AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

過去に数回飛行機を乗り継いで海外へ行ったことがありますが、いまだに受託手荷物の規則性というかルールがわかりません。当初、荷物を預けた空港で最終目的地までの荷物引換証をもらうことができたら単純に最終目的地で荷物を受け取ればいいと信じていました。しかしそうではない場合が発生して、それ以降乗り継ぎの場合の荷物が心配でなりません。過去に搭乗した経路の例を挙げると、途中で荷物を受け取らなくけもよかっか場合、(1)オークランド⟶シドニー⟶関空、(2)伊丹⟶羽田⟶バンコク⟶プーケット、(3)関空⟶パリ⟶ニース、(4)成田⟶ホノルル⟶ヒロ(ハワイ島)などですが、シンガポールから成田経由で伊丹まで搭乗した時にシンガポールでは伊丹までの荷物引換証をもらって、何の疑いもなく成田で伊丹行きの搭乗口まで行って待っていたら、近くに座っている人が「荷物を最後まで預かってくれないのは不便だね・・・」とかいう会話が聞こえてきたので、まさかと思い職員に尋ねると、一旦荷物を引き取らなければならないことがわかり、慌てて手配をしてもらって無事に荷物とともに伊丹行きに乗ることができましたが、出発が少々遅れてしまいました。そしてハワイ島のコナから成田経由で伊丹に乗った時には、再びコナから伊丹までの荷物引換証をもらったので、コナでも念押しをして、ホノルル空港でも聞いて成田まで帰ってきたのですが、成田で伊丹まで預かってもらっていると引換証を見せると、「それは間違っているので、いったん荷物を引き取ってもらって新しい引換証を発行します」と言われました。怖い話だなと思って私が「出発地では最後まで預かると言っているのになぜ成田だけは荷物を引き取らなければならないのですか?」と聞くと「最初に入国した空港では荷物を引き取らなければいけません」とよくわからない答えが返ってきました。ながながと支離滅裂な文章になりましたが、こういう事情に詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

国際線に乗る場合、特に乗り継ぎが発生すると国内線よりも少し緊張をしてしまいますね。

あらかじめだいたいの流れを知っておくと気持ちが楽かもしれません。

エイビーロード 「国際線の乗り継ぎが心配という方」へのアドバイス
https://www.ab-road.net/asia/malaysia/kuala_lump …

A 回答 (6件)

#5です。



バンコクでの国内線への乗り継ぎの経験がなかったのでわからなかったのですが、確かにバンコクでの国内線への乗り継ぎは税関審査そのものがないようですね。
タイって、免税枠を越えている人だけが申告して審査を受けるという仕組みのようですね。
(ただし、申告が必要なのに無申告の場合に、重罰を科す)

調べてみましたが、乗り継ぎでかつ免税枠を超えている場合にはどのような手順になるのかはわかりませんでした。
何はともあれ、タイでは少なくとも免税範囲の荷物しかない場合は、乗継では入国審査だけを行い税関審査がないので、荷物は一旦受け取る必要がないということです。

それで入国時の手順などがどうなるかは基本的には入国する国の決まりごとなので、出発空港で確認するよりも到着空港で確認するほうが確実だとは思います。
とりあえず到着順路の中でバゲッジクレームを通るような構造であれば、一旦荷物を受け取ることを疑ったほうがいいように思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。たいへん参考になりました。

お礼日時:2014/02/24 14:42

まずは、ほとんどの国が最初に国際線が到着した空港で入国審査を行うようになっています。


それで更に入国審査に引き続き、税関審査・荷物検疫が行われます。
税関審査と荷物検疫といっても、通常の旅行者であれば書類を渡すだけで荷物自体を開けて見せることも少ないとは思いますが、一応は検査です。
それで税関審査・荷物検疫の際は当然荷物を持っていなくてはいけないので、ほとんどの空港で入国審査後に荷物を一旦は引き取ります。
税関審査・荷物検疫を終えた後、ほとんどの空港では国内線への乗継客用にすぐ傍に再預け入れのカウンターや窓口があります。

この場合ですが、多くの場合に出発空港での荷物の目的地は、乗継後の目的地までとなっていますが(スルーチェックイン)、一旦は入国空港で荷物を引き取り、すぐにまた預けるという手順が必要になります。

一方で、出国時には荷物の検査はないことがほとんどなので(私は例外を知りません。)、国内線→国際線であっても乗り継ぎ時には荷物を引き取る必要はありません。

また、国際線→国際線の場合にも入国審査無しに乗り継げる場合には荷物を引き取る必要がないと思います。

ということで、一般論として(例外はあるかもしれません。)
A空港(国際線)B空港(国内線)C空港の場合はB空港で一旦荷物を引き取る。(荷物の預け入れタグに関係なく)
A空港(国内線)B空港(国際線)C空港の場合はB空港で荷物を引き取る必要なし(A空港でC空港までで預けていれば)
A空港(国際線)B空港(国際線)C空港の場合はB空港で荷物を引き取る必要なし(A空港でC空港までで預けていて、B空港で入国審査が無い場合)
でしょう。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。素人の私にとっては大変わかりやすい説明です。伊丹から羽田、バンコク経由でプーケットに行った時に、途中一度も荷物を受け取らなかったのはご説明の中にあった例外に当たるのでしょうか?

お礼日時:2014/02/22 15:53

>成田からホノルル経由でヒロに行った場合はホノルルで入国検査を受けたにもかかわらず、


>荷物だけはダイレクトでヒロに届いていたのでしょうか?
 実際にどうだったのか、は質問者さんご本人でないと解りません。
 セオリー通りの展開であれば、
 入国審査を受けたホノルルで一度荷物を受け取り
 通関検査を受けた後、再度乗継便に預けたハズです。

 ロストバゲッジ等もありますので、必ずしも入国審査と通関検査が一致するとは限りませんが、
 通常は入国した空港で通関検査を受けるものです。

 ヒロも国際空港なので、「成田発ホノルル経由ヒロ行き」であれば、
 ホノルルで同機を降機しないでスルーしてヒロで入国、通関も可能ですが、たぶん違いますね。

ホノルルで入国審査後、通関検査を受けるべきであったが、
入国審査を済ませたらサッサと乗継便に搭乗したため
持ち主にそっぽを向かれた荷物は、ひと気の無くなったターンテーブルをクルクルと回り続けることに。
空港係官がその不審な荷物をチェックしたら、持ち主はヒロへの乗継便に搭乗済みであることが判明。
止むを得ず航空会社の人が代理で通関手続きを済ませてヒロ便に載せた。
持ち主は何事もなかったかのようにヒロで自分の荷物を受け取った。

なんて、展開を考えられなくも無いですが、記憶を辿ってみてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。
ヒロ行きについては私の勘違いかもしれません。
成田で荷物とりそびれ事件以来、特に経由地では荷物の引き取りに関して必ずたずねているのですが、
シンガポールから成田経由で伊丹の場合もコナからホノルル、成田経由伊丹行きの場合でも出発地の職員は伊丹まで荷物を途中で引き取ることはないと言ったことは、成田の職員が言ったように単純に間違っていたということでしょうか?
ちなみにヒロに行ったときはホノルルでの荷物の引き取りについて私の記憶があいまいですが、コナからの帰りはホノルルで荷物の引き取りについて聞いたうえでその必要はないと言われたので成田までスルーできましたが、これはこれで普通なことなのでしょうか?

お礼日時:2014/02/21 15:26

#1の方の回答に似ていますが、より正確に言えば「税関審査」がある場合、またはその経由地のルールで荷物の受け取りが求められる場合は、一旦荷物を引き取る必要があります。


したがって、旅慣れてくれば「ある程度の法則性」はわかってきますが、例外もあるので絶対というものはありません。

例えば、日本着の場合現在日本の国内を飛ぶ「国際線扱いの便」はありませんから、日本についた時点で入国審査と税関審査を受けないと国内線に乗り継げないので、ここで荷物を一旦引き取って税関審査を受ける必要があります。
#ちなみに、以前は成田~中部等で「国際線扱いの便」というのがありましたので、海外から成田に来てこの便に乗り継いで中部に行くのであれば入国審査と税関審査は中部空港で行われたため、成田で荷物を受け取ることもありませんでした。

ヨーロッパの大部分の国の場合、入出国管理はまとめて1国のように取り扱うというシェンゲン協定に加わっているため、入国審査は最初に到着した国で行うことが多い(例:関西空港からヘルシンキ空港で乗り継いでミラノに行った場合、入国審査はヘルシンキでのみ行う)のですが、この場合でも税関審査は最終到着地で行うルールなので、ヘルシンキでの荷物の引き取りはありません。(その代わり、ミラノで税関審査があることになってますが、実際は申告しない限りとがめられないケースも多いので意識しないかもしれません)

アメリカの場合、仮に国際線-国際線の乗り継ぎであっても一旦アメリカに入国せよ、荷物も一旦引き取れ、というルールですので荷物の引き取りが原則必須です。ただし、ダラス空港でアメリカン航空の国際線便同士を乗り継ぐ場合などに例外として「荷物の引き取りは不要(ただし、人間の入国審査を受けることは変わらず)」というルールが存在します。
#言い換えると、質問者さんの記憶にある成田→ホノルル→ヒロの場合はいったんホノルルで荷物の受け取りをして、そのすぐあと再度その荷物を預けなおす(というか、所定の置き場ですでにタグのついた荷物を渡すだけ)ことが必須です。失礼ながら勘違いされているのではないでしょうか?

ちなみに、国際線→国内線と乗り継ぐ場合、国際線の到着空港で入国審査と税関検査を受けるのはむしろ普通で、関西→シドニー→ブリスベンと乗り継ぐならシドニーで荷物は一旦引き取り税関審査を受けたうえで、改めて国内線のカウンターで荷物を預けることになります。税関審査をそのまま通過できれば関西でつけた「ブリスベン行き」のタグのついた荷物をそのままカウンターで渡すだけですが、税関審査で荷物を開けるなどしてタグを外した場合は、シドニーのカウンターでタグをつけなおしてもらうことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>#言い換えると、質問者さんの記憶にある成田→ホノルル→ヒロの場合はいったんホノルルで荷物の受け取りをして、そのすぐあと再度その荷物を預けなおす(というか、所定の置き場ですでにタグのついた荷物を渡すだけ)ことが必須です。失礼ながら勘違いされているのではないでしょうか?
ひょっとしたらそうかもしれません。
シンガポールから成田経由で伊丹まで乗った時に成田で荷物取りそびれ事件があって以来、荷札の行き先にかかわらず乗る時着いた時に必ず荷物の引き取りの必要かどうかを聞くようにしていますので、離島行きの荷物検査場でやり取りをした記憶があります。

お礼日時:2014/02/21 15:09

受託手荷物のルールとしては、#1の回答者様のおっしゃる通りだと思います。

ハワイの離島が最終目的地の場合の受託手荷物については、下記のサイトの詳しく説明したものがありました。以下はその抜粋です。

「預けた荷物はどうすればいいのですか?→国際線を降りた後に一旦引き取ります。
日本の空港で最終目的地(離島)まで預ける手配をしていれば、税関内の手荷物乗継ぎカウンター(団体出口の手前右側)で再び預けます。 これを Reboarding または Baggage Transit といいます。 自分が乗る便とは違う便で荷物が運ばれる場合があります。
日本の空港でホノルルまでしか預ける手配をしていなければ、国内線のターミナルまで自分で運んで、利用する航空会社で預ける手続きをします」

http://www.hawaiiantowns.com/travel/airports/hon …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。ホノルル経由でコナに行ったときには、ホノルルの税関を出たところの離島行きの荷物検査場に行った記憶があります。

お礼日時:2014/02/21 14:59

単純に考えてください。



出国後、入国審査を受ける空港で「荷物の税関検査を受ける」必要があるため、
そこでは受け取る必要があるということ。
通関後に(空港カウンターに寄らずに)乗継便に預けるため、
最終目的地までのクレームタグが付いているのです。

ただし、搭乗便が経由地(トランジット)で一時駐機をする場は別です。

1.オークランド→シドニー→成田 はトランジットのケースでしょう
  シドニーではただのトランジットでオーストラリアには入国していない(飛行中と同じ扱い)。
  (機内もしくはサテライト内で過ごしたのではないでしょうか。)
  なのでオークランドで荷物は機材に積んだまま、
  成田で初めて手にしたので成田で通関を受けたということ。

伊丹や関空などの国際線ターミナルではない地方空港に乗り継いだ、と想定したら解りやすいですか。
荷物が通関を受けることなく、人も入国審査を通ることなく地方空港を出ることがあったら
密輸密入国天国になってしまいますので、それはあり得ません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速、ご回答していただきましてありがとうございます。成田-伊丹の場合は伊丹で入国検査を受けないからということは理解できましたが、成田からホノルル経由でヒロに行った場合はホノルルで入国検査を受けたにもかかわらず、荷物だけはダイレクトでヒロに届いていたのでしょうか?

お礼日時:2014/02/20 19:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外旅行の飛行機の乗り換え(トランスファー)の荷物の扱いについて

海外旅行の飛行機の乗り換え(トランスファー)の荷物の扱いについて

今度、カンボジアへの旅行を考えていて、
日本からの直行便が無いので乗り換えをします。

格安航空券で調べたら、待ち時間が数時間から
翌日早朝まで待たなければいけない便がありました
後者のほうが価格は安いです。

数時間の待ち時間である前者の場合、
当然荷物は航空会社が積み替えてくれると思います。

後者は出発を翌日まで待つわけですが、
十数時間先の便に乗る場合、荷物の扱いは
どうなるのでしょうか

長い待ち時間ですし、一度入国して休憩をとりたいと思っていますが
そもそも入国自体可能なのでしょうか。
そして入国に荷物を持っていけるのでしょうか?

あまり海外経験が無いため、乗り換えの仕組みがよくわかりません
上記以外にも乗り換えで気をつけなければいけない点がありましたら
お教えいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
No.2で回答したbayu-bayuです。

補足をいただいた内容に対して、ご回答申し上げます。
詳細な情報を補足いただきましたので、より分かりやすくご回答できるかと思います。


> 今まで海外旅行はついて行くだけで、手続内容などよくわかっていなかったこと、反省しています。

反省することなんてありませんよ(笑)
誰でも最初はそうなんです。少しずつ経験しながら慣れていけばいいことです!

> ・荷物はカンボジアまで運んでもらえるようチェックイン時に確認

その通りです。
日本出発時にカンボジアまでのすべての区間をチェックインして搭乗券の発行を受けた場合、途中経由する国に入国するか否かは、航空会社は関知しませんので、荷物だけが最終目的地まで届くかどうかだけ確認すれば大丈夫です(乗り継ぎ時間が長くなると、荷物が次の飛行機に積み忘れられるというリスクはありますが・・・)。

> ・台北もしくはホーチミンで24時間以内の乗り継ぎ

台北経由の場合は中華航空、ホーチミン経由の場合はベトナム航空、それぞれ日本発とカンボジア着の2便が同じ航空会社になりますので、24時間以内の乗り継ぎであれば原則荷物はスルーチェックイン(直行)できます。但し、チェックイン時に航空会社のカウンターでの確認はお忘れなく。
稀に、経由地の空港のセキュリティ(紛失が多発している等)の都合で、日を跨いでの荷物預けができない場合がありますので。

> ・乗り継ぎ地にて身一つで一時入国、観光

台湾、ベトナムともに問題ありません。
入国時には、経由国(台湾またはベトナム)から別の国に出国するための航空券の提示を求められる場合がありますが、その場合は日本でチェックインした際に受け取った搭乗券を示して、乗り継ぎのための短時間観光だと言えば、ほとんどの場合問題なく入国することができます。

> 日本発のチェックイン時に、乗り継ぎ便も含めてチェックインをしてしまえば
> 乗り継ぎ地で一時的に入国した後、出国時にチェックインは不要で
> そのまま 出国ゲート→出国審査 と進めると考えていました。

日本で全区間チェックインしている場合は、再度経由国でチェックインする必要はありません。
ただし、経由国から出発する際には、日本で受け取った搭乗券に搭乗口番号が書かれていない場合が多いので、チェックインカウンター等で確認するといいでしょう。
入国・出国ともに、必要なものはパスポートと航空券(入国時はEチケットも可、出国時は搭乗券)ですので、その両方揃っていれば荷物のあるなしは関係ありません。


> 乗り継ぎ地で一時出国するつもりなら、日本でのチェックイン時点に、
> 乗り継ぎ地までのみのチェックインとするということでしょうか?

それも可能ですが、乗り継ぎ地までのチェックインの場合は、荷物も一度引き取る必要があります。
手ぶらで短時間の観光ということであれば、日本からカンボジアまで全区間チェックインをして、荷物は受け取らないという方法で問題ないと思います。
但し、航空会社または航空券の規定によって、24時間以内を乗り継ぎと見なすか、24時間未満でも1泊すれば乗り継ぎと見なさないか異なりますので、航空券購入時に確認してみてください。

> カンボジアまでのチェックインを日本で済ませてしまうと
> 乗り換え地で一時入国ができないのでしょうか?

前述の通り、チェックイン(航空会社の仕事)と入国(国家政府の仕事)には関係がありません。
チェックインをしていても一時観光だけであれば、経由国の入国は問題ないでしょう。
私も何度もやっていますので。


複雑な説明になってしまったので、簡単にポイントだけ押さえておくと・・・

1. 航空券購入時に、経由国で24時間以内の一時入国が可能かどうかを確認すること
(※特に1泊する場合は、ストップオーバー=一時宿泊にならないかどうかを確認)

2. 日本出発時のチェックインの際には、荷物が最終目的地まで直行するか確認すること
(※経由国では一切引き取ることができません)

3. 経由国で一時入国する際は、乗り継ぎ時間だけの短時間観光だと申請すること
(※入国審査官によっては第三国行きの航空券の提示を求められるので、その場合は搭乗券を見せる)

以上の3点を押さえておけば大丈夫だと思います。

航空券は安くなれば安くなるほど厳しいルールがあるので、旅行会社などで購入する際にはよく確認をされた方がいいです。一部の航空券は、経由国での24時間以上の滞在、24時間以内でも1泊する場合、ストップオーバーとして追加料金を課す場合がありますから、ご注意ください。

カンボジアはいいところですから、旅行楽しんできて下さい!
どうぞお気を付けて!!

こんにちは。
No.2で回答したbayu-bayuです。

補足をいただいた内容に対して、ご回答申し上げます。
詳細な情報を補足いただきましたので、より分かりやすくご回答できるかと思います。


> 今まで海外旅行はついて行くだけで、手続内容などよくわかっていなかったこと、反省しています。

反省することなんてありませんよ(笑)
誰でも最初はそうなんです。少しずつ経験しながら慣れていけばいいことです!

> ・荷物はカンボジアまで運んでもらえるようチェックイン時に確認

その通りです。
日本出発時にカンボ...続きを読む

Q乗り継ぎ便の、預け荷物について質問です。

アシアナ航空で、成田発韓国のインチョン空港乗り継ぎでパリに向かう予定です。

この場合、最初に成田で預けた荷物は韓国での乗り継ぎの際に一度受け取ってもう一度預けなければならないのでしょうか?
それとも成田で預けたら乗り継ぎ便に自動的に積まれ、パリまで受け取る必要は無いのでしょうか?

少し調べてみたのですがそれらしき事が書いてある所が見当たらなくて・・・。

初めての海外旅行・乗り継ぎ便使用で分からないので教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

長く海外旅行業界にいます。

乗り継ぎ空港では出発地で預けた荷物を一旦受け取る必要があるのは、私の知る限り、アメリカだけです。この国はアメリカが旅行先のであろうが、その他の国、例えばメキシコやカナダに向けて乗り継ぐだけの旅行客であろうが、全員一旦入国手続をしなければなりません。

韓国はじめ他の国は既回答にもあるように自動的に次の乗り換え機に積み込まれます。

当然、成田ではチェックイン時に荷物には出発便(成田-インチョン)と乗り継ぎ便(インチョン-パリ)のクレームタッグが付けられます。

心配はありません。しかし時折り、そのお荷物がインチョンで間違った便に積み込まれてしまうことがあります。私も他の空港でこれまで数回経験しています。お荷物には必ず自分のタッグ(名札)を付け、当座必要なもの(着替えの下着、洗面具、化粧品など)は機内持ち込みにすることをお勧めします。積み込まれなかったお荷物は24時間以内に殆んど手元に戻ってきますが、希に行方不明になることもあるからです。

乗り換え空港での積み換え作業は、まだまだ人手に頼っています。間違いがおき易いのです。

パリ到着は夕刻、ホテル到着はもう暗くなる頃でしょうから、手元にない、前述した当座の品物を買う場所はない、とお考え下さい。

秋のパリを楽しんできてください。

長く海外旅行業界にいます。

乗り継ぎ空港では出発地で預けた荷物を一旦受け取る必要があるのは、私の知る限り、アメリカだけです。この国はアメリカが旅行先のであろうが、その他の国、例えばメキシコやカナダに向けて乗り継ぐだけの旅行客であろうが、全員一旦入国手続をしなければなりません。

韓国はじめ他の国は既回答にもあるように自動的に次の乗り換え機に積み込まれます。

当然、成田ではチェックイン時に荷物には出発便(成田-インチョン)と乗り継ぎ便(インチョン-パリ)のクレームタッグ...続きを読む

Q国際線から国内線への乗り継ぎ(成田)の荷物

日本からアメリカに行くときは、税関を通った後に一度荷物をピックアップしますよね。では、日本に帰国する場合、一度成田で乗り換えて名古屋までいき、両方ともJALなんですが、荷物は一度成田でもとるのでしょうか??今まで一度も国際線から国内線に乗り換えた事がないので不安です。
あと確認なんですが、アメリカではピッツバーグからシカゴにむかいます。ピッツーシカゴ間はアメリカン航空でシカゴからJALです。JALとアメリカンは共同運航をやってるはずなので荷物は移動しなくてもいいとは思いますが、今回シカゴからが初めてでターミナル移動があります。その際でも、荷物はそのままでいいんですよね??

Aベストアンサー

旅行会社のものです

日本→アメリカ
NGO/NRT/CHI/PITの場合

NRT/CHI間がJL010の場合も004の場合もNGO/NRTはJL054が接続便です。
JL054は国際線ですので、NGOで出国しNRTでの手続きは一切ありません。
受託手荷物はNGO/NRT/CHI/PITと通しで預け、クレイムタグの行き先もPITになります。
ただし、CHI到着時に入国審査と税関検査がありますので、一度ピックアップして、税関終了直後に預けなおします。

アメリカ→日本
PIT/CHI/NRT/NGOの場合
NRT/NGOがJL053の場合
JL053は、JL003からの接続便ですが、国際線ですので、受託手荷物はPITからNGOまで通しで預け、クレイムタグはNGO行きとなります。
アメリカの出国審査はありません(厳密にはI-94またはI-94Wを航空会社に提出することによって出国審査となります)ので、CHIでの手続きはありません。
また、日本の入国審査と税関検査は国際線接続の場合NGOで行われますので、NRTでも何も手続きはありません。

NRT/NGOがJL3085の場合
JL3085はJL009からの接続便ですが国内線です。
PIT/CHI/NRTまでの流れは同じですが、荷物はNRTまでとなり、NRTで入国審査後ピックアップして税関検査を受けます。その後荷物を持って国内線チェックインカウンターへ移動し、改めてNGOまで預けることになります。

旅行会社のものです

日本→アメリカ
NGO/NRT/CHI/PITの場合

NRT/CHI間がJL010の場合も004の場合もNGO/NRTはJL054が接続便です。
JL054は国際線ですので、NGOで出国しNRTでの手続きは一切ありません。
受託手荷物はNGO/NRT/CHI/PITと通しで預け、クレイムタグの行き先もPITになります。
ただし、CHI到着時に入国審査と税関検査がありますので、一度ピックアップして、税関終了直後に預けなおします。

アメリカ→日本
PIT/CHI/NRT/NGOの場合
NRT/NGOがJL053の場合
JL053は、JL003からの接続便ですが、...続きを読む

Q航空会社が違う国際線乗り継ぎについて

来月、旅行でジャカルタ→シンガポールへ旅行へ行きます。

往路は成田→ジャカルタの直行便ですが、復路がシンガポール→北京→羽田です。
復路はシンガポール→北京がSQ
で北京→羽田がCAです。

航空会社が違う国際線乗り継ぎは初めてなので荷物の受け取りが必要なのかか、一度中国で入国審査が必要なのかあれこれ分かりません。

どなたか教えてください!

Aベストアンサー

復路の航空券を購入する際に、シンガポールから東京と指定していしたら、北京経由の便で航空会社が異なっていたということでしょうか。
上記の場合は、SQとCAは同じ航空会社のグループでスターアライアンスになりますので、シンガポールのカウンターにて復路の航空券の控えを見せると、預けの荷物は羽田まで運ばれることになります。
北京で荷物受け取ることが無くなります。

復路の航空券の購入で、シンガポール→北京と北京→羽田と別々に指定して発行しているとなると、北京で荷物を受け取り、預け直す必要があります。
しかし、シンガポールのカウンターにて、シンガポール→北京と北京→羽田の航空券の控えを提示して、北京の乗継で2時間以上、24時間以内と確認できれば、預けの荷物は羽田まで運ぶようにできます。


大概の国際線の乗継では、預け荷物を乗継の空港にて受け取り、預け直しすることは無いです。
しかし、アメリカを経由する場合は、必ずアメリカに入国し、荷物を受け取り預け直す必要があります。
また、格安航空会社といわれるLCCでは、経由地にて預け荷物を他の航空会社へ引き継ぐということはありませんので、経由地にて入国、荷物の受け取りが必要となります。

その辺は、チェックインする際に荷物に関してスタッフに確認すれば、よろしいかと思います。

復路の航空券を購入する際に、シンガポールから東京と指定していしたら、北京経由の便で航空会社が異なっていたということでしょうか。
上記の場合は、SQとCAは同じ航空会社のグループでスターアライアンスになりますので、シンガポールのカウンターにて復路の航空券の控えを見せると、預けの荷物は羽田まで運ばれることになります。
北京で荷物受け取ることが無くなります。

復路の航空券の購入で、シンガポール→北京と北京→羽田と別々に指定して発行しているとなると、北京で荷物を受け取り、預け直す必要があ...続きを読む

Q空港到着2時間前に遅れたら飛行機に乗れないのですか

国際線の航空券を買うと「飛行機の出発2時間前までに空港カウンターにお越しください。」と旅行代理店で言われたり、そのようなことを書いた紙を渡されます。

飛行機が朝9時なら、朝7時までに空港カウンターに行かないといけないということです。

国際線の場合、税関などがあるからだと思います。

なので海外へゆくときは空港へは早めに行くようにしています。

しかしなんらかの理由で空港到着が遅れた場合、飛行機に乗れないのでしょうか。
(電車が遅れたとか、うっかり寝坊したなど)

例えば空港カウンターに着いたのが飛行機出発の1時間前だった場合、飛行機に乗れないのでしょうか。(成田空港や関西空港など日本の空港の場合の話です。)

Aベストアンサー

国際線は2時間前に、国内線は1時間前に空港のカウンターに行くことが通例ですね。

旅行代理店にしても、出発前の説明やチケットの配布、税関や手続きにも時間がかかるので早めに来てもらいたいんでしょう。

また、空港までのアクセス間で、例えばリムジンバスを利用する場合、渋滞などで定刻通りに到着しない可能性があるので早めに来てくださいとの意味で「2時間前」といわれてるみたいです。
遅れるのが確実な場合は、添乗員さんや代理店に連絡してあげると良いと思います。

チケットを前予約されてたりビジネスマンや慣れてる方などは1時間前頃に来るみたいですよ。

実際の搭乗ゲート案内は20分前位ですしね。

まあ、早いのに越したことはないですね。

Q飛行機が遅れて、乗り換えができなかったら…?

1)目的地へは途中で乗換えをする海外旅行の場合、はじめに乗った飛行機が悪天候などの理由で到着が遅れ、次の飛行機の乗り換えに間に合わなかった場合、対応や補償はどのようにされるのが一般的でしょうか?
また、格安航空券か否か、乗り換える航空会社がはじめの航空会社と同じか違うかで、異なりますでしょうか?

2)出発のときに日本の国内線が遅れたために国際線に乗れなかった場合や、海外から帰ってきたときに国際線が遅れ国内線に乗れなかった場合はいかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、前提条件ですが、事前に乗り継ぎの記録を入れておく必要があります。それを連絡しておかないと、何を言っても、無視される可能性が強いです。(予約記録は、同一でなくてもかまいません)

次に回答です。

(1)基本的に悪天候の遅延の場合は、なんの補償もなく、航空券を他の便に振り替えてもらうことになります。この場合は、無料で替えてくれますが、格安航空券の場合など、自社便以外への振替を断られるケースもあり、その場合、当日乗り継げずに、1泊以上、そこで宿泊しなければならないケースも出てきます。その場合の宿泊費は自己負担ですが、場合によっては航空会社が負担してくれることもあります。

 航空会社が違う場合でも同じ扱いですが、同じ航空会社の方が、ホテル代などの負担をしてくれるケースが多いでしょう。もちろん格安航空券所持者よりも、ノーマル航空券所持者の方が厚遇されます。

(2)これもケースバイケースですね。
 自己責任で、日本出発の格安航空券がパーになることもあるので、余裕がない場合は前泊するなど、利用者の防護策が必要です。

いずれにせよ、自分から何も言わないと、当然何もしてくれないです。外国では英語で交渉する必要がありますね。日本語は通じませんので。

 なお、乗る航空会社、路線、などを補足してもらえると、具体的な回答が得られるでしょう。

 日本航空の対応と、アエロフロートの対応では全く違いますので。

まず、前提条件ですが、事前に乗り継ぎの記録を入れておく必要があります。それを連絡しておかないと、何を言っても、無視される可能性が強いです。(予約記録は、同一でなくてもかまいません)

次に回答です。

(1)基本的に悪天候の遅延の場合は、なんの補償もなく、航空券を他の便に振り替えてもらうことになります。この場合は、無料で替えてくれますが、格安航空券の場合など、自社便以外への振替を断られるケースもあり、その場合、当日乗り継げずに、1泊以上、そこで宿泊しなければならないケースも...続きを読む

Qスワンナプーム国際空港での国際線→国際線の乗り継ぎ

ベトナムからカンボジアへ行くのにバンコクのスワンナプーム国際空港で以下のように乗り継ぎをします。

ホーチミン→バンコク(スワンナプーム):ベトナム航空

           ↓約2時間

バンコク→シェムリアップ :バンコクエアウェイズ

どのように乗り継いだらよいのでしょうか?預けた荷物はどうすればよいのでしょうか?乗継までの審査などはどのようなことを行うのでしょうか?などできるだけ詳しく説明していただけると嬉しいです。

初めての海外旅行かつ1人旅行なのでわからないことがありすぎて不安でしかありません。楽しい旅行にしたいと思っていますので、ぜひ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし、機内預け荷物があるとすると最終目的地まで届く様に手続きが必要です。
まず、ホーチミンのチェックインカウンターで荷物を預ける時にバンコクまでの航空券の他にシュムリアップまでの航空券も見せて荷物をシュムリアップまで運ぶ様にバンコクで乗せ換えを依頼します。次に、バンコクに着いたら、バンコクエアウェーズ乗り換えカウンターで航空券を提示し同時にホーチミンで貰った荷物の引き換え証を見せ荷物の積み換えを依頼します。なお、バンコクの到着ロビーに各航空会社の乗換カウンターがありますのでここでチェックインしますので、間違えてもタイに入国しない様に注意して下さい。同カウンターでチェックイン終了後、エスカレーターで出発階に移動しセキュリティチェックを受けます。その後、免税店などを見て搭乗までの時間をつぶします。

Q飛行機で預ける手荷物はスーツケースでないとダメ?

海外旅行の経験は少ないのですが、今まで日数の少ない場合はスポーツバッグのようなかばんを使い、預けずに機内持ち込みにしていました。
しかし最近は液体の機内持ち込みが色々厳しくなったと聞きますので、いっそ預けてしまった方が楽かとも思います。ただ荷物がそんなに多くもないのでわざわざスーツケース(手持ちのはやや大きめ)を引きずっていくのも面倒で迷います。
そこでお聞きしたいのですが、スーツケースでも破損することもありうるという委託手荷物に、スポーツバッグ(ナイロン製のもの)で預けるのはやはり危険でしょうか?破れたり中身が壊れたりなど…。
経験者の方アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私はスーツケース派ですが、ダンナさんは韓国旅行や国内出張あれば、コロコロ引っ張れるキャリーの足と、ナイロンスポーツBagが合体したようなもの(東急ハンズで買いました)を使っています。
ペットボトルや液体系を無造作に突っ込んで帰ってきますが、破損したことは今まで1度もありませんでしたよ(^^ゞ
もし、心配だったら大きなZIPロックに予め入れておいて(ドラッグストアなどで様々なサイズを見かけます)から預ければ、予防にもなるしよっぽど大丈夫だと思います。

Q乗り継ぎで入国

ビザのいらない国で乗り継ぐときに、普通はその国に入国できるんですか?
以前、イスタンブールへ行くときにモスクワで乗り継いだのですが、かなり厳重にホテルに閉じ込められたので、てっきり乗り継ぎ国では入国できないと思ってたのですが、どうやら普通はできるという事を聞きました。
でも、できるとすると、ストップオーバーって何なんですか?
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

下記の方々のご説明のとおりですが、それでよくわからない場合は、ビザのいらない国であっても、空港での「乗り継ぎ」とホテルに滞在するなどの必要から「入国」することを分けて考えればいいでしょう。

乗り継ぎは空港での乗り継ぎですが、入国は文字通り入国です。
そして入国には入国審査(パスポートチェックのカウンター)を通過してなくてなりません。通過して、初めてその国に入国したこととなります。

その際の、入国の条件が、各国によって異なるということです。
その条件というのが、滞在日数であったり、パスポートの有効残存日数や、出国航空券所持の有無であったりします。

たとえば香港は、日本から片道切符で行っても所定の日数以内であれば、入国できます。
しかし、別のアジアのビザなし国では、出国航空券もしくは帰国のための往復航空券をもっていない場合、入国を拒否する国もあります。
条件が、国によって異なるからです。

ストップオーバー(途中降機)は、目的地まで行く途中の国や都市で、24時間以上滞在することを指します。「途中降機」とよばれます。
これを理解するには、単に途中降機する、という旅行日程から捉えるだけではなく、航空券を利用する上での国際規約の考え方を理解しないと、わかりにくいかもしれません。

たとえば、私は
  成田→シドニー→成田 
の往復航空券をもっていました(実話です)。このチケットは正規のチケットで1年オープンでいつでもブッキング可能のものです。

私は航空券を買ったあと、往路(行き)にゴールドコーストにもよりたい寄りたいと思いたちました。そのためには、シドニーの前に、ブリスベンで一度降りる必要がありました。
航空券を日本のチケットカウンターにし、
  成田→ブリスベン(数日滞在)、ブリスベン→シドニー、 シドニー→成田
と航空券を変更してもらいました。
ここでのブリスベンでの滞在がストップオーバーです。ちなみに、このようにチケットを変えても、追加料金は発生しません。
ブリスベン→シドニー間は、すでにオーストラリア国内ですが、国内便をもちろん日本でブックできました。
つまり航空券の利用上の考え方から、途中降機ができ、かつ追加料金なし(多少発生するケースもあり)がストップオーバーです。

もちろん途中降機は、目的に国に行く途中の、別の国ということもあります。
旅行の用語は、もともと旅行業界や航空業界で使われていたものが、そのまま旅行者も使うようになったものが多いですが、旅行者は自分の日程や滞在の仕方ばかりからこういった用語を使うことが多いですが、実は売り手の業界側の言葉であるため、理解しにくいところがあります。ですので、

>乗り継ぎ時にビザ無しで入国できる国にちょっと入国するのをストップオーバーとは言わないんですか

ですので、ちょっとが数時間入国することができる国だったとしても、航空券の手配上24時間滞在していないような手配の場合は、ストップオーバーとは言いません。
あなたが友人に、「○○国へ行く途中に、ちょっと□□国(もしくは都市)へ、4時間だけストップオーバーしたんだよ」とあとから話したとしても、それは業界用語上のストップオーバーではない、ということです。

下記の方々のご説明のとおりですが、それでよくわからない場合は、ビザのいらない国であっても、空港での「乗り継ぎ」とホテルに滞在するなどの必要から「入国」することを分けて考えればいいでしょう。

乗り継ぎは空港での乗り継ぎですが、入国は文字通り入国です。
そして入国には入国審査(パスポートチェックのカウンター)を通過してなくてなりません。通過して、初めてその国に入国したこととなります。

その際の、入国の条件が、各国によって異なるということです。
その条件というのが、滞在日数...続きを読む

Qtransitとtransferの使い分けについて

 海外旅行のさい、例えば、ハワイ州オアフ島から国内線に飛行機を乗り換えてマウイ島に行く時のことを言うの場合は、どちらを使うのでしょうか?
 また、使い分け方を教えてください。

 ホノルル空港から国内線アロハ航空機に乗り換える為、アロハ航空のカウンターの場所を尋ねた際に、「トランジット」という単語を使ったら、同行した友人が「トランスファー」だと言いました。その理由は、同じ会社の飛行機を乗り継ぐ場合は「トランジット」、今回は一旦外に出るし、航空会社が別だからだというのです。
 以前、ミヤンマーに行った時、やはり乗り換え(一旦外には出ないけど、航空会社は別)が必要で、その時は、タイの空港で「トランスファー」を使ったら、空港カウンターの人に「トランジット」という単語で回答されました。
 

Aベストアンサー

確か、こんな分け方も有った(有る)と思います。


大きな乗り継ぎ空港では、飛行機を乗り継ぐ場合、降りる
と、トランジットとトランスファーに分けられます。ここ
を間違うと大変な事になりますので、係員も大声で怒鳴り、
乗客に、何処へ行くのか、チケットを見せろ、とやや真剣
な顔で、それぞれの乗客を右左に誘導しています。

つまり、入国手続き・チェックインをして乗り継ぐ(トラ
ンスファー)のか、入国せずにトランジットラウンジで待
って乗り継ぐ(トランジット)のか、の違いが有ります。

この意味で、あなたのご友人は、半分は合っていますし、
あなたのミャンマーでのご経験は、全く同じ理由によりま
す。(会社・機種の違いは関係無い。)



しかし、また別に、以下のように、フライトナンバーが変
わる(乗り換える)かどうかで分けると言う方法のほうが大
勢なようです。


Copenhagen Airport
Airport terminology
 http://www.cph.dk/CPH/UK/PRESS/guidelines/airport+terminology/
  Transfer passenger
   A passenger changing flight at a given airport.
   Normally, change of flight number is the criterion.
  Transit passenger
   A passenger who arrives and continues on the same
   flight. Normally, an unchanged flight number is the
   criterion.


http://www.competition-commission.org.uk/fulltext/430glossary.pdf
 Transfer passenger
  A passenger who changes, usually at a hub airport,
  from one aircraft to another, often of the same airline.
 Transit passenger
  A passenger who arrives at and departs from an
  airport on the same aircraft. Each transit passenger
  is counted once only in statistics and not both on
  arrival and on departure.


Transfer or Indirect Transit passengers
 http://forum.europa.eu.int/irc/dsis/coded/info/data/essai/en/gl004743.htm


地球の歩き方/Yahoo!トラベル (同一文)
 http://www.arukikata.co.jp/netmagazine/prepare/066.html
 http://abroad.travel.yahoo.co.jp/tif/prepare/066.html


地球の迷い方
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/7752/travel_contents24.html

確か、こんな分け方も有った(有る)と思います。


大きな乗り継ぎ空港では、飛行機を乗り継ぐ場合、降りる
と、トランジットとトランスファーに分けられます。ここ
を間違うと大変な事になりますので、係員も大声で怒鳴り、
乗客に、何処へ行くのか、チケットを見せろ、とやや真剣
な顔で、それぞれの乗客を右左に誘導しています。

つまり、入国手続き・チェックインをして乗り継ぐ(トラ
ンスファー)のか、入国せずにトランジットラウンジで待
って乗り継ぐ(トランジット)のか、の違いが有ります。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング