素朴な疑問ですが 主にロードのコンポに使うメーカーはカンパとシマノですが(SRAMが最近出してますが 一応置いておいて)その使用比率はおよそどのくらいなんでしょうか?
大会とか出たことも無いので判らないのですが ざっと考えた感じでは
日本では シマノ9割 カンパ1割
世界では シマノ8割 カンパ2割

ヨーロッパのメジャーロードレースでは
     シマノ6割 カンパ4割

というイメージです。
ザクッとでいいですので心当たりがあれば教えて下さい。

A 回答 (4件)

 こんにちは。



 正確なシェアは不明ですが、カンパのお膝元のイタリアでもシマノのコンポが主流だと聞きますし、他の国でもカンパのしゃあが勝っているという話は聞いたことがありません。

 プロチームに関して言えばシマノとカンパがほぼ半々ですが、これはチームの選択ではなくどちらがスポンサーに付いたかで決まります。
 また最近ではSRAMのコンポを採用しているチームも若干ながらありますし、今年はジロを取ったので注目度を増していますが、市場シェアは本当に微々たるものです。
 ちなみにAG2Rはカンパ、CSCはシマノ、ASTANAはSRAMを採用していますので、ロードレースの頂点であるツール・ド・フランスはシマノコンポを使用した選手が勝ちました。

 それとカンパ・レコードが世界一売れている国は、我らが日本だそうです(笑)
 ロードレースの伝統が根付いているヨーロッパでは、シマノやカンパのトップグレードはプロ選手が使う機材でホビーユーザーはお手ごろ価格なミドルグレード以下を使うそうです。
 また、シマノのコンポのほとんどは国内向けではなく海外向けで、ロード用パーツの開発もヨーロッパがメインだそうです。

この回答への補足

解答有難うございます、後日コメントさせて頂きます。

補足日時:2008/09/15 23:17
    • good
    • 1

プロツールに限れば、カンパとシマノは完全に拮抗していますね。


コンシューマーの販売ベースではシマノが圧倒だと思いますが、ローエンドでは結構SRAMに食われています。まあ、シマノは廉価サイクルでは圧倒的です。
以前、ツアーオブジャパンに来た外国のサイクリストに聞いたことがありますが、カンパのレバーはケーブルが露出しないのに、シマノはシフトケーブルが横に出ているのが鬱陶しいと言っていました。
http://www.jsports.co.jp/style/teamlist.html

なお、JSPORTSのサイトでみると、FSAとかボントレガーなんて記載もあります。これを使った3チームの詳細は不明です、FSA(ゴッサマー等のクランクは有名だが)やボントレガー(ホイールは有名だが)は変速機は作っていないと思うので。あと、カタログだとTISOなんてのもあるようです(まだ、サンツアーの一台手元にありますが)。

ちょっと集計、()内はコンチネンタルプロ
カンパ(7) Lampre、Bouigues Telecom、Casse D'epargne、Quick Step、Cofidis、Silence Lotto、Liquigas
シマノ(7) Columbia、Rabobank、Credit Agricole、Euskaltel、Francais De Jeux、Gerolsteiner、Milream、(Garmin、Skil Shimano)
FSA(2) AG2r、CSC、(Barlo World)
Bontrager(1) ASTANA、
SRAM(1) Saunier Duval、(Agritubel)

ちなみに今年のグランツールは、JSPORTSの記載通りだとシマノもカンパも取っていないことになります(ブエルタもジロに続いてアスタナのコンタドールになりそうだし)。

この回答への補足

解答有難うございます、後日コメントさせて頂きます。

補足日時:2008/09/15 23:16
    • good
    • 0

シマノの自転車コンポ(コンポという言葉自体がシマノのものですが)の世界シェアは8割を超えています。

残念ながらこのシェアは価格ベースのことと思いますので,個数ベースは分かりませんね。そしてシマノの主要製品はカンパと競合します中級・上級製品です。ですから中級・上級製品ではもっとシェアは上がるはずです。低価格品はGIANTのSRAM等に押され気味ですのでこの先もシェアを維持できるかは疑問ですが…。

シマノは典型的な輸出企業と云うことはご存じでしょうか。売り上げの10%ほどしか国内販売はありません。しかもそのうちかなりが釣り用具です。ですからシマノのコンポの最大の市場はヨーロッパです。製品開発もヨーロッパを視野に入れてのものです。良い例が,STIレバー(これもシマノの用語です)でヨーロッパの自転車愛好家の圧倒的な支持を得まして,一時カンパは左前になりかけました。また,シマノが内装8段を使用したママチャリとスポーツバイクの中間の自転車ジャンルをヨーロッパで作ったことは日本ではほとんど知られていないことですね。内装8段は国内ではほとんど売られていません。

ですから自転車の最大の市場であるヨーロッパで,中級・上級製品でシマノとカンパが二分と云うことはあり得ないことと思います。世界シェアがほとんど当てはまるのではないかと思います。ちなみに今年のツールではシマノ40%・カンパ40%・SRAM等20%でした。しかし,イタリアやフランスのチームが主体ですし,スポンサーも同じですからこれは何の参考にもなりませんね。ヨーロッパの方が云っていた「クロモリだ。カンパだ。日本人は古いんじゃないの。」私も含めましてこれが案外当たっているのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました、今戻ってきました。
詳しい回答有難うございました、そうなんですか シマノは8割超えているんですか!単価は多分 シマノが安いと思うので個数ベースはそれ以上ですね。ロード、MTBの価格はシマノのパーツが握っているというのもうなずけます。
また 国内販売の多くが釣り用具というのも驚きました、でも釣具ではマーケットリーダーでは無いですね。ダイワ リョービ?には負けていますね。
日本で見かける完成車はイタリアンバイクが結構多くて 人気もありますが 大抵はカンパベースの車体もありますので 私は少し錯覚してしまうようです。日本のローディにはカンパはステータスのようなものを感じるんですかね。カンパは使ったことが無いので どんな性能で どんなタッチか見当が付かないのですが 日本人の独特の感性みたいなものが作用しているのかな?と想像しました、よく言われる 欧米人には虫の鳴き声は単なる雑音でしかなく 日本人はそれを聞き分けて楽しむみたいなものです。
休み中に走っていた時に TOEIクロモリに乗っている人がいました、綺麗に手入れされたバイクでしたが、別の見方をすると 見た目はクラシックバイクですね、一度 カンパやクロモリを体験したいです。 

お礼日時:2008/09/15 23:16

具体的な割合は全くわかりませんけれど。


前に、よく行くショップの店長に聞いた話ですが。
日本では圧倒的にシマノ多数ですが、やはり理由は同等グレードのカンパより安いからだと思います。
また、パーツ本体だけでなく、消耗品や補修部品も手軽に入手可能、というのもあると思います。
フルデュラで組む人はちょくちょくいますが、フルレコで組む人はあまりいません。
が、ヨーロッパへ行くと、これが逆になるそうです。
日本でシマノが安価に、なおかつ手軽に入手できるのは、なんといっても「国産」だからです。
これがイタリアへ行けば、カンパが国産で、シマノは輸入品です。
コーラスやケンタウルより、アルテグラのほうがずっと高価だそうです。
サイクルショップで、アルテグラは置いてても、デュラは高くて組む人少ないから在庫置いてない、なんて店もあると聞きました。
日本でティアグラや105組む感覚でミラージュやヴェローチェ入れるわけです。
なので、おそらくEU圏内、少なくともイタリアにおいては、もっとカンパ比率高いのではないでしょうかね?
ていうか、カンパのほうが多い可能性も充分にあるのではないかな、などと思ったりするのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
なるほど そうかもしれませんね、日本では価格やパーツの入手し易さなどで必然的にシマノになりますね。
イタリアではカンパはやはり安いんですね。
Webでイギリスのshopを見ましたら ここではシマノが安くなっていました。

今レートが 1ポンド193円です。

Dura Ace 7800 10 Speed
http://www.wiggle.co.uk/p/Cycle/7/Shimano_Dura_A …
£59.98 日本とほとんど変わらない

Campagnolo Record 10 Speed
http://www.wiggle.co.uk/p/Cycle/7/Campagnolo_Rec …
£169.49 結構高いけど日本より安い

105 5600 SS 9/10 Speed
http://www.wiggle.co.uk/p/Cycle/7/Shimano_105_56 …
£21.33 日本より安い おいおいシマノさん。

Campagnolo Mirage 10 Speed
http://www.wiggle.co.uk/p/Cycle/7/Campagnolo_Mir …
£42.56 日本とほとんど変わらない

イタリアのサイトは判りませんでしたが、確かに自国ですから安い筈ですよね。
ヨーロッパのレースでシマノのシェアが低いと思ったのはツール・ド・フランスでシマノコンポが優勝したのはランスアームストロングが初めてであったという記述を見た為です、初優勝は1999年ですから 10年経っていないです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3% …

すいません 私事ですが これから出かけるので 他の方のコメントは休み明けに書かせて頂きます。申し訳ないです。

お礼日時:2008/09/13 04:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ