オリンピック金を取ろうとするとき、
先輩という巨大なプレッシャーがあったのではないでしょうか。

W杯ジャンプ女子で
高梨沙羅 や 伊藤有希 の好成績インタビューを聞くと、
"先輩方のおかげ" と言うことが多いようですが、
先人が切り開いた道が存在したから良かった、との意味ではなく、
国、協会、先輩がた、のサポートが無ければ戦いの場にさえ行けない。
そんな状況だから、"先輩がたのおかげ" と
本心で言っているのではないでしょうか。

自分で参加費を工面して出場した選手とは、勝敗の重さが違います。
"勝"の喜びより"敗"の怖さが、脳裏を横切るのでしょう。

さて
オリンピックの金を確実にするには、
敗けたって、アーァで終われる環境が必要だと思います。
サポートが"そんなこといえたらいいんだけど" と思ってしまう時点で、
そのサポートが巨大なプレッシャーなのです。
ただし
選手権では敗けた理由をトコトン突き詰めないといけませんよ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ソチ スノーボードクロス 竹内智香さんは、


"金メダルを取ったら・・・する"
と宝くじが当選するようなことを考えていて、、
家族にさえお願いしていたそうです。
勝"の喜び だけを考えるようにしていたんですね。

高梨沙羅にそんな楽天的な考えは許されなかったでしょう。
先輩方と日本のために金メダルを手中にしなければ、と思っていたんでしょうね。 涙が出そうなくらい可哀そうなことですね。


荒川静香や羽生結弦は、演技直前まで音楽を聴いていましたよね。
そんな、気を紛らわせる方法はないのでしょうか?
催眠術とか。

ジャンプで伸上るきっかけを、電気刺激で与えたら、
違反になるんですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ソチ スノーボードクロス 竹内智香さんは、
"金メダルを取ったら・・・する"
と宝くじが当選するようなことを考えていて、、
家族にさえお願いしていたそうです。
勝"の喜び だけを考えるようにしていたんですね。

高梨沙羅にそんな楽天的な考えは許されなかったでしょう。
先輩方と日本のために金メダルを手中にしなければ、と思っていたんでしょう、涙が出そうなくらい可哀そうなことですね。

伊藤みどりは、金確実なアルベールビルで銀メダルでした。
日本はこのとき、プレッシャーの怖さを思い知ったはずです。
オリンピックには魔物が棲んでいる、と前近代的なことで
誤魔化しているようでは悲劇は止まらないでしょう。


荒川静香や羽生結弦は、演技直前まで音楽を聴いていました。
そんな、気を紛らわせる方法はないのでしょうか?
催眠術とか。

ジャンプで伸上るきっかけを、電気刺激で与えたら、
違反になるんですかね。

お礼日時:2014/03/03 11:22

高梨選手の敗因は、決戦の舞台で、二度のジャンプが、いずれも不利な追い風の影響を受け、飛距離と飛型点が伸び悩んでしまったことに尽きると思います。



女子ノーマルヒルは、今回のソチオリンピックで初めて五輪正式種目として開催された競技ですよね。
高梨選手は幼い頃から、オリンピックの金メダルを漠然と夢みていたものの、男子とは違い、女子のスキージャンプ競技は、オリンピック種目として認められることすら厳しい現実、そしてオリンピック参戦の夢を叶えるための、先輩選手たちの並々ならぬ尽力を目の当たりにするにつれ、「『メダル』という言葉は、決して安易に口にするものではない」と思うようになったそうです。

逆説的に云えば、それだけ「結果を遺す」ことに強いこだわりを抱き、オリンピックに臨んだであろう彼女。
たとえ、先輩たちが「アーァで終われる」境遇を整えてくれたにせよ、彼女自身が、それでは納得できないのではないでしょうか。

出場選手たちのコメントを聞いていると、オリンピックは他の国際大会と異なり、4年に1度しか訪れることのない特別な舞台という意気込みを強く感じます。
出場した選手の多くが、「またオリンピックに戻ってこれたら」という感慨を抱くようですが、4年後に出場権を獲得できるか、心技体のピークを合わせられるか、定かではない点で、選手にとって、他の国際大会とは価値が異なることは、間違いないでしょう。

高梨選手のオリンピック出場に関する数々のコメントからは、「日本代表選手としてオリンピックへ出場するからには、その礎を築き上げてくれた先輩選手へ、実績で報いたい」という強い責任感を感じます。
いくら世界を相手に闘える実力の持ち主とはいえ、若干17歳。
先輩選手に比べると、同種目における経験値は、まだまだ未知数。

「参加することに意義がある」オリンピックは、戦績に関係なく、参加選手すべてが、協賛各社から、応援と称賛の意味合いを込めた、様々な特典を受けられます。
そうしたオリンピック特有の空気感を、この4年間がんばってきた自分自身へのご褒美と感じ取るか、支えてくれた皆と共有したいご褒美と感じ取るかは、競技者によって様々で、高梨選手は恐らく後者なのではと思います。

オリンピック初種目初参戦という、その道で闘うアスリートなら誰もが願ってやまないであろう境遇を与えてくれた先輩選手の偉業に対し、オリンピック出場権を得たことが、あたかも高梨選手ひとりの功績であるかのごとく、彼女だけをチヤホヤと崇め奉るマスメディアの過熱報道。
テレビカメラの前で、先輩選手を慮る発言を繰り返している高梨選手の姿は、そんなマスコミの論調に対し、彼女なりに暗に抵抗を示している風に、私には感じ取れました。

常日頃から、実績はもちろんのこと、優等生的な言動でも注目されてきた高梨選手ですが、人間、順風満帆なときに人格者でいられるのは当然で、自分自身に余裕がない場面にこそ、その人の人間性が現れると考える私としては、惜しくも表彰台を逃した彼女が、試合後のインタビューで、どういったコメントを遺すか、不謹慎ながら、興味があったんです。
表彰台の選手や先輩選手、そして、彼女にとって支えとなったであろう、すべての人物を慮る、高梨選手らしいコメントが聞けて、安心しました。
大抵の選手が、自己愛精神に終始する中(そのぐらいのテンションでないと、オリンピック出場枠に到達できる実力など、到底、培えないのでしょうが)、この若さで、常に自分よりも他人を敬うことが自然体な物腰。
どう育てたら、こんな良いコに成長するのだろうと、感心してしまいます。

私自身、スキー競技は、オリンピックのときぐらいしか観戦しない、ライトファン層ですが、私の中では、高梨選手に対する好感度は間違いなく金メダル級ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

W杯でも高梨沙羅ちゃんの表情は堅く
オリンピックでは、能面のようでした。
自発的な表情に見えないのは私だけでしょうか?

高梨沙羅ちゃんが、まだまだ修正すべき点がある
と思い悩んでいるとき、
「あなたなら出来る、自信を持って」
と、悩みを封殺した人が近くにいるんじゃないのかな?

ある試合の解説者が、
沙羅ちゃん独特の、上体を太ももの間に入れるフォームを
否定する発言をしました。 先輩がたです。
自分の考えを押し付けていませんか?
組織発展のために 17歳の子を利用していませんか?

お礼日時:2014/02/23 01:02

ア~ァで終わってしまうから日本勢は弱いんじゃないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ア~ァで終わらせた人もいますね。

多くの人は「つぎこそは」と努力し続けます。

例えは間違っているかもしれませんが、
大相撲は稽古の内容を、本場所で見て頂く。
と考えているようです。

高梨沙羅ちゃんも、ストイックに訓練をしていて、
W杯総合優勝など、その稽古の内容は明らかです。

なのに、本番でこけるのです。
そのとき
雷は雷神が落とす、みたいな、オリンピックには魔物が住んでいる。
と言っているようでは同じ事の繰り返しです。
日本は、伊藤みどりで十分に学習したはずだったのですが。

お礼日時:2014/02/22 13:12

負けてもアーァで済ませられるならレジェンド級の精神力が必要です


レジェンドは過去7回もそういわれ続けて来たんだから でもめげずにオリンピック出続けたのよ


先輩と言うか 重圧をかけたのはメディアでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

出場者はインタビューでメディアの狂喜を感じるでしょうね。

お礼日時:2014/02/22 11:31

で、何の質問?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数をおかけしました。

お礼日時:2014/04/18 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報