マンガでよめる痔のこと・薬のこと

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

不動産の専門家に聞いた!貯蓄した2,000万円の賢い活用法

不動産の専門家に聞いた!貯蓄した2,000万円の賢い活用法ある程度まとまったお金が貯まったら、「そのまま貯蓄?」「運用?」「ローン返済?」などと迷うだろう。先日、「教えて!goo」にも、夫婦共働き、子供3人、あと3年程で家のローン完済予定、貯金2,000万円の主婦より、「貯金の仕方について悩んでいます」と投稿が寄せられていた。そこで今回は不動産の専門家である田中勲さんに、このような場合は貯金を続けるべきか、ほかの資産運用を考えるべきか、住宅ローンを全額繰り上げ返済すべきなのか、具体的なアドバイスをいただいた。

■貯蓄or資産運用?


最初に田中さんは「貯蓄の活用法で迷われている場合は、貯蓄継続、資産運用、住宅ローン繰り上げ返済という順序で検討するとよい」と教えてくれた。それを踏まえ、それぞれの活用法の選択条件やおすすめポイントを解説してもらった。

「『そのまま貯蓄する』ことが最も無難で堅実です。何もしなければ自然とそうなると思いますが、貯蓄を続けるのであれば、普通預金でなく定期預金にするとよいでしょう」(田中さん)

出金できるタイミングに制限のある定期預金は、自由に入出金できる普通預金より金利が高いためだ。では、ほかの運用法を考えるのはどうだろう。

「資産運用には、株式、投資信託、先物商品、不動産など、さまざまな選択肢があります。基本的に、定期預金よりも利回りのよいものに投資をするという考え方が妥当です。住宅ローン借入のある人が資産運用をする際の重要なポイントは、『住宅ローン金利よりも、利回りのよい資産運用を選ぶ』ということです。現在、借入している住宅ローンの金利を超える利回りでの資産運用が出来なければ、意味のないものになってしまいますね。また、先のご質問者様の場合は、今後お子さん3人の教育費などがかかってきますので、あまりハイリスク、ハイリターンの投資は避けるべきでしょう」(田中さん)

「貯金or資産運用」という観点で考えるなら、今の住宅ローン金利を上回る資産運用方法が見つからない場合は、定期預金が堅実のようだ。

■資産運用or繰り上げ返済?


よい運用法が見つからない場合、貯金があるうちに、住宅ローンの繰り上げ返済をしてしまいたいと考える人は多そうだが……。

「現段階で無理に全額繰り上げ返済をしなくても、現状のままであと3年間返済していけば完済されますので、そのまま貯蓄をするという考え方も間違いではありません。まずは、貯蓄2,000万円から教育費を差し引き、残りの貯蓄金額をもとに、今後の方向性を検討してはいかがでしょう」(田中さん)

確かに、頑張って住宅ローンを全額繰り上げ返済しても、その後の貯蓄残高が少なくなり、教育費や生活費を圧迫したら本末転倒だ。

「教育費と住宅ローン残高を差し引いても貯蓄に余裕があるのであれば、全額繰り上げ返済しても問題がないということになります。ただし、その場合は、いっぺんに行わず、二度に分けて返済することをおすすめします。現在多くの金融機関では、住宅ローンの『一部繰り上げ返済』についての手数料は無料ですが、全額繰り上げ返済する場合は、3万円程度の事務手数料がかかることが多いです」(田中さん)

3万円程度とは、あなどれない金額だ。

「たとえば、住宅ローンを毎月8万円ずつ返済していて、残りの残高が1,000万円あるという人が、全額繰り上げ返済を検討している場合。一度に1,000万円を返済せず、まずは992万円を返済し、翌月に通常通りの返済として口座から8万円が引き落とされるようにすれば、事務手数料がかからないということになります。繰り上げ返済に伴う事務手数料についてのルールは、金融機関により異なりますので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう(田中さん)

田中さんは最後に「どれを選んでも、大きな失敗にはならないと思います」と添えてくれた。だが、もしも決断に迷ったら、一度専門家に相談してみるのも手だろう。

●専門家プロフィール:田中 勲
著書「こんな建売住宅は買うな」を幻冬舎より出版。不動産の専門家としてテレビやラジオ、YouTubeに出演。田中住宅診断事務所、仲介手数料無料ゼロシステムズ、レジデンシャル不動産法人(株)の代表取締役。宅建士など不動産関連の資格を複数取得。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

37

BAD

NICE

みんなの反応

128

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック