肌のしわをなくし、はりを保ちたいと思います。
皮膚科へ行ったとき、ヒアルロン酸は害になるだけだから飲まない方がいいと言われました。
そこで疑問になったのですが、コラーゲンは飲んだら効果があるでしょうか?

A 回答 (5件)

#4さんの回答内容に補足して……


普通に考えれば湿布の効果でしょう。
湿布もしてビタミンCもしてコラーゲン剤も飲んで、コラーゲンの効果だと言い切ることはできませんね。そう言いきるためには、コラーゲン剤を飲んでいる以外の条件を揃えて実験しないと行けません。また、「コラーゲン」という名前の付いた水の入ったカプセル剤などでも試し、偽薬効果を排除して行わなければなりません。

>コラーゲンの生成が代謝にかかわっているらしい
そりゃそうです。
代謝というのは体外から取り入れた物質(食品等)から生体に必要な物質を作り出したりやエネルギーを取り出すことをいいますから。

これからよくわかることは、悪徳美容業界、悪徳健康食品業界が如何にあの手この手で消費者の科学的思考を停止させ、暴利をむさぼろうとしているか、そして騙された消費者は騙されたことに気が付かないばかりかむしろ騙されて喜んでいると言うことです。
    • good
    • 0

昔、雨上がりの犬の散歩で転んで腰をおもきり打ってしまったことがあり、、、痛くてシップもはりましたがビタミンCとコラーゲンも飲み続けたところ1月位で効果あり腰が痛いのもそれっきり治りました。


若かったのもあるのかもしれないけどサプリメントは飲んで多少の効果はあったと思います!

コラーゲンと一緒に杜仲茶を飲むといいそうです!宇宙飛行の実験でも明らかにされてるようですよ!コラーゲンの生成も代謝にかかわってるからだそうです!
    • good
    • 0

コラーゲンは巨大分子で他の回答者様の書かれている通り、そのまま吸収はされません。


(そのまま吸収されるという論文を以前一つ見つけましたが、追試験など
一切されておらず信用できません)
巨大分子は分解されて吸収されるというのは完全に定着しており、そこから
覆すのは無理があります。
ただ、コラーゲンを飯の種にしている業者もそこは折込積みで、コラーゲンを
分解して吸収しやすくした商品なるものが売られています。
でもよく考えたら、(よく考えるまでもなく)体内に入ってから消化酵素で
分解されるのと、体外で機械的に分解してから摂取するのと何の違いがあるんで
しょうか。
他の回答者様が書いている通りアミノ酸レベルまで分解され、体内でもう一度
コラーゲンに再合成されるかもしれませんが、他の蛋白になるかもしれません。
またそれは大豆をとっても、肉を食べても同じことです。
さらにいえば、コラーゲンを分解するとゼラチンになります。
コラーゲンの商品を買うということは、ゼラチンを高いお金出して買うことと同じです。

ひとつだけ、コラーゲンの味方をしますと、巨大分子だけに保水効果があります。
ですから飲むのではなく、化粧品として用いるならば効果あるかもしれません。
    • good
    • 0

そりゃ飲まないよりは飲んだほうがマシという程度には効くかもしれません。

夢を壊すようで悪いのですが、#1さんが言うように人の体がコラーゲンをいったん部品のようなものに分解したあと、その部品を使ってコラーゲンやその他のものをつくりあげるという作業をします。つまり体の中に部品がたりないならいざしらず、十分たりている状態ではあとは体がちゃんとコラーゲンを作ってくれるかどうかだけにかかっているわけです。
普通の現代生活をしていてコラーゲンの素となるアミノ酸が足らないなんてことはちょっと考えられません。普通にお肉を食べてるだけでもコラーゲン取れてますよ。
ゼラチンもコラーゲンの塊みたいなモンなので、高いコラーゲンを買ってきて飲まなくても、グミを食べてるだけで十分な気がする・・・(糖分も高いから気をつけてね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
グミにコラーゲンが入っていることは知っているので、
お菓子を食べるなら、グミを食べようか、糖分も高いので、辞めた方がいいか、考えたことあります。
 でも、意識的にコラーゲンを摂取しなくても、足りているのかな?
ちなみに、私は、お肉は嫌いだけど…。

お礼日時:2009/05/24 10:40

お聞きになりたい効果というのが、どのような効果でどの程度の効果なのか分かりません。

程度の小さいものも含めれば何かの効果はあるでしょうね。

コラーゲンというのはタンパク質の一種ですから、タンパク質の摂取とほぼ同等です。ただ、コラーゲンはそれを作るアミノ酸に偏りがあり、また消化しやすいとは言いにくいので良質な栄養源ではありません。
摂取したアミノ酸は体内では全く分け隔て無く公平に扱われ、自分の体に必要なタンパク質の合成などに用いられます。
ですので、コラーゲンで無ければならない理由はほとんど見あたりませんし、コラーゲンだけをわざわざ摂取する必要などありません。
そんなものを買うのは財布に害があるだけです。

同様の意味でヒアルロン酸も害があるだけです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 風邪の予防と改善!体調管理におすすめのレシピ

    1年で最も寒い時期は1~2月だと言われている。寒い時期は風邪をひきやすいもの。治すためには病院へ行き、適切な薬を処方してもらうことが近道だが、食事にも気を遣いたいところだ。また、風邪をひく前、予防になる...

  • ダイエットのために油を使った料理を抜くのはNG

    前回、「太りにくい揚げ物の食べ方を管理栄養士に聞いてみた」ということで、朝昼晩の中で揚げ物を食べるに適した時間帯、揚げ物を食べる前に食べておくといい料理などを紹介した。 今回は油を使った料理を一切食べ...

  • 野菜ジュースは太るって本当?管理栄養士に真偽を聞いてみた!

    最近、コンビニやスーパーにいろいろな野菜ジュースが並んでいるとは思わないだろうか? 野菜ジュースで初めてお目にかかった野菜や果物があるという方もいるだろう。「おしトピ by 教えて!goo」で「最近、野菜を...

  • 正月太りしないためのアドバイス

    正月ぐらいはゆっくり過ごそうとおいしいものを食べ、ぐっすり眠り……とやっていたら休み前に比べ、なんだかお腹の周りや顔がふっくらしたような? そんな経験、皆さんもあるのではないか。そこで今回、「おしトピ b...

  • 夫が大食いで濃い味好き…将来が心配です。

    健康のためや、ダイエットのために、食事に気を使っているという方も多いのではないでしょうか。教えて!gooには、食欲旺盛な夫を心配する奥さまからの相談が寄せられています。 「夫の食べ過ぎ」 相談者の夫は34...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ