『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

恵比寿様と大黒様の小さな置物があります
雑貨屋で購入したもので
神道でいうような神様がやどっておられるようなものではないと思うのですが
風水的には何処に飾っておけば良いのでしょうか
以前は北西の玄関に置いていましたが
先日までは西の台所に置いていました
ベストの置き場所が分かりません
詳しい方、アドバイスよろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

風水と言っても千差万別です。

日本で風水と言っているほとんどは偽者。勝手に日本人が方位や陰陽、五行と結び付けたものです。陰陽や五行と結びつけたものは現代の香港や台湾などでもありますけど日本とか解釈が違います。なのでその形で見るかによります。
古典的な風水では置物によって吉凶が変わるなどとは考えていませんので,何処においてもいいです。
陰陽や五行、或いは道教の影響を受けている風水では玄関先におくのがいいです。
一番は玄関の外の両側や門のところですが、それが無理なら玄関のたたきの場所、下駄箱の上などです。
向きは玄関から外を向くように、或いは真横を向かせます。

方位にも飾りも向きなどは本来ありません。最近になって勝手に意味づけをしている占い師もいますけど、それを信じるならそちらの本を読んでください。正当な気学では全ての事象に九気が含まれていると考えており、その利用法で決まるものですから「駄目な方向」はありえません。

神仏として祀るのでなければ、間違っても供物を置いたり手を合わせたり、祈願などしないことです。
個人的には方位や場所にもこだわらず、装飾具として飾ることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧でわかりやすい回答をしていただき
ありがとうございます
今はただの置物としてタンスの上の人形ケースに
沢山の置物と一緒に飾っています
このままにしておこうと思います
最後に書いてくださった文章
ドキリです
ちょっと祈願とかしてました
もう絶対しないよう気をつけます
本当にありがとうございました

お礼日時:2013/03/30 00:34

聖像は玄空飛星の風水では山星8のところに置いて水星8の方に向けて起きます。

雑貨屋で販売しているのはご祈祷には向きませんが敬う気持ちを表すため置き場所を選んだというのはよろしいです。神棚だけは風水にのっとて配置するといいでしょう。
 浅草寺では12月18日だけ恵比寿、大黒の絵といってもご祈祷していない参拝記念みたいな形ですが1枚500円です。商売している方にはいいでしょう。

参考URL:http://www.genku.info/
    • good
    • 5
この回答へのお礼

風水にはいろいろあるのですね
浅草寺に参拝できる機会があれば
購入したいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2013/04/03 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家に祀ってある恵比寿様について

家に祀ってある恵比寿様について

最近10年ぶりに実家に戻って、子供の頃は気にしていなかったのですが、
私の家には、
神棚、お稲荷様、恵比寿様、があります。
家には祖父しかいなく、祖父は神様を大事にしているのですが、
神棚はホコリまみれ、お稲荷様はほったらかし、
恵比寿様の場所は、人が出入りするところで、しかも雨漏りしています。
ですので、そんなに信仰深くない私ですら粗末にしてるように見えます。

とりあえず、神棚とお稲荷様は私なりに綺麗に掃除をしたのですが、
恵比寿様の雨漏りと人が出入りする場所はどうしょもないので、祀る位置を変えたいのですが、
祖父は「人の出入りや雨漏りなんか関係ない!!恵比寿様は火のある台所のここだ!!」と言う人なのです。

色々私なりに調べたところ、恵比寿様はおおらかな神様らしいので、大事にする気持ちがあったら、トイレや変な場所でなければ大丈夫らしいのですが…?

とりあえず祖父はなんとか説得して、恵比寿様の位置を変えようと思っているのですが、
私の考えでは、人が出入りしない場所、目線より上の場所、に祀ろうと思っています。

恵比寿様に関しての祀り方や、やってはいけない事など、
恵比寿様にお詳しい方、お教えくださいませ。

家に祀ってある恵比寿様について

最近10年ぶりに実家に戻って、子供の頃は気にしていなかったのですが、
私の家には、
神棚、お稲荷様、恵比寿様、があります。
家には祖父しかいなく、祖父は神様を大事にしているのですが、
神棚はホコリまみれ、お稲荷様はほったらかし、
恵比寿様の場所は、人が出入りするところで、しかも雨漏りしています。
ですので、そんなに信仰深くない私ですら粗末にしてるように見えます。

とりあえず、神棚とお稲荷様は私なりに綺麗に掃除をしたのですが、
恵比寿様の雨漏りと人が出...続きを読む

Aベストアンサー

エビス神は元はインドから中国を経て伝わった福の神ですが、エビスは蝦夷や蝦夷と同じく「異国人」という意味。日本においては他の様々な神と同一視され、定まった神様ではありません。
その中で共通しているのが水を司る神様ということ。
お爺様は水の神という所から火伏せの為に台所に祀って居たのでしょう。そういう意味では間違った祀り方ではありません。

一般的に神棚の上や下は人が通るべきではないとされていますが、神棚を人の通過する鴨居の上に設える習慣のある地域もあります。
基本は基本、風習は風習です。郷に入っては郷に従えという言葉もあります。

ご実家の家長はあくまでもお爺様なのですから、勝手に変えたり掃除する事は逆に不遜ということになります。
変えるなら、自分が継いだときに、改めて「ご苦労様でした」といって変えるべきです。

Q神様や仏様、複数の置物を置くのは、どうなのですか?

神様や仏様や、複数の置物を置くのは、どうなのですか?

部屋に複数の神仏等の像を置くのは、どうなのでしょうか?
「神様たちが仲たがい、喧嘩する」等、聞いたことがあるのですが、、、、

今、部屋にビリケン様が居ます。
先日、骨董店で感じの良い七福神が在りました。
神や仏について無知で、7像ではなく2像でしたが、おそらく七福神だと思います。

自分の宗教は在りませんが、ときどき願いたくなる一般的な凡人です。
像も、そんな‘ときどき’とインテリアとして考えます。

ただ、喧嘩はして欲しくないし、願いをストレートにかなえて欲しいと思い、
七福神?を置く前に、相談したく御願します。

ビリケン様は神様でも仏様でもないようですが...
ビリケン様と七福神の守備範囲も似てるようで、まずいかな?なんて無知をベースに不毛な思いを巡らせています。

よろしく御願します。

Aベストアンサー

なんの問題もありませんよ。日本はそれが許される数少ない国です。(もしかしたら世界でただひとつかも?)

知っての通り日本は「何を信じ、何を重んじるか」は自由です。そして、それらは強制されることはありません。これは憲法にも規定されています。

<日本国憲法>
第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

そしてなにより、古の時代から神様は互いに喧嘩しないとされています。だから、神無月にいろんな神様が集まって会議をしたりするとされています。それに、八百万の神ということで日本にはたくさんの神様がいるし皆さん互いを尊重し平和に暮らしている素晴らしい国です。海外では、宗教対立が結構ありますが日本ではありません。それは、日本においてはすべての宗教が互いの思想を尊重しているから。すべての調和がとれているのです。

多重宗教の具体例は、僕らの暮らしにあります。一年の最初に初詣(神道)に行き、彼岸やお盆(仏教)で先祖を尊ぶ、冬にはクリスマス(キリスト教)を祝い、年の最後は除夜の鐘(仏教)で締めくくる。

そして、子供の頃にお食い初め(神道)をやり、死亡したらお葬式はお経(仏教)をあげたりする。

日本では、宗教というものはそれほど重く考えなくて良いのですよ。

なんの問題もありませんよ。日本はそれが許される数少ない国です。(もしかしたら世界でただひとつかも?)

知っての通り日本は「何を信じ、何を重んじるか」は自由です。そして、それらは強制されることはありません。これは憲法にも規定されています。

<日本国憲法>
第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及びその機関は、...続きを読む

Q赤富士の絵の飾る方角

秀峰作の「赤富士」の絵を持っています。
この絵は、どちらに飾るのが縁起がいいですか?
西を向くように東に掛けるのでしょうか?

ちなみに飾る所は、治療院です。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

複雑に考えすぎです・・・。
東から日が昇るのは地球上なら世界共通、
自宅でも朝日が登る方角に朝日の絵を飾る、
それだけですよ。

Q絵を飾る方角や場所について教えて下さい。

絵が好きで安物ですがコレクションしているうちに、そこそこの枚数になってきました。
室内の壁にかけて飾るのに、こういく飾り方はいけないって事ってあるのでしょうか?
方角には東西南北と四方向があると思いますが、各方向全てに絵を飾っては縁起が悪いとかなんとかといって女房が許可してくれません。
自分はまったくそういった話を耳にしたことがありません。
なんとか女房を説得して飾りたいなと思っております。
たとえばもしダメだとしても、同じ部屋の中でとかいうことではなく、
家の中全体でという事でダメだとなると、もう飾れるところがありません。
良いアドバイスがありましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。まず、方位の吉凶については知りませんが、部屋の四方全面に飾るのは感心しません。

私は自分で描いた絵を部屋に飾る時は方角よりも光の当たる角度(自然光)を気にしています。ガラスやアクリルの入った額縁は仮縁(それらの入っていない直接絵肌に触れるもの)に比べ反射光により見にくくなったりします。鑑賞のため直接自然光の当たらない方角に飾ります。

部屋以外では大きなもの(F8号程度まで)は廊下に飾る。複数飾る場合は小さい4~6号程度のものと交互に、高さを変えて並べる。
小さなもの(4号以下)は階段の踊り場付近に。これも複数飾るなら段差をつけて配置する。玄関脇のニッチスペース(飾り棚)や小さな壁面にはSM(サムホール)などを飾りスポット光などが当たると素敵です。玄関や応接間に大きな壁があれば20号~40号のものを。

ドアを開けて正面ではなく右もしくは左の壁が一番。次にドア設置側の壁。これ見よがしに入って真正面というのは品がなかったり、大きさによっては圧迫感がありすぎる場合があります。

Q龍の置物について

風水では 龍があらゆる方角の吉の象徴になっていますが
龍の置物を部屋のいろんなところに置きまくったら
相乗効果があるんでしょうか?

龍の置物を1個もっているんですが
配置する吉方位がたくさんありすぎて
正直困っています。

Aベストアンサー

 龍は青龍といって東の象徴です。そこで東が定位置になりますが、
東の象意(暗示)として延ばしたい運気の方におく風習もあります。
たとえば「知」の北、「信」の西北、「仁」の西南という具合です。
(ちなみに東は発展の象徴になりますが、東は後ずさりできないウサギの発展。むしろ信頼に基づいた東南の発展が私は好きです)
 また、真偽・正義の判断を意味し、家の中央や玄関におく事があります。寺の本堂の天井や中国皇帝の玉座に龍があるのはこのためですし、門柱に龍があるのは来訪者を判別するためです。
 更に龍は水神の使いという考え方があり、防災(火災)目的で置かれます。

従って、貴方が一番向上を望む方向に置くか、目的によって玄関や居間に置けばよいでしょう。

Q初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるま

初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるまれていますよね。
神棚に祭る時には、あの薄紙は取ってから神棚に上げるものなのでしょうか?
それとも、そのまま薄紙にくるまれたまま、神棚に上げるものなのでしょうか?
薄紙を取り外すと、何か災いが起きるものなんでしょうか。。。
ちなみに、いつもは薄紙のままあげていたのですが、今年の1月1日には薄紙を取り外して祭ったら、16日に父が亡くなってしまいました。。。
どなたか、正確な方法とその理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたりでは伊勢参りに行った人が何日もかけて故郷に持って帰ったわけですから、やはりその間に汚れてしまう可能性は多かったでしょう。(下手すると伊勢参りの相手が子どもだったり犬だったりする場合もあります)

ですから御札に薄紙を巻くことで被害を最小限度に抑え、おまつりする方々が健やかに祀れるようにしたわけです。

薄紙を剥がすことで災いが起きることはありません。
(神棚清祓で神主を家に呼んでお祓いしてもらうとほとんどの神主は薄紙を剥がしますよ。私なんかもアマテラス様の御札以外に薄紙に巻かれている神社札は全部剥がして祀っています)

剥がした薄紙は古い御札や古いお守りを包んでお焚き上げに出すとよいでしょう。
また剥がす際は鋏等刃物は使わず手で剥がした方が神さまに失礼になりません。

また薄紙のままでも御札の効果が薄れるということはありません。
祀っている間でも汚したくなければ薄紙のままでおまつりしてもよいでしょう。

お父様の事は大変悲しいこととは存じますが、神様の祟りではなく天命を全うされたのだと思われます。

どうぞお気になさらず健やかなる新年をお迎えください。

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたり...続きを読む

Q年始年末の神棚の祭り方について

※大晦日に榊やお供え物を新しくして(一夜飾りには当たらないのか?)新年を迎えるのが良いのか、元旦になって新しくするのが良いのかどちらが正しいのでしょうか?

※お札や神棚の掃除は大晦日でも良いのでしょうか?

※お札が祭ってある扉は普段閉じておいた方が良いのでしょうか?(開ける時はどの様な時?)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

※これは自由です。
元旦に入れ替えるという人、31日だという人、28日だという人、その他それぞれです。
一夜飾りも31の晩は元日が含まれるから数えないで30-31日夜が1日、だから30日はダメという人。
昔は夜明けがその日の初めだから31-1日が一夜飾りだという人
このほか29日は二重苦だから飾ってはダメだなどなど。
三番目問いの説明であるように、昔は神宮の御師が各家を回っていたので、暮に一斉に大麻を入れ替える事は不可能だったでしょう。昔は新しい大麻を頂いた時に入れ替えていたと思います。

私は遷宮祭に倣って28日の夜に大麻を取り替えます。鏡餅、注連縄の取替えは28日昼です。
榊は30日に配達されるので、これは30日です。
元日1時過ぎに若水をとり、他の供物と共に供えます。

※これも自由です。
でも、綺麗になったお宮に入っていただくと考えればいずれにしても入れ替え前でしょう。
それに大晦日ぐらいのんびりしたいと考えれば、それ以前ということになります。

私は28日昼以前です。

※私は閉める派です。
神社の中にも朝開けて、夕方閉めるというところがあります。でも勘違いしてはならないのですが、これは拝殿の扉なんです。
拝殿の置くに神棚、或いは御神体を収めた厨子があるはずで、これは絶対に開かれません。(定期的に特別に開くところはあります)
歴史的に見ると家庭内の大麻は「大麻=おおぬさ」であり、祓い串です。むかし御師が各家庭を回り御払いをし、その証として置いて行った祓い串を祀ったのが起源ともされている。
その意味からすれば、御扉を開けておいてもいいということになります。
しかし現代では「大麻=ご神体に準ずるもの」という考えになっており護符と違っています。なのでこの意味からすれば御扉は閉めておくべきということになります。

地方の誰が管理しているかわからないくらい祠のような神社では厨子もなく開けっ放しがあります。それは風習なんでしょう。またこの多くはご神体ではなく榊や鏡が飾られています。これらは依り代であってご神体ではないから御扉を開いてあっても問題ないのだと思います。

御扉は1日15日、或いは頂いた神社の例大祭の日中に開くという人も居ます。つまり祭事の時だけ開いておくというのです。
このときは御簾の下がっているタイプの宮を購入するか、あらかじめ大麻を収める祭に白い半紙などで大麻をくるんでおくことが必要となるでしょう。
或いは御扉の内側から障子紙を貼り付けておくか・・・この場合は屋根などをはずして大麻を入れ替えるしかありません。
どう考えるかは自由です。

※これは自由です。
元旦に入れ替えるという人、31日だという人、28日だという人、その他それぞれです。
一夜飾りも31の晩は元日が含まれるから数えないで30-31日夜が1日、だから30日はダメという人。
昔は夜明けがその日の初めだから31-1日が一夜飾りだという人
このほか29日は二重苦だから飾ってはダメだなどなど。
三番目問いの説明であるように、昔は神宮の御師が各家を回っていたので、暮に一斉に大麻を入れ替える事は不可能だったでしょう。昔は新しい大麻を頂いた時に入れ替えていたと思います。

私は遷宮...続きを読む

Q風水 ひとつの部屋に龍の置物が複数あるのはよくないですか?

数年前に風水をはじめたのですが何分必死だったもので(それだけ悩み頃も多かった時期でした)龍の置物をなぜか三体も部屋に置いている状態です。
そんな高額なものではないのですがDrコパの龍の置物を部屋の中心近くにひとつ、もうひとつはなぜは百円均一で購入した金色の龍を玄関北方面に、もうひとつは旅行先で買ったガラス細工の龍(そんなに高価なものではありません)を北東に置いてあります。それぞれ衣装棚の上など目線より上に置いて小さな水晶を水代わりに置いたりしています
よくひとつの部屋に龍をいくつも置くのはケンカしてよくないと言いますが本当なのでしょうか?
正直、劇的に運が良くなったということも無かったですが悪くなったということもない状態です(もちろん本人努力の意味はわかっています・・・)
基本的には玄関や水の方向である北にひとつ置くのが正しいのでしょうか?
置く方向もいまひとつよくわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

長年、風水を研究している者です。
まず、グッズを使う風水は、意味が全くないわけではありませんが、二次的三次的なもので、本筋の風水ではないことをご理解下さい。
その上で、細かいことは端折って、大切なことは”絞る”こと。どんなに良い物でも、モノでいっぱいの部屋に置いても、埋もれてしまいます。また、全ての方位に開運グッズを置いても、ただモノを並べているだけになってしまうでしょう。
必要なところに絞って置くことです。そのモノが力強く感じられるように置くことです。同時に、グッズ選びも大事です。やはり光って感じられるようなものを選ばないといけません。”龍”だから、なんでも良いと言うのでは安易過ぎるでしょう。

Q榊を庭に植えるとよくないのですか

庭に榊が植わっています。以前挿し木をしてみたら発根してそのまま大きくなったもので、大きさは2メートルくらいです。

2年くらい前、地元の農家の方が別のことで、宅地内に榊は植えないものだというのを聴いたことがありまして、それ以来少し気にしていますが、神棚用に重宝しますのでそのままになっています。

昔からの縁起や言い伝えとか、まずいこととかあるのでしょうか。

地域で違うかもしれませんが、当地は千葉県市原市です。

過去ログに「神仏のものは屋敷内に植えてはいけないと聞いた」というのがありますけど。。。

Aベストアンサー

おはようございます。

榊は神の依代の神木だから、位の高い貴族や神官のような家にしか植えてはいけない・・・と言う事で、昔から一般の家には植えないようにするように言われているそうです。実家の神社から挿し木で持って来ている榊を見て、出入りの庭師さんから以前言われました。

でも今時、位も貴族も無いですから、特に気にされなくても良いと思いますよ。
虫も殆どよらないし、丈夫ですくすく育ちますし・・・
私も、榊を買わずに済むので重宝しています。

御参考になれば幸いです。

Q台所に御札を置く場所・・

近くの神社で『家内安全』の御札を正月に買い、ウチには神棚がないので床の間に飾っていたんですが。台所に置いたほうがイイと聞きました。どの場所にどのように置いたらいいのでしょおうか?塩や米や水もやはり供えた方がいいんですよね?どなたか詳しく教えてください!!冷蔵庫なんかの上に置いたらダメですよね?

Aベストアンサー

私の家(東京)では、子供の頃、年末になると神社で正月用のお札などを買ってくるのは私の役目でしたので、懐かしく思い出したので、回答させていただきます。

神社で普通にお札を買うと、表書きの長ったらしい名前の中に「天照大神」と書かれたものを渡されると思います。
これは神棚の社(平等院の鳳凰堂みたいなヤツ)の中に入れるものです。

で、台所に祀るのは「荒神様(こうじんさま)」とか「お竈様(おかまさま)」とか言われるもので、竈(かまど)つまり火の神様です。これは普通別料金で、お札を買うときに、「荒神様もお願いします」とか言うと、別の札を出してくれると思います。
これも表面の長ったらしい名前の中に「竈」という字が旧字体で書かれているので判ると思います。

我が家ではガスコンロの近くで火のあぶなくない処の隅(隅っこ)の上の方に三角形の小さな神棚を取り付けて、お札を立て掛けてありました。本当は小さな祠(ほこら)のようなものを置いて、その中に入れるらしいのですが、台所が狭かったので、お札だけを立て掛けていたようでした。
 
大正生まれの母が生きていた時には、毎朝炊いたご飯を一番最初にひとつまみ、祭壇用の小さな器にいれて、お供えしていました。(これは、居間にあった神棚へのお供えと一緒です)
しかし、年々、歳をとってきてからは、毎日では辛かったらしく、毎月1日の朝だけお供えをしていたみたいです。多分自己流に簡略化したんだろうと思います。あと、家族が朝ご飯を食べ終わるまで、ろうそくのお灯明をつけていました。

ですから、我が家ではご飯と水とお灯明だけだったように思います。
母は埼玉県の生まれでしたが、地域やその家のしきたりみたいなモノがあると思いますから、お姑さんなどに聞かれたら良いかと思います。

私の家(東京)では、子供の頃、年末になると神社で正月用のお札などを買ってくるのは私の役目でしたので、懐かしく思い出したので、回答させていただきます。

神社で普通にお札を買うと、表書きの長ったらしい名前の中に「天照大神」と書かれたものを渡されると思います。
これは神棚の社(平等院の鳳凰堂みたいなヤツ)の中に入れるものです。

で、台所に祀るのは「荒神様(こうじんさま)」とか「お竈様(おかまさま)」とか言われるもので、竈(かまど)つまり火の神様です。これは普通別料金で、お札...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング