ホラー映画です。そんなにこわいホラーでもありません
8年ぐらい前に高島忠夫の土曜ロードショーでみました。

ストーリーはわすれましたが死んだ人を墓に埋めたらその人が生き返ってきます。でもその人は呪われたようになります。

最後のシーンはお墓からかえってきた赤ちゃんがそのお母さんをナイフで斬りつけてそのお母さんが死に(夫によって?)お墓にうめられます。

で、その夫が1人でトランプをしながら奥さんがお墓からでてくるのを待っています。で、奥さんがかえってきてその夫と抱きあい、奥さんは呪われずにすみ無事におわったかのように見えたのですがその奥さんが抱き合いながら机においてあったナイフをとって・・・という内容です。最後に刺したシーンがあったかどうかはわかりません。

キャットハウスとかそんな名前だったようなきもします。全く違う可能性もあります。とにかく猫と墓が名前(邦題)に関係してたような気がします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ペット・セメタリー」ですね。


スティーブン・キング原作です。

人間の執着心が悲しく描かれていて、味わい深い
作品だと思います。

この回答への補足

早速どうもありがとうございました

借りるか買うかして見てみたいと思います
久しぶりで楽しみです

補足日時:2001/07/17 16:32
    • good
    • 0

#4のmasmasさんへ



「セメタリ-」は地名じゃなかったでしょうか?
多分、掛詞では?
    • good
    • 0

怖かったですね~、残酷でしたね~。


私もロード・ショーで観ましたよ。何故か全体的に暗~い感じの映画でしたね。特に子供がトラックに轢かれるシーンはかわいそうでしたね。
そうです。「Pet Sematary」です。Sematary のスペルが間違っているのも何故か怖さを感じさせます。本当のスペルは、「Cemetery(共同墓地)」ですからね。
1989年のアメリカの作品です。
    • good
    • 0

私も見ました!「ペットセメタリー」。

まだ小さい時に見たんですけど、昔のインディアンが儀式を行っていた場所に埋めるんですよね。隣に住んでいるおじいさんに場所を教えてもらって・・。私は、子供が死んで、埋めて、凶暴になって戻った時、お父さんが泣きながら子供に注射を打って殺すところが、とても印象的でした。
最後、刺すシーンはなかったですよね。「キャー、ナイフ持ってる!!」と騒ぎながら見てました。(笑)
    • good
    • 0

#1の方がすでに回答されていますが「ペットセメタリー」ですね。


最初は息子の猫をインディアンの墓地に埋めて………。
そこから「ねこ」の印象があったんではないでしょうか?
そういえば「2」は見ていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホラー映画探しています。ホラーと言ってますが霊的なホラーではなく、ゾン

ホラー映画探しています。ホラーと言ってますが霊的なホラーではなく、ゾンビやモンスターとの戦闘があるようなものを探しています。ホラーではなくアクションホラーなのかもしれません。
ジャンルのくくり方がよくわからなかったので、取りあえず広くホラーと言わせてもらいました。
バイオハザードシリーズ、サイレントヒルなどゲームの映画化をみて、そのたぐいが見たくなったのでそのあたりの映画を想像していただけると有り難いです。ちょっと違うかもしれないものでも、お勧めを書いていただけると有り難いです。
カテゴリでは洋画となっていますが、関係ないです。日本でこの類の映画が想像できなかったので絞ってみただけです。

Aベストアンサー

『アローン・イン・ザ・ダーク(Alone in the Dark)』(加、独、米/2005)
『アローン・イン・ザ・ダーク2(Alone in the Dark II)』(米/2008)
『ドゥーム(DOOM)』(米/2005)
『ドラキュリア(Dracula)』シリーズ(米/2000~)
『フロム・ダスク・ティル・ドーン(From Dusk Till Dawn)』シリーズ(米/1996~)
『トレマーズ(Tremors)』シリーズ(米/1990~)
『パーフェクト・クリーチャー(Perfect Creature)』(英/2007)
『VANGUARD(The Vanguard)』(英/2008)
『VERSUS』(日/2001)
『THE ULTIMATE VERSUS -アルティメット・ヴァーサス-』(日/2003)

...アクション要素が強いのだとこのあたり?
『パーフェクト・クリーチャー』は地味だけど面白かった
『VANGUARD』は少しマニアックすぎかも(冷汗

Qホラー映画「屋敷女」のラストのシーン教えてください。

昨日DVDを見たのですが、ラストのすさまじいと言われていたシーンが、すべて真っ黒に塗りつぶされていました。
期待していたのに裏切られた感じです。おそらくハサミで妊婦のお腹を引き裂いたのだと思うのですが、5箇所程度が真っ黒で、さっぱり分からないラストでした。おそらく映画館では無修正だったと思います。
どの程度のスゴさだったのでしょうか。
http://www.cinemacafe.net/official/yashiki-onna/

Aベストアンサー

映画館での上映でも、映倫審査を通す為か画面を暗く修正して上映してました。結局子どもを取り出して、その子を抱いておしまいです。

Qホラー映画でこんなシーン

洋画、ホラー映画だったと思うのですが…
車のルームミラーに10cm~15cm程度の首吊り人形を
ぶら下げたシーンが出て来る映画が思い出せずモヤモヤしてます;
車はイエロータクシーかも知れません。

[ボーンコレクター]だったような気もするのですが…。
御存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

ボーンコレクターにそういう人形がぶら下がってるシーンありますよ。
ビデオ持ってるので覚えてるんです。

Qロッキー・ホラー・ショーの晩餐シーンでブラッドがキレた訳 ドイツ姓フォンは侮蔑?

有名なカルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」の晩餐シーンで
以下のようなやり取りがあります。

スコット
"I kew he was in with a bad crowd,
but it was worse than I imagined. Aliens!"
「あいつ(エディ)がよくない連中とつきあっているのは知っていたが
 私が想像していた以上だったようだ。宇宙人とは!」

ブラッド&ジャネット(驚いて)
"Dr. Scott!"
「スコット博士!」

フランク(フォンの部分を強調しながら)
"Go on, Dr. Scott.
Or should I say Dr. Von Scott?"
「続けて、スコット博士。
 それともフォン・スコット博士と呼んだ方がいいかしら?」

ブラッド(フランクに向かってキレながら)
"Just what exactly are you implying!?"
「どういう意味だ!?」

スコット(ブラッドをなだめる)
"It's all right!"
「いいんだ!」

このシーンでなぜブラッドが怒っているのかわからないんです。
流れからして、フォンという言葉がキーだと思うんですが
「ドイツの元貴族の姓につく」という以上の意味があるんでしょうか?

有名なカルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」の晩餐シーンで
以下のようなやり取りがあります。

スコット
"I kew he was in with a bad crowd,
but it was worse than I imagined. Aliens!"
「あいつ(エディ)がよくない連中とつきあっているのは知っていたが
 私が想像していた以上だったようだ。宇宙人とは!」

ブラッド&ジャネット(驚いて)
"Dr. Scott!"
「スコット博士!」

フランク(フォンの部分を強調しながら)
"Go on, Dr. Scott.
Or should I say Dr. Von Scott?"
「続けて、...続きを読む

Aベストアンサー

「元貴族」というよりも「ドイツ姓」を強調することにより、「このナチめが!」みたいなことを言いたいわけです。もっと言えば「ナチの科学者めが」みたいなことですね。ちなみに、博士は最初からバリバリのドイツ訛りでしゃべり続けていますが、「スコット」は、英米圏でありふれた姓なので、「英米圏に溶け込んだドイツ移民のふりしちゃって、結局はナチじゃないか」的なニュアンスで「Or...」のセリフを言ったのでしょう。

もちろんスコットが元ナチ党員だったという根拠は何もなく、あったとしても、今は善良な市民として暮らしていると、ブラッドは恩師スコットのことを、そう解釈しているので抗議したわけですが、フランクにしてみれば、「エイリアン=不良以下」と侮蔑されたので、仕返しに、スコットを「ドイツ人=ナチ」と侮蔑したかったのでしょう。

差別ネタ満載の『ロッキー・ホラー・ショー』ですから。

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業


人気Q&Aランキング

おすすめ情報