ですから、堂々と人に奨めるようなものではないです。

' ' ///
Sub testAJ()

  Dim EndClm As Long
  Dim TitleA As Variant
  Dim TitleB As Variant
  Dim i As Long

  With ThisWorkbook.Sheets(1)
    EndClm = .Cells(1, .Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    TitleB = .Cells(1).Resize(, EndClm) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
  End With
  TitleA = Workbooks("aa.csv").Sheets(1).Cells(1).Resize(, EndClm) 'csvファイルのタイトル行, "7月", "8月", "9月"

  With Application
    .AddCustomList TitleB  ' 配列を引数にユーザー設定のリストを追加
' ' 引数にした配列がユーザー設定のリストの何番目にあるかを取得。無ければ、0。
    If .GetCustomListNum(TitleA) = 0 Then MsgBox "項目が変更されています"
    .DeleteCustomList .CustomListCount  ' 追加したユーザー設定のリストを削除して元に戻す。
  End With

End Sub
' ' ///

結論っぽいことを書くなら、お奨めするなら最初に挙げたtestAです。
個人的には、どれでも許せる記述ですけれど、人によって意見は分かれそうです。
そういう意味では、testAのように万人が理解できるものが一番安心して使える、と思います。

こんにちは。

まず、修正を加えるなら、こんな感じ。

' ' ///
Sub testA()

  Dim EndClm As Long
  Dim TitleA As Variant
  Dim TitleB As Variant
  Dim i As Long

  With ThisWorkbook.Sheets(1)
    EndClm = .Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    TitleB = .Cells(1).Resize(, EndClm) '検証用 "品名", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月"
  End With
  TitleA = Workbooks("aa.csv").Sheets(1).Cells(1).Resize(, EndClm) 'csvファイルのタイトル行, "7月",...続きを読む

QEXCEL VBAマクロ作成で、他のEXCELからデータを取り込みたい

メインプログラム(EXCEL VBA)より、
他のフォルダーにあるEXCELの項目の内容を取り込みたいです。
たとえば他のフォルダーのEXCELのRange("A2:A3").ValueをメインプログラムのRange("C2:C3").Valueにセットしたい時です。

・コマンドボタン押したら、どこのEXCELから取り込むかのポップアップ(?)は、表示はできてます。
・作業者が選んだパスとブックもMsgBoxで表示できてるので、もらう相手の場所も取得できてます。

・となると次はOPEN,INPUTですか?
テキストデータの取り込みですと、Inputでそのバッファを定義してるのですが、なんか違うような。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Cells(2, 2).Value ' 相手シートの B2 の値を自分自身の A1 に書き込む

readBook.Close False ' 相手ブックを閉じる
Set readSheet = Nothing
Set readBook = Nothing

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Ce...続きを読む

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QVBA 実行時エラー1004 rangeメソッドは失敗しました。globalオブジェクトのエラー

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義がまずいと思うのですが、それ以上の事は分かりません。どなたか、分かる方がおりましたら、よろしくお願いします。また、プログラムは以下のようになります。

Sub 繰り返し()
'繰り返し
Dim s As Integer
For s = 0 To 17
Range("cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)").Select
Range("cells(8,s+2)").Activate
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("20081216_210647").Range( _
"cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)"), PlotBy:=xlColumns
ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "=""0810p2x"""
ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet, Name:="0810p2x"
With ActiveChart
.HasTitle = True
.ChartTitle.Characters.Text = "0810p2x"
.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "t"
.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
End With
Next
End Sub

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義...続きを読む

Aベストアンサー

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな(Excelで表示されている)シートが上位オブジェクトとして、自動的に認識されます。

≪例2≫
Sheets("Sheet2").Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、Rangeのみシート名が記述されています。
Sheets("Sheet2").Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
Activeなシートが、Sheet2の場合はエラーになりません。
しかし、ActiveなシートがSheet2以外の場合、エラーが発生します。
直前に、
Sheets("Sheet1").Select
などとしていれば、ActiveシートがSheet1になっていますから、エラーになります。

Sheets("Sheet2").Range(Sheets("Sheet2").Cells(8, 1), Sheets("Sheet2").Cells(1587, 2)).Select
と書いておけば安心です。
Withステートメントを使えばスッキリ纏めることができます。
With Sheets("Sheet2")
  .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select
End With

# Sheets("Sheet2")の上位オブジェクトが省略されていることにも気がついてください。

>そこで自分で基礎を勉強したいのですが推薦できる参考書などがござ
>いましたら、教えていただけませんか?
私自身は、入門書程度の雑誌を1冊買っただけです。どれが良いとかはよく分かりません。
「マクロの記録」を活用して、参考コードを取得し、汎用性のあるコードに編集しています。
新しい単語があれば、文字カーソルを単語の上に置き、F1キーを押してVBAのヘルプを必ず見るようにしています。
躓いた時は、Web検索して欲しい情報を得たり、あるいは、こうした掲示板で先輩方のお力をお借りしています。

Excel(エクセル)VBA入門:目次
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4651404
エクセル入門・初級編
http://www.kenzo30.com/excel_kiso.htm

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング