「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

昔の人は疑問や質問があってそれに周りの人が答えられなくて図書館で探しても見つからない場合、疑問や質問の解決を諦めていたんでしょうか?ネット普及前の疑問をネット普及後に解消した経験はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

問い合わせは電話一本やり。


調べ物は図書館。
ニュースはテレビとラジオと新聞。
郵便物に頼る通信手段。
FAXが出て多少便利になりましたが、一方的に調べることはできずに相手が受け取るところまでは郵便と同じ。

ネットはすべてをスピーディに時間枠をなくして自由にしました。

書籍は出版された時点で情報が中古になっていることがあり、即時性と情報量の多さでネットを抜きには考えられません。

つまりネット前はテレビとラジオだけに耳を傾け、新聞記事を鵜呑みにしてました。本を読め、と言われて本だけが解決法で本にならないものには発言権はなかったというくらい偏っていたと思います。

ざっと読んで知ってることは知っている、知らないものは知らない、電話のないところに行ったら連絡さえつかないと、諦めが早かったと思います。

ネット前の疑問はかなり解消しました。歴史の穴を掘り下げて調べたりするのも楽しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:00

インターネットは情報量は多いですが、質が高いわけではありません。


なので、ネット以外で調べて答えが見つからなかった情報が、インターネットで見つかるということは、経験上、ありません。

あまり重要ではない、軽い情報なら沢山あります。あふれています。
飲食店を探すのに食べログなどはよく見ます。
でもそれくらいです。
仕事で必要な知識などは、今でも専門書を買っています。

逆に、インターネットの情報が間違っている場合も多いです。
誰でも書き込め、検索するとそれが上位に出てきたりするのですから、知らない人は間違った情報を信じてしまうでしょう。

インターネットでも図書館でも、その情報を書いている、作っているのは人間です。
時代が変わっても情報源は変わりません。
ということは、それが容易に得られるか、手間がかかるかだけの問題でしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 17:59

 昔の話ではありません。

つい最近の話です。

 インターネットもパソコン通信も無かった当時は、辞書と百科事典に頼るしかありませんでした。情報量が少なく、曖昧な回答しか得られなかった時代です。マスコミの情報操作に騙されていることが多くて、誤解が原因の失敗が多かったですね。

 インターネットが普及してからは、十分な情報量を集め、多くの人の意見を聞き、総合的に判断する機会が増えたせいか、デマを信じたり、ブームに流されたりなどの大きな失敗が減ったように思います。

 インターネットが無かった頃は、マスコミが露骨な報道統制や情報操作に明け暮れていて、マスコミが隠すと知る方法が無い時代でした。インターネットが普及した結果、情報収集がやりやすくなり、マスコミが隠しても情報を集められるようになりました。

 インターネット以前は知り得なかった事実をインターネット普及後に知った例は数え切れないですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3% …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:01

再度失礼致します。



誤解があってはと補足させて頂きます。

様々な理解し難い経験をしたことから、ネットも参考にしながら長年の疑問の答えを慎重に見出だしていきました。

と補足させて頂きます。
失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:01

そもそも、解決できるものだとさえ思っていなかったところさえあったと思います。



今もほら、科学的にまだまだ不明なこともいっぱいあるでしょう。
そんな感じで、なんか不明なことがこの世には一杯あって当たり前、みたいな感じだった気がします。

今はネットのおかげで、共通点のある人が簡単につながりやすくてよいですね。
昔は、仲間が見つからないと、一人きりで悩んだりする感じだったと思います。

お医者さんでさえ、知らない病気もありますから、
正体不明の病気で悩む人には、大きな助けになったのではないかと思います。

今は、情報共有し合うと、答えが出ることも多いですから、便利なものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:01

50代の社会人です。

インターネットは30代半ばから使い始めています。
疑問の内容にもよりますが、社会人として対面する問題は大抵決まりきった答えのない疑問であり、あきらめることの許されない性格のものなので、その解決は自分で徹底的に考えて考えて考えて行います。本質的にインターネットの存在は関係ありません。
先輩のアドバイスも図書館で調べることも本を購入することも解決の端緒となる情報の収集にすぎません。インターネットの普及はその情報の入手ソースが増えたというだけのことです。
もっとも、インターネットの情報量は膨大で、検索機能が高度化し、Wikipediaのような書籍には載らないような雑多・最新の情報まで収録されたデータベースも整備されてきていることで、解決に至る時間の短縮、確実性は増したとは思います。要は便利になったということです。インターネット初期には検索機能もなかったので、「アドレスを知っているサイトを閲覧する」ことくらいしかできませんでしたから、隔世の思いがします。

インターネットの情報だけで直接疑問が解決したと思っているような場合は、自分で考えることを放棄した結果であり、カンニングと同じです。自分の知恵でもなんでもないのでその場限りのものであり、少しでも突っ込まれたら立ち往生するような知識です。ですから、ネットに依存しているような人間は基本的に信用しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:00

近所のおばあちゃん逹ですね。

今は共働きが多くインターネットの世界。調べたら回答出来ます。でも、それは過去の相談をまとめて出した回答なんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:00

こんにちは。



還暦を過ぎたオジサンですが、若い頃には当然インターネットなんてなかったので、疑問や悩み事などは「経験豊富な先輩に聞いたり相談」してました。

そうすることで、先輩を敬う気持ちになりましたし、自分が先輩の立場になり後輩から質問されたり相談を受けた時には親身になって教える気持ちになったり、悩み事を相談された場合は経験してる範囲内で親身にアドバイスする気持ちになりました。

だから、人間同士の付き合いの大切さも自然と学べたのです。

このような、Q&Aサイトでは、相手の顔も素性も分からないから、質問に対する回答を得られても「感謝の気持ちを持たない人達」は回答に対するお礼もしないですが、実際の先輩などから教えてもらえば感謝の気持ちを持ちますよね?

人間同士の付き合いなら、実践的に教えてもらったり教えることが出来ますし、参考書を借りたり貸したり、場合によっては実物(現物)を見せてもらったり見せることもしてましたから「百聞は一見に如かず」で完璧に理解出来るメリットもあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:01

たしかにネット普及前は、どこの図書館のどこの棚なら、


どこの本屋ならあの情報があるということを知るために
うろちょろしていたものですが、
それがほとんど不要になりました。
会社でも同様ですね。
昔は頻繁に辞書とか法規とかJISを見に行っていましたが、
いまでは、ネットとどっちが早いかという状態ですからね。
(頻繁に使うものは、PDF等で自分のPCに保管していますし)

それとここのサイトですね。
一応匿名なので、調べてもわからないと思える内容のときは
たとえ、それなりの回答であったとしても、
それなりの納得が得られるので、とても助かっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:00

>ネット普及前の疑問をネット普及後に解消した経験はありますか?



大いにあります。
機械の整備方法や、建築DIYのノウハウなど、質問サイトではなく、メーカーのページや個人のホームページの情報を見るまでは分かりませんでした。

私は、インターネット普及する前、更にパソコン通信すらない時代から、パソコンを所有していました。
その頃はパソコンのソフトのダウンロードはおろか、販売もほとんどなく、ソフトは自分でプログラミングして作成するしかありませんでした。

パソコンで通信できる「パソコン通信」は画期的でした。これを通じて知り合った友人も多いです。
しかし、パソコン通信の時代と比べると、現在はネット人口自体が増加しており、当然知識の豊富な人や、たまたま情報を知っている人がいる可能性は高くなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2012/11/10 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む

Qインターネットと携帯電話がない時代

インターネットや携帯電話がなかった時代は今より不便だったのでしょうか?

それとも無ければ無いで、その方が幸せだったのですか?

インターネットや携帯電話がなかった時代の方が良かった点などもあれば教えてください。

Aベストアンサー

自分もよく、これ(携帯やPC)が無かったらと考えますが、よくよく考えると、そういう考えを持つこと自体が、おかしいのかも知れません。
なぜなら、それら(携帯やPC)が無かったころには、無いことが当たり前で、「あれがあれば」という考えは無いはずです。つまり、何のアイディアも私たちは発明家でもないので持ってないわけですから、「あれがあれば」と思うことが、現時点では困難なのです。
今現在、あれがあればと思うものを考えてください。不可能かもと思うものがたくさん出てくるはずです。しかし、人間は昔不可能だと思われていたものを、数限りなく実現させてきたのですから、本当に不可能なのかどうかは分かりません。
やはり、便利になったことで、人間に今までは無かった余暇ができたりと、メリットの方が多く存在するのではないでしょうか。 分かりづらい表現ばかりで、申し訳ありませんでした。

便利に越したことは無いですよ!!

Qパソコンのなかった時代は?(会社の中で)

素朴な疑問です。パソコンが普及しだしたのはWINDOWS95が発売された1995年からだと思います。それ以前は会社で、例えばちょっとした提案書とか、今後の方針とか、方針というほどでもない業務の進め方を書いたものとか、何かの一覧とか、スケジュールとかを作成する時は、手書きのものを作成していたのでしょうか。今ならエクセルやワードで作成すると思うのですが、パソコンのなかった時代はどうしていたのでしょうか。

Aベストアンサー

パソコンがまったくなかった時代はすべて手書きですね。
その後、タイプライターができたのでしょうね。
タイプライターはすべての事務員さんが打てるわけではなく、専門職(タイピスト)がいました。
子供時代を思い出しました。周りのおとながタイプライターを打っていたのを。
それが現在のパソコン(キーボード)のルーツだったのだと知りました。

昔の事務机にはさまざまなゴム印がありましたね。
今で言う「コピー&ペースト」をゴム印がやってくれていたのですね。

古い映画をテレビで見ることがありますが、レトロ感があり胸が震えます。

事務員さんが黒い腕カバーを両手にはめてせっせと仕事をしています。
この腕カバーをこのごろの事務所では見かけませんね。
昔の事務はペン先にインク(インク瓶に入っている液体)をつけて書いていました。
書いたインクの字が乾くのを待たないといけないのですが、乾くのを待たないですむように、吸い取り紙?のちゃんとした道具がありました。最近見かけますか?
インク瓶をひっくり返したりでもしたら大変だったでしょうね。特に大事な書類の上なら。
書きかけだったら・・・。今のパソコンでいえば電源が切れたりフリーズしたり・・・という現象でしょうか。
ボールペンのない時代のことですね。

私はパソコンの出現で日記が続くようになりました。
手書きの時代には3日も続けられませんでした。
書く作業が面倒でした。字は汚いし、書いては消しの繰り返しにもネを上げてしまいました。
書いたとしても、いつか誰かが見るかもしれない、という思いがありましたから心の底からのものは書けませんでした。
しかし、パソコンで書く日記は少しも気になりません。タイピングだけですみますから。
その日記にはパスワードでロックをかけていますから正直に何でも書けます。

新聞作りでも今は非常に便利になりましたね。
コンピューターのおかげで記事の差し替え等が簡単になりました。
江戸時代の新聞は瓦版だったのですよね。
その時代の人が現在の新聞作りを見たらどう思うでしょうか。

話が余談になってしまいました。
この質問であらためて便利な時代になったということを実感しました。
便利になったイコールいい時代、とは違うと思います。
便利になった分なにかを失っていると思います。

パソコンがまったくなかった時代はすべて手書きですね。
その後、タイプライターができたのでしょうね。
タイプライターはすべての事務員さんが打てるわけではなく、専門職(タイピスト)がいました。
子供時代を思い出しました。周りのおとながタイプライターを打っていたのを。
それが現在のパソコン(キーボード)のルーツだったのだと知りました。

昔の事務机にはさまざまなゴム印がありましたね。
今で言う「コピー&ペースト」をゴム印がやってくれていたのですね。

古い映画をテレビで見ること...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Qインターネットって、いつからできるようになったの?

素朴な質問ですが、インターネットは一体いつ頃から(本格的に)できるようになったのですか?ここ2・3年からブームというか、今や当たり前のように定着してますよね。インターネットの歴史について、日頃お世話になってるので知っておきたいです。是非、教えてください。

Aベストアンサー

ご参考までに。

http://www.ibarakiken.gr.jp/www/

参考URL:http://www.ibarakiken.gr.jp/www/

Qインターネットって、どうやってつながってるの?

こんばんは。
すごく基本的な質問なのですが、インターネットでどうやって世界と世界がつながっているのでしょう。
メールを送っても1秒で届いてしまうし、光の速さでデータが移動してるのでしょうか。
話には、海底に埋められた光ファイバー網が世界中のアクセスポイントのようなものに繋がっていて、そこからプロバイダのサーバまで光速で移動している、と聞いたのですが。
それとも電波か何かで世界とつながっているのでしょうか。
基本的な質問で申し訳ないのですが、誰か知ってらっしゃる方がおられましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

素朴ですね。

まず、メールを送れば1秒で必ず届くかというとそれは・・・です。ファイバ及び電話回線、LAN接続網、衛星通信網は地球を百周以上する長さありますから、4~5秒かかる場合もあるかもしれませんからね。

例を挙げて説明しましょう。

たとえば、あなたがメールを知人に出す。
手紙の場合はポストに入れて郵便回収車が取りに来て郵便局へそして仕分けされて、その地方の郵便局を経て知人のポストに入るわけです。

これをそのままネットに置き換えましょう。
まず、手紙=メールを書いて送信(ポストに投函)します。送信したメールは電話線を通ってあなたが利用しているプロバイダなどのメールサーバー(あなたの町の郵便局に相当)に送られます。
ここから、相手のサーバーに光ファイバなどを通じて相手利用者のメールサーバー(相手近くにある郵便局)に送られます。そして、相手がそのメールサーバーの内容を確認すると着信通知(=家のポストに入る)がきて、ダウンロードしそして閲覧となります。

さて、上は通信の仕組みです。問題の接続ですが、
世界が何でつながっているか・・・基本は光ファイバーですね。家庭と電話局の間は同軸ケーブル。国家間は光、衛星通信が主に使われます。通信手段はこれぐらいですね。
ケーブルを引くか、衛星を使うか?それが無いと通信はできませんからね。現在は多くにファイバを利用しています。
衛星通信は飛行機やヘリコプターと同じようなものです。自家用飛行機を使われる方も居られます。通信でも衛星通信を個人で使われる方がいます。
通信網は世界中に配置され、インターネット(相互通信網・・・inter-は相互にNetは網、通信網)の名の通りネットワーク回線とパソコンなどの端末があれば通信できます。

さらに、サーバーはアメリカを中心として世界各国にあります。

日本からアメリカなどの海外にアクセスするときは、次の手順をとります。
まず、国内のサーバー(自宅近く)にアクセス、さらに国内の上位サーバー(海外と通信できるサーバ)にアクセスしそのサーバーから海外の上位サーバー(同じく海外と通信できるサーバー)にアクセスします。上位サーバが各下位サーバから必要な情報を入手して手元に情報を送ります。
国内の場合とは多少異なり、海外通信にはクラスの高いサーバーを通すことが多いです。
データ要求の仕方は次の通りです。
<国内の場合>
家庭→サーバーでデータ検索(最も家の近くにあるISPの物)→サーバー(データのある物)
<海外>
家庭→サーバー検索要求(近く)→上位サーバー検索要求→海外の上位サーバー検索→海外の下位サーバー

ちなみに、原点となった中央サーバーはアメリカにあります。(これに支障が出たら通信できないわけではありませんが通信網の多くが中央のサーバーにリンクしています)

素朴ですね。

まず、メールを送れば1秒で必ず届くかというとそれは・・・です。ファイバ及び電話回線、LAN接続網、衛星通信網は地球を百周以上する長さありますから、4~5秒かかる場合もあるかもしれませんからね。

例を挙げて説明しましょう。

たとえば、あなたがメールを知人に出す。
手紙の場合はポストに入れて郵便回収車が取りに来て郵便局へそして仕分けされて、その地方の郵便局を経て知人のポストに入るわけです。

これをそのままネットに置き換えましょう。
まず、手紙=メールを書...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q一人で出かけるのにお勧めの場所

一人映画鑑賞・一人カフェ・一人カラオケなどなど、
何でも構いませんので一人で出かけるのにお勧めの場所を教えてください。

また、逆にこれ一人でやってみたけどやっぱり一人はきつかった!
っていうのもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

・一人カフェ
  これは結構やりますね。
  といってもエクセルシオールとかそういう感じのところですが。
  どうしても読まなくてはならない本を読むときとか、
  とりあえず日常に煩わされたくないときに
  美味しいお茶とお菓子で気分を変えつつ、
  自分の精神的な余裕を取り戻します。
  最初は結構落ち着かなかったけど、最近は大丈夫です。
・一人カラオケ
  客先に出向中&激務でストレスたまりまくるは、
  ジムの営業時間内に帰ってこれないは、
  (実家住まいだったということもあり)一人になりたいわで何度か行きました。
  (当然カフェの営業時間には間に合いません。夜中2時とかですし)
  そのときは会社帰りによったのですが、
  1時間限定で歌いまくりました。
  結構すっきりしました☆
  でも、最近また同じように行ったら最初はいいんですが、そのあとは寂しいだけでした・・・。
  かなーりストレスの極限のときだけはお勧めです。

・一人銭湯
  自宅にお風呂があるにも関わらず、たまに用もなく贅沢気分で銭湯行きます。
  結構たのしいです。
  独身の頃は、会社帰りとか用事帰りのデートで待ち合わせに1時間以上余裕があるときは
  とりあえず銭湯行きました。
  精神的に余裕ができるし、100円でお風呂セット売ってる地域だったし、
  綺麗にもなるし、血行もよくなるので肌が綺麗に見えるし、
  ダイエットにもいいし♪
  これはお勧めです。
  
・一人旅
  1泊2日だけど、自分の好き勝手に自分の好きな場所に好きなだけ時間をとって、
  宿も自分好みで、朝ごはんのバイキングも人目をはばからない量食べて
  温泉に2時間×3回入って・・・
  ・・・楽しいはずなのに、もんのすごく寂しかったです(失恋後とかでもないのに)。
  これでは私は自分が寂しがり屋だと自覚しました・・・。

・一人カフェ
  これは結構やりますね。
  といってもエクセルシオールとかそういう感じのところですが。
  どうしても読まなくてはならない本を読むときとか、
  とりあえず日常に煩わされたくないときに
  美味しいお茶とお菓子で気分を変えつつ、
  自分の精神的な余裕を取り戻します。
  最初は結構落ち着かなかったけど、最近は大丈夫です。
・一人カラオケ
  客先に出向中&激務でストレスたまりまくるは、
  ジムの営業時間内に帰ってこれないは、
  (実家住まいだったと...続きを読む

Q日本は強かったの? 他国から歴史をみたら日本なんてなんてことない国だったの?

第一次、第二次世界大戦の時代
私は今まで、日本はアメリカに負けたけど、日本は戦争に強かった。と思っていました。零戦とか戦艦大和とか聞くし、神風特攻隊を出撃させたのは、作戦には疑問を持ちますが、とにかく日本は強かったんだと思っていました。でも、実際そうなんでしょうか?戦争に関して知識は豊富ではないですが、昔のVTRなどをみていると、簡単に言うと、ずるい方法をとったりしていたようにいわれてました。(約束破り?)
私は日本で日本の歴史を勉強するので日本は負けたけど、すごかった、強かった、というような感じを受けるものが多いですが、ほかの国から歴史を見たら、日本なんてなんてことなかった かのような存在だったのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸軍は弱かった、人命無視のムチャクチャな作戦をやって自滅して行った…という悪いイメージがありますが、仔細に見るとそうでもありません。

A) 支那事変は、蒋介石率いる国民政府が、上海周辺にドイツ軍事顧問団の指導で建設した第一次大戦型の塹壕陣地(第一次大戦の常識では『突破不可能』。ゼークトラインと呼ばれた)を建設した上で、上海に駐屯していた海軍の上海特別陸戦隊を襲撃し、救援にやってくる日本陸軍を、上海周辺の塹壕陣地に誘致して殲滅する、という計画で始まりました。

蓋を開けてみますと、上海特別陸戦隊は意外なほど頑強に戦って陸軍の援軍が来るまで持ちこたえ、杭州湾に上陸した日本陸軍3個師団は、国民政府が頼みにしていたゼークトラインを「浸透戦術」を巧妙に用いることで少ない損害で突破し、国民党軍を包囲殲滅しながら国民政府の首都である南京へ進撃しました。

これは蒋介石にとって全く予想外のことで、国民政府軍は総崩れとなりました。日本陸軍は、上記のランキングでは「ランキング対象外」の国民政府軍より「遥かに強かった」と言えます。

ウィキペディア 第二次上海事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E5%A4%89

B) ポツダム宣言受諾の「後」に、ソ連軍が北方から千島と南樺太に侵攻しました。
千島列島の北端である占守島、日本領であった南樺太には、比較的装備が良く、兵員も充実した守備隊が残っていました。
8月15日以降のソ連軍の攻撃に対し、占守島と南樺太の陸軍部隊は善戦し、
「占守島においては、上陸したソ連軍をもう少しで海岸に追い詰めて全滅させるところまで戦う」
「樺太においては、ソ連軍の南下を食い止め、南樺太の日本人が北海道へ逃げる時間をかなり稼ぐ」
という戦いぶりを見せています。

<海軍について>
日本海軍については、アメリカに次いで世界第二位の戦力を持っていたのは異論がない所で、戦前においては、東太平洋は「日本の海」でした。

「空母機動部隊」はアメリカと日本だけが編成して運用できたものですし、18インチ砲搭載の戦艦を建造できたのは日本だけです。第二次大戦終結までに完成させた大型空母の隻数で言えば、アメリカが圧倒的に多いわけですが、次に多いのは日本です。第三位のイギリスにかなり差をつけているはずです。

無限の物量と高度な技術を持つアメリカと戦っては、昭和19年のサイパン沖海戦で日本空母機動部隊が壊滅し、レイテ沖海戦で航空機の援護のない「レイテ湾への特攻」を命じられた水上部隊がろくな戦果を挙げられずに甚大な被害を受け、「沖縄への大和特攻」(坊の岬沖海戦)で終わったわけですが、アメリカ海軍相手にここまで戦える海軍は日本海軍だけだった、というのは紛れもない事実でしょう。

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸...続きを読む


人気Q&Aランキング