プロが教えるわが家の防犯対策術!

気学に詳しい方や経験上何か知っている方がいたら教えてください。

過去のことを調べていたらわかったのですが、私は過去に五黄殺に転居した後、出産することになったのですが、その出産した病院の方角がまた五黄殺でしかも小児殺だったようなのです。

将来子どものことで何か大変なことが起こる可能性が高いのでしょうか。

子ども自身が悪い人生を歩んでしまうようなことになってしまうのでしょうか。

とても気になりますが、そういったことについて書いてある本もネット情報もみつけられなかったので、質問してみることにしました。

ちなみに、現在は方位のことに気づき、吉方位移転もできて、五黄殺とは縁が切れました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NO.1です。



祐気採りに関してどのようなことをやっているのかわかりませんが、日盤吉方位採りは私から言わせてもらえば祐気採りではありません。

まして使っている暦が違いますので。

どの盤を重視するかは何を行うかによって異なります。

引越では年月(日)ともに吉方位でなければなりません。

通院なら基本的に月盤重視になりますから年盤が五黄殺や暗剣殺でも問題ない場合もあります。
もちろん年盤も吉方位に越したkとはありませんが。

お子さんの病気に関してはどのような症状かわかりませんので何とも言えませんが、それに合った祐気採りをするといいですね。

吉方位なら何でもいいわけではありませんからね。

ちゃんと指導を受けて行っているのかわかりませんが、やるのであればちゃんと指導を受けて行ったほうがよいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度もコメントをいただき、本当にありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。

本当は距離のある期間の長い旅行に行ったりしたほうがいいのでしょうが、子供も小さくそんな余裕もないので日帰り、1泊、2泊の祐気どりしかできていません。ので、もしかしたら、kigakukanteiさんにしたらそれは祐気どりではないのかもしれません。

私は本やネットで独学なので、知識はまだまだですが、気学もいろいろでどれに従ったらよいのかわからないので、当分は独学で行く予定です。自分や周りの人の人生を方位に当てはめると本当に当たっていて、びっくりします。五黄殺は本当に恐ろしいです。ほんとうにじわじわきます。

病気によって祐気どりの仕方が違うとはしりませんでした。病気になる個所に合う吉方位があるということでしょうか。勉強になります。

お礼日時:2014/08/28 20:50

専門家の方がおっしゃっていますが、出産前に五黄だとか小児殺はないですよ。


引越しも貴方にとってのものです。
それに吉方に引っ越したから五黄と縁が切れるということもないです。
そんな事言ってる占い師が居たなら偽者です。

気学は積み重ねですので、これから先も祐気を摂取してください。
気学は人生を変えるためのものであって一回や二回の引越しだけで運勢が決まるものではありません。

私は母が気学を修めていたので、子供全てを方位を見て産院を決めました。産院を決めるのは通い始める際の方位であり、出産時ではありません。
その後長男を小児殺で死の淵まで追いやってしまい、そこから気学を学んで来ました。
子供達も皆何事もなく成人しております。

気学は継続です。続けるなら道ができるまで続けてください。中途半端なら知らぬが仏で気にしないほうが幸せです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。
祐気どりはこれからも続けていきたいと思います。方位がどれほど人生に影響を与えるか、凶方位移動の効果がどれほど怖いか、自分で体験してよくわかりましたから。

子どものことで、今病院に通っていますが、治らない可能性が高いので、方位の影響かどうか確認したく思い、相談してみた次第です。治らないと、きっとつらい人生を送るんだろうな~と思い、なんとかしてやりたいな、と思っております。吉方移転していい方に転じればいいんですけどね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/26 19:51

大気象理学(気学)で気学鑑定士が回答します。



五黄殺に転居した後どのくらいの期間があいてからの出産ですかね。

出産した病院の方位が五黄殺ということですが年盤ですか、月盤ですか?

出産する病院の方位が悪い場合は出産に問題が起こる場合があるので病院であなたかお子さんに問題が出ていないのであればその後にお子さんに影響することはありません。

小児殺方位は小さなお子さんが移転をしてはいけない方位ですから出産の方位には全く関係ありません。

現在お子さんもあなたと一緒に吉方位へ移転できているのであれば基本的に何の問題もありません。

もちろん今後の動きによりますが。

この回答への補足

五黄転居後10か月です。
年盤五黄殺で、月盤は9、日盤は7です。
病院に通い始めたときは前年なので暗剣殺(年盤)でした。

病院は看護師さんの対応悪く最悪だと思いましたし、担当医師が休暇中でいなかったので、そういう意味では悪かったですが、それ以外は特に悪いことはありませんでした。

補足日時:2014/08/26 20:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。

小児殺が出産した病院の方位とは関係ないと知り、安心しました。

最近子供の病気が表面化してきて心配しているため、方位の影響がどのあたりからあるのか調べてみたいと思っていました。

祐気どりをしてきて、ようやく今年吉方位移転ができました。何も調べていなくても日盤吉方位に移動できるようになってきました。

これも神社に定期的に4年以上お参りし、方位を気にしながら生きてきたからかな~と思っております。

これからも祐期取りして子供にとっても自分にとっても吉の人生を送っていけたらと思っております。

お礼日時:2014/08/26 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院の方位について

気学では病院の方位は初診の日でみると聞きました。
それは、慢性疾患のような長期にわたる治療の場合でも月盤でみればよいのでしょうか?

初診の日は問診のみでした。後日担当医が決定し、病気の診断と治療方針が決定しました。
この場合、初診は病院に行った日でしょうか?
担当医との初診の日でしょうか?

Aベストアンサー

一般の人が通院治療を気学で判断するのは非常に難しいですし、そもそも吉方で病院に行けるというのは幸いだと考えてください。急性症状はほぼ吉方等無いときにおきるものです。

個人的な統計でしかありませんけど、凶方で来院した場合には症状の改善が遅いという場合が多くなります。薬石の有効性が損なわれるので進行性の病気では進行を抑えることが難しくなります。

凶方で行ったから直ちに重篤になるということはほとんどありません。そもそも病気になるとか病院に行かねばならない状態に陥るのは過去の凶方や剋気の摂取の結果です。方位はマジナイではないので吉方を取ったから直ちに良くなるというものでもありません。漢方薬のように徐々に毒素を排出して行き、さらに栄養を取って改善していく物だと思ってください。もちろん一時的に大きく改善する方法もありますが強い薬は長く使えば毒になります。

通院は最初は初診日で見ます。しかしその後、間が一週間以上開いてしまうと、そのつど見なければなりません。9日開けば九星一巡開いた事になり、完全に前回のつながりはなくなります。なので吉方で通院が始められたら少なくとも6日以内で続けることが重要です。予約日ではなくても6日以内の間隔で病院の前まで通いましょう。多少は違ってくるかと思います。逆に凶方で通い始めた場合は7日以上開けて吉方に変えて行きます。

また吉方か凶方かだけではなく、治療効果の有無は担当医との同会によっても変わってきます。同会とは自分の星と相手の星の上下関係ですからただ通院するだけではなかなかわかりませんよね。だから、あまり通院日を気にしても仕方ないのですよ。
つまり貴方の場合は病院の方位を観ねばならないし、担当医との初診時の同会・被同会も観ねばならないと言う事になります。そして同会・被同会は初見だけではなく、毎回影響することです。つまり担当医が剋気優勢で貴方の上にいれば、治りにくくなるということにもなります。

治療と方位の影響は短期であれば日の吉凶や月の吉凶が大きく影響します。慢性病で何年も通院するのは念の影響も出てきます。最低でも半年以上通院の場合は月と年で見るほうがいいでしょう。
治療効果の是非は初診日の翌日から三日ごとに確認しましょう。行く日を気にするよりこちらの方が判りやすいです。日記をつけてもいいです。そして経過が3ヶ月目でも改善しないとか、徐々に悪化してるなら相性がよくないと考えて次回予約を9日以上あけるようにし、再び受診翌日から3日ごとの様子で判断する事を繰り返します。

・・というように病院治療を気学で判断するのは、かなり面倒臭いのです。だからあまり病院の方位は気にしないほうがいい。
気学の大家も著書の例として殺方で死に至った例を挙げますけど、そもそも病気は過去の剋気の結果であるという基本に立ち返れば、吉方を選ばないからよくないなどと言うことは出来ないのです。
そんな事よりも毎日の生活や散歩で吉方を取り、祐気摂取を積極的にやった方が病気改善に有効です。

一般の人が通院治療を気学で判断するのは非常に難しいですし、そもそも吉方で病院に行けるというのは幸いだと考えてください。急性症状はほぼ吉方等無いときにおきるものです。

個人的な統計でしかありませんけど、凶方で来院した場合には症状の改善が遅いという場合が多くなります。薬石の有効性が損なわれるので進行性の病気では進行を抑えることが難しくなります。

凶方で行ったから直ちに重篤になるということはほとんどありません。そもそも病気になるとか病院に行かねばならない状態に陥るのは過去の凶方...続きを読む

Q病院の方位選びに苦戦しています

気学に詳しい方教えてください。
病院の方位選びに困っています。

月盤(五黄)、日盤(日破)の悪い時に病院に行ってから、原因不明の症状に悩まされています。
思い立ったように行ってしまい、後悔しています。
唇や口周りの症状なのですが、どこへ行っても改善の糸口が見えてきません。

症状が辛いので今月転院したいのですが、吉方位にいい病院がなくて困っています。
私は三碧木星です。
今月は都内の大学病院などは、ほぼ南東の月破に入ってしまいます。
又は南(本命殺)です。
北西は年盤が五黄ですし、その方向に大きな病院もありません。

行くとしたらどの方位が良いでしょうか?
一白は病院選びに適さないという見方もあるようですし、西も選べないのかなと。
早く治したいのですが、一度方位で怖い目にあったので慎重に選びたいです。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

いい方位に病院があるときに病気になる事はまず無いと思っていてください。
私は暫く統計を取りましたが、私の診療所に来る患者さんの家から私の診療所が凶方になる場合、治りづらくなる、可能性の病気が増えるという傾向がありました。
大きな病院への入院では院内感染の可能性があります。しかし通院の場合は関連は別の病気になるとか、悪い事が起きるという危険性は薄いです。もしそんな兆候があってもそれは別の方位取りが凶方であったことが原因でしょう。

多くの医院では一週間後とかそれ以上の間隔で通うと思います。実際には一週間以上明けてしまうとつながりが出来ないのです。つまり凶方で行っても次回予約が一週間あけば、また新たにその日の方位によって決まるということです。また、月や年の吉凶ではその効果が発現するのも三ヶ月とか三年後になるので、ほとんど関係なくなります。吉方で行けたなら一週間以内に通わねば吉方が無駄になるということですし。最初が凶方であったら一週間以上、できれば10日以降の吉方で次回予約を取ればいい事になります。
化膿している場合でも、とりあえず化膿している間は短期で通い、ひと段落付いたら10日明けてそれ以降の吉方の日に予約をれればいいのです。

一白もとてもいい方位ですよ。一白の取れない人も北でいいんです。一白は物事を隠しますから、凶方を取った後でも良く使います。
しかし、一白はあくまでもなくすとか治すのではなく隠すので、基は残ります。ですから急性症状の緩和には使っても根本治療では使わないというやりタカヲします。また一白に長く通いすぎると、一白定位の反対は南ですね。南は露見したり離の作用がおきます。だから使いすぎないようにする注意が必要なわけです。

ちなみに気学や方位を見る専門家の中にも「方違え」をしている人が居ますが、これは気学や方位のやり方ではありません。昔これを実践し説いていた一発屋の歌手が居ました。
方違えは方位ではなく、方位神、つまり大将軍や金神を避けるために行われた方法です。そしてこれは宮中や城に赴く際に朱雀門や大手門ではなく脇の門から入ったり、一番多いのは平安貴族が正室以外の彼女の家に泊まる言い訳「あすから三日宮中に金神が廻るので別宅に泊まる」と言う感じで使っていたんです。
気学ではどの方向から行ったって玄関が一つしかないのですから方位は変わりません。

通院の場合なら通う間隔を調整すればイイんです。例えば吉方で通えたのに医院の都合で10日以上開いてしまう場合、そのときは一週間以内で医院の前まで行けばいいんです。

いい方位に病院があるときに病気になる事はまず無いと思っていてください。
私は暫く統計を取りましたが、私の診療所に来る患者さんの家から私の診療所が凶方になる場合、治りづらくなる、可能性の病気が増えるという傾向がありました。
大きな病院への入院では院内感染の可能性があります。しかし通院の場合は関連は別の病気になるとか、悪い事が起きるという危険性は薄いです。もしそんな兆候があってもそれは別の方位取りが凶方であったことが原因でしょう。

多くの医院では一週間後とかそれ以上の間隔で通う...続きを読む

Q九星気学でノイローゼになりそうです

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず、行けば「うまくいかない」とか「人生が台無しになる」などと占い師に言われ、もう占いのある生活に限界を感じています。

最近では、夫はとてもよい人ですが、離婚すら考えています。

九星気学というのは、確かに的中率は高いですし、悪い効果はよく出ると身をもって知っています。
ですが、生活や気持ちを犠牲にしてまで、率先してやらなくてはならないことでしょうか…。
実際そんなに劇的に何か変わるのでしょうか?

もう疲れてしまいました…。
気にしないで済む方法や、最低限これだけは気をつけたらいいということなど、何でも構いませんので、アドバイスをいただけたらと思います。

本当に心身ともに滅入っております。
どうかよろしくお願いいたします。

もともと夫が九星気学にハマっており、調べたところ私の不運の原因が方位のせいではないかとわかったことから、生活に九星気学を取り入れることになりました。

しかし、日破だから北はダメだとか。
転職する時期はやっぱり○月じゃなくて、×月じゃないとダメ。それをしたら必ず離婚しますとプロに言われたり(そんな時期を待っていたら、破算しちゃいます)ですとか。
とにかく実現不可能なことなどを夫にも、占い師の方にも言われ、とうとうノイローゼで服薬するようになってしまいました。
どこにも行けず...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずうがい、手洗い、風邪予防だけでなく、
外で身に付いた悪い気等を水に流すつもりで。
それから、塩茶(熱いお茶に塩を一つまみ入れたもの。)を
飲んで、くつろぎます。

九星気学で移動したからといって悪いことも、良いこともすぐに
起こる訳ではありません。もし、凶方位を犯した、と思った時は
吉方位に祐気とりを実行すればよいだけのこと。どうぞ怖がらないで
下さい。

ご主人様も良い方のようですから離婚など考えず、心を落ち着けて
普通にお暮らし下さい。

方位で気をつける事は海外旅行、新居への移転、仕事で転勤の場合
です。日破は営業職で移動される方が商談の時に気を付けなければ
ならないものです。余談ですが私は外出する時、わざと方位は
みません。帰宅してから、みますが、その日一日のことは大した事も
無くて、あら~当たってない、などと笑ってます。

少しはお役に立ちましたでしょうか?何かありましたらご質問
下さい。

はじめまして。 

読んでいてため息が出ました。辛いでしょうね。本来、気学も算命学も
人間が良い運を少しでも得る為のもの、のはずですが。

毎日のことは、気にせず外出されて大丈夫です。仕事は気にすれば、
出掛けることも、適わなくなります。人は誰しも良い方位にばかりは
行けませんので。私がよく使う方法があります。

外出する時は必ず赤いものを2つほど身に付けます。
(ブラウス、バッグ、肌着etc)
気に入りのアクセサリー、パワーストーンを身に付け、
出掛けます。帰宅したら必ずう...続きを読む

Q暗剣殺+本命的殺に引っ越していました(涙)長文

申し訳ございませんが、『そんなの気にするのがおかしい』のようなコメントは凹むのでやめてください。

7年前に主人の転勤で暗剣殺(しかも本命的殺)に引越しをしていたことを先日知りました。
主人は九紫火星で私は五黄土星です。距離は500kmくらいした。
ちょうど節分前後だったので、近くの占い師さんに相談したところ、節分開けの方が主人の年回りがいいとのことで、すぐに信じ2月5日くらいに引っ越したと思います。念のため方位除けだけはしていただきました。
たしかに運勢的には節分開けの方がいいことが書いてありました。
そして簡単に地図を見るだけでは微妙な方位でした。ぎりぎり暗剣殺に入る感じです。

今思えば・・・ですが不幸が続きます。
引っ越して、すぐにまずは対人関係で離婚騒動。家出もしました。
そして子供もできず不妊治療をしたところ、薬が合わず婦人病に。
でもやっと妊娠したら妊娠中に病気になり・・・出産は難産でした。
その後、腸の病気と帯状疱疹。それでも今苦労していればいつかは!厄年もあったので仕方ない!
と乗り越えました。
子供も元気に成長しやっと楽しくなってきたのです。

しかしそれも束の間。ご近所に迷惑をかけられ家から出る時間も気遣うほど。
そしてさらに主人が失業しました。
どうにもならないので地元へ戻ることに。
その時の方位は主人には大吉方位。私には凶方位でした。
失業期間も長く主人の機嫌が悪くなり、子供は反抗期になり私はうつ病になりました。
今のところに住み2年になりますがほぼ毎日頭痛がしたり、体調が悪いです。
医療費ばかりかかります。特に異常はありません。
 
子供も幼稚園に入学し元気に育っていますが、幼稚園の自分勝手なお母様が数人いてどうしてもかかわらないわけにはいかないので、苦労をし我慢の日々がつづいています。もちろんいい人にもたくさん出会えました。

そろそろマンション購入を!と考えたとき、気学を気にし始めたら過去の引越しが大凶だったことがわかり何も決断できません。
暗剣殺は60年も影響すると書いてあり、怖くて仕方ないです。しかも家族全員に影響するとか。


主人と私にとって吉方位に引越しをすれば、少しは凶運がうすくなりますか?
しかし・・・それが私の運なのか吉方位になかなかいい物件がありません(涙)
ぜいたくは言いません。元気で生きれいければ。
60年も影響するというのは本当でしょうか?
なんとか厄払いのようなものがあれば教えていただきたく思います。

よろしくお願い致します。
読んでいただきありがとうございました。

申し訳ございませんが、『そんなの気にするのがおかしい』のようなコメントは凹むのでやめてください。

7年前に主人の転勤で暗剣殺(しかも本命的殺)に引越しをしていたことを先日知りました。
主人は九紫火星で私は五黄土星です。距離は500kmくらいした。
ちょうど節分前後だったので、近くの占い師さんに相談したところ、節分開けの方が主人の年回りがいいとのことで、すぐに信じ2月5日くらいに引っ越したと思います。念のため方位除けだけはしていただきました。
たしかに運勢的には節分開けの方がいいこ...続きを読む

Aベストアンサー

大気象理学(気学)で気学鑑定士が回答します。

年盤の作用が60年影響するのですから年盤暗剣殺方位へ移転したのでしょうかね。
適切な吉方位移転や祐気採りをすれば凶作用を抑えることができますので60年影響することはありませんね。

五黄殺や暗剣殺は誰にとっても悪い方位になりますから家族全員に影響しますね。

どのように動いたのかわかりませんので何とも言えませんが、吉方位へ引越しすれば凶作用は薄まるかもしれません。

なぜ「かも」と記載したかというといつどの方位の凶方位へ行ったかによってその作用を抑える方位などが異なるからです。

主人とあなたにとって吉方位でもお子さんにとって凶方位ですといじめにあったりしますよ。

ここで回答できるような簡単な話ではありませんからちゃんと鑑定指導を受けたほうがよいですよ。

但し、ちゃんと指導できる方はなかなかいませんけどね。

Q引越しの方位、同じ市内でも影響はありますか?

来年新居を購入しようと今計画が煮詰まっているところです。
というか、仮契約をもうしてしまったのですが、方位が家族3人ともの年全体の吉方向ではないのが気になっています。
以前こちらで質問して、あまり方位を気にするのはやめようと思ったのですが、やはり少し気になってしまって・・・
せっかくの引越しなので大吉方向で探しぬくべきだったのかと今更ながら悩んでいるのですが、今回の物件は、主人の希望とする条件をすべて備えていて、なおかつ、都心なのに菜園として使える20坪もの日当たり良好な空き地着きという稀少物件なので、菜園好きな主人の意向を尊重できればと思っています。

主人と私は月では吉になることもあるので、月を選んで移動しようと思っていますが、それで大丈夫でしょうか。ただ、1歳の赤ちゃんにとっては吉方向の月もないようなんです。
移動距離が大きいほど影響があると聞いたことがあるのですが、今回は同じ市内での移動になりますので、そこまで気にしなくてもよいのでしょうか。
ご意見をお聞かせいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

方位はその場その場でどうにかなるものではありません。日頃から気をつけて積み重ねていなければ、本当に傷害無く吉方を取るなど出来ないと考えて下さい。
なので、月でも吉方が取れたのはラッキーです。
子供は3歳くらいまでは親の庇護下にあるので、小児殺以外の凶方はあまり気にしないで下さい。

Qダウン症児、その他障害児を産んだ方に質問します

すごく失礼な質問になるかもしれませんがお許し下さい。
私は、妊娠2ヶ月になる21歳のmika-mamaといいます。
妊娠が分かってからとゆうもの、産まれてくる子供が
障害を持ってこないかとゆう事で毎日悩んでいます。
羊水検査などで分かるみたいですが、お金がかかるので出来ません。
あと、遺伝的な事もあるみたいですが
私の周りにはそうゆう方はいません。
それに先生に質問したとこで大丈夫、心配しなくていいですよ
と言われるのがオチだと思ってます。
なので、ここで質問です。
お腹の中にいる時に自覚症状とかありましたか?
妊娠中、どうゆう生活をしてましたか?精神的にはどうでしたか?
是非、教えてください。失礼と分かってますが、お願いします。

Aベストアンサー

2ヶ月というとホルモンバランスの関係で不安になる時期だと思います。私も実際悩みました。誰でも悩むことだと思います。では、それをどうやって乗り越えたか?ですよね。

ある時期まで来ると「生まれてくる子がどんな子であっても、私と夫の愛の結晶。大切に育てていこう。生まれてくるだけでいい。絶対に幸せに決まっている」と思いました。「どんな子であっても全身全霊をかけて愛する。愛しぬく。共に生きていく」という覚悟というか決意みたいなのが心の中でありました。

生まれた息子は軽症ですが心臓病です。半年に1回の検査があります。去年本格的な検査入院をしました。私は自分の息子のことだけ考えてました。でもそこの病院ではもっともっと重症な子ばかりでした。私は自己中心的な考えを持っていた自分を恥じました。生まれる前の決意を忘れていましたね。「どんな子が生まれても共に生きていく」これはすべての親の共通の想いです。目が覚めた気がしました。

よく病気の子を見て「かわいそうね」という人がいますが、あれはやめておいたほうがいいです。その人は別に軽い気持ちで言っているのでしょうが、聞いているほうはあまりいい気持ちがしません。同情というか、「あーよかった。私の子どもはあんなのじゃなくって」という心のつぶやきが聞こえてきそうです。

たとえ自分の子どもが障害者じゃなくっても、そういう人達と「共に生きる」のです。自分の人生においてかかわりがある無しに関わらず、同じ社会の仲間として当然のことではないでしょうか?

あなたももうちょっとすると覚悟というか決意みたいなのができますよ。そうなったら、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。

2ヶ月というとホルモンバランスの関係で不安になる時期だと思います。私も実際悩みました。誰でも悩むことだと思います。では、それをどうやって乗り越えたか?ですよね。

ある時期まで来ると「生まれてくる子がどんな子であっても、私と夫の愛の結晶。大切に育てていこう。生まれてくるだけでいい。絶対に幸せに決まっている」と思いました。「どんな子であっても全身全霊をかけて愛する。愛しぬく。共に生きていく」という覚悟というか決意みたいなのが心の中でありました。

生まれた息子は軽症ですが心...続きを読む

Q入院の際の方位について教えてください

本命星は九紫火星です。

昨年の8月に初診。9月に病名が確定し担当医が決定し治療が開始しました。
今年の6月5日に入院し、6月7日手術の予定です(生命にかかわる病気です)。
病院の方向は自宅から北西です。

最近になって、病院の方角が気になり、気学とかで自己流で調べてみたところ、昨年も今年も北西は大凶のようです。おまけに6月5日は5月の月盤になるようで、これまた大凶。日盤まで大凶です。
手術前なのに気になって夜も眠れません。

質問です。
1.思い切って病院をかえないほど深刻に考えるべきでしょうか?
2.入院の日を6月6日(6月の月盤)に変えるだけでも難は逃れられますか?
3.その場合手術が6月7日でも大丈夫ですか?

また、このように大凶の方向の病院に入院する場合は方違いをした方がいいですか?
祐気取りとかお墓参りとか方位除けとかはかなり効果はありますか?
入院するときに身につけた方いいものとかありますか?

質問が多くてすみません。
出来れば病院を変えない方向で回答お願いします。

Aベストアンサー

はっきり申し上げて入院するのはコレまでの祐気・剋気の摂取バランスの崩れによる結果です。
そもそも吉方のあるときに病気になるのはよほど恵まれているといえます。つまり医者にかかるときには吉方を取れないのが常識ともいえるのです。

気学において方違えなどというものはありません。方違えは方位ではなく方位神に対するもので、気学で使うのは誤魔化しです。それは単に二度の引越し以外の何者でもないのです。

方位と行っても日付にしても、在る基点を始点としてガラッと変わるわけではありません。徐々に変わるものですから気学ではそんなグレーゾーンは避けて行きます。しかしそれが命に関わる急変であるならば方位など見ている暇はありません。
今回の場合は手術が7日ですから、いつ入院してもさほどの変化は無いと考えてください。どっちにしても月替わりですから。でも先生がいいと言ってくれるなら6日にしては如何でしょう。

それに担当医と自分との関係の方が本当は大きいんですよ。これは同会法によってみるので専門的過ぎるから考えないでいいです。
手術後3-4日ごとに経過を見てください。順調に経緯していればとりあえずは心配ないですが、先生に、ちょっとでも気になる状況があったら、慎重の上に慎重を重ねて早めに対処するように言いましょう。
起こりが良くなくても、その後の処置がよければ大丈夫です。

方位とは取った時だけをみてもダメなんです。気学は積み重ねなので、毎日の祐気剋気のバランスが大切なのです。大吉方でいい家相に引越ししても、いい加減な生活をしていれば剋気を摂取して運勢は悪化しますし、悪い方位や家相で引越ししても、その後の生活が祐気を取っていれば方災を乗り越えることが出来、運気は上昇に転じます。
ですから入院する方位を気にするより、その後の生活を考えましょう。

「神仏に方位なし」或いは「凶方なし」といいます。なので神頼みは効き目ありです。しかしマジナイではないので、信心がなければ意味を成しません。心に一点の曇りも無い状態で信心を持たねばなりません。今後は定期的に氏神詣でをすると決めてください。
入院前に無理でなければ行ってくればなおいいです。昇殿参拝すればなおいいです。そしてそのお守りを持って行かれたらどうでしょうね。

墓参りは先祖の加護を願う事になるのでもちろんダメではありませんよ。

退院して体調がよければ、お礼参りをしましょうね。

はっきり申し上げて入院するのはコレまでの祐気・剋気の摂取バランスの崩れによる結果です。
そもそも吉方のあるときに病気になるのはよほど恵まれているといえます。つまり医者にかかるときには吉方を取れないのが常識ともいえるのです。

気学において方違えなどというものはありません。方違えは方位ではなく方位神に対するもので、気学で使うのは誤魔化しです。それは単に二度の引越し以外の何者でもないのです。

方位と行っても日付にしても、在る基点を始点としてガラッと変わるわけではありません。徐々に...続きを読む

Q健康な子供が産まれる確率

健康な子供が産まれる確率
只今、第(2)子を妊娠中の者です。
ふと疑問に思いました。偏見などではありません。
二十代後半の女性(私のことですが)が、先天的な病気のある赤ちゃんを産む確率ってどのくらいなのでしょうか?ちなみにタバコは吸いません。日頃飲んでいた薬も妊娠を機に止めました。ただこの薬は妊娠中の服用の際、リスクはきわめて少ないものだそうです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ここに、とてもよく調べられ、まとめられたサイトがあります。
http://www.geocities.jp/musume2go/2006kakuritu.html
じっくり読まれることをお勧めします。

Qつわりが突然なくなりました

今8週に入ったくらいで、検診は9週になったとき(来週)に、という指示を病院で受けています。
妊娠がわかった5週から7週末まで、食欲がなく、吐き気があり、一日の大半を寝てすごす生活でしたが、
先週末からつわりの症状が突然なくなりました。
本来ならいまからつわりがピークになると思うのですが・・・・

つわりってこんなに気まぐれなものでしょうか?
出血はないですが、下腹部痛は断続的に続きます。

他のカテで質問しているのですが、色々悩みの尽きない妊婦ライフなもので、流産しちゃったのかなぁ、と考えてみたり・・・

Aベストアンサー

ちょっと不安にさせてしまうかもしれませんが・・・
ごめんなさい。

以前、私は5週~7週までつわりが酷かったのですが、その後8週中頃からピタッとつわりが治まり「変だなぁ?」と思っていました。
8週初めの検診では順調だったのですが、10週目の検診へ行った時には、赤ちゃんの心拍が停止している事が分かりました。
その時、つわりが治まったあたり位に赤ちゃんの成長が止まっているのが分かりました。
私の場合なので全員が全員つわりが治まったから流産というわけではないので・・・

あなたの場合は、きっと心配ないとは思いますが、不安なようなら先生に確認してもらった方が安心出来ますよ。

Q九星方位・引越し方位が悪い。どうしたら?歳破暗剣殺

引っ越しを考えており、
先日、希望にかなう素敵な家を見つけました。
しかし、私は八白土星ですが、その家の方角が【西】で、
【歳破】と【暗剣殺】が重なる大凶です。
どうしたらよいか悩んでいます。

(1)掃除や風水やお水取りで補う
(2)方違神社の祈祷
(3)仮住まい3ヶ月を挟んで、吉方向を待って引っ越す。
しかし、仮住まいへの引越しは、どうしても大凶で、
最終的に住みたい家は、仮住まいからは吉となる。

こうした方法で、
何とかなると安心してもよろしいのでしょうか?
それとも、引越しそのものを、諦めた方が良いでしょうか?

以前、何も考えずに引っ越したところ、
誰が見てもおかしいくらい不運に見舞われました。
【大凶】だったと、後から知りました。

【吉方面】に引っ越したところ、
不運がピタリとやみ、
何かに守られているような気さえするほど、
運気が安定して、驚いたことがありました。
そのため、今回の引越しが大凶なので、不安です。

本来なら、時期を待った方が良いとは思うのですが、
希望した家が、他の人に決まってしまうのが残念です。
本当に困っています。どうか宜しくお願い致します。

引っ越しを考えており、
先日、希望にかなう素敵な家を見つけました。
しかし、私は八白土星ですが、その家の方角が【西】で、
【歳破】と【暗剣殺】が重なる大凶です。
どうしたらよいか悩んでいます。

(1)掃除や風水やお水取りで補う
(2)方違神社の祈祷
(3)仮住まい3ヶ月を挟んで、吉方向を待って引っ越す。
しかし、仮住まいへの引越しは、どうしても大凶で、
最終的に住みたい家は、仮住まいからは吉となる。

こうした方法で、
何とかなると安心してもよろしいのでしょうか?
それとも、引越しそのものを、...続きを読む

Aベストアンサー

皆さん、方位の取り方を誤解している人が多いですが、普通に生きてきて、急に吉方に家を買うとか仕事に行くとか、いい家相に住むなんて出来るわけないんです。
人間は山あり谷ありで、自然に少しずつ川下に向かって流れていく。
吉方の家に引っ越したから言い事があるんじゃないんです。運気が上昇運だから吉方の家にいけるんだし、凶方の家に行ったから凶運なのではなく、凶運だから凶方の家に住まなければならないんです。
逆に凶運の人が無理に吉相の家に住むと、住めなくなったり、ロクに家に帰らなくなったり、酷くなればなくなる事だってあるんです。
マトモな鑑定士であれば、まず吉方を取って運気を好転させてから善い家相を探すように指導するものです。

家相はその人の現状を表しているに過ぎません。
気学をやっている人なら勉強の最初に習う気学の鉄則があります。
それが「吉凶は動より生ず」という言葉です。
これこそが家相だけで人の運命が決まるものでは無いという確たる証拠でもあります。

従って答えは簡単。吉方、祐気取りを一生懸命にやれば家相など大した効果は出てきません。
行動によって積極的に祐気を摂取しないから家相に負けてしまう(そのまま出てくる)だけです。

祐気は方角だけではありません。行動・・つまり日頃の行いもまた祐気と剋気を摂取する事になります。
掃除や真面目に働く事も祐気です。怠けや不平は剋気です。法を守ることは祐気だし、ズルは剋気です。
気学の市販書でも書く方位の象意が書かれているマトモな本を読みましょう。
色だとか家財なんていうものに頼っているようなのはダメです。気学でも風水でも家財や色なんてものは何百分の一の作用しかありません。
象意の書かれている、本を読んで行動の祐気を取りましょう。
更に積極的に取るなら方位の祐気も取りましょう。
続けていけば次第にいい条件でいい方向に動けるようになってきます。
摂取し始めると必ず八方塞がりになりますから、その際は無理をしないこと。
凶方をとっても10年以内に好転できれば「大難を小難に、小難を無難に」と軽減する事も出来ます。
人は「難を乗り越えてこそ成長する」のだという事を知って、勇気を以って行動してください。

出来れば凶方で動く事はありません。縁は再び巡ってくるはずですが、今回どうするかも貴方の運気ですから自分で選択してください。
凶方でも取って行動するか、行動して吉方の縁を待つかです。

皆さん、方位の取り方を誤解している人が多いですが、普通に生きてきて、急に吉方に家を買うとか仕事に行くとか、いい家相に住むなんて出来るわけないんです。
人間は山あり谷ありで、自然に少しずつ川下に向かって流れていく。
吉方の家に引っ越したから言い事があるんじゃないんです。運気が上昇運だから吉方の家にいけるんだし、凶方の家に行ったから凶運なのではなく、凶運だから凶方の家に住まなければならないんです。
逆に凶運の人が無理に吉相の家に住むと、住めなくなったり、ロクに家に帰らなくなったり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング