親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

勉強に困っている方がいればその方達のお役に立てたらという事で、顔出しなしの手元だけで解説するいわゆる勉強解説を投稿しようと思っているのですが、youtubeで投稿するビデオに自分で買った参考書などをカメラで映しながら解説するのはいいんでしょうか? 自分が書いたノートを写すのではなく
参考書のページを映しながら。という事です。 何か著作権などの違法に値しませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく著作権法に抵触します。


著作権法第三十四条に著作物を放送に使用する場合の規定があります。
「1.公表された著作物は、学校教育の目的上必要と認められる限度において(中略)放送番組用の教材に掲載することができる」
「2.前項の規定により著作物を利用する者は、その旨を著作者に通知するとともに、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない」
とあります。
まず、「学校教育の目的上」ではありませんし、仮に動画に使用できたとしても、相応の補償金を権利者に支払う必要があります。
出版社に問い合わせて許可をもらうか、自分で作成した教材を使うようにしてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権などについての範囲について教えてください。

的確な題が思いつかなくてこんな題になってしまったのですが、現在市販の教科書や市販の参考書などの解説ビデオのyoutubeへのアップロードを考えています。(実行にはまだ移していません)

あくまでビデオ日記のような形を取るつもりで一人でも多くの悩める学生の助けになればと思うのですがyoutubeとパートナー契約を結べば人気チャンネルになるといくらかの収入があるそうです。

そこで、このような行為は商用利用ということになり違法になるのか、またそもそも解説ビデオなどビデオ日記などと謳ってもそもそも違法なのかということを教えていただけないでしょうか?

最後にもし違法なようであればあきらめる以外の解決方法をご教示いただけないでしょうか?


駄文が羅列されただけの失礼な質問ですがどうかお力を貸してください。

Aベストアンサー

これは昭和23年頃から教科書と学習参考書業界が何度も裁判で争ってきた事項です。
教科書会社は教科書懇話会(現在の社団法人教科書協会)を結成し、昭和25年に偽作禁止等請求を東京地方裁判所に提訴し、3年に及ぶ裁判の結果和解して、協定書に従い教科書会社にお金を支払ってきました。
昭和40年に再度教科書会社7社が参考書の日本教育図書出版4社に対し、著作権違反の仮処分申請を東京地裁に出しましたが、結果は東京地裁民事第29部において、教科書の文章等の教材への利用は節録引用の範囲であって、教科書の著作権等の権利を侵害していないとして、申請却下。
教科書会社はこれを不服として控訴、その後数回の法廷闘争を経て、謝金制度で和解し、現在でもこの協定が生きています。

上記の流れを見ますと、教科書会社と参考書会社の間で協定があり、一定額の金銭を支払って参考書を発行していますから、場合によっては訴えられる可能性があります。

http://www.nit.or.jp/association/history.html
*1970年のところを参照


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング