「頭の体操として議論したことがある」。防衛省の真部朗報道官は21日の記者会見で、怪獣のゴジラが日本に襲来する事態を想定した机上研究を旧防衛庁が過去に行っていたことを明らかにした。国もどうなってるんでしょうか。もう少しまともな議論をしていただきたいと思うのは私だけでしょうか。

A 回答 (13件中1~10件)

ある意味、「緊急時の対応」の訓練ですので騒ぐほどのことでもないと思います。



むしろそう言ったことを批判的に報道するマスメディアの姿勢に疑問を感じます。
想定外の事変が起きた時、柔軟に対応できないと大変なことになりますからね。
最近起きた想定外の事変といえば、北朝鮮の発射したミサイル・・・ぜんぜん対応できませんでしたよね。
ですので自分は、「そういったことはもっと積極的にやれ」 と言う立場をとります。
    • good
    • 0

私もそう思いますが、(これは「ゴジラ」という部分に問題があるのであって)やはり突如とした想定外の災害,破壊行為に対する対策は考えておかなければならないのではないでしょうか?


最近活発化?しているUFO論議も同類ですが、具体的な対策案までは踏み込まないにしても、有事の際にどのような対応を取るのか、防衛省として研究していて当然です。然しながら、これは省内で研究されていれば良いことであって、これをわざわざ国会に持ち込んで論議するのはどうかと思います。

因みに「UFO論議」についてですが・・・
UFO=未確認飛行物体ですので、UFOは必ず存在します。航空自衛隊も幾度となくUFO(国籍不明機など含む)に対して日夜スクランブル発進(緊急出動)を行っています。ただUFO=地球外生命体となるとどうなんでしょうね?まずあり得ないと思いますが、いないと断定できない以上は(陰で)対策しててもいいのでは…と思います。が、そんなことより対策すべきことは山ほどありますので、国が本当に平和になってから話し合ってください^^;
    • good
    • 0

来年の4月1日の官房長官の記者会見で『東京湾にゴジラが出た』言ってくれれば最高です。

    • good
    • 0

米国では、冷戦時代にUFOの目撃情報が多数よせられ、ソ連邦の新型秘密飛行機かもしれないという緊張感があって、軍が本当にUFOを研究していました。

また、UFO墜落として名高いロズウェル事件が発生し、一部のUFOマニアたちが、「政府は真実を知りながら隠している」という陰謀論を唱えたため、政治家がまじめになって、ロズウェル事件の真相を開示し、UFOマニアの議論を必死に否定しようとしています。

日本には、そのような事情はありませんから、UFOなど放っておけば良いのです。日本での未確認飛行物体の報告は、北朝鮮からの気球であったり、天体現象であったりと、ほとんどがUFOとは言いがたいものばかりです。

>国もどうなってるんでしょうか。もう少しまともな議論をしていただきたいと思うのは私だけでしょうか。

わたしはあなたの意見に賛成です。そもそも、「国会を空転させたのは与党の責任だ」と言っている民主党が、なぜ国会でUFOなどという馬鹿馬鹿しいテーマについての質問をして時間をつぶすのか、理解できません。
    • good
    • 0

対象になるのがゴジラだろうがガメラだろうがポケモンだろうが、議論している人達がボケモンなのですから、無駄な話し合いです。

    • good
    • 0

従来想定されていた(常識的な)事態を超える事態が発生した場合どのような反応、対応又は混乱が予想できるか、そのような事を日頃考えておく事は、決して馬鹿げた事ではありません。

なぜなら、戦争とは、常に前例から想定される展開を裏切るものだからです。「頭の体操」であって、本気でゴジラ対策を考えているのでないのですから、そこを読み違えてはいけません。予想外のものなら別に対象が怪獣でなくても良いのですし、もう少し常識的な想定での議論も行われている事でしょう。最も極端な例がゴジラだっただけです。この話の核の部分は、予想外の事が起こった時の思考法であってゴジラではありません。
    • good
    • 0

欧米の政治家はユーモアを大事にしますから、日本の政治家もそれを真似て親しみやすさを演出するのに必死なのでしょう。


まじめな質問にまじめに答えてくれさえすれば、別にかまいませんけど・・・そうなってないか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もそう思う次第であります。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/21 23:12

海外からは生ぬるい(もっとUFO対策をすべきである)という反応がきてるようです


日本はUFO戦略欠如している」 海外での意外な反応
http://news.livedoor.com/article/detail/3440206/
あと石破茂防衛相が07年12月20日の閣議後の記者会見で、個人的な見解として「UFOはいるかもしれない」と大マジメに語り、UFOが襲来した場合、自衛隊が出動する法制面の対処の仕方を考察するとの立場を示したのだ。

あとかなり前ですがレーガン大統領(当時)が
「もし宇宙人からの攻撃にあった時、人類が力をあわせれば立ち向かっていけるだろうと私は考えます」。1987年9月第42回国連総会でレーガン大統領が宇宙人の脅威について語った事がりこれに習ったふしもあります
http://myuuta.blog32.fc2.com/blog-entry-704.html
あと防衛省はガンダムも開発しているという噂もあります
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/29/n …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になります。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/21 23:11

もしゴジラが襲来してきた時に「想定してなかったので国を守れませんでした」


って言うわけにはいかないのである程度そういう議論も必要だと昔テレビで言ってました。
私はその時「確かにそうだな」と思ってしまったのでこの事について不快に思ったりしないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
100%はないですからね。
これが防衛庁の宿命なんだとお思います。

お礼日時:2007/12/21 23:09

話を聞いたときに、私は思わず笑ってしまいました。


いい大人の政治家が、公の立場で何を言ってるんだろう。
でも、おもしろいことを考えるんだなって思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
UFOなら世界的にわかりますがゴジラですからね。
お国を守るために必死なんだと思いますよ。

お礼日時:2007/12/21 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • これは目からウロコ!話が脇道にそれる人の対処法

    あなたのオフィスに、話が脇道にそれがちな人はいないだろうか。仕事の相談や指示を仰ぎに行ったのに関係ない話が続くと、イライラしてしまうものだ。「教えて!goo」にも「ひとつひとつの話が長い人」という質問が...

  • お茶漬けの永谷園、そのヒットの裏側に隠された苦悩とは

    皆さんがふと食べたくなるお茶漬けは何だろうか? 筆者はズバリ、永谷園の「お茶づけ海苔」である。お湯を注げばすぐにお腹を満たせられる便利さは、普段からとても重宝している「教えて!goo」にも「みなさんが食...

  • 江角マキコおすすめ!ツナ缶のピリ辛春雨炒めレシピ

    先日、自宅の台所の棚を開けたら、安い時にまとめ買いしていたツナ缶を発見した。サラダなどに合わせて食べれば、手軽に消費できるが、新しい食べ方をしてみたくなり、珍しいレシピはないかと探していたところ、「教...

  • 【母の日に贈る】カーネーションのカップケーキ

    日ごろの感謝の気持ちを伝えることのできる、年に一度の母の日。今年こそは何か特別なプレゼントをと思っていても、忙しい日常に負け、準備が追いつかずに結局はカーネーションを渡すだけで終わってしまう……という人...

  • ポッコリお腹を解消するエクササイズ

    季節はすっかり春である。気温が暖かくなって、外出する頻度が増えた人も多いかもしれない。だが、春になると薄着になり、ぽっこりお腹が気になってしまう人はいないだろうか。あるいは、冬場にかけて溜め込んでしま...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ