質問

おいしい焼き飯の作り方を、教えて下さい。

通報する

回答 (4件)

基本的には皆さんと同じですが、具をたくさんにしたい場合の作り方を書きます。
器にごはんと卵を入れて、卵かけご飯のようなものを作っておきます。
フライパンを熱して、肉とかたまねぎ・にんじん・きのこの類・筍などの大きめのみじん切りにしたものをいためます。
肉に油があるときは、特別に油を入れなくてもいいと思います。
こしょうを少々。
肉に完全に火がとおったら、先に作っておいた卵かけご飯を入れて、ぱらぱらになるまで焼き付ける感じでいためます。
鍋も熱くなっているので、いったんは卵がくっつくような不安を覚えますが、火が通ればまた自然と離れて、ぱらぱらに必ずなります。
あせらずに、割り箸などで混ぜていけば大丈夫です。
醤油は、鍋肌に直接かかると、せっかくのおいしいアミノ酸成分が焼けて、飛んでいってしまうので、できあがった焼き飯の上にぐるりという感じでかけたほうがいいでしょう。
その後、勿論、全体をあわせます。
ねぎを最後にぱらりと加えると、香りもとてもいい出来上がりになります。
肉のかわりにチャーシューとか、ハムやみじん切りのソーセージだったら生かどうかなども気にせずに作れますね。
そういうものと、ねぎだけなら、先の回答者さん達の順番でいいと思いますが。

この回答へのお礼

なるほどなるほど、参考になるました。 皆さん有難うございます。 まとめてのお礼でスイマセン、 美味しいの出来そうです。 

ご飯は必ず温かい物を使います。冷飯の場合はレンジで暖めます。
次に、ご飯と卵を混ぜておきます。
その時にご飯に塊があれば、ほぐしておきます。

油をひいたフライパンや中華なべ(鉄製がおすすめ)を少し煙が出るまで熱し、混ぜ合わせたご飯&卵を入れます。
このとき、よくテレビでは中華の料理人が鍋を大きく振っている様子が映されますが、家庭では火力が弱いので鍋肌に軽く押すようにしてご飯を焼くようにして水分をとばします。

何度がひっくり返して火が通ったら、具を入れます。
このとき、レタスなどの火がとおりやすいものやシャキシャキ感を残したいものは火を止める寸前に加えるので 火がとおりやすいものは入れないで下さい。

味付けです。味見をしながら塩・コショウなどで味を付け、最後に鍋肌に沿わせるようにしょうゆを少し入れると風味が増します。
レタス等の残りの食材を入れて、火を止めます。
試してみて下さいね!

この回答へのお礼

有難う御座いました。やってみますね。

そうですね・・・
僕の場合は、
1・先に、卵と温かいご飯を混ぜる(その方が、ご飯がパサパサになり  ます)
2・フライパンを、温める(水滴を、落とした時踊る程度)
3・油を、入れる(ごま油の方が、風味が出てGOOです)
4・材料を入れ、混ぜる
5・最後は、味付けして出来上がり
です

僕は、何時も「具なし」の物を作りますが
その方が、好きですね

http://www.kyoto.zaq.ne.jp/rio/househusband/cook …
是非参考に、して下さい

この回答へのお礼

有難う御座いました。 先にまぜるのか~、やってみますね。

まず下ごしらえ。

ご飯を器に盛る。(ボールなど大きめの物)
溶いた玉子をご飯にからめる。

フライパンに油を多めに引いて煙が出るまで熱する。

玉子のかかったご飯をフライパンに入れ
木のしゃもじなどでご飯をパラパラにしながら良く炒める。

その後市販の粉、または醤油、などを使い味をつける。
以上。

この回答へのお礼

有難う御座います。 溶いた玉子を先にからめるんですね、やってみます。

このQ&Aは役に立ちましたか?8 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

料理レシピ検索
旬のレシピ: クリスマス -  チキン -  オードブル
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ12月17日
ヘルシーレシピ お悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ12月17日
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか。旬の野菜から色々な料理が作れて毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ12月17日
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!