Kazuo Ishiguroの「A Family Supper」という小説についての情報を教えてください。おそらく短編だと思うのですが、出典などが不明です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書名:Past, Dream and Reality : New British Writing


   (過去・夢・現実 : イギリス短編小説5編)
著者:Kazuo Ishiguro 他(edited with notes by Yoshio Teruya)
出版:南雲堂(東京)
刊年:1990.11
判型:112p、21cm
内容:A Family Supper / Kazuo Ishiguro
   The Invisible Japanese Gentlemen / Graham Greene
   The House of the Famous Poet / Muriel Spark
   A Meeting in Middle Age / William Trevor
   Seraglio / Graham Swift



書名:The prophet's hair : and other stories
   (予言者の髪の毛・他)
著者:V.S. Pritchett 他(edited with notes by Yoshiyuki Fujikawa
    and Shinichi Matsumura)
出版:英宝社(東京)
刊年:1994.11
判型:133p ; 21cm
内容:The Saint / V.S. Pritchett
   The July ghost / A.S. Byatt
   The prophet's hair / Salman Rushdie
   Last day of summer / Ian McEwan
   A family supper / Kazuo Ishiguro
ISBN:4269031301




書名:The Art of the Story: An International Anthology of
   Contemporary Short Stories
編者:Daniel Halpern (ed.)
出版:Viking Press/Penguin USA
ISBN:0670887617/0140296387
刊年:1999.11/2000.10.31
価格:$40.00/$17.00
判型:608/688pp, Hardcover/Paperback




http://mujweb.atlas.cz/Zabava/filthilion/Family% …
(Full Text)
Fugu is a fish caught off the Pacific shores of Japan. The fish has held a special significance for me ever since my mother died through eating one.
...




http://www.gironet.nl/home/cvengel/titels2.htm
Kazuo Ishiguro, "A Family Supper" (1982)




"A Family Supper." Esquire (March 1990): 207-11.

参考URL:http://mujweb.atlas.cz/Zabava/filthilion/Family% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 08:44

出典といえるかどうかは分かりませんが、「One World, Many Cultures」という、31ヶ国の作家から全60編の短編を掲載した本に、お探しの短編も掲載されているようです。



Googleで「Kazuo Ishiguro A Family Supper」を検索するとかなりヒットします。地道に見ると色々情報を収集できると思いますよ。
http://www.google.com/

参考URL:http://www.pearsonptr.com/book_detail/0,3771,020 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。探してみます。

お礼日時:2001/05/01 08:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人と海について。

ヘミング・ウェイの『老人と海』についての質問です。
話の初めの方に(老人が海に出る前です)老人と少年の会話で次のようなものがあります。

「親方そんなに目が悪いのかい?」
「めくらも同然だよ。」
「変じゃないか」と老人は言った、「あいつは、海亀とりはやらなかったぜ。あれをやると、きっと目をダメにする」…

ここで出てくる、「海亀とり」ですが、なぜ「海亀とり」をすると目が悪くなるのでしょうか?誰か教えてください!!

因みに、原作の英文はこちらです↓↓
“Are his eyes that bad?”
“He is almost blind.”
“It is strange,”the ole man said.“He never went turtle-ing.That is what kills the eyes.”

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

漁師や地元民に伝わる迷信から来た言い回し(ジンクス)ではないでしょうか?
日本でも昔から『亀』は長寿や幸運など縁起の良い生き物の象徴とされています。
諸外国でも『海の神様の使い・幸運・幸せ・長寿』等々『亀』は、特別な生き物として考えていた国も多いようです。
その特別な生き物を殺して商品とする訳ですから、失明(目がつぶれる)するほどの『罰(バチ)』が当たると言う意味だと思います。
60年も前に書かれた作品なので、今では信じられない言い伝えや迷信が数多く存在していたはずです。
面白いですよね。

Q友人が津波に飲まれてしまう短編小説

高校か中学のころ読んだ短編小説を再度読みたく探しています。
話は主人公の男性が少年時代を回想し、むかしちょっと変わった少年と仲良くなったのだけれど、
ふたりで海岸で遊んでいるとき大きな波が来て、それに主人公だけが気づいて逃げてしまったが
友人の少年は波にのまれそれ以来見つかっていない、という悔恨を語るものでした。
友人がのまれた波がひいたあと、もう一度押し寄せた波の中に、あるはずはないのに友人の姿があって
目があってしまった、という表現に大変ぞっとしたことが今でも印象に残っています。

国語の教科書で読んだと思っていたのですが、調べてもなかなか出て来ないのでもしかしたら違うかもしれません。
(今大学生なので、掲載されていたとしたら数年前のことです)
また、作者は村上龍氏か村上春樹氏だったような気がするのですが、これもうろおぼえで自信がありません。
ピンと来た方いらっしゃいましたらぜひお教えください。

Aベストアンサー

『村上春樹全作品 1990~2000 (3) 短編集II』(講談社)の中に11編の短編小説が収められているのですが、その中の『七番目の男』で間違いないと思います。

一部引用すると

《 「その波が私を捉えようとしたのは、私が十歳の年の、九月の午後のことでした」と七番目の男は静かな声で切り出した。 》

《 その波の先端の部分に、まるで透明なカプセルに閉じ込められたように、Kの体がぽっかりと横向けに浮かんでいたのです。・・・中略・・・・Kは私に向かってそこから笑いかけていたのです。》

 村上春樹は「解題」とするあとがきの中で、「僕には実際に溺死した友だちもいる(現場には居合わせなかったが)。」とも書いています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4167502038/ref=dp_proddesc_0/503-8528873-2893563?ie=UTF8&n=465392&s=books


 「七番目の男」が第一の目的なのでしたらNo.1さんご紹介の短編集『レキシントンの幽霊』(文春文庫)の方が安価でいいと思います(加筆修正の有無はわかりませんのであしからず)。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4167502038/ref=dp_proddesc_0/503-8528873-2893563?ie=UTF8&n=465392&s=books

 

『村上春樹全作品 1990~2000 (3) 短編集II』(講談社)の中に11編の短編小説が収められているのですが、その中の『七番目の男』で間違いないと思います。

一部引用すると

《 「その波が私を捉えようとしたのは、私が十歳の年の、九月の午後のことでした」と七番目の男は静かな声で切り出した。 》

《 その波の先端の部分に、まるで透明なカプセルに閉じ込められたように、Kの体がぽっかりと横向けに浮かんでいたのです。・・・中略・・・・Kは私に向かってそこから笑いかけていたのです。》

...続きを読む

Q英語 to 不定詞 「老人と海」(続き)

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(1)to leave them in a boat.  とすると、leave は、他動詞になるとおもいますが、
   いかがですか?


(2)他動詞だとすれば、老人が、主語になると思いますが、いかがですか?


(3)老人の動作だとすれば、to leave 以降は、副詞的用法となりますか?


(4)目的語 them を省略してもなお、leave は、他動詞といえますか?


(5)to be left in a boat . と書き直すと、形容詞的ですか? 副詞的ですか?



(6)to leave の to の前に、「カンマ」を入れる表現方法がありますか?


(7)その場合、副詞的用法と、いえますか?


(8)形容詞的用法は、名詞を修飾する限定用法のみが存在し、
  to 不定詞の形容詞的用法に、叙述用法はない、といえますか?

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(...続きを読む

Aベストアンサー

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続く話し手のコメントが「鼻が長い」だ。「主語」という外来の範疇に囚われているから総主「論争」などが出てくるので、これは初めから前提が間違っている「疑似問題」なのである。 (『日本語文法の謎を解く』79~80ページ)という三上章氏の主張を質問者様は支持されるということでしょうか。

「象は鼻が長い」は「象は鼻が長い動物である」という「入れ子型文」(英語では関係代名詞を使って表すことのできる文)の述部省略という考えは思い浮かびませんか。「象」という「主語」が含意(内包)している「動物」という「範疇」の言葉を省略できるのが日本語の面白くてユニークなところなのではないでしょうかね。


本題の議論に戻って一言。
>A gaff is a temptaion to leave in a boat.

これを形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする誘惑するものである。」

また、タフ構文なるもので訳すと
「魚かぎを船に残すということは、誘惑するものである。」

>A gaff is a needless tamptation to leave in a boat.

同じく、形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする避けられるはずの誘惑するものである。」

タフ構文での訳は
「魚かぎを船に残すということは、避けられるはずの誘惑するものである。」

どちらも意味が異味になっちゃいますね。(LOL)!!

以上、参考になれば幸いです。

追伸:「接続法」の動詞については別の質問の折に説明させて頂きたいと思っております。「仮定法」との「論理積」はありますが、ほんのわずかです。

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続...続きを読む

Q「カクヨム」と言うサイトを、今日から登録して始めました。 これまで採用されなかった、短編小説や随筆等

「カクヨム」と言うサイトを、今日から登録して始めました。
これまで採用されなかった、短編小説や随筆等を載せてみました。

角川×はてな による、小説投稿サイトです。

Web小説を、自由に書いたり読んだり出来ます。

興味ある方々は是非とも見に来て下さいね。

僕の書いた作品の例ですが、良ければ小説タイトルでしたら「地球(せかい)の終焉(おわり)に」とか「死を招く紫信号」で検索してみて下さいね。


https://kakuyomu.jp/users/shogo/works

Aベストアンサー

私は小説などには興味があるので読ませていただきたいとは思います。(^^)
しかし、ここは質問サイトなので、質問形式の文言が無いと単なる宣伝と思われ、厳しい方などに通報されて、削除される可能性後ありますよ。
気をつけた方が良いです。

Q『老人と海』の女性の朗読が聴けるサイトを教えて

『The Old Man and the Sea』 の女性の朗読サイト
または、男声でもクリアな音声が聴けるサイトを
お教えください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

あー、懐かしい。中学校の時に読みましたよ、これ。

http://lite.air-nifty.com/air/2009/03/x95-f6c8.html

ここで一応全部かどうかはわかりませんが聞けました。男の人ですけど。
こんな所かな?英語圏のサイトで合法のフリーはありませんでした。
違法なら、Torrent系であると思います。

The old man and the sea audio book

で検索するとごろごろ出てきますけど、リンク切ればっかで探すのめんどうになったので、
自分で探してみてください。
買ってもよいならこちらとか。

http://books.simonandschuster.ca/Old-Man-and-the-Sea/Ernest-Hemingway/9780743565134

Q短編 小説 金持ち 敵 家柄を買う

小説のタイトル、作家が思い出せません。
オー・ヘンリーのようなスタイルの外国の短編小説です。
(もしかしたらオー・ヘンリーのものかもしれませんが、それらしいタイトルが探しても見つかりません)
お金持ちになった男Aが、別の男Bから家や墓、家の敵まで含めて家柄を買うという設定です。
結末が、(1)道で敵に会ったときに、BがAに「コートだけは返してくれないか」と言いBが敵に撃たれて殺される、(2)BがAに「コートを着て先に行ってくれ」と言い、Aが敵に撃たれ、Bは全てを取り戻す、のどちらかだったと思うのですが…
うろ覚えでごめんなさい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「ブラックジャックの売り渡し人」です。
今読んで適当にまとめます。
落ちぶれた元名家のゴリーは客の来ない法律事務所で
飲んだくれる毎日。
土地から雲母が発見され、土地を売って金持ちになった
田舎の猟師のガーヴェイが、ゴリーの全てを買いに来る。
昔からの敵のコルトレーンとの関係もとりあえず売る。
墓の名前を書き換えていいか?と言われて
ゴリーは激怒、ガーヴェイをたたき出す。
コルトレーンがゴリーの事務所に来て
そろそろ仲直りしよう、うちに来て事業を手伝ってくれ
と持ちかけ、ゴリーは了承する。
2人馬に乗り昔の屋敷の前を通ると、
ガーヴェイが狙っているのに気付き
「俺の格好みずぼらしいから服貸してくれない?
あと、ちょっと遅れてついてきて」
と、ゴリーはコルトレーンの服と帽子を身に着けて
1人ガーヴェイの銃の前に・・・

という話。ここまであらすじを書いてよかったんですかね?

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Q短編小説のタイトル

数年前に読んだ短編小説です。北方謙三さんが書いたものだったかと思いますが、自信がありません。ストーリーは恋人の両親の思い出の品(形見?)である、雪の結晶のブローチをプロポーズの際にもらった女性が、フィアンセの平凡や貧しさなどに嫌気がさし、去っていくが、新しい恋人に愛着がわかず、元の婚約者の元に戻っていくといった話だったかと思います。主人公の女性の名前も覚えておりませんが、「久美」とかそういう可愛い名前だったように思います。

他の作家達の短編もあった本です。色々試してみましたが、うまく検索できず、わかりません。もう一度読んでみたいのですが、タイトルと短編小説集のタイトルが分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

上の回答の補足です。

ほんの少しですが、藤堂志津子さんの「空からの手紙」の
内容についての紹介がありましたので貼り付けておきます。

『硬く冴えざえとした青空だった。
それでいて地上は「真冬日」の寒さで
歩くたびにキシキシと雪鳴りがする。 -本文より-
「雪まつり」会場で久しぶりに会った礼美と早坂だったが…。』
http://www.rakuten.co.jp/yrt/560126/560130/#653837より

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Qミステリー小説 短編集

同じような質問が多いかもしれませんが
ミステリー小説で長編または短編集を探しています。
以下の条件で合いそうなのがありましたら教えて下さい。
・探偵物や推理小説は苦手です。
・ホラーも可ですが描写がグロすぎる物は苦手です。また、幻想的なものでもオチがちゃんとついてるものであれば大丈夫です。
・外国作家でも可。
・難解すぎるものは頭悪いので無理です。
・今まで読んで記憶に残っている物は
貴志祐介「クリムゾンの迷宮」(でもオチがイマイチだった気も・・)
乙一「ZOO」V・Cアンドリュース「屋根裏部屋の花たち」

宮部みゆき、東野圭吾はほとんど読みました。

条件が多いですが思い当たるものがありましたらぜひお願いします。

Aベストアンサー

チョコレート工場のひみつ、を書いたロアルド・ダールはミステリ・不思議小説も大得意でした。

・あなたに似た人…ミステリ短編集
・飛行士たちの話…ダールは戦争中、英国空軍のパイロットでしたが、そのときの経験をもとにした、幻想小説短編集です。
・死のドライブ…アーチャー、キング、ダール、その他豪華メンバーの「自動車」にまつわるホラー短編集です。トラックが突然意思をもったら? 直したクラッシックカーにはとんでもない過去が、といったあんばいです。
・王女マメーリア…17歳の朝、王女マメーリアは突然美女に! しかし、逆に優しさを失っていく彼女は… を含んだ童話短編ですが、ダールですから、一筋縄には終わらないものばかりです。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング