あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

お世話になります。

ユニオンクエリAがあり、そのクエリを使用してクエリB(テーブルや別のクエリとも紐付け)を作成しました。問題なく抽出できます。
 <クエリB>
 ユニオンクエリA ----→ クエリX
             |
              ---→ テーブル1
             |
              ---→ テーブル2
             |
              ---→ テーブル3

新たにユニオンクエリAを使って、クエリCを作成したところ「クエリが複雑すぎます」と表示されてしまいます。いくつかのテーブル/クエリと紐付けていたので、一つずつ取っていったところ、最終的にはユニオンクエリA一つでもエラーが出てしまいます。単純な選択クエリです。

クエリBは同じユニオンクエリAを使い、複数のクエリとテーブルとを紐付けているのにも関わらずエラーとなりません。。

どのようなことが考えられますでしょうか。
Accessを起動し直したり、端末自体も再起動しましたが状況変わらずでした。
また、ユニオンクエリA単体を開いても問題無く抽出されます。

ご教授の程、宜しくお願い致します。

A 回答 (5件)

各テーブルの主キーに相当するフィールド。


具体的なデータ例☆。
期待する出力結果☆。
が無いと、残念ながら・・
私には想像でササッと幾つかのSQLを提示できるだけの
スキルを持ち合わせていません。
これだけでは何とも。。。ごめんなさいです。

ただ言えることは、、[] で括っているとはいえ F/O番号 というフィールド名は
マズイと思います。
最初のリンク先にも載っています。
http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA …
Access の予約記号 の部分です。

以下は珍怪答部類かもしれません、読み流して結構です。
GROUP BY で指定しているフィールドが多いので
非効率になっているようです。
UNION する前のAデータを、受注日で抽出し集計する。
それをマスターテーブルと繋げるようなことは出来ませんか。
SELECT Aデータ.受注日, Aデータ.コード, Aデータ.ライン, Sum(Aデータ.数量) AS 数量の合計, 0 AS [F_O番号]
FROM Aデータ
WHERE (Aデータ.受注日)=[forms]![メイン]![受注日])
GROUP BY Aデータ.受注日
とマスターをJOIN
Bテーブルも同様、これをUNION ALL?
のような方向です。
    • good
    • 1

どうして何でしょうかねぇ?


もう手詰まりです。
最後になりますが、オプション→オブジェクトデザイナーの
クエリデザイン→すべてのフィールドを表示する のチェックは外してみてください。
外れていても個々のクエリで設定できますので
デザインビューで開くことのできるクエリのプロパティも確認してください。
現状でアドバイスできるのは、これくらいです。

使用している各テーブルの実際の
フィールド名・データ型・インデックス
クエリのSQL ビューがあれば新たな展開が有るかもしれませんが
珍怪答になってしまいそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実際のユニオンクエリはフォーム上のフィールド(受注日)を見ており、その日付で抽出するようにしております。当該ユニオンクエリを新たに作成したクエリ上のデータビューで表示させようとすると、まず日付を求められます。で、日付を入力すると、その日付で抽出されます。

次に当該ユニオンクエリをUNION ALLとし同じようにデータビューで表示させようとすると、日付を求められるのですが、その後、『ODBC‐‐呼び出しが失敗しました。』と表示されます。

おとといの段階では、UNION ALLとした場合、日付が求められる以前に『クエリが複雑すぎます』とメッセージが表示されていたのですが変わってしまいました。特にクエリの内容は変更しておりません。。

ちなみに、ユニオンクエリのSQLは、
SELECT Aデータ.受注日, マスター.ベンダー, Aデータ.コード, Aデータ.ライン, マスター.部位, マスター.寸法, マスター.不良フラグ, Sum(Aデータ.数量) AS 数量の合計, 0 AS [F/O番号]
FROM Aデータ INNER JOIN マスター ON Aデータ.コード = マスター.コード
GROUP BY Aデータ.受注日, マスター.ベンダー, Aデータ.コード, Aデータ.ライン, マスター.部位, マスター.寸法, マスター.不良フラグ
HAVING (((Aデータ.受注日)=[forms]![メイン]![受注日]))
UNION ALL SELECT [Bデータ].受注日, マスター.ベンダー, [Bデータ].コード, [Bデータ].ライン, マスター.部位, マスター.寸法, マスター.不良フラグ, Sum([Bデータ].数量) AS 数量の合計, [Bデータ].[F/O番号]
FROM [Bデータ] INNER JOIN マスター ON [Bデータ].コード = マスター.コード
GROUP BY [Bデータ].受注日, マスター.ベンダー, [Bデータ].コード, [Bデータ].ライン, マスター.部位, マスター.寸法, マスター.不良フラグ, [Bデータ].[F/O番号]
HAVING ((([Bデータ].受注日)=[forms]![メイン]![受注日]))
ORDER BY マスター.ベンダー, Aデータ.コード;
※テーブル名、フィールド名は多少変更させて頂いております。

テーブル名※()内はフィールド名ですが沢山ある為、当該ユニオンクエリで使用しているものを抜粋)
 ・Aテーブル(受注日、コード、ライン、数量)
 ・Bテーブル(受注日、コード、ライン、数量、F/O番号)
 ・マスター(ベンダー、部位、寸法、不良フラグ)

Aテーブルとマスター、Bテーブルとマスターはそれぞれ「コード」で紐付けています。

お礼日時:2013/04/12 18:42

ユニオンクエリの項目数合わせなんですが


「番号」は元々数値型なのでしょう?
それを、番号:'000' で文字列扱いにしたらテーブル002の番号も文字列扱いになってしまいます。
番号: 0 か 番号: Null
にして元々のデータ型を崩さない方がベターです。

UNION は重複レコードを排除しつつ連結しますが
UNION ALL は全てを連結します。
目的に応じて使い分けますが、特に目的が無い場合は
UNION ALL ですと重複排除の処理が無い分だけ高速です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、番号は数値でした。教えて頂いたように「番号:0」に修正致しました。

なお、UNIONとUNION ALLの違いにつきましては一応認識はしているのですが、今回、UNION ALLだと選択クエリで表示するフィールドがフィールド1~8までないとエラーとなり、UNIONとすると、一つのフィールドでも問題ない・・・という部分がよくわかりません。

今回の例でいうと、クエリα+クエリβでトータル300レコードで、UNIONとしても300レコードなので、とりあえず特に問題は無いのですが。。今後、UNION ALLでクエリを作成し、特定のフィールドでさらに条件付けして抽出したい場合、その特定のフィールドだけでなく全てのフィールドを表示しなければならないってことになるのでしょうか。

お礼日時:2013/04/10 15:14

Accessの仕様の制限値を超えている


http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA …

フィールド名などに不適切なモノが有る
http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA …

ファイルが壊れかかっている

などが考えられますけど、特に三番目。
新規accdbに全てインポートする。
ファイルタブ→オプション→カレントデータベースの
「名前の自動修正オプション」のチェックは全て外す
最適化を行う
で改善しませんか?

この回答への補足

スペル間違いがありました。
正しくは、「UNION ALL SELECT・・・」を「UNION SELECT・・・」に変更 です。

補足日時:2013/04/10 13:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
新規mdbを作成し、例のmdbのテーブル及びクエリを全てインポートしました。
その後、オプションのチェックを外し、最適化を行ってみましたが状況変わらずです。。

ちなみに、ユニオンクエリAですが、

 <クエリα>
 テーブル001-----テーブル003
  ・グループ化
  ・テーブル001の数量を合計

 <クエリβ>
 テーブル002-----テーブル003
  ・グループ化
  ・テーブル002の数量を合計


クエリαとβをユニオンクエリとしてます。
一つ気になるのは、テーブル002には「番号」というフィールドがありますが、テーブル001には存在しない為、クエリαでは『番号:'000'』として、クエリβとフィールドを合わせてます。

フィールド1 フィールド2  合計   番号
あああ    いいい      1    000
かかか    ききき     10     000
さささ     ししし       5    000
たたた    ちちち     58     123
ななな    ににに     21     456
ははは    ひひひ    150    789
※フィールド1の「さささ」までがクエリα、「たたた」以降がβのレコード。
 実際にはフィールドは9つあります。

で、このユニオンクエリを新規の選択クエリに追加して、全フィールドを追加すると問題ありません。「番号」を削除しても問題ありません。。しかし、フィールド1、フィールド2、合計のいずれかを削除しただけで「クエリが複雑すぎます」とエラーになってしまう次第です。

結果的に、ユニオンクエリの「UNION ALL SLECT・・・」を「UNION SELECT・・・」に変更したところ、現象が解消されました。
ALL付きとALL無しで何か制限事項などあるのでしょうか。

お礼日時:2013/04/10 13:32

自分の体験ですが、


VBAを繰り返し訂正していると、何をやってもエラーが解消しないことがあります。

その時これ
「空のACCESSファイルを作成し、ここへそのファイルをインポート」
をやると原因がどこにあるのかわかりませんが解消します。

あなたとは状況は違いますが、ダメ元で試して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
教えて頂いた内容を試してみましたが、状況変わらずでした。また、データベースの最適化/修復も行ってみましたがダメでした。

<切り分け>
クエリBをコピーして開くと問題なく抽出されます。デザインで開いて
 テーブル1を削除→OK
 テーブル2を削除→OK
 テーブル3を削除→OK
 クエリXを削除→OK
全ての紐付けを解除しても問題ありませんでした。

フィールドが9個あり(上記で全ての紐付けを削除してるので、残ってるのはユニオンクエリAの全フィールドのみ)、その内1つを削除する分には問題ないのですが、残り8フィールドの内、どのフィールドを削除してもNGになることが発覚しました。

結果的に、ユニオンクエリAの9フィールドの内、フィールド9を削除する分には問題ありませんが、フィールド1~8の内1つでも削除すると「クエリが複雑すぎます」とでます。

新たにクエリを作成し、そのこユニオンクエリAのフィールド1~8を追加したところ問題無しで、やはり1つでも削除するとエラーとなります。なぜ、こんなことが起こるのか分かりません。。

お礼日時:2013/04/10 10:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessで「クエリーが複雑すぎます」というエラーで……

詳細を書くのが困難なのですが、20個程度のテーブルを1対1のリレーションシップで結合しています。

各テーブルにおいてクエリーで計算(足し算)をしているのですが、そのたし算部分の結果を再度、選択クエリにて表示しようとすると、タイトルのように「クエリーが複雑すぎます」と表示され、うまくできません。

おそらく、データベースの設計を根本から見直すのが賢明だと思いますが……

なお、使っているバージョンは2002です。

Aベストアンサー

説明不足というか、質問を誤解していたかもしれません。申し訳ない。
言いたかったのは、以下の内容です。

>1)各テーブルにおいてクエリーで計算(足し算)をしている
>2)算部分の結果を再度、選択クエリにて表示

 この2つの作業は別々のクエリにて処理されています?同じだとまずいかも。
 1つのクエリで得た算出結果を、同じクエリの中で利用して他の計算のネタ元として利用すると、質問の内容のエラーが発生し易い、ということなんです。
 もし、2つの作業が別のクエリであるにも関わらず、2)の作業時にエラーが出るということであれば、クエリビルダで式を書く際に、扱っているネタ元の拾い方に不具合があるんではないかと。

 もしよければ、テーブルと、エラーが発生するクエリの明細を教えていただけると、対応出来るかもしれません。

Q「クエリが複雑すぎます」とのエラーが出る

すみません、漠然とした質問で申し訳ないのですが、
アクセスでとあるクエリを実施すると、「クエリが複雑すぎます」というエラーが出てしまいます。
このエラー自体はよくあるものだと思いますが、クエリは何も変更していないにも関わらず、パソコンを新しいものに変えてから出るようになりました。(スペックを大幅に向上したパソコンですので、スペック不足ということもないと思います)
また、自分のパソコン以外では問題なく動きますので、クエリの問題というより、何かパソコンそのものにオプション等が足りないのかな?と思うのですが、そういうことってありますか?
「そのクエリを見ないと何とも言えない」というのは分かっているのですが、環境によって(しかもスペックがよい方のパソコンでのみエラーとなる)、同じクエリが動いたりエラーになったりということがあるのかどうか、どういう原因が考えられるのか、分かる方がいらっしゃったら教えてください。
本当に漠然とした質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アクセス(MSAccess)のバージョンは、他のパソコンと同一ですか?

アクセスのバージョンが他のパソコンより古い場合、一部のクエリは処理できずにエラーになります。

アクセスのバージョンが他のパソコンより新しい場合も、一部のクエリは異なる解釈をされ、処理できずにエラーになる事があります。

また、バージョンが同じだとして、オプション設定は同じになっていますか?

セキュリティなどのオプション設定が異なると、場合によってはクエリの解釈が他のパソコンと異なってしまい、エラーになります。

さらに、バージョンもオプション設定も同じだとして、アドインも同じ物がインストールされていますか?

必要なアドインが追加されていないと、当然、クエリの解釈が他のパソコンと異なってしまい、エラーになります。

また「マイクロソフトオフィス製品のアップデート」も、同じアップデートが適用されているか確認して下さい。

と言う訳で「パソコンのスペック」と「マイクロソフトオフィス製品のバージョン」には何の関係もありません。いくらパソコンのスペックが高くても「プレインストールされているアクセス(MSAccess)が1つ昔のバージョン」だったら、お話になりません。

簡単に言えば「ハードウェアが最新でも、ソフトウェアが古いかも知れない。ハードとソフトの新しさは比例しない」って事です。

アクセス(MSAccess)のバージョンは、他のパソコンと同一ですか?

アクセスのバージョンが他のパソコンより古い場合、一部のクエリは処理できずにエラーになります。

アクセスのバージョンが他のパソコンより新しい場合も、一部のクエリは異なる解釈をされ、処理できずにエラーになる事があります。

また、バージョンが同じだとして、オプション設定は同じになっていますか?

セキュリティなどのオプション設定が異なると、場合によってはクエリの解釈が他のパソコンと異なってしまい、エラーになり...続きを読む

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

Qアクセスで#エラーを表示させない方法は?

アクセス2000を使用しています。フォームにテキストボックスを貼り付けて、計算式を入れています。計算できない数値になると、#エラーと表示されます。目障りなので、#エラー という表示を消したいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?宜しくお願い申し上げ候。

Aベストアンサー

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の左端にあるコンボボックスで「式」を選択
5)上記コンボボックスの隣が1つのテキストボックスになるので、そこに以下のような式を入力
 IsError([テキスト0])
 ※上記の式は当該テキストボックスの名前が「テキスト0」の場合です。
6)上記テキストボックスの下、右から2番目に「A」と表示された、文字色を指定するボタンがあるので、
 その左の小さな「▼」をクリックし、当該テキストボックスの背景と同じ色(既定では白のはず)を選択
7)『OK』ボタンをクリックしてダイアログを閉じる

・・・以上です。
これで、『テキスト0』の計算式がエラーになった場合は、文字色が背景と同じ色になるので、「#エラー」と
いう表示はされていないように見える、という状態にすることができると思います。

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の...続きを読む

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QODBCの接続に失敗しました(3146)について

どうにもならなくて困ってしまいメールいたします。
現在、ウインドウズ98、アクセス2000という環境で作業をしています。このアクセスでは、日に1回、本社とのデータのやりとりを行っていますが、ある日から「ODBCの呼び出しに失敗しました エラーメッセージ3146」と出てしまうようになってしまいました。何が原因かもさっぱり分かりません。どんなことでもいいので助言お願いします。

Aベストアンサー

ODBCのエラーは、簡単には原因がわからない場合が
ほとんどです。

通常はコントロールパネルのODBCデータソースアドミニ
ストレータの「トレース」タブの中に、「トレースの開始」
というボタンがありますから、適当なファイル名を指定
してからこれを押します。

それからエラーがでる処理をAccessでやってみます。

するとODBCの呼び出し、通信の内容がログに吐かれます
からこれが解決の手がかりになると思います。専門家に
直してもらうにしてもこの情報は必要ですよ。

おそらく3146ならば、MDACがらみかと推測しますけど、
自信はありません。WindowsUpdateとかIEを6にしたとか
サービスパックとか・・考えられる原因はいっぱいあり
すぎて・・

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

Q抽出条件でデータ型が一致しません。のエラーメッセージが出る

フォームで入力された値を、
次のファイルでクエリを読み込むときに代入するASPを作成しましたが、実行しようとすると、
「データ型が一致しません。」のエラーメッセージが出ます。
DBはACCESSを使用しています。ACCESSの対象テーブルで、
データ型を「テキスト型」にすると問題ないのですが、
「数値型」にすると、「データ型が一致しません」の
エラーメッセージになります。
フォームでは、プルダウンで「数値」を選択するようになっています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Where区に指定した条件のフィールドが数値なら『'』でくくる必要がありません

Set rs = db.Execute("SELECT テーブル3.* FROM テーブル3 WHERE (テーブル3.番号)=" & bangou)
といった具合に修正してみましょう

『'』でくくる必要があるのは対象のフィールドが文字列の場合です

Qユニオンクエリで繋げられるテーブル(クエリ)の上限の個数は?

access2003です。
ユニオンクエリで繋げられるテーブル(クエリ)の上限の個数はいくつなんでしょうか?
またSQL文は1024文字越すとエラーになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Accessのヘルプで、仕様制限と検索してください

「Access の定義」と出てきます

そこで、クエリでの使用テーブル数32(Access2000/2002)の場合、出てきます
2003は、判りませんが、ヘルプを読んでみて下さい

> またSQL文は1024文字越すとエラーになるのでしょうか?

それも、ヘルプで、
> SQL ステートメント内の文字数 約 64,000
となってません?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング