『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ミッチー(及川光博)が、フジの「白い巨塔」に財前側弁護士役で出るみたいですが、ミッチーって裏でやっているTBSの「マンハッタン・ラブストーリー」に出てるじゃないですか。
たとえ、こっちが終わってからと言っても、それまで同時期に裏でやっていたドラマにほいほい出るのって、何か理解に苦しみます・・・・。
この瞬間も、「白い巨塔」のリハーサルや収録でもしてるのでしょうか?
それとも、ドラマを見て役作りしているのでしょうか?
何か、「マンハッタン」のスタッフや視聴者を馬鹿にしているみたいです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

真裏なのでライバルといえばライバルですが、放送上ミッチーの出演する時間が重なってさえいなければよしとされること、業界の暗黙の了解になっているのではないでしょうか。



このところのミッチーは、一時あった勢いも弱まってしまい、音楽も俳優もいまひとつぱっとしない状態だったように思います。
ミッチーや事務所にとっては、「マンハッタン」も「白い巨塔」もどちらもぜひ取りたい仕事だったはず。
だから事務所の管理ミスということはないでしょう。
というより、連続して話題のドラマに出るなんて、願ってもないチャンスだと思います。

放送時間が重なっていないということで、一応業界的には不義理はしていないということになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ミッチーがそんなにぱっとしない状態だとは感じませんが、やはりドラマにたくさん出ることはチャンスなんでしょうね。

放送時期が重なってないことは間違いないのですが・・・・一般視聴者の反応が楽しみです。(誰も何とも思ってないのかも・・)

お礼日時:2003/11/12 14:17

私も事務所の管理ミスとは思えません。


なぜなら、現在水曜夜10時にTBSで放送されている
「恋文」の渡部篤朗さんも、前クールでは日テレで
放送された水曜夜10時の「幸福の王子」に出演されてましたから。
当然、9月頃には「恋文」の撮影に入っていたと思われます。
俳優やタレントは、アナウンサーのようにその局の社員
ではないので、やはり放送時間がかぶらなければ
問題ないのだと思いますよ。
再放送や深夜番組などで、裏番組に同じタレントさんが
出てるってことも結構ありますし、収録は本放送に備えての「仕込み」のような時間ですから、シビアに考えてしまうと
スケジュールの管理が大変になってくると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど・・・。自分のドラマが放送されている時期に、別局の裏時間のドラマ撮影してたということですね。
でも、今回のミッチーは現在、裏でやっているドラマに新たに加入することになるのだから、ちょっと事情は違うと感じるのですが・・・。
義理を欠いてるわけでは無いのですが・・・。

お礼日時:2003/11/12 14:21

予想ですが・・・・



白い巨塔は6ヶ月、2クールなので
ミッチーの登場は来年なのかも・・
弁護士ということなので、財前の弁護人でしょうから
まだまだ先のことになると思うのです
今年は教授戦で終わりかと・・・

来年になれば「マンハタン・・」も終わってるので
重ならないのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

あ、確かにミッチーが出るのは「マンハッタン」が終わってからみたいですが、1月からだったとしたら、この時期にはもうミッチーの出るクールの「白い巨塔」の収録とかしてると思うのです。
それに、彼も「白い巨塔」の放送見て研究してるんじゃないでしょうか・・・?
現在、自分の出ているドラマの裏番組の収録しているなんて、何か・・・・ですよね・・・?
製作者たちに失礼な気がするのですが。
事務所の管理ミスですよね。

お礼日時:2003/11/09 09:45

契約の問題ですので同一時期にほかの曲のドラマにでるのはおかしなことではありません。


特に馬鹿にしているとは感じませんが、「売れてるのかなー」程度です。

特に及川光博のみでなくほかのタレントも同じようなことをよくやっていますよ。

CMなんかだと同じジャンルのものに
同じタレントがでるのは契約上無理ですがドラマでは全く関係ありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

でも、全く真裏のライバルドラマにでるのは、どうかと思いますが・・・。

お礼日時:2003/11/09 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「白い巨塔」財前五郎最期の言葉は?

上手く聞き取れませんでした!
要約でいいので、財前が最期に語った言葉の内容を教えて下さい。

Aベストアンサー

あのシーンは、確かにわかりにくいですが、一応こんなカンジで。

里見・・・一言ぐらい祝いの言葉・・・転移ではない・・・カクシュクシクシンテイだ・・・正解は・・・カロジテジンケンカ・・・二人で・・・二人で・・・里見・・。

里見助教授に「決心してくれたのか?!やっとがんセンターの内科部長を引き受けてくれた。これで僕のがんセンターも盤石だ」とか死んだ佐々木さんに「あなたもガンセンターに入院されたらどうですか?ベッドは空けますから。僕はセンター長ですからね。」

というセリフの後、上のセリフが続きます。セリフの意味は、はっきりとはわかりませんが、おそらく財前教授は、誰よりも信頼でき、ライバルでもあった里見助教授と一緒に医療の現場で働きたかったのでしょう。でも、自分の体がもたないので、最後の手紙でもがん治療の今後のあり方に関して一番期待&信頼している里見助教授に研究を託したと思います。里見はやってくれると信じて・・・。

Q白い巨塔の特別編:柳原のその後について

白い巨塔で最終回の翌週に特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘(伊藤英明)のその後が描かれいたそうなのですが、どのようにその後が描かれていたのでしょうか?
柳原先生はやはり地方に飛ばされたのでしょうか?
その他、特別編でダイジェスト以外に新たに描かれていた内容をなるべく詳しく教えて下さい。
亀山とは?
里見は?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1様の御回答にもありますが、財前派は一掃され、金井と柳原だけが残ります。
ある日、5年前に財前が癌の手術を行った患者の再発が発覚し、綿貫新教授が、柳原にその患者へのがん再発の告知を一任します。患者にとっての良い告知方法がわからず柳原は悩みます。ある日癌センターに講義に来ていた里見先生と会い、自分なりに答えを見つけ、患者さんと心を通わせるといったストーリーでした。
柳原先生が少し成長したようなお話でした。
亀山看護師さんとの話は全然ありませんでした。
里見先生と東教授の娘の話もまったく・・・です。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!


人気Q&Aランキング