dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

寒い季節は要注意!“冬腰痛”対策

寒い季節は要注意!“冬腰痛”対策寒い季節になると、決まって腰痛に悩まされる人はいないだろうか。筆者の知人には「冬になると腰が痛くなる」とぼやいている人がいる。そこで今回は理学療法士の山﨑美由紀さんに、寒さと腰痛、さらにはぎっくり腰との関連性について話を聞いた。

■“冬腰痛”が起きるメカニズム


まずは寒さと腰痛の関係について聞いた。

「冬に腰痛を感じるとしたら、それは冬場は身体を動かす機会が減り、腰の動きが少なくなることが要因の一つになっています」(山﨑さん)

たしかに冬場の寒い日は、あまり外に出ようとは思わないものだ。しかし、腰の動きが少なくなると、どうして腰痛に悩まされるのだろう……?

「腰痛というのは筋、筋膜性の痛みが80%を占めていると言われています。腰の血流不良により、腰の疲労物質、老廃物が蓄積し、緊張が高まること(=コリ)により、筋肉や筋膜の損傷が起こると、腰痛として認識されることになります」(山﨑さん)

つまり、腰を動かさないと血流不良になりやすく、その結果、筋肉や筋膜の損傷が起こり、腰痛という形として表れてしまうのだ。

■ぎっくり腰が冬になりやすい理由


腰痛だけではなく、ぎっくり腰も冬場になりやすいのだろうか?

「血流が滞る→疲労物質、老廃物が蓄積する→コリになる→さらに血流が滞りコリがひどくなり、急に力を入れるなどのきっかけで、筋肉や筋膜が痛むことがギックリ腰の機序(きじょ)です。ですので、冬場の寒い時期は血流が滞りがちになるため、ギックリ腰になりやすいと言えます」(山﨑さん)

なるほど。冬の寒さで腰痛に悩まされるように、ぎっくり腰もなりやすいことがわかった。

■冬腰痛にならないために


腰痛やぎっくり腰にならないように、普段心掛けるといい運動やストレッチはないものだろうか?

「まずは、姿勢をよくすることです。次に、腹式呼吸をすること。続いて、股関節周りの筋肉、特に腸腰筋、ハムストリング、大腿四頭筋のストレッチをすること。お尻の筋肉、大臀筋のストレッチをするのもいいですね。よく歩き下半身の血行を良くすることも大切です」(山﨑さん)

「あとはインナーマッスルを鍛えるピラティスもオススメですよ」と、山﨑さんがアドバイスをしてくれた。

腰痛やぎっくり腰になってしまうのは、腰回りの血行不良が原因。やはり、普段から血流を良くするために、姿勢を正し、腰を動かすストレッチが大事になってくるのだ。

なお、「ぎっくり腰の経験はありますか?何がきっかけでなりましたか?」「教えて!goo」では、皆さんの回答を募集中。ぎっくり腰の経験がある方はぜひ回答してみて。

■専門家プロフィール:山﨑美由紀さん

理学療法士として病院に勤務し予防医学を学ぶ。その知識と自らの-10kgダイエット経験を活かダイエットコーチとして活動。ダイエット指導、雑誌やWEBメディアの監修、出版などを行う。『お腹の脂肪を落とす』メルマガ

この記事についてどう思う?

みんなの反応

6

BAD

NICE

みんなの反応

14

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック